カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

毎日食べられるおかず豚汁

これだけでごはんが食べられる、おかず力アップがコンセプトの豚汁。毎日食べても飽きず、冷凍保存もできる便利なレシピにしました。調理もかなり単純化しています。
レシピ 料理
324
オオバ=ニャン @obashuji
豚汁作ります。具はまずこんなもの。干ししいたけスライス、きざみあげ、豚バラ切り落とし、玉ねぎ、ジャガイモ、ごぼう、人参。全部切っていきます pic.twitter.com/pLXuymauu1
 拡大
オオバ=ニャン @obashuji
人参もささがきにしますがそのままだとうまくいかないのでこの様に切れ込みを入れる pic.twitter.com/WhgNgVZUES
 拡大

ゴボウと人参のささがきが難しいという人はピーラーで削るか、もしくはきんぴら用のものをスーパーで買ってくるという手があります(細切りでも問題ないです)

オオバ=ニャン @obashuji
冷たいだし汁(or 水+顆粒だし)に豚肉を入れます pic.twitter.com/CGKxDADxya
 拡大
オオバ=ニャン @obashuji
じゃがいもはすりおろして入れる pic.twitter.com/MJWx4zK81Q
 拡大
オオバ=ニャン @obashuji
味噌。最終的に入れたい量の半分ぐらいを入れる pic.twitter.com/l4JWHybAbE
 拡大
オオバ=ニャン @obashuji
これで火にかけ、沸騰してから30分煮る
オオバ=ニャン @obashuji
これは具ではなく汁に濃度を与えるためのものです。おかず力アップがコンセプトなので舌にしっかり乗ってくる感じにするため。 RT @RocketjuiceTm: @.obashuji ジャガイモは何故摩り下ろすんですか?
オオバ=ニャン @obashuji
この方法だと手数が減るし肉どうしがくっつかないという利点がある。しかも、あまりやらない操作なのでびっくりするかもしれないけど、温かいところに入れるのと味的にはほとんどかわりがないです
オオバ=ニャン @obashuji
一度汁が濁るんだけど煮ているうちに溶け込んだタンパク質がアクと一緒に浮いてくるのでまた澄んでくるし、そもそも豚汁は澄んでいる必要がない
オオバ=ニャン @obashuji
油揚げの油抜きも干ししいたけを戻す作業も省略して直接投入してる。かなり手数を減らしたレシピなんだけど豚汁はこうやって粗く大雑把につくると逆においしい
オオバ=ニャン @obashuji
アクをとるのだが、この際できるだけ脂は取り除かないよう意識してやる pic.twitter.com/Vz1gD9rc6B
 拡大
オオバ=ニャン @obashuji
よく見ると脂は真ん中に寄ってたりする。こういうのは取り除かない pic.twitter.com/4GoMzlMJRK
 拡大
オオバ=ニャン @obashuji
アクの出が止まったら弱く沸騰するぐらいの火に落として30分待つ pic.twitter.com/759adeOfnn
 拡大
オオバ=ニャン @obashuji
ちなみにとんじるですか? ぶたじるですか? — ぶたじるって呼んでる ask.fm/a/b7foj321
オオバ=ニャン @obashuji
具はぜんぶそのまま食べるのと同時に全部ダシの素としての役目も果たしているため、組み合わせはほぼ決まっている。しいていえば干ししいたけを他のキノコに変えるとか、大根や白菜などを加えるというアレンジはアリ。
残りを読む(30)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする