2015年1月28日

岡田茂『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』引用まとめ

「映画界のドン 岡田茂の活動屋人生」 2012/5/27刊行 http://goo.gl/Iz0glW
7
urbansea @urbansea

岡田茂「東映が上品になったら、おしまいだ。創業以来の体質である、田舎っぺ精神、これがこの20年、同業他社と闘って打ち勝った原動力だ。田舎者が都会人になったら、エネルギーをなくしちゃうだろう。」岡田茂の活動屋人生・20頁

2014-01-14 22:56:31
urbansea @urbansea

住宅産業だよ!」(岡田茂・1972年。ボウリング事業を撤退後、次なる東映の新規事業を聞かれて。~岡田茂の活動屋人生・25頁)

2014-01-14 23:01:34
urbansea @urbansea

東映、1973年(仁義の年)、ルノアールなどの複製画の販売(1~3万円)を始めている。すごい商魂。岡田茂の活動屋人生・34頁より。

2014-01-14 23:21:46
urbansea @urbansea

不良性では馬鹿当りはまずありえない、それを狙うとすれば”善良性感度の企画”を考えにゃいかん時代に入ってきたね」岡田茂・1974年~岡田茂の活動屋人生・43頁 これは教訓的である。極端なものの足の速さと、マスへのリーチの限界。

2014-01-14 23:34:46
urbansea @urbansea

大当たりさそうと思ったら19歳以下の観客がワァッと押しかけんとイカンのだな。この1年大当たりとったシャシンみると19歳以下が来てる。『男はつらいよ』(松竹)然り、『日本沈没』(東宝)然りだ。」岡田茂・1974年~岡田茂の活動屋人生・45頁 そうか、寅さんは若者ウケしていたのか。

2014-01-14 23:40:02
urbansea @urbansea

徹底的に調べる。早くはじめる。カネの匂いを嗅ぎつけたら、それに邁進する。シナリオ・あがりに厳しくする。収益をかき集める。…「岡田茂の活動や人生」の「オレがOKしなきゃ撮らせない」の章、プロデューサーとはなんぞやが詰まっている。岡田はこれらに進行の鬼がくわわる。

2014-01-14 23:54:06
urbansea @urbansea

どういう本をつくるか、どこが見せ場か、芸術家をどう使うか、いうところまで、細かいディテールにいたるまで、一からはじめなきゃダメということだね。一から出ないから問題が起きるんだよ。」岡田茂の活動屋人生・55頁 人まかせにして後でああだこうだというのではなく、最初から関わる気概。

2014-01-15 21:40:31
urbansea @urbansea

都会のうまさを覚え、つけもんと味噌汁の味を忘れたということだ。東映カラーの魅力は強烈な土着性の味なんだ。これ忘れたらダメだね。」岡田茂の活動屋人生・58頁 …工場労働者の家庭の子ながら、アートだ建築だにかぶれた私は、週刊大衆を読むことで、えげつなさを身につけ直した。

2014-01-15 21:47:10
urbansea @urbansea

あの松方弘樹の独特な持ち味を生かすプロデューサーがいないところに、東映の問題があるね。『脱獄広島殺人囚』(49・12)がいちばんよかったが、あれはワザとやったんじゃない、あれが松方の自然なんだ。」 岡田茂の活動屋人生・59頁

2014-01-15 21:52:59
urbansea @urbansea

もちろん、ポカもあったよ。葬儀会社然り、パチンコ然り。なんかよさそうに見えたがダメだったというのもある。喫茶経営も止めちゃった。いろいろあった。」 岡田茂1976年、やはり映像関連しかないとようやく気づきつつ、その年、商事部を発足。スーパーをはじめる。岡田茂の活動屋人生・79頁

2014-01-15 22:03:09
urbansea @urbansea

ヘラルドの原クン(正人宣伝部長)なんか、ぼくは非常に高く評価してるんだが、原クンには、ぼくらにない感覚があるね。ぼくら常識人にない特殊な感覚な。世間を騒がすことを知ってる。映画も映画宣伝もこれでなきゃイカンねえ」 岡田茂の活動屋人生・85頁 原正人、後のアスミックの社長である。

2014-01-15 22:13:45
urbansea @urbansea

(安藤昇わが逃亡とSEXの記録がヒットせず)「四十何歳の男じゃなしに、若い27-28歳ぐらいの今逃亡中というような男を引っ張ってきて、シャシンつくったら、確実にシングルは飛ばしていたろうね。こういう感覚だねえ、必要なのは。」 岡田茂の活動屋人生・86頁

2014-01-15 22:18:14
urbansea @urbansea

(宣伝が製作・営業の従属を止め)「まず、東西の企画部長は宣伝を兼務せい、という形にしたわけだ。ということは企画が考えられはじめたとき、宣伝が始まる----この意識で取り組めということなんだ。」 岡田茂の活動屋人生・96頁 マーケの4Pのプロダクトとプロモーションを同時に。これ大事

2014-01-15 22:30:53
urbansea @urbansea

プロデューサーに宣伝を兼務させて、自分でシャシン売ることを考えさせろ、実行させろ、という狙いで企画宣伝プロデューサー制を敷いたわけだ。(略)とにかくプロデューサーは宣伝の第一線に立つべきだね。その構えが強烈に出なけりゃ、シャシンは当たらんね」 岡田茂の活動屋人生・96頁

2014-01-15 22:35:07
urbansea @urbansea

(高岩淡を企画製作部長とし)「高岩君も企画について抜群の才能を持っているわけじゃない、率直にいってね。しかし、彼はまとめ役としては社内随一の人格者ですわね」岡田茂の活動屋人生・130頁 その高岩は、後年「男たちの大和」を岡田に褒められ、「いつ死んでもいい」ほど喜ぶ。

2014-01-17 00:29:23
urbansea @urbansea

二百三高地、東映は「見せ込み」をがんがんやっている。完成から公開まで半年あり、その間に商工会議所から旧軍人グループにばんばん見せる。そうして見た者が前売りを売り出す。クチコミどころか営業である。結果は知らんが、岡田は前売りを]150万枚売れると豪語。~岡田茂の活動屋人生・137頁

2014-01-18 22:00:56
urbansea @urbansea

笠原が脚本執筆中の「大日本帝国」について、「なぜ、東條をヒーローにするのか、カンカンガクガクの騒ぎになるんじゃ…」の問に、岡田茂「話題を撒くねえ」(岡田茂の活動屋人生・150頁) 騒ぎを厄介事として避けるか、盛り上がりととるか、これがプロデューサーの肚を分ける。

2014-01-20 23:40:09
urbansea @urbansea

岡田茂、「ベントとして大きく話題をかき立ててゆかれる可能性のある企画を、こういう宣伝で、こういうプロモーションで、大話題に仕上げてみせるプロデューサー」(岡田茂の活動屋人生・155頁)を待望。1981年。企画と宣伝の直結、さらに先にあるもの。ブロックブッキングの崩壊後のPr

2014-01-21 00:11:32
urbansea @urbansea

ん回もくり返えすようだけど、シャシン当てるためには、つくる者と売る者一体でなきゃダメだということですよ」岡田茂の活動屋人生・165頁 と言って、角川春樹の名をあげる。ブロックブッキング崩壊後の象徴。

2014-01-22 00:08:13
urbansea @urbansea

「岡田茂の活動屋人生」、167頁、「大日本帝国」の脚本が「笠原良三」になっている。

2014-01-22 23:25:11
urbansea @urbansea

(岡田茂、「探偵物語」の製作発表に取材が300人集まったことに対して)「取材に来てくれ、頼まなくても来るというのでなきゃ、スターじゃないわね。いまのアイドル、薬師丸ひろ子の右に出る者はいないなあ」岡田茂の活動屋人生・178頁。…パブを如何に稼ぐか。

2014-01-26 20:48:44
urbansea @urbansea

(岡田茂、予算が守れないことについて)「やっぱり、人のカネだと思っているところに問題があるんですよ。独立プロの連中は非常に厳しくやってますからね、足を出したら自分の首を締めるんだから、チエも使うし、体も痛めて予算厳守を汗水たらして守ってますよ」岡田茂の活動屋人生・185頁

2014-01-26 20:56:03
urbansea @urbansea

大たい、営業感覚になっとるときはマンネリだよ。あれ来たから、また来るだろう----8掛け来るといって来たためしがない。」岡田茂の活動屋人生・218頁

2014-02-07 21:02:41
urbansea @urbansea

以前光り輝いていた存在もだんだんフットワークがなくなってな、ドスンと座り込んで、オレ、大プロデューサーとなったら、もうダメだな。もうそういうのは才能が枯渇して来とるんだよ」岡田茂の活動屋人生・244頁 ~奥山和由のフットワークの軽さを引き合いに…

2014-02-12 21:58:50
urbansea @urbansea

プロデューサー、なんでもかんでも器用にこなす程度では力にならんのでね。やっぱり、一人一芸、ひとつのパターンしかないんだよ、世の中を動かすような力を発揮するということではね。だから、そのパターン、モノをいわなくなったら、そのプロデューサーも終わりということですよ」岡田茂書籍248

2014-02-22 21:03:47
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?