売れない電子書籍も絶版されます

改めてまとめました。
90
このツイートは権利者によって削除されています。
新紀元社 @Shinkigensha

>RT 正直、うちはそこまで早くバッサリやらない方なので、そんなに焦らなくても大丈夫な方だと思います。(ちょっと続きます)

2015-04-14 20:16:55
新紀元社 @Shinkigensha

(続き)ただ、新刊と同時に書店さんに配本→返品 までの期間、自社倉庫には在庫が無いことが発生します。その間はご注文にお応えすることができません。いずれ返品で在庫となってしまうので、「在庫ゼロ、重版だ!」というわけにもいかないのですね。

2015-04-14 20:19:16
新紀元社 @Shinkigensha

(続き)ですから、新刊を見かけたときにお買い求めいただかないと、次に入手できるのは数ヶ月後という場合もございます。やはり欲しい本はお早めにお買い求めいただくことをお勧めします。

2015-04-14 20:21:16
新紀元社 @Shinkigensha

自分の商売のことを抜きにしても、「欲しい本は見つけたときに買っておけ」は本読みの基本だったりしますよね(笑)。特に古書。

2015-04-14 20:24:58
新紀元社 @Shinkigensha

うむむ……。なんだか本買ってね、とお願いしているみたいで、ちょっと嫌らしい感じのツィートだったかも。ごめんなさい。

2015-04-14 20:26:48
サト(GA文庫/平坂読先生の新作12月発売!) @GA_SATO

売れなかった本は出版社の倉庫に行くと思うでしょ? でも、今後の需要出荷予測を上回る返品の一部は、倉庫ではなく断裁所に直行します。ショギョムジョー 電子書籍は大丈夫だと思うでしょ? ランニングコスト以下の売れ数しか出ない電子書籍も絶版されます。ショギョムジョー >RT

2015-04-17 15:45:49
編集T(GA文庫編集部) @GA_hensyu_T

@GA_SATO 実際に断裁の現場を見ると、結構心に来るものがありますよねー……。

2015-04-17 17:46:17
サト(GA文庫/平坂読先生の新作12月発売!) @GA_SATO

@uchidahiroki 強い本(売れる)は改装して出荷して再び戦場に……まさに勇者システム!

2015-04-17 15:50:16
内田弘樹@9/19に新刊「奴隷エルフの若奥様」発売開始! @uchidahiroki

@GA_SATO ゆうなみたいに強い心の本を書いてあげたいです!(意外と真理かも

2015-04-17 15:51:19
十一代目三遊亭夜遊/石在神明 @banyu884

@GA_SATO そう、そうなんですよね! 電子書籍は絶版しないとかって、そりゃ理論的に絶版しないか知らんけど、だれがその維持コストと管理コストを払うんだ、って話ですよね!!

2015-04-17 15:51:03
十一代目三遊亭夜遊/石在神明 @banyu884

@GA_SATO 昨日も、弁護士さん相手に居酒屋でさんざん偉そうに電子書籍の絶版について語ってしまいました(笑) 維持管理に金かかるって事が何でこんなに知られてないんだろう、って思っちゃいます。JASRACが不透明なのも、維持管理コストのせいなのに。

2015-04-17 15:53:17
jiro00 @jiro00_x

@GA_SATO まぁGA文庫殿は強い本しかないから無縁の話ですね。 全幅の信頼を置いて配信開始日にまとめ購入させていただいております〜!

2015-04-17 19:21:36
サト(GA文庫/平坂読先生の新作12月発売!) @GA_SATO

@jiro00_x ラインナップが多過ぎると埋もれるので間引き、という面もあるようです。そして知られてない作品なので、気づかれずひっそりと減っていくという……。もちろん、めったにない希有なことだと思いますが、今後も電子書籍のライブラリーが無尽蔵に増えていく訳ではないようです。

2015-04-17 19:27:40
jiro00 @jiro00_x

@GA_SATO なるほど。電子書籍には絶版は無縁と思っておりましたが、いろいろな事情があるのですね。 お仕事お忙しい中、詳しく教えてくださってありがとうございました。m(_ _)m 今更かもしれませんが、いつもたいへん楽しく読ませていただいております。

2015-04-17 19:31:42
サト(GA文庫/平坂読先生の新作12月発売!) @GA_SATO

@jiro00_x  ありがとうございます。面白い本をもっと出せるよう、がんばります。

2015-04-17 19:37:37

コメント

びんぼっちゃま@インディーズ医療法学者 @binbo_cb1300st 2015年4月19日
kindleを例に、出版社や著者が負担する維持管理コストを説明していただきたいのだが。システムが分かってないので、amazonでサーバーとか用意してるんじゃね?としか思わないのよ。
0
まどちん● @madscient 2015年4月19日
維持管理コストって別にサーバ代だけじゃなくて。「何がいつどれだけ売れたか」「その中から誰にいくら払うか」といった情報を蓄積して適正に出納するコストは現物がなんであるかにかかわらず発生する。電子出版なら1冊売れたら著者にいくらか支払うわけだが、金のやりとりをするにも金がかかるので、例えば月に1冊しか売れなかったら1冊分の数十円の印税を著者に払うのに数百円の振り込み手数料が必要、とかそういう事態が起こりうる。
14
ワス @wsplus 2015年4月19日
ひょっとして、電子出版のデータ持ってるだけで税金かかるから、棚卸しやってデータも消去とか、そういう前時代的な話なのだろうか。
0
ざ_な_く&890P@VOCALOID&VTuber @z_n_c_890_P 2015年4月19日
あれ?!電子書籍が絶版…って、データが消えると購入した人の分…正確にはその方の再ダウンロード権利とかは?購入済の方へサポートとか考えると、電子書籍のコストも中々ですね
7
へろへろ @heroheroheroppi 2015年4月19日
版元から作者への支払いルートや手間は紙の本と変わらないから、数出ない分電子は切りたいのか。KDPとかの作者直売は別だけど
0
へろへろ @heroheroheroppi 2015年4月19日
そう考えると少額支払いばかりになる絶版マンガ図書館は凄い事やってると改めて思う
10
taka @Vietnum 2015年4月19日
新作をどんどん刷ったり、人気作品で赤字ジャンルを穴埋めする火の車状態のどんぶり勘定業界で、いちいち一冊当たりのコストを勘案して赤字削減のために絶版するかね? そこまでコストに敏感なら、紙本に関してはもっと書店のPOSデータや過去作の販売量などからデジタル的に推測した量を刷って、とことん無駄な裁断費や返本コストを減らしてるはずだろう。しかもサーバー維持管理コスト削減のためなら、数社で共通の電子配本システムを開発してもおかしくないのに、そんな話は最近ようやく出てきたレベル(´д`)
1
taka @Vietnum 2015年4月19日
そもそも超大手の書店ですら、顧客からの注文を受けてその作品が店頭にないとき、在庫確認のために電話帳をめくって番号を調べて版元にイチイチ電話確認してるような旧弊なやり方だしね。コストに敏感ならば、業界統一の在庫確認システムくらい作るはず。ところがかつてどこもPOS管理の導入すら尻込みし、ある新興の書店が導入してからやっとみんながマネして導入したレベル。そんな業界において、一冊当たりの振込手数料まで考慮したコスト削減をしっかりやってるだろうかね。
1
久我まさゆめ @k_masayume 2015年4月19日
電子データであろうが人が介在する限り「人件費」が必ず発生するので普通の話ではあるけど、会社の資産としての扱いやらは法改正で対応可能なので将来を見据えての対応はして欲しいですね。購買者に対するサポートも含め
6
ざの人 @zairo21 2015年4月19日
そりゃ ライブラリのサーバーも、ハードディスクで管理してるから、電気代はかかる。電子書籍だって廃棄にしてもおかしくない事情を理解の同意は察する。されどそれで開き直るなら?結局紙が一番いいんじゃないか!ということになる。これがいわゆる「電子書籍のライブラリの消失問題、サービス消失で、ダウンロード出来ない」詳しい事情ということで。 それを推し進めておいて、結局それ今更言われても、消費者は置いてきぼり。そこどうするの?ッて話だけど
2
ざの人 @zairo21 2015年4月19日
業者は、売上少ないデーターは、外付けのHDDに貯めこんでおけばいいのだけどね、消費者の要請があったら、起動して、電子メールで送るとかの救済処置はほしい。振込み代がかかるというなら、一ヶ月単位でなく、半年ごと、年間での一括処理とか、いくらでもシステム改変で出来る部分はある。
2
ざの人 @zairo21 2015年4月19日
とは思いつつ。電子書籍は実はどういう本を置くかは、それぞれの各社のサービスの特色となっているので、有名で売れ筋は被ってもいるから、そこそこ名の売れた作家なら?どこかには有る(笑)キンドルなんて、絶版を希望次第で復活させるとかあるので、問題はマイナーなほとんど売れていない本。それはやはり、気になったら、買って手元においておくしか無いのは、今も昔も同じだとは思います。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月19日
絶版になった電子書籍の代表的なものは何でしょう。
1
でかつ(お盟主様)@11/10札幌さよならマラソン @deka2 2015年4月19日
それを考えると読破とか絶版マンガ図書館はすげぇな。
2
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年4月19日
呉智英がある雑誌の「現代はもったいないの心が失われているのではないでしょうか。貴方の感じる【もったいない】を教えてください」というアンケートに「まだ読める雑誌や書籍の断裁」と回答してた(笑)
2
君津区 @Dr_KIMMiK 2015年4月19日
ブックオフで、売れなかったと思われる本がトラックへ投げ込まれたり 別のリサイクルショップで服が同じようにされてるの見ると、色々クるものがあるます
1
ロンサムプアー @lonesomepoorman 2015年4月19日
電子データの管理コストって何だろう。ビデオテープが高価だから放送済みのテレビ番組を上書きした時代なら分かるけど。売買に金がかかるならあらゆる小売業が壊滅していなければならないような。
2
おーとま @Automatic_T 2015年4月19日
ちょっと話ずれるけどこれと関係有ると思うので。もうさ、国会図書館が音頭を取って蔵書分だけでいいので電子化アーカイブ公開して、通常のPC端末からネットで閲覧できるようにならないの?あと、あと訳の変わらん日本国内の、それも導入した人にしか通用しないローカルアプリの開発・運用もやめて Kindle との相互運用性もしくは互換性(というか積極的に軍門に下る)とかできないの?
4
うにら @riafeed 2015年4月19日
Automatic_T 権利者側がどんな手を使ってでも妨害する未来しか見えないなぁ、アーカイブ化も相互運用性向上も。
3
じにお @ginioh 2015年4月19日
どのようなコストがかかるのか、詳細を知りたい
0
cinefuk 🌀 @cinefuk 2015年4月19日
「ランニングコスト以下の売れ数しか出ない電子書籍も絶版されます」ロングテールとは何だったのか…印税支払手数料については、アフィ等と同様「一定金額に達するまで支払保留」とする方法が
5
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2015年4月19日
尼とかって、ショバ代払う必要って無いん? 特に法人格
0
まどちん● @madscient 2015年4月19日
一定額まで支払いを留保、はいいんだけど、会計の都合上、最長でも1年以内に決済しないと払うほうにも受け取るほうにも不都合があるので、1年で数冊とかだとやっぱり前述のような問題は起こる。
2
霜雪/ユ/S@単体硼素 @Hoarfrost_Snow 2015年4月19日
書き手と売り手は基本、違うからなー。印税とかの収受を考えると売れた数があまりに少ないとその辺のコストが上回ってしまうんだろうね。
1
ドンドコ @n0yujin 2015年4月19日
ガバガバな計算しかしてない出版社に一冊一円単位でコストを計算させ始めたら、それこそ業務過多になってまうやん。数を数えるのも金になる
0
#10🇲🇾 @NmbrTen 2015年4月19日
電子書籍は絶版にした時点で著作権放棄とみなし、すでに所有してる人からのコピーを可能・合法としてもらいたい。そうすれば誰も困らないのでは。
5
へろへろ @heroheroheroppi 2015年4月19日
鈴木みそ先生もうめ先生との共著は売上分配が面倒だからKDPでなく講談社からの出版 http://www.gunsu.jp/2014/11/GunSu-201412-interview-Miso-Suzuki.html そう考える程度には手間がかかる訳で(リンク先はKWL開始前のインタビュー記事)
1
へろへろ @heroheroheroppi 2015年4月19日
前コメ訂正:共著の版元は講談社じゃなくて学研
1
まどちん● @madscient 2015年4月19日
n0yujin だから一定以下になったら在庫も捨てて次の商機を待つようになるわけよ。
0
まどちん● @madscient 2015年4月19日
madscient ちょっと補足。「一定額まで支払いを留保」にすると、受け取るほうは債権、払うほうは債務として管理する必要があって、両者に管理コストが発生するわけね。しかも債権者側は定期的に催促しないと債権消滅の恐れもある。これも文書で残す必要があるので、数十円の債権のために数百円かけて書留で督促状を送らなきゃいけないとかそういう事態が起きうる。
2
鷹野凌@HON.jp📚 @ryou_takano 2015年4月19日
出版社が絶版にしても、購入済みユーザーの利用権は原則どの電子書店も保持するはず。んでもって、出版社が絶版にしたところで、著者がセルフパブリッシングすればいいのよね。著者自身がやる場合、管理コストはほとんどかからないから。
2
まる @yas_mal 2015年4月19日
実際に具体例があったのかが知りたい(電子書籍市場が右肩上がりの現在の段階のコスト計算で見切るというのは想像しにくいのだけど)。元発言者がGA文庫編集部の方ということは、GA文庫であったということだろうか。
1
MJ @jaguarsan_jp 2015年4月19日
売れない本は裁断所にまっしぐらって現実も知らずに、お偉い先生方は「自炊の際に裁断される本が忍びない」とか言ってたよね。さすがベストセラー作家は違うなと思った。
13
鷹野凌@HON.jp📚 @ryou_takano 2015年4月19日
具体例:『ガラスの仮面』電子版(売れなくなったのが理由ではないでしょうけど、絶版事例と言っていいでしょう) http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20131219_628307.html
2
neologcutter @neologcuter 2015年4月19日
http://is.gd/WvZ7RI「コレクター」が人類にとって重要な存在である理由とは?←絶版本コレクターが未来の役に立つかもしれない…?
0
岡本典明 @BookBrightJp 2015年4月19日
セルフパブリッシングで電子書籍を出す場合、管理コストがかからなくても“電子書籍を作るためのコスト”はまず必ず必要なわけで、印税額が振込手数料を下回ってしまうくらい売れていない本の場合、初期のそのコストを回収するのも難しいケースが多いんじゃないだろうか。
0
FX-702P @fx702p 2015年4月19日
koboの日本語コンテンツをカウントしてるbotを見てると結構減ってることもあるので(例: https://twitter.com/kobo_counter_jp/status/589715061360332800 )、絶版もあるとは思うけど、具体的な例を検出するのはなかなかむずかしそう。
3
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2015年4月19日
電子書籍を絶版する場合版権はどうなるのだろう?著作者がデータを所有するなんてことは可能なんだろうか?データを作る際のコストをどうするかでもめそうだけども。
0
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2015年4月19日
企業がやるとペイできないけど、個人がKDPなどで出版してそれなりに(といっても1000冊以下)売れるとした場合結構アレだな…。多分1000冊だと企業は赤字だが個人でやるなら余裕で黒字。
0
うにら @riafeed 2015年4月19日
権利者側にしたら是非とも曖昧にしたいところだろうからどうしようもなくなるまでずっと曖昧なままにするんだろうねぇ、絶版電子書籍の再ダウンロードも端末内データの他端末移行も公には絶対に認めたくないだろうし
0
ドンドコ @n0yujin 2015年4月20日
そもそも編集して手を入れた段階で金かけてるわけだから、電子サービスでも売れなきゃ維持はしないと思うんだけどね。本と違って自転車操業も出来ないんだし、金が入ってこないなら無駄
1
ドンドコ @n0yujin 2015年4月20日
まあ電子絶版された例があまり上がらないってことは、マジで売れない知られてないってことだから、多分マジギレするほどの話題じゃないよコレ
0
@_suna_ 2015年4月20日
前にこの記事読んで、そうか電子書籍だからってコスト無視できないよなって思いました(小並感)http://blog.livedoor.jp/editors_brain/archives/1818052.html
2
さあにん@山本直人 @sarnin 2015年4月20日
新潮社のコミックバンチ系の電子書籍は一旦絶版になってます。これは業務体系が変更したからだけど。 amazonを始めとする電子書籍関係は、確かに出版社はデータ制作費しかかからないけど、流通コストがかさんでくる、売り上げが落ちてくる…と、掛け値が変更される場合は実際にありますよ。これが継続的な維持費に近いかな。amazonでも独占販売でないものはデータ容量に応じて掛け値が違うわけですし。
2
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2015年4月20日
このまとめ主,最初のつぶやきの人にブロックされたな(ご愁傷様である
0
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2015年4月20日
紙の書籍ではともかく、電子書籍で好みを掘り下げしやすくする仕組みがないのは致命的なんだよなぁ。 ネームバリューのある作家の作品か、最近出た作品以外はみんな存在自体を知らないから、当然のように埋もれて消えていく。
1
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2015年4月20日
「結局本屋同様に品を置いとくだけかよ!」ってキレる人がいまだに表まで出てこないのは異常を通り越して恐怖。
0
びんぼっちゃま@インディーズ医療法学者 @binbo_cb1300st 2015年4月20日
そういやハイスコアガールってkindleで買った人は再DLはできるの?まだkindleで新規で買えないが。
0
鷹野凌@HON.jp📚 @ryou_takano 2015年4月21日
『ガラスの仮面』『ハイスコアガール』『妹ぱらだいす!2』など電子版が販売停止された事例はいくつもありますが、購入済みの本が消えたことはありません。これはKindleだけではなく、Kinoppy、楽天Kobo、BOOK☆WALKER、eBookJapanなどでも確認済みです。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年4月22日
絶版した本の提供に関しては国立国会図書館と明治大学図書館(こちらは漫画に限る)が2010年頃に物凄く頑張っておりました。でも「図書館のせいで本が売れない!図書館の活動を規制しろ!」と騒ぐ作家は一定数いるもので。そしてそれに煽動される無理解な民衆も。
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年4月22日
akkiy_ya 昔のAmazonのリストマニアのような、購入者が独自の基準で良作を一覧化できる機能がほしいよね。スポーツ漫画なんか、タグもカテゴリも無く、いちいち個別の競技名で検索しないとヒットしないものが多くて本当に不便。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年4月22日
当のAmazonですらリストマニアを廃止したのはどういうつもりか知らないけど。
0
うにら @riafeed 2015年4月22日
umidori_kun そういうのを作るには行動(いままで閲覧した商品とかを)追跡したデータを蓄積しないといけないんだろうけど、そういうのに「プライバシーの侵害だ!情報が漏洩したらどうするんだ」と騒ぐ専門家は数人いまして、それに先導される信者も…
0
えびくろす @yukisuri 2015年4月22日
なんか100年後には青空文庫等もしくは割れ物しか残らない予感。オリジナルが散逸・消滅してエロ同人誌だけ残ってる荒野。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年4月23日
riafeed いやリストマニアってそういう機能じゃ一切無いんですけど。何か違うものと勘違いしてる?
0
梅村直仙水 @777ume777 2017年3月10日
雑誌はね、さすがに種類が多過ぎると思うよ。薄い本散財者やからこその実感だ。すごくいいと思うけど3割広告なんて雑誌が山とある。
0