「的を得る」誤用説撤回から、ことばの正誤についての飯間浩明先生の見解

『三省堂国語辞典』編集委員であり、日本語学者でもある飯間浩明先生がことばを正誤の観点で議論することへの違和感を語っています。
人文 飯間浩明 的を得る 言葉の誤用
86
背景:「的を得る」誤用説の撤回
リンク BIFFの亜空間要塞 【逆転】「的を得る」:「誤用説は俗説」と事実上決着へ - BIFFの亜空間要塞 昨年12月発売の『三省堂国語辞典』第7版に「的を得る」が採録されました。これで「...
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
『三省堂国語辞典』第7版では、従来「誤用」とされていることばを再検証した。「◆的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。「当を得る・要領を得る・時宜を得る」と同様、「得る」は「うまく捉える」の意だと結論しました。詳細は「得る」の項を。
びふぼ @bifbo
「的を得る」誤用説は、マスコミが取り上げたことで一気に広まったけれど、それ以上にいわゆる「正しい日本語本」を鵜呑みにした方たちが、「正しい日本語」を標榜しつつ安易な「言葉狩り」をした影響が大きかったと思う。彼らは意図とは逆に、文化庁の調査で明らかなように日本語を歪めてしまった。
びふぼ @bifbo
この3日間ほど、多くの方が「昔は普通に的を得ると言っていたけれど、誤用と指摘されて使うのをやめてしまった」とツイートされている。中には「これからも、誤用と言ってくる人が鬱陶しいので、やっぱり「的を得る」は使わない」という方も少なくない。
びふぼ @bifbo
日本語の語彙を不当かつ不自然に歪めてしまった「的を得る」誤用説の経緯から、母国語を本当の意味で大切にする方法を学びたい。そういえば『三国』編集者の飯間さんが言葉の正誤についてツイートをすると予告されていた。日本語は国語辞典が決めるわけではないけれど、やはり専門家の見解はきになる。
日本語専門家・飯間浩明先生の見解
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki

1967年10月21日、香川県高松市生まれ。国語辞典編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員。近著は『知っておくと役立つ 街の変な日本語』(朝日新書)、『日本語をつかまえろ!』(毎日新聞出版)、『つまずきやすい日本語』(NHK出版)、『ことばハンター』(ポプラ社・児童書)など。『四字熟語を知る辞典』(小学館)も枕元にどうぞ。

asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
ことばの研究者同士が、あることばを「誤りだ」「正しい」と議論することはありません。「ことばは恣意的に決まる」のが学問的常識だからです。もちろん「は私だ学生」などは意味が通じず「非文」とされますが、広く使用され、誤解なく意味が通じているものについては正誤の議論は起こらないわけです。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
私は、心情論として「このことばは使いたくない」「使いたい」という意見があるのは当然だと思います。しかし「この言い方は誤りだから使うな」という声が高くなってきた場合は、その言い方にも一定の合理性があるとか、歴史が長いとかいう事実を指摘することも、研究者には求められると考えます。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
新聞社やテレビ局には用語委員会があり、「このことばこう使う」とルールを決めています。これは必要でしょう。このルールがなければ、そのメディアのことばが不統一になり、伝達に支障を来します。各メディア、各職場などで決まったことばを使うのは自然なことです。部外者に強制しなければですが。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
「見れる、来れる」などの言い方は、可能表現に特化している点で「合理性」があり、「歴史が長く」「広く使用されている」ことを考えれば、もはや正誤の議論は成り立たず、あとは使いたいかどうかの心情論が残るのみです。現在は、会話では普通に使うが文章では控える、という人が多数派でしょうか。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
『三省堂国語辞典』にも「あやまり」の表示はあります。多くは漢字の書き間違いで、たとえば「年俸」では〔「年棒」は あやまり〕としています。「年棒」では誤解なく通じるとは考えられず、合理性も見出しがたいからです。仮に「いや合理性はあるよ」ということになれば、当然再考が必要です。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
まとめサイトで〈「的を得る」という表現が正しくなっていたことが判明〉というふうに書かれていますが、違和感があります。『三省堂国語辞典』には「~が正しい」という言い方もほとんどありません。私個人としては、ことばを正誤の観点ではなく、誤解が起こらないかどうかで評価したいと思います。

飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
@bifbo 「的を得る」の議論を広く知らしめるにあたって、びふぼさんのブログの影響力は大きかったと思います。ご論考、参考にさせていただいています。ご挨拶が遅れ、失礼いたしました。
びふぼ @bifbo
@IIMA_Hiroaki お声がけいただきありがとうございました。誤用とされていた「的を得る」を、擁護するという目的で書いた記事なので、専門家の目にどう見えるかは想像するだに恐ろしいです。それでも無粋な「言葉狩り」の終息に、少しでも役立ったなら書いて良かったとホッとします。
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa
ここでまとめサイトも参考までに引用しようと思いましたが、ツイートを画像貼り付けで引用するダメサイトだったので、こちらも画像だけ引用に留めておきます。 pic.twitter.com/1QdUzyPB9I
拡大
オチ
激走ちゅきはぐ @Qjawa_san
「的を得る」という単語をいちいち検索して、正しい言葉遣いをレクチャーしてくれていたインターネット啓蒙マン、今は何をしているのだろう、と思って探してみたら、今度は「的を射る」派を啓蒙してた

コメント

言葉使い @tennteke 2015年3月8日
マスメディアで「“的を得る”は間違い」を見たことはないな、電車の中の日能研広告で、的を脇に抱えて走っている人に「的を得てどうするの?」というコピーで知った。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年3月8日
「見れる、来れる」に合理性があるというのはまったくその通りで、僕も使いたいんだけど、原稿の中で使うと校正者に「間違い」を指摘されるのが鬱陶しくて使いづらい(苦笑)。作中人物の台詞としては使う分にはOKだけど。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月8日
言葉を「正誤の観点で議論する」事に対する違和感って云うのは「正かな・正字」周りの議論とかでも感じるね。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2015年3月8日
「見れる」「見られる」「来れる」「来られる」は敬語表現との兼ね合いなのかな?
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年3月8日
昔からどちらかと言えば「ら」抜き言葉推進派だったんだけど、いつの間にか読むときに脳内で「ら」を付け足して読まないと座りが悪くなってしまった。他人の文章を直させようとは全く思わないし、頭では「ら」抜き言葉が合理的だと今も思ってるのに自分でもよくわからない。
はりあ~@ワルキュリア🌈 @TNaka2011 2015年3月8日
真逆の意味で誤用されるのは勘弁してほしい。それだともう言葉の意味をなさないので。そうでなければ川の流れが変わる程度のことだと思うので受け入れやすいかな
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年3月8日
仏教用語から日常用語になった言葉だと昔々の段階で意味が変わったり良し悪しの価値が逆転してるとかざらに。日常こうやって使っているけど仏教での元々の意味はねってのはご法話の鉄板ネタでもありますね。
neologcutter @neologcuter 2015年3月8日
名古屋弁では、ら抜き表現を年寄りでも普通に使うのでその辺は意識してなかった…
RAY@わんこ先生 @rayion89 2015年3月8日
言葉は流動するものですし、限定的コミュニティのミームが辞典掲載されるまでは意味や解釈が正負反転することもしばしばあるでしょうね。現在進行形の例だと「意識高い」とかでしょうか?
Oddball @0ddbaII 2015年3月9日
的を得るが目標を持つ的な意味だったら抵抗なく受け入れられる。穿つべき的(目標)が出来たみたいな感じ。的を射ると同義で使われたらそれは間違いだろうけど。
押井徳馬(오시이도쿠마) @osito_kuma 2015年3月9日
過去や現在の言葉の変遷を観察して「言葉は変化する、流動する」と結論付けるのと、言葉を好き勝手に弄った上で「言葉は変化するものだが、これがこれからの新しい国語なのだからみんな認めろ」と押し付けるのとでは全く異なる問題ですね。「言葉は変化する」は前者の意味では事実ですが、後者の口実にするのは問題があるし、国語辞典も「言葉は変化するものなのに、言葉の正誤を押し付けるな」として意味をなさなくなります。
ビッター @domtrop0083 2015年3月9日
押し付けた後、受け入れられた場合と受け入れられなかった場合も別だわな。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
「『的を得る』は『当を得る』と混同した誤り」と云ふ記述の當否は、根據の有無による。用例調査の際文獻からは何と「混同した」のか確言することが難しいはずで、記述がただの臆測に過ぎないとする方が說得力が壓倒的にあるのでは? 一方ラ拔き言葉は助動詞「られる」が一旦動詞に附いてからの脱落で、同列に論ずることはできないのでは? 素人考へだらうか?
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
これは「らる」かも。RTfushimitori 助動詞「られる」
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
書き言葉はこちらの系統を見るのが正解ですな。RTfushimitori 「らる」
VRAM01K @VRAM01K 2015年3月9日
ら抜きは受動と可能を区別できるのが便利だと思ってます
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
正しい國語は必ずしも直ぐに效用が判る「便利」な代物である必要はありません。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年3月9日
思いつきだけど「的を(射て打ち倒し)得る」みたいな感じとか?狩猟やら射的なら射て終わりじゃ無くて最終目的は得ることだものね。そして思い浮かんだのは妖怪首おいてけ。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年3月9日
ら抜き言葉はそっちが基本って方言の地域も少なくないんじゃなかったっけ。むしろその地域ではら有りの方が人為的に標準化した用法の押し付け?歴史的仮名遣いに対する現代仮名遣いみたいなもの?あ、これもただの素人の思いつきです。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月9日
去年のこちらのまとめ http://togetter.com/li/662009?page=2 では「汚名挽回は必ずしも誤用ではない」って云う話題で随分揉めていたのを思い出すが、あの時も「汚名挽回は『正しくない』」と云う人が何人も居たのを思い出した。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月9日
揉める問題の根底に「ことばは恣意的に決まる」を認めるかどうかがあると感じている。あるいは「誤解が起こらないかどうか」と云う緩めの基準に抵抗があるかないか、かなあ。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
例へば過去の文獻が可能形を「得らる」として「得る」とはしてゐないならば、「らる」の近代の形は「られる」なのでラ拔きは誤りとするのが理窟では? 地方の言葉が書き言葉を手本にしたのも事實なので、「人為的に標準化した用法」ではなく長い使用の事實がある慣用です。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
正しい國語は少なくともここで言はれてゐる樣な「便利」なものではありません。例へば「風立ちぬその道の」と云ふ歌の文句が、たとひ有名な小說や歌謠曲から意味が聯想しやすくても、明らかな誤用で「立ちぬる」の連體形にするなどしないといけない。ラ拔きも同種の文法の逸脱です。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
と云ふか「人為的に標準化した用法」だとして「だいこん」と書かずに「でえごん」と書くのもいいぢやないか、と言つたつて、正しい書き方は前者なんだよね。歷史的な謂れのある方。
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2015年3月9日
. fushimitori 正誤はの観点を持ち出さずとも、あなたの「國語」が大変「不便」なことは間違いないですね。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
解らないんですが、この纏めで云ふとそれは「『的を得る』は正しくない」と云ふことになると思ふんですが、誰が言つてゐるんですか? 或いはさうではないのなら何だと云ふ人のことを仰つてゐるんですか? QT:hiroharu_minami あの時も「汚名挽回は『正しくない』」と云う人が何人も居た
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月9日
先のまとめもこのまとめも飯間先生による言葉の解釈、説明が主題になっているのですが、前回はその解釈自体に強い疑問(汚名挽回はおかしい!)が出ていたけれども、今回は解釈自体への疑問や批判はあまり無いな、と云うごく単純な感想なんですけどね。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月9日
個人的には、そう云った個々の語義解釈よりも飯間先生の「ことばを正誤の観点ではなく、誤解が起こらないかどうかで評価したい」と云う言葉に「そうだよなー」と頷きましたし、自分が好む表現を使う自由を保つためにも、用例が慣用に照らして正しいかどうかに執着するよりは「それで実際に通じるかどうか?」を物差しにする方が望ましいと思いましたね。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
.tari_tipa「不便」に見えても正しいものがありますね。そこで「正誤」を見極めるまでもなく不便なものは却下と云ふ暴論を仰るなら、何故ですか?
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月9日
と云ふか歷史的假名遣ひが「不便」と云ふなら現代仮名遣いに慣らされた觀點でしかない。現仮名ではかき分けができないものが書き分けられたり、單語の成り立ちが知らず知らずに織り込まれてゐたりするので、實踐して有意義な假名遣ひだ。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月9日
「ことばを正誤の観点ではなく、誤解が起こらないかどうかで評価したい」 すごくよくわかる。どういえばうまく伝わるだろうか、とか結構悩む。
aKi @bole010 2015年3月9日
「課金」はどうなんだ。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
飯閒サン、多分私とは嚙み合ふことはないだらうな。一應ここの纏めが乘りかかつた船だから投下しとくと「見れる、来れる」が「もはや正誤の議論は成り立たず」なんてのが噓。それは私がした通り。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
ここで私が話したのは培つて來た言葉の遣ひ方の方針です。さう云ふ事柄に「あとは使いたいかどうかの心情論」ねえ(笑ひ)。その表現に誤りがないと認めさせられるのは踏み繪を踏ませられる思ひですよ。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
これは規律の問題なんですよ。「会話では普通に使うが文章では控える、という人が多数派でしょうか」。數の話ですか?(苦笑)。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
數があるのを理由に逸脱ではないと云ふのは、赤信號皆で…の論理です。https://twitter.com/IIMA_Hiroaki/status/574575418323271680 「「ら抜き」の実例はすでに明治からあ」るなんて近代から現在まで續く規律の無視に他なりません。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月10日
「ことばは恣意的に決まる」のが学問的常識、と飯間先生が書いていますが、ここの段階で意見が完全に食い違っている人が、飯間先生の話に同意できる所が無いというのはよくわかります。 また、通じるかどうかは、その表現に親しんでいる人の数に「広く通じる・あまり通じない」が影響されますから「ある程度は」数で決まる筈ですが、言葉の正誤が伝統と論理構造で一義に決定できるという立場であればその表現を使う人の数は関係ないので、やはり同意は出来ないでしょうね。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
.hiroharu_minami 「言葉の正誤が伝統と論理構造で一義に決定できる」のは「ことばは恣意的に決まる」からですが? 歷史社會は「恣意的」ですよ? そしてそれは正誤が『「ある程度は」数で決まる』ものなのではありえないないつてことです。仰つてゐるのは近代以降の「」数」ですから。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
fushimitori 終りの鈎括弧か一つ餘分でした。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月10日
そうですねぇ、自分の云ったつもりの「数」とは近代以降なんて話ではなく「今生きて言葉を使っている人の数」を云っています。で、「正誤」と数は関係ないんです。伝わりやすさの問題をそこで測ってるんですから。で、自分にとって大事なのは「正誤」よりも「(今を生きる人達への)伝わりやすさ」です。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年3月10日
だから一番最初に「正誤に強く拘って、正誤の観点で議論する事」への違和感を云っている訳ですが、当然逆の立場からは「正誤よりも伝達性」を重視する立場に違和感があるのはわかります。だから「お互いに分かり合う事は出来そうにないね」と今強く思っている所です。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
.hiroharu_minami みなみさんが何を大事にされたからうと、飯閒氏が云ふ「私個人としては、ことばを正誤の観点ではなく、誤解が起こらないかどうかで評価したい」とかは欺瞞に過ぎないのですよ。最初の「言葉の硏究者同士正誤は話さない。言葉は恣意的に決まる」なんてのも後半と前半が結び附かないのは申した通りです。歷史が「恣意的」なら言葉に正誤は生まれる。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月10日
.hiroharu_minami 私もみなみさんとの話は價値觀の違ひの問題だと最初から思つてゐますが、飯閒氏の話は看過できません。迎合と無責任です。その傾向が端的に出てゐたラ抜きの話について問題提起しました。その正誤の議論が成り立ち得ないとの氏の話ももはや閒違ひであることは論を待ちませんね。
奇水@新企画頑張ってます&お仕事募集中。 @kisuiHAIGOU 2015年3月11日
この話、担当さんに言ったら「そりゃあ、的を射ても必ずしも当たるとは限りませんしね」とすぐに返されて、一応とはいえ小説家として敗北感を覚えたのでした。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月11日
最近の朝日・讀賣新聞の記事檢索したら「的を射る」ばかりで「的を得る」は無かつた。社內ルールになつてゐるつぽい。<QT:tennteke マスメディアで「“的を得る”は間違い」を見たことはないな
うにら @riafeed 2015年3月12日
hiroharu_minami 確信犯とかむしろ本来の意味で使うと誤解を招きかねないのもあるしなぁ
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月12日
lute_the_fool こちらのPCは正常に表示してゐますが。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月12日
fushimitori 機種依存文字などを使われていませんでしょうか。対応していないものだとよく文字化けするので。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月12日
文字化けまではせず單に黑點などになるものだけと思つてゐました。非表示の機種がある問題を知つてもらふ為にも敢て使つてゐます。RTlute_the_fool 対応していないものだとよく文字化けするので。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月12日
fushimitori 例えば fushimitori こちらの「社内ルール」の場合ですと「□內ルール」になっているので「口内ルールってなんぞや」となってしまいました。非表示だとそもそも何が書きたいのかが(文字の抜けにより)わからなくなってしまう可能性がありますので(これは旧字に限らず記号などでも)機種依存文字は表示されない機種もあるとご留意くださるとありがたく存じます。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月12日
「內」も機種依存なんですが、表示されたんですかw QT:lute_the_fool 「□內ルール」になっているので「口内ルールってなんぞや」となってしまいました
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月12日
fushimitori あぁ失礼、「機種依存文字は表示されない機種もある」というより「機種依存文字はものによって表示されない文字もある」の方が齟齬が無かったですね。全ての機種依存文字が無理、とかではなく、(恐らくバージョン違いなどによる)未対応文字の欠落ですね。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月12日
.lute_the_fool そもそもの標準に問題があるのにこちらが配慮しないといけないのは不公正なので、使用を控へる積りはありません。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月12日
fushimitori ええと、ご使用を控えろ、とは言っておりませんし思ってもいません。どうぞご自由にお使い下さいまし。ただ、文字欠けにより「言葉が曇る」ことがあるのでご留意下さい、という意図での発言でした。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月12日
.lute_the_fool これ→https://twitter.com/lute_the_fool/status/575909887516893185もさうですが、問題解決に何もしない癖にこちら側ばかりの非を言ひ立てるのは不公正な咎立てに他なりません。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月12日
fushimitori あぁはい、機種依存文字使った顔文字が乱舞しているこのツイッターランドで殊更機種依存文字による文字化けをあげつらった私が狭量でした。
せんざトモ@codmwとapex好き(クソエイム) @senzatomo4179 2015年3月13日
「あなたが伝えたい事が、機種依存文字の文字化け・文字抜けにより私やその他いくらかの方にわからない事態にあり、それはつまり『理解してもらいたい』というあなたの意志に反する、あなたにとっても不利益ですよ」と指摘してあげた人が逆ギレされる理不尽。
せんざトモ@codmwとapex好き(クソエイム) @senzatomo4179 2015年3月13日
で、このやり取りでおもしい(茨城弁で「面白い」の意)のは、「機種依存文字」ね。まさに『利便性』『合理性』により蚊帳の外となってしまった文字。それだけではないけれど、「常用漢字」のように国により定められた『合理性』の一端。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月13日
senzatomo4179 こちらにご投稿の2本がせんざトモさんのアカウント畫面で見られませんよ。
うにら @riafeed 2015年3月14日
さすがにツイートせずにまとめにコメできる仕様を知らないのはどうかと・・・
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月15日
riafeed なるほどさう云ふことができるとは知りませんでした。けれどその仕様は議論の自由度を低めるのでは? 元投稿をRTしたり返信したりする方が流れが解つたり、深まつたりすることもありますから。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月15日
riafeed てか仕様を口實に自分の垢では議論しないお気楽な他者攻撃は相手にしないつてことです。
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2015年3月15日
な? 難読字難読かな(正字正かなといいたいらしいが)信者ってめんどくさいだろ
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月15日
飯閒センセイほかの發言がアンチ正字正假名派のTakahashiMasakiどもの理不盡を許すのが判るいいサンプル。こいつらも、優先されるべき「今生きて言葉を使っている人の数」に入つてゐて、地で行くのが「ことばを正誤の観点ではなく、誤解が起こらないかどうかで評価したい」『大事なのは「正誤」よりも「(今を生きる人達への)伝わりやすさ」』と云ふセンセイたちの考へ。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月15日
一應詫びを入れてきたドラゲナイさんの趣旨を無視して話を蒸し返すせんざトモ senzatomo4179 とか、仕様に不案內なのを見て鬼の首をとつたみたいに喜ぶ riafeed とかのクヅが何でわらわら湧いて出るのか?
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月15日
senzatomo4179 あのさ、餘りにもよくある先入觀を開陳してくれてゐるのだけど、これ→http://seikana.org/seikana_qa.html 讀んどくといいよ。俺のサイトぢやないけど。
うにら @riafeed 2015年3月17日
TakahashiMasaki なんとかかなどうこうとは関係なしにめんどくさい人なんだなとは思いました
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月17日
新字新假名關係なしに屑と狎合ふ屑ですね。QT:riafeed なんとかかなどうこうとは関係なしに
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月17日
誤用說が誤りと言へるのは「正誤の観点」からのみでしかありえないわけです。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月17日
飯閒センセの「ことばを正誤の観点ではなく、誤解が起こらないかどうかで評価したい」つて抑も「誤」解の有無の判斷自體が正「誤」の評價抜きに有り得ないでせう。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月17日
「的を得る」は今にセンセも辭書に載せられなくなるかも知れませんね。言葉の最大級の發信源である新聞・テレビで全滅してゐて、社內ルールで禁じてゐるみたいですから。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月17日
ところがセンセは「ルールがなければ、そのメディアのことばが不統一になり、伝達に支障を来します」と「的を得る」を禁じることで却つて世の中での傳達の機能を奪ふ疑ひが濃いルールを容認する始末。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月17日
調べたのは朝日・讀賣だけ(先述)だけどあんなの横並びだらうからね。
うにら @riafeed 2015年3月18日
言葉の正誤を重要視するのに名前の正誤に無頓着なのはどうかと
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月18日
riafeed 正誤にこだはらない癖に名前の正誤にこだはるのはどうかと。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月18日
ちふか、本題には何も絡めない馬鹿が人の足引つ張るためにだけ絡んでくるなよ。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月18日
「撤回したけど正しいと再評価したのとは違う」も、「的を得る」を危機に瀕させた一責任者なのにただ業界や社內關係者の方を向くばかりで、世の中での言廻しの名譽囘復はニの次ではないか?
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月18日
これまで飯閒センセ達は誤り=正しくないとしてゐたんだから、逆に「正しい」位の理由附けぢやないと駄目。言語學界隈にある「正しい言葉などない」ではなく正誤の議論が成り立つ前提で言へることは十分ある。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月19日
方言が染み付きすぎてもはや正しい日本語が話せませんがせめて自称している名前くらい拘らせてくださいな。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月20日
lute_the_fool いや、ドラゲナイさんが「正しい日本語」ではない「方言」を話すのを聽いてゐないんですが。どうして話し合ひもしてゐないさう云ふ話をこの場に持ち出すのですか?
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月20日
あなた方にとっての新仮名だって方言みたいなものでしょう。そういう意味で「方言」と呼称しました。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月20日
國家權力が定めた方言がありますか? QT:lute_the_fool あなた方にとっての新仮名だって方言みたいなもの
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月20日
fushimitori たとえばたった1地域の風習をあたかも県民全体の風習であるが如く紹介されたり、正直誰もそんな呼び方してない物品を「○県の方言ではこれをこう呼ぶんですよ」みたいなこと言われたりはままありますね。たぶん仰りたいこととはズレていますでしょうけど。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月20日
lute_the_fool これまでの話とどう繫がりがあるのか全く解らないんですけど。ちふかドラゲナイさんも正假名への偏見から私の「的を得る」復權の爲の主張を妨礙するここの人たちと同じだとよく判りました。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月21日
嫌正假名厨こそがキチガヒ。俺たちは違ふ。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月21日
.@itsuki9046ブロックしてゐやがる。つかこいつの「キチガイ」つてのが意味をなさない賣り言葉、買ひ言葉の類なんだけど、こちらの「キチガヒ」は意味を込めてゐる。つまり認識が歪んでゐると云ふ事。ドラゲナイが不満を言ふ實際は無い地方の物の呼び方の擴散と、我々正假名派の行ひがどう關係するのか判らない中、彼は我々への偏見を擴めてゐるに過ぎない。さう云ふ狀況を讀んでゐない中での「キチガイ」の脊髓反射であり、こちらの「キチガヒ」の評こそが妥當である。まあ、言葉は定義して使ふことだね。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月23日
OKOKわかった、あなたが正しい。正仮名が正しく新仮名が間違ってる。…とはいえ不勉強なもので正仮名が上手く使えないので新仮名でかかせて頂きますがね。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月23日
私のことをどう言おうが構いません。ただ、「ドラグニティ」の名だけは穢さないで頂きたい。それ以外は全て譲ります。どうかドラグニティの名と名誉だけは私に守らせてください。お願いします。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月23日
ドラグニティの名は私にとってとても大切なものなので、その名を穢されるのだけは耐えられません。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月23日
屑が何を力んでゐるのか。もともと人の表記にイチャモン附けてきたのドラゲナイだらうがw。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月23日
「全然」は否定文にしか使えないというのもよく見かけるデマ。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月23日
fushimitori 文字化けの件ならば私が狭量であった、と謝罪させて頂いたと記憶しております。それで手打ちにして頂けませんでしょうか。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月23日
lute_the_fool はいはい、手打ちにしない方が惡いつてのを丁寧に言へば被害者面できる? 正字を貶す奴が手打ちをひつくり返した時には文句を言はず「すいませんドラゲナイじゃないです」だけぢやん。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月23日
fushimitori 被害者面など滅相も無い。ご理解いただけないのは私の不徳の致す所です。多少他の話題に絡めるなどの愚も弄しましたがその指摘以降私は名の訂正以外を求めては居ませんよ。他の方が話を蒸し返すのは正直私の関与するところでは無いと思いましたので名の訂正のみをさせていただきました。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月23日
まとめ主さま、閲覧者さま、私の名の訂正という脱線話で長々とコメントを消費してしまいまして大変申し訳ございませんでした。おやすみなさい。
Oden où pot-au-feu @fushimitori 2015年3月24日
lute_the_fool いや、まとめ主からがこつちの國語を貶す「脱線話」をした張本人なので謝る必要ないです。
スライム国@発達障害☆論理学勉強中 @surakoku 2020年1月11日
hiroharu_minami あなたは哲学はどれほど学びましたか。事実命題をつかさどる経験科学の言語学は記述文法であり、正誤について論じること自体おかしい。そも的を得る/正鵠を得る/正鵠を失わずの語源は漢語の不失正鵠。だが失はlostでなくmissの意。漢籍に得正鵠は存在せず中正鵠が散見される。中正鵠を和訳すると的を射る。的を得るは「意味が崩壊している」。https://togetter.com/li/1454344
スライム国@発達障害☆論理学勉強中 @surakoku 2020年1月11日
kisuiHAIGOU 担当者に逆襲しましょう!下記記事を読んでください。辞書は正しい言葉でなく、現在多用され言葉を載せるだけの本。的を得るの語源は漢語の不失正鵠。失はlostでなくmissの意。漢籍に得正鵠は存在せず、中正鵠の要例が散見される。中正鵠を和訳すると的を射るになる。https://kakuyomu.jp/works/1177354054892674135/episodes/1177354054892674236
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする