1
犬沼トラノオ @inunohibi
岩波書店の就業規則に絡んで、「日朝国交正常化と植民地支配責任」の鄭栄桓氏が金光翔氏を絶賛する文章を発表。 kscykscy.exblog.jp/24259534/
犬沼トラノオ @inunohibi
すごく似たような論法、すごく似たようなどうでもいい主張をしている二人(良心的日本人がどうたら)なので、不思議はない。「佐藤優現象批判」というのも、「これはすごいと思わなきゃいけないんだ」と仕向けられていた。
犬沼トラノオ @inunohibi
俺も当時は左翼をやっていたから、かすかな違和感を隠していたが、今振り返ると全くのお笑い作文だった。
犬沼トラノオ @inunohibi
たとえばこの注釈の一節。「「反日ナショナリズム」の核心は、「いままで日本に対して、われわれ周りが甘すぎたから、日本はドイツみたいになれなかったんだよ。ドイツがすべてよいかどうかは別にして」(劉彩品「私は「反日」と言ってはばからない」『前夜』第八号、二〇〇六年夏号)
犬沼トラノオ @inunohibi
という民衆の状況認識であると思われる。問われているのは、「反日運動」が「ナショナリズム」かどうか、という問題ではない。この認識の妥当性である。そして、私は、この認識の妥当性を全面的に肯定する。」
犬沼トラノオ @inunohibi
ドイツを比較に出す陳腐な常套句については置いといて(ドイツがすべてよいかどうかは別にして・・・、と逃げを打ってるし)、傑作なのは「我々周りが甘すぎた」という認識だろう。甘かった、という言葉の反対は、「厳しくすればよい」ということだ。
犬沼トラノオ @inunohibi
確かに、中国や韓国は厳しくなった。朴槿恵政権は、「慰安婦」問題の解決を強く求めて、首脳会談すら出来ない状況だ。・・・それで、韓国や中国が厳しくした結果、日本はドイツみたいになったのだろうか。なれるのだろうか。
犬沼トラノオ @inunohibi
しかも、植民地支配や侵略戦争の当事者や被害者・・・、タコ部屋に詰め込まれて強制労働させられた朝鮮人とかではなく、世界トップレベルの経済大国になった韓国の国籍をもつ、戦後生まれの在日韓国人が、戦後生まれが大半になった日本に厳しくする・・・。
犬沼トラノオ @inunohibi
フーン、ご立派ですねぇ。もちろん「悪いのは逆切れした日本」ということはできる。しかしそれだったら、「甘やかしても厳しくしても同じだ」というべきだ。

追加

犬沼トラノオ @inunohibi
たとえば哲学者の高橋哲哉氏が、韓国人や中国人の訴えを、「日本にひどい目に合わされたのに、日本に対して言おうとし続けている。絶望したら沈黙する。だから希望を感じる。喜ばしいものを作り出そう」とか、必死にポジティブに加工していたが、
犬沼トラノオ @inunohibi
「実際の声」をつぶさに見てみれば、戦後生まれが知識だけの思い込みや決め付け(中には間違いもある)で、「怒りたいから怒ってるだけ」というのが多かった。希望なんて別に感じない。

コメント

犬沼トラノオ @inunohibi 2015年3月28日
まとめを更新しました。ツイートを追加。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする