木村俊雄さん「過渡現象記録装置データの重要性について」

木村俊雄さん 講演「福島原発事故調査の不備と再稼働について」(5月 26日) から。 岡弘明さん @kawarunikawaran ツイキャス録画 http://twitcasting.tv/kawarunikawaran/movie/66667926
原発 震災
10
seki_yo @seki_yo
紆余曲折 ありましたが、昨年の 8月になって、東電は 希望者にのみ 過渡現象記録装置データを 公開するという 対応に 変わり、ようやく 炉心流量データが 公開されました。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
過渡現象記録装置の データは、今回の 場合、地震発生により、具体的には 信号の 4つ あるうち 2つが 成立して、原子炉自動停止信号が 成立します。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
そして その トリガーによって、1号機であれば 地震前 5分、地震後 5分、データを 0.01秒 サンプリングで すべて 取ってきて、大型計算機の ハードディスクに 書き込みます。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
各プラント、少しずつ 時間の スパンとかは 違いますが、基本的には どの プラントも 同じで、そういう 作業が 各プラントで 行なわれています。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
もともとは こういった オフラインの パソコンで 解析するときは、途中までは 手入力なんですね、それを DOS 型式に 落とせる 仕組みにしたのが ぼくです。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
過渡現象記録装置に たまった プラント事故時の データを DOS 型式にして、簡単に エクセルで 解析できるように、そういう 仕様変更をした。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
なので、絶対に 炉心流量データが 存在するというのは 確信していた。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
原子炉自動停止信号の 成立によって、まず 炉心流量を 作り出している PLR ポンプ、再循環ポンプが 最低ポンプスピードまで 減速します、これを ポンプ・ランバックといいます。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
ここで 外部電源が 喪失するわけです、(2011年 3月 11日) 14時 47分 31.84秒。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
再循環ポンプの 外部電源喪失によって 停止したのが、14時 48分 24.88秒 A ポンプ、24.93秒 B ポンプ。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
いったん 外部電源が 喪失しますので、計測値が マイナス側に 来ます。 これは 0トンから フルスケールで、4mA〜20mA で 計測するという 測定、4mA で ゼロということは、0mA では マイナス側に 来るわけです。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
そこから 電源が 復旧して 一度 スパイクするのは、これは 原因不明なんですが、電気的に なにか 残留して、一度 上昇したのか どうかという ところです。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
その後 ゼロになって、一瞬 (グラフでは) 小山が 上がって、また ゼロになる。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
この間 1分 30秒弱、非常に 短い 時間に、こういうことが 起きているということが わかります。(木村俊雄)
seki_yo @seki_yo
原子炉 運転特性図 (自然循環曲線) twitpic.com/e92abu
拡大
seki_yo @seki_yo
縦軸が 原子炉出力、炉心流量が 10% くらいのところで 切れている、つまり 原子炉出力が ゼロでも、炉心流量は このくらい 残存しますよと、ある意味 示した 図です。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
これは 経産大臣に 正式に 提出して、認可を もらっている 書類の 一部です。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
ここにも 書いてありますとおり、高燃焼度 8x8 燃料が 装荷された サイクル以降ということで、90年代の 後半に この 書き換え作業を 行ない、ぼくが 福島第一 3号機を 担当して 書き換えました。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
福島第一 2号機は タキザワシンイチ、1号機は スミヤス ? という 者が 書き直しています。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
どうやって この点を 求めたかというと、外部電源喪失試験の 結果を 見直して、ここが ゼロ出力でも、つまり 原子炉が 自動停止した 直後、再循環ポンプが 2台 停止しても、自然循環として このくらい 残ることは 試運転で 経験していましたので、(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
初めて この タイミングで 書きなおした。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
繰り返しますと、炉心流量は、停止直後に 原子炉出力が ゼロでも、わずかながら 残るということが はっきり 記載されています。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
ウルトラ・スーパー・マニアック (^。^)
seki_yo @seki_yo
停止直後の 崩壊熱除去のため こういう 水が 残るということは、実績データから 出されたわけです。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
役所に 出している 正式な ペーパーのなかで、運転実績に もとづいて 書き換え作業が 行なわれ、今回 (過渡現象記録装置データが) ゼロに なっていることに 対して、なぜ 設置許可では こういう 点に なっているかということを、東京電力は 説明しなければいけない。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
この 機能は しっかりと クライテリアとして うたわれている 機能なのです、炉心循環機能、崩壊熱除去機能として。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
それが 具体的に 書かれているのが、発電用軽水炉型原子炉施設に関する安全設計審査指針 安全機能の重要分類に関する指針という 安全機能に あたるわけです。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
さらには 安全機能 すなわち 炉心冷却機能 または 原子炉冷却材循環機能に 相当する。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
または 電気事業法 第39条 第1項 および 発電用原子炉設備に関する技術基準を定める省令 第2条 第8号 (ハ) の 安全設備 (熱を除去する設備) に 相当する。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
今回は 外部電源が 喪失した 時点で、この 機能は 完全に 喪失したことが、炉心流量データを 解析した 結果 わかった。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
だから 津波が 来て 云々 以前に、燃料が 壊れる 条件が ある意味 ととのった。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
それに 誰も 気が つかなかったんです、運転員は。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
なぜ 気が つかないかと いうと、運転操作手順書の 外部電源喪失のときの 確認項目を 見ましたが、そこに 炉心流量を 確認するという 手順が 抜けているからです。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
これは 非常に 重要な 安全機能のうちの 一つ、炉心のなかを 冷やすための 根幹の 機能です。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
いくら 外から 冷たい 水を 入れても、この 流れが ない、存在しないのであれば 何の 意味もない。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
通常 (運転時) は、核分裂させない 状態、ゼロ出力で、冷却材再循環ポンプを 最低ポンプスピードで 運転、30% の 流量で、しっかりと 水を 流しながら 準備をする。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
そして 制御棒を 抜きながら 原子炉を 臨界に 近づけ、核分裂による 熱エネルギーを 発生させて、原子炉の 出力を 上げていく。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
このあと、最循環ポンプを 周速、回転を あげて 臨界まで もってくる。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
これは 減速材、ようするに 冷却材のなかの 水の 密度、泡の 量を 少なくすると 核分裂しやすい 環境が できるので、出力が 上昇していくわけです。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
通常は 自然循環曲線は 使うことは ないが、外部電源喪失のときは 自然循環によって、核分裂による 熱を 約半分くらいの 出力までは 除去できるということを 示している。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
木村俊雄「地震動による福島第一 1号機の配管漏えいを考える」(岩波 雑誌「思想」2013年 11月号 掲載) から。 「最後に 筆者の 個人的な 見解を 述べさせていただく」
seki_yo @seki_yo
(訂正) 雑誌「思想」→ 雑誌「科学」
seki_yo @seki_yo
「筆者は、試運転業務や 炉心設計管理業務に 従事していた際に 種々の 解析コードと 接した 経験を もつ」(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
「その中で 感じたのは、 ・解析は 解析でしかない ・いつも 解析と 実機が 一致するように チューニングに 苦労している ・チューニングしても 大なり小なり 誤差が 生じる という 解析コードのもつ 性 (さが) である」(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
「解析が 事後の 事故評価にも 万能なごとく 取り扱っていること自体に、そもそもの 間違いが あるのではないだろうか ?」(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
「東京電力は 解析コードによる 評価、概念 ならびに 可能性ではなく、実データ および 現場状況に もとづいた、限りなく 真実に 近い 論理的な 説明を すべきである」(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
「また 東京電力は、その 説明が 検証できるように、すべての (コピーではなく) 原本生データを 開示すべきである」(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
今、新潟県の 技術委員会の 調査員をされている 田中三彦さんが ピックアップしてくれ、まず 新潟の 技術委員会、要するに 柏崎刈羽原子力発電所が 再稼働できるのかを 検討する 委員会で 取り上げられました。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
そして 国会の エネルギー調査会 (準備会) においても、取り上げていただいてます。 今年の 3月 6日に、ぼくも 呼ばれてたんですが、2月末に インフルエンザにかかって 残念ながら 行けませんでした。(木村俊雄さん)
seki_yo @seki_yo
その場において 木村論文 (岩波「科学」2013年 11月号 掲載) に 対する 抗弁、東電の 反論が 行われました。 国会の エネルギー調査会で 提示された 資料を 東電は どういうふうに 読んでいるのか、どういうふうに 受け取っているのか。(木村俊雄さん)

コメント

seki_yo @seki_yo 2014年7月25日
まとめを 更新しました。 あと少し 続きます。
seki_yo @seki_yo 2014年7月27日
まとめを 更新しました。(あと 少し ... )
seki_yo @seki_yo 2014年7月28日
まとめを 更新しました。(あと ちょっと ... )
seki_yo @seki_yo 2014年8月6日
まとめを 更新 (あと 一回だけ 更新 ... )
seki_yo @seki_yo 2014年8月16日
まとめを 更新しました。 これで 一応、終了です。
seki_yo @seki_yo 2014年8月22日
まとめを 更新しました。 ケアレスミスを 訂正。^_^;
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする