ゲームやアニメにおける作家性ってなんだろう

連投するつもりじゃなかったけど、連投になったのでまとめておきます。
アート 榊正宗
54
榊正宗 @megamarsun
作家性は個人の内面からしか生まれない。作品性は少数でしか決められない。制作は組織がなければ難しい。製品は資本がなくては始まらない。良いアニメにはそのすべてが詰まっていなければならない。
榊正宗 @megamarsun
ゲーム開発は、かなり製品よりの発想でつくられるので、作家性はほとんどありません。ふつうゲーム制作では制作体制が変わってもそれほど影響ないんですが、コジプロ騒動でわかるのは、メタルギアは小島監督の作家性のある数少ないゲームだという事だと思います。
榊正宗 @megamarsun
ピクサー(ディズニー)が最近集団で脚本を練る手法をとってる事は有名ですが、実はそのベースに監督の作家性を重視するという前提があることを知らないで、ピクサーすごい、集団制作だから日本は負けるみたいな話をする人がいてゲンナリします。赤塚不二夫先生はチーム制作で作られていたそうですよ。
榊正宗 @megamarsun
ゲーム制作をしてるときに、中ニ病的な設定をすごく嫌うサラリーマン社員がいる現場はつらい。「変な話、現実に魔法とかないでしょwww」みたいな事を言われると、場が冷めるので、アイオニオン・ヘタイロイを発動できる作家性のある影響力がある人が欲しくなる事があります・
榊正宗 @megamarsun
脚本という言葉の厳密な意味はおいといて、一般に脚本というのは、指定の尺に決められた内容をおさめる技術であって、内容面は別の力によって決まってますよ。なので、脚本家が1話かきあげる時間は極めて短い。話数脚本の担当が作家性を発揮することはあまり無いかと。うまい下手はあるでしょうけど。
榊正宗 @megamarsun
あと、ちょっと誤解がないように言っておくと、最近やってた某ゲーム原作アニメは、ゲームの時点で語られてませんが、かなり作家性が強いですよ。わたしは直接面識ないですが、Pの人のそういった逸話をいくつも聞いてましたから。賛否があるのも、話題になるのも実はそういうコアがあるからこそだと。
榊正宗 @megamarsun
ゲームは遊ぶ側にとって作家性は必ず必要というわけではないのですが、困った事に作る側にはかなり重要なのです。なぜかというと、背景デザインするにも、キャラ絵をつくるにも、脚本を書くにも、その基が無いと、何をつくっていいかわからないからです。なので、ファンタジーや歴史ものが増えます…。
榊正宗 @megamarsun
たとえば、二次創作系コンテンツである初音ミクには、発表を見送られたバックストーリーがあり、おそらくそれを元にキャラクターのデザインが決まっています。なぜ、あんな見た目なのか。多くを語らずとも、そこになんとなく感じさせる世界観はすでに生まれているのです。
榊正宗 @megamarsun
ふくわらいのように無数のパーツをくみあわせて、ゲームのアバターキャラクター生成システムみたいに、いろんな記号のキャラクターをランダムでつくって、かわいいのが出来たら売り出すというのでは、作品にはならないという事です。そこに偶然キャラクターとなりえる絵が出来る確率はきわめて低い。
榊正宗 @megamarsun
小説や漫画における作家性は分かりやすいのですが、集団制作であるゲームやアニメには、作家性が必要なのかわかりにくい部分がありますが、集団制作の起点には作家性が必要です。結果的にそれが作家性の強い作品となって公開されるかは、なんとも言えませんが。
榊正宗 @megamarsun
ある完成したソシャゲを公開するときに現場で本当にあった事。 「最初のストーリーを3行で書いてください。お客さんはストーリーが長いとやめてしまうので、今のは長すぎます。」 「神を倒すために悪魔が立ち上がり~」 「あ、その神を倒すってカットしてください。神様を倒すのは良くないので。」
榊正宗 @megamarsun
「いや、神と悪魔が戦う部分はゲームシステムにもがっつりはいってますし…。」 「じゃあ変えてください。神様を倒すとか道徳上良くないでしょう。常識がないんですか?」 みたいなやり取りが…。結局、最初の3行にあわせて、ゲーム上の表現を変えてそれっぽく修正しました。変な話!!!!!!
榊正宗 @megamarsun
どういったものが、作家性なのかという厳密な定義は難しいのですが、良くあるものをとってつけたような作品は、売るためにはまったくダメだと思えませんが、新しい何かを見たいという人たちには、響かないかもしれません。逆に作家性があっても、時代に合わないと受け入れられない事も多々あります。
榊正宗 @megamarsun
これは後日まとめますが、ヒットした作品やエポックメイキングな作品には、必ず誰が見ても一つの感想が出てくるコアがあります。いろいろな要素をつめあわせて作ってしまうとそのコアが薄れてしまって、商品としても分かりにくくなります。また、ヒット作をパクるとその感想はパクリでしかないのです。

コメント

榊正宗 @megamarsun 2015年3月28日
まとめを更新しました。
榊正宗 @megamarsun 2015年3月28日
まとめを更新しました。
榊正宗 @megamarsun 2015年3月28日
まとめを更新しました。
榊正宗 @megamarsun 2015年3月28日
まとめを更新しました。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月28日
ゲームについては作家性を意識したことが無いなあ。ゲームの場合、主人公の決断=プレーヤーの決断でしかないので。スポーツのルールを与えられて、どう立ち振る舞えば面白いかを考えるような感覚。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月28日
アニメの場合は、シリーズ構成の方が物語全体の大筋を決めて、各話担当に割り振りをするはずですが。ただ、各話担当脚本家の名前を聞けば漠然と「風呂敷を広げるのが上手いが畳むのはイマイチ」「大きな事件は描かないが心理描写が繊細」「原作に忠実でオリジナル要素を入れない」「コミカルは上手いがシリアスは不得手」とか、だいたいのイメージはある。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月28日
今話題の某ブラウザゲー原作アニメにしても、シリーズもの人気刑事ドラマの最終回にしても、作家性云々よりも客が何を求めていたのかを創り手が読み間違ったんじゃないの?と思ってしまう。
Hoodedcrow @Hoodedcrow1 2015年3月28日
このまとめは大規模ゲーム開発の話をしてるから、本題とは話がずれるけど、ルールしかないようなゲームでもその構成の仕方で作家性は出ますよ。ボードゲームやってれば顕著で、クニツィアだのフリーゼだののデザイナーの名を冠したゲームがたくさんあります。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年3月28日
ゲームそのものの作家性ではないけれど、ドラクエ関連で鳥山明っぽくないモンスターやキャラクターが出てくるとなんかげんなりする
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年3月28日
ゲームの作家性ってのは、ストーリーと言うかゲームシステムに現れると思う。ドラクエは初めての人でもわかりやすく作ることを心がけている、っていう漢字で
よーぐる @Seto_yasu1987 2015年3月29日
フリゲーマーの端くれだと、ゲームに作家性ってモロに出るなーと思いますが、個人製作の話はまた別モノでしょうな・・・
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年3月29日
Hoodedcrow1 書こうと思ってた事が書かれててにんまり。しかし、web業界からの人材が多いソシャゲ業界だと、この「システムの作家性」って割と解ってない人が多い。理解してたら、コピーじゃなくて、フォロワーというか、売れたゲームをコアにした「ジャンル」が作れてwin-winになるのにな。逆にこの作家性を「テキスト-露出するフレーバー」としか思ってなかったり。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月29日
エンタメに奉仕するクリエーターの作家性については、小池一夫氏が自分性やワタクシ性のような用語を交えてあれこれツイートしてますので、ほぼそこで結論は出てるかなあと思います。
sam @elppamas 2015年3月29日
ゲーム開発に携わってたが仕事している時に作家性を求められたことはなかったな。担当していた箇所にもよると思うが。出来うる範囲で考えうる最高のアイデアを出すけれども、それは私個人の好みとは無関係にプレイヤーのことのみを考えたもので、それも実装されるとは限らなかった。
岡一輝 @okaikki 2015年3月29日
例えば、戦国武将のパラメータ決めるのだって、個々の武将のどの能力をどのように評価するか、という判断をせねばならず、戦国時代を表現するには、それをどう演算すればよいか、決定しなければならない。そこに表れる価値観や世界観がつまり、ここでいう作家性と言うことなんだろう。価値観がぐらついていたら、パラメータは決定できないし、世界観がなければ、何をどう演算すればよいのか分からない。
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年3月29日
客が何求めているか、を取捨選択して一本筋の通ったモノにするのも作家性な訳で。客の言う事を全部聞いてたら最終的に「ゲームなんて面倒くさいからやらない(作らない)が正」になってしまうw (ユーザーに適度な負担を、達成感や納得でクリアして貰う事の連続がゲームなので) 客の言い分を捨てるのは時間や予算、技術力だけが理由じゃ無いっすw
m.i. @L_z_m_i 2015年3月29日
神と悪魔が戦うというソシャゲのくだりを見てて思うのですが、作りたいものを作るということは世のポリティカリーコレクトネスとの戦いでもあるようですね、漫画界でも突如単行本化が白紙になったような事例もあるだけに昨今は特に。
キカイザー @kikaiser 2016年4月18日
作家性を活かせる職場に入りたいもんだ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする