Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

牧眞司が選ぶ面白本ベスト30(2014年度)

海外文学通、牧眞司さんが偏愛する本を選んだリストです。
2
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

●2014年に読んで面白かった本(再読を含む) いちおう順位をつけているけど、だいぶ適当です。

2015-01-06 12:45:53
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(1)R・A・ラファティ『悪魔は死んだ』(サンリオSF文庫) (2)トマス・M・ディッシュ『キャンプ・コンセントレーション』(サンリオSF文庫) (3)ブルース・チャトウィン『ウッツ男爵』(白水社uブックス)

2015-01-06 12:46:07
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(4)ダリオ・トナーニ『モンド9 (モンドノーヴェ) 』(シーライトパブリッシング) (5)サマセット・モーム『月と六ペンス』(新潮文庫) (6)ジェス・ウォルター『ザ・ゼロ』(岩波書店) (7)ジーン・ウルフ『ピース』(国書刊行会) (8)ボフミル・フラバル『剃髪式』(松籟社)

2015-01-06 12:46:30
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(9)フリオ・コルタサル『対岸』(水声社) (10日和聡子『御命授天纏佐左目谷行』(講談社) (11)レイ・ブラッドベリ『華氏451度〔新訳版〕』(ハヤカワ文庫SF) (12)ブライアン・エヴンソン『遁走状態』(新潮社《新潮クレスト・ブックス》)

2015-01-06 12:47:08
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(13)吉村萬壱『臣女』(徳間書店) (14)ポール・コリンズ『バンヴァードの阿房宮』(白水社) (15)フラン・オブライエン『スウィム・トゥー・バーズにて』(白水社uブックス) (16)ディミトリ・フェルフルスト『残念な日々』(新潮社《新潮クレスト・ブックス》)

2015-01-06 12:47:22
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(17)金井美恵子『タマや』(講談社) (18)金井美恵子『文章教室』(福武書店) (19)ジョン・クロウリー『古代の遺物』(国書刊行会《未来の文学》) (20)上田岳弘『太陽・惑星』(新潮社) (21)豊﨑由美『まるでダメ男じゃん!』(筑摩書房)

2015-01-06 12:48:09
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(22)山岸真編『SFマガジン700【海外篇】』(ハヤカワ文庫SF) (23)金井美恵子『猫の一年』(文藝春秋) (24)コニー・ウィリス『混沌(カオス)ホテル』(ハヤカワ文庫SF) (25)残雪『最後の恋人たち』(平凡社)

2015-01-06 12:48:21
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(26)カレン・ラッセル『狼少女たちの聖ルーシー寮』(河出書房新社) (27)ケリー・リンク『プリティ・モンスターズ』(早川書房) (28)篠田節子『長女たち』(新潮社) (29)フリオ・コルタサル『八面体』(水声社《フィクションのエル・ドラード》)

2015-01-06 12:48:39
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(30)倉阪鬼一郎『元気の出る俳句』(幻冬舎新書) (31)色川武大『恐婚』(文春文庫) (32)ポール・オースター『写字室の旅』(新潮社) (33)サミュエル・R・ディレイニー『ドリフトグラス』(国書刊行会《未来の文学》) (34)瀬名秀明『新生』(河出書房新社)

2015-01-06 12:49:21
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(35)ジャック・リッチー『ジャック・リッチーのあの手この手』(ハヤカワ・ミステリ) (36)ピーター・ワッツ『神は全てをお見通しである』(ハルコン・SF・シリーズ) (37)キジ・ジョンスン『霧に橋を架ける』(東京創元社《創元海外SF叢書》)

2015-01-06 12:49:34
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

(38)大森望・日下三蔵編『さよならの儀式』(創元SF文庫) (39)ホセ・ドノソ『別荘』(現代企画社) (40)高山羽根子『うどん キツネつきの』(東京創元社《創元日本SF叢書》)

2015-01-06 12:49:53
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

いまあげた「面白かった」40冊はあくまで偏愛に基づくもので、もちろん、これ以外にも面白い本はいっぱいあります。ぼくは「物語的に面白い」ことは偏愛の要件にはならないので、たとえば『火星の人』とかは抜けてしまう。

2015-01-06 13:09:54
牧眞司(shinji maki) @ShindyMonkey

また、小説の場合、「問題意識的な意味でのテーマ」の深さも、ぼくの偏愛にはひっかからない。

2015-01-06 13:15:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?