藤原徹平先生講演会141209@名大

藤原先生の漢字を前半間違えて入力してしまいました。 大変申し訳ございません。 また、濃密なお話と膨大な引用に追いつけずいつも以上に誤変換や書きもらしてしまったところが多いです。 間違い箇所へは後からコメントで注釈をつけさせていただきますので、お気づきになられたことがございましたらどなたでもご指摘ください。
建築
1
スギウラ @maisugiura
タイトルは【アフタースプロール時代の建築】です。 地元、横浜の航空写真。 建築を初めて再認識したこと。 日清製粉の石油タンクのすぐ横が生家。 健康教育の盛んな小学校で潮干狩りも #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
横浜のはずれ、風光明媚な場所。別荘地として有名。 高度経済成長期に埋め立て、京浜工業地帯と一体化。 コンビナートに。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
名古屋でいう四日市的な。 社会が暴力的な勢いで成長するのを感じる場所。 窓を開けると石油タンクがある場所。 ゴジラを見ても一番に被害にあうような場所 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
恩師に社会を疑えと言われた。 高度経済成長のあり方自体がデザインされたのかどうか、考えろ! #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
それ以来建築家という職業を目指すことに。 俊都市や社会が人間のコントロールを外れてうごめいていくということが重要に感じる。 OMAの最初の事務所員ザビエが作ったアフタースプロールという本 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
ある意味美しくもある暴力的スプロール。 ヨーロッパの都市計画はグリーンベルトによってスプロールを防いでいるはずだが、それでも広がる。 日本では現在縮退の社会。しかし横浜ではまだミニ開発が続き、広がりつづけている #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
横国のすぐそばの住宅地。 非常に起伏がある。 長崎より斜面が多い。スプロールして山の上に住まざるを得ない状況。地形と関係なく住宅地が広がる。 一方、都市デザインというと横浜の名は良くでる。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
都市の中にモザイク状に市街化調整区域を残し、それがネットワークしている。 里山とニュータウンが突然出会っている。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
里山の中に住宅地が島のように浮いて見える写真。 横浜以外では市街化調整区域は都市の外に広大にあるが、横浜以外はどこまでもモザイクになってつづいている #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
市街化調整区域によるものではなく、米軍占拠地だった緑もある #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
京浜工業地帯のバックグラウンドであるので、 裏山全体の盆地を占拠する貨物駅があったりする #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
生態系と工業がちぐはぐにつながる。 都市計画の授業でパリなどの美しい風景を見ると、その後に街を歩いて格差を感じていた。 東京や横浜のキメラ的な面白さはまだ言葉になっていなかった。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
街並みの美しさ、は日本には獲得できないものと思っていた。 シチュアスニストインターナショナルという団体。 近年まで注目されなかった。 学生運動の思想を準備したと言われる、60年代のフランスの思想家。マルクスらの思想から #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
マルクスらの思想から 〈【状況】の【構築】〉理論 というものを作る。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
60年代からの新しい建築的試み。 たとえばアーキグラムによるウォーキングシティ。スーパースタジオ。 磯崎新による紹介。しかしまだ磯崎はシチュアスニストインターナショナルには出会っていなかった しかしヨーロッパでは大きな影響を持っていた。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
ある時シチュアスニストのリーダーが著書の再発行を禁ずる。彼の自殺後再発行され、やっと日本に入ってくるように。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
1番読みやすいのは スペクタクルの社会 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
高度資本主義に対する警鐘を鳴らしたもの。 それは人間性を奪う? 別な都市を作るための戦略を示した #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
彼らの中で特に重要なものは 建築物の集合として都市を捉えてはならないということ #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
さまざまな状況の集合として都市を知覚しなければならない。 映画監督ボダールへも影響を与える。 新しいメディアにも注目する必要がある #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
ビジュアル的なものが、新しい集合を作る可能性があるという予見 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
シチュアスニストの中に一人だけ建築家がいた。 家具や装置の設計。 しかし彼はある時シチュアスニストを除名される。 コンスタントという美学にとらわれすぎ、ただ構築物の集合になってしまっていると批判された。 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
シチュアトニスト的な論文の中に 日本の絵巻物 ひとつの絵の中にいろんな時間が描かれている。 ひとつの構造性にとらわれない世界観 #藤原鉄平_141209名大
スギウラ @maisugiura
人間中心的でない。偶発性に富んでいる。人と雲も同価値に扱われる。 #藤原鉄平_141209名大
残りを読む(112)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする