2015年1月2日

FF6二次創作SS【鎮魂のアリア】最終回

鎮魂のアリア、今回が最終回となります。続編というべき長編を予定してはいるんですが、ピクシプ限定の連載となります。。第一回目:http://togetter.com/li/707429 前:http://togetter.com/li/763977 ついでおまけ:http://togetter.com/li/705695
0
みなみ @minarudhia

それでは開始します。

2015-01-01 21:06:05
みなみ @minarudhia

FF6二次創作SS【鎮魂のアリア】~最終回~

2015-01-01 21:06:53
みなみ @minarudhia

ガシャン!! 《何!?》 魔列車の車体が大きく揺れ、大きく後方へ引きづられていく。 「あ、あそこ!!」 リルムが指差す場所には、先程分解されたはずの巨大な白骨が魔列車の車両を鷲掴みにしていた。 「ぎゃああああああっ!!」

2015-01-01 21:11:25
みなみ @minarudhia

初めてその姿を見たスコットが絶叫し、尻餅をつきながら失禁した。 「なぜだ!?さっきので消滅したんじゃなかったのか?」 「この墓のせいだわ!まだ完全に消滅していない霊の一部が、この墓に入り込んで死んだ者の霊を取り込んで、再生を始めたのよ!」 「…!俺が開けたからか」

2015-01-01 21:15:36
みなみ @minarudhia

フィストは口早に霊視の呪文を詠唱する。 そして、白骨の右側の鎖骨に当たる部位に大きな力の脈動を“視た”。 「あそこ…右の鎖骨の部分!あそこの奥に再生のための核になっているものがある。核を破壊すれば、活動は今度こそ止まるはず!」

2015-01-01 21:21:19
みなみ @minarudhia

フィストの指差す白骨の一部を見れば、再生が完了しているのは上半身のみ、そして今は下半身を黒い靄が包み込んで白い骨を少しずつ形成しようとしていた。 このままでは魔列車の発車はままならない。

2015-01-01 21:19:18
みなみ @minarudhia

「でもあいつの傷はすぐ再生しちまう!」 「聖なる力による攻撃や道具なら再生を一時的にだけど遅くさせることはできる。私が霊の拡散を抑える結界を張って中に閉じ込め、聖なる力を鎖骨に打ち込み、露わになった核を集中的に叩く」

2015-01-01 21:23:57
みなみ @minarudhia

「聖なる力をってことは、聖水か。でも誰も聖水なんて持ってないぞ」 ロックの言葉をマッシュが遮る。 「なら、俺に任せろ。ダンカン師匠の奥義を使う」

2015-01-01 21:27:48
みなみ @minarudhia

作戦を立て終わり、フィストが呪文の詠唱を始める。 白骨に向かって走るのはマッシュとロック、セッツァー。 先程の戦いで物理的な攻撃はほとんど意味を成さぬことを知っているため、ティナもセリスも固唾を飲んで見ていた。 「―――サンクチュアリバインド!!」

2015-01-01 21:31:24
みなみ @minarudhia

詠唱を終えたフィストの声が響く。 神々しい光で描かれたペンタグラムが巨大白骨を包み込む。 巨大な白骨は魔列車を押さえ込んだ腕とは片方の腕を支えとして身を起こし、自身の方へ走ってくるマッシュ達を睥睨した。 「オーラキャノン!!」

2015-01-01 21:34:31
みなみ @minarudhia

精神を集中し、自らの身体に流れる気を掌に溜め込む。 ロックとセッツァーに追い越される形でマッシュが両手の平を合わせ、放ったエネルギーが狙った部位を黒い靄もろとも吹き飛ばす。 そしてその奥に保護されていた、先程までジュリアスが憑依していた死体をロックとセッツァーははっきりと見た。

2015-01-01 21:36:59
みなみ @minarudhia

「同時に行くぞ!」 「ああ!」 ロックがホークアイと呼ばれる棍を、セッツァーがカードの代わりにダーツを投げる。 投げられたホークアイが正確に死体を抉り、ダーツが要所要所へ突き刺さる。 白骨がそれらの攻撃を受けてなお、空いた部分を修復しようと再生していく。

2015-01-01 21:39:20
みなみ @minarudhia

「マッシュ、GO!!」 「おう、爆裂拳!!」 再生する箇所をくぐり抜けてきたのはマッシュだ。 彼の拳が死体に叩き込まれ、原形を留めぬ勢いで粉砕する。 死体が破壊されると、白骨はうめき声をあげながらその形を大きく崩壊させていく。

2015-01-01 21:42:15
みなみ @minarudhia

そして白骨となった部分は白く輝く霊魂となって、ペンタグラムへと吸い上げられた。 形を失った白骨の中からマッシュが地上へ着地し、状況を確認のため見回すと、ペンタグラムの聖なる力によって浄化された霊魂が魔列車の最後列の車両に開けられたドアへ吸い込まれていくのが見える。

2015-01-01 21:44:30
みなみ @minarudhia

そして、そのドアを開けていた魔列車の車掌がマッシュの存在に気づくと軽く会釈した。

2015-01-01 21:45:46
みなみ @minarudhia

しゅおおおおおおおおおおおおおおおおおお・・・・・・・・・ 魔列車が去った後。 ロック達はジドールへ戻り、自警団の元へ寄りがてらフィストから幾ばくかの事実を聞かされた。

2015-01-01 21:47:34
みなみ @minarudhia

ジュリアスが殺害された後に、フィストは魂鎮めの唄を歌っていた。 この唄は、非常に強力な歌であり、高僧すら手を焼くアンデッドモンスターですらこの歌によって浄化できるという。 だがこの歌にはいくつもの制約があった。

2015-01-01 21:51:42
みなみ @minarudhia

一日のうち特定の時間に二度歌うこと、歌を妨害されれば元の木阿弥になること、万が一歌の詠唱中に死者が出た時歌を中断させなければならずその強制中断すら妨害のカウントに入ること。

2015-01-01 21:54:28
みなみ @minarudhia

順調に行けばジュリアスを浄化できたが、妨害が立て続けに続いた結果ジュリアスを歌によってあの世へ送ることが事実上できなくなった。 そして、ヘンリーが殺害された直後も、フィストは歌をやめてすぐ外に出ていた。

2015-01-01 21:57:15
みなみ @minarudhia

そこで観客の一人である貴族の御者が連れている猟犬達に目をつけ、ヘンリーの死体に憑依したジュリアスを襲うよう仕向けたことが彼女の口から告げられた。 「なぜそんなことを?」

2015-01-01 21:59:48
みなみ @minarudhia

「ジュリアスは霊魂とはいえ、霊魂のまま害を成せるような状態ではなかった。だから、近くにある誰かの身体を借りてでも、スコットに復讐せざるを得なかったの。その肉体を破壊すれば、ジュリアスの憑依は強制的に解かれる」 「なるほど」

2015-01-01 22:01:44
みなみ @minarudhia

スコットの身柄は自警団へと渡った。 むしろスコット自身、それを望んだようだった。 それはガネットへの彼なりの誠意だったのか、真意は彼の口からは明かされなかった。 こうして、一時的にジドールを騒がせた殺害事件は、終幕と相成った。

2015-01-01 22:04:35
みなみ @minarudhia

―――その後。 リルムがついにラクシュミの仕上げに取り掛かり、後に必ず帰ってくる約束を受けてストラゴスはインターセプターと共にサマサへ帰った。 ロック、セリス、セッツァーも、これからまた旅を続けるという。

2015-01-01 22:09:06
みなみ @minarudhia

ティナはオペラを見れないままモブリズへと帰っていった。 後日、ダンチョーから彼女へ、オペラ開演の際チケットを送るという話を聞いた。 あの戦いまでの間、あまり楽しめる時間がなかった彼女のことだ。 好きなだけ、笑って、楽しんで、生きて欲しいと思う。

2015-01-01 22:11:14
残りを読む(22)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?