2014年9月5日の江戸川区議会建設委員会・川が氾濫しそうになったら、区民は堤防の上へ避難を

僕は区議会を傍聴していると「生きているうちは何でもアリだな」と思うことがある。でも、行政府や議会に殺されるのはゴメンだ。 来年春の区議・区長選の参考にどうぞご一読を。貴方の一票が、貴方と貴方以外の誰かの生活を守ることもあります。
政治
1
橋本 至 @kid75
【江戸川区議会建設委員会】9月5日(金)に傍聴。傍聴者はトータルで5~6人か。 2本の陳情の採決と7本の陳情審査が行われた。採決はいずれも不採択、審査はすべて継続となった。 主なやり取りを連投。
橋本 至 @kid75
承前)◎陳情採決 ○185号:北小岩地域でのスーパー堤防事業の計画撤回を求める陳情 ・意見開陳 自民‣早川委員:不採択。住民本位の反対理由になっている。最善の方策をとることが重要。スーパー堤防は鋼矢板やTDR工法よりも強固な方法である
橋本 至 @kid75
承前)公明‣所委員:不採択。スーパー堤防事業に対しては党としては賛成の立場である。必要な事業だ 民主‣みんな‣維新‣桝委員:採択。様々な意見があり、事業が進んでいることもあって採択に積極的でないものもあった
橋本 至 @kid75
続)共産‣小俣委員:採択。なぜ北小岩で行うのか、合理的な説明がない。当初からスーパー堤防事業ありきで進められている。区自身が時間も金もかかると指摘している。買収しないといいながら買収を行ってきた。災害対策には優先順位がある。土木学会でも時間的‣金銭的な面で実現性に乏しいとしている
橋本 至 @kid75
続)えどがわ区民ひろば‣滝沢委員:採択。結論出すのに難渋した。区政がポイントを外した施策を行うと、その影響は区民が直接かぶる。事業を実施するための手続きが確立されていない。治水対策に関する国への提言‣川の浚渫など優先事項ある。北小岩の方々が将来を案じることなく生活できることが大事
橋本 至 @kid75
承前)※採択に賛成で諮り賛成は桝‣小俣‣滝沢各委員(なぜか早川委員も挙手したが取り下げ)。賛成少数により不採択
橋本 至 @kid75
続)○193号北小岩1丁目東部地区の土壌汚染調査および改良工事を求める陳情 ・意見開陳 早川委員:不採択。含意は土壌汚染対策をとのことだが、必要性低い。堤防の完成を優先すべき 所委員:不採択。ルールに則って事業を進めてきた。新たな街の完成を心待ちにしている人達もいる
橋本 至 @kid75
続)桝委員:不採択。反対のための反対をしてはいけない。土壌汚染調査の必要性がはっきりしない 小俣委員:採択。土壌汚染が何に起因しているのかが不明確。ならば調査は行うべきだ。盛土をするから安全、ということにはならない
橋本 至 @kid75
続)滝沢委員:趣旨採択。土壌汚染に有効な対策がないとのことだが、サンプル調査はしておくべき。検討を ※不採択に賛成で諮り八武崎(自民)‣早川‣所‣伊藤(公明)‣桝各委員が賛成し不採択
橋本 至 @kid75
◎陳情審査 ○169‣189‣199号(西篠崎土地区画整理関連) 滝沢委員:4mの道路幅を確保するためには、沿道の建物のセットバックが必要になるが? 区:その通り 滝沢委員:借地権申告書の件、区は書面を受け取っているか?あれば出してほしい 区:確認する 所委員:継続で
橋本 至 @kid75
続)○182号:スーパー堤防整備方針の撤回を求める ※署名10名追加、計2071名 小俣委員:江戸川水防重要箇所、一つ一つ計画を立てて対策を進めていくべきと考える。25か所あるが、スーパー堤防以前にやることがあるのでは?計画を見直すべきだ。・・・
橋本 至 @kid75
続)小俣委員続き:高台が必要だからスーパー堤防を…というが「高潮が来る!」という状況で、堤防に避難するのか? 区:避難場所を確保することは重要 小俣委員:これから水が来ようかという場所に避難するのか? 区:想定される外水位に対応できるだけの高さはある。そこを強化するということ
橋本 至 @kid75
続)小俣委員:3.11の際には「河川に近づくな」との無線放送があったはずだが? 区:当時は安全を考えてそのようにした。その後想定を見直した結果、危険はないということになった
橋本 至 @kid75
続)小俣委員:高潮対策は必要だが、多くの住宅が建ち、しかも水が流れ込んでくるかもしれないという場所に避難させるのはどう考えてもおかしい
橋本 至 @kid75
続)○184号:「なぜ、江戸川区だけ警報が発令されなかったのか」の疑問の上、スーパー堤防構想に反対し中止を求める 滝沢委員から資料請求、小俣委員から警報の住民への周知に関する質問あり
橋本 至 @kid75
続)○186号:(平井地区)144号線沿道30mの不燃化事業を住民合意で不燃化特区まちづくりは6m道路拡幅を優先させず、住み続けることのできる「まちづくり」を進めるための陳情 滝沢委員:街づくり懇談会の進捗状況を知りたい 区:先月開催。緊急時避難経路の確保に関し意見交換を行った
橋本 至 @kid75
続)滝沢委員:交通量について。現状の調査は行わないのか?やる必要あるのでは? 区:行う予定ない 滝沢委員:私は近所に住んでいるが、車はほとんど通らない。道路という形状にこだわる理由がわからず、その必要もない 小俣委員:場所により道路幅に違いがあるが? 区:将来を見据えそうしている
橋本 至 @kid75
続)小俣委員:道幅は15mで決定なのか? 区:その通り 小俣委員:住民の意見‣アイデアを十分聞きながら進めていく必要がある 早川委員:青森‣八戸の視察で住民の声を取り入れ街づくりをしていることを知った。私たちも現地に行き、住民にやさしい街づくりを考えていきたい
橋本 至 @kid75
続)○190号:公有地(旧公有水面、字境等)の処分に関する陳情 滝沢委員:願意満たされつつあると考える。陳情者に説明をしてはどうか?正副委員長で相談を 小俣委員:私も同意する 川口委員長(自民):正副で相談する
橋本 至 @kid75
【雑感】○意見開陳 小俣さんの意見がよく整理されており、明確にストレートに伝わってきた。 滝沢さんは185号に関する意見の中で「メッセージ性が…云々」という発言があり、何を意図したものかよく理解したかったのだが・・・
橋本 至 @kid75
続)(滝沢さんについて・続き)言い回しがわかりにくく感じられ、またマイクが不調だったのか声が聞き取りづらかったのが残念。但しこれまでの委員会での発言から、滝沢さんの姿勢はこちらに伝わってきている。
橋本 至 @kid75
続)桝さんの意見からは、会派の中で様々なやり取りがあったことは窺えるが、採否に対する意見が(特に賛成の理由が)今一つはっきりせず、こちらももったいない感じがあった。一人の委員・一つの会派としての顔・姿勢が見えてこない。合同会派ゆえの弊害ではないかとも感じた。
橋本 至 @kid75
続)意見開陳から話がそれるが・・・区議会ではこれまでも離合集散が繰り返されてきたが、合同会派はもう今後はやめた方がいい。議会活動における都合があるのだろうが、区民にとっての利益につながっているのだろうか。不透明さは区民が議会に関心を持たなくなる要因ともなりうる。
橋本 至 @kid75
続)早川委員はこれまでも何度か「もう事業が進んでいるので…」と言っているが、いくら進んでいようが区民から声は上がっているのであって、そもそもこれまで現状を把握しようとしたり、住民の声を直接聞くなどの行動をしてきたのか。
橋本 至 @kid75
続)大体何の発言もしないで時をやり過ごしていれば、その間に事業が進行するのは当たり前である。「スーパー堤防が最善の工法」と言うが、TDR工法に関する資料請求をして以降早川委員から工法についての発言を聞いた記憶がない。『最善』とする根拠を示されたい。
残りを読む(27)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする