2015年4月25日

ヨーロッパ中世の写本における「騎士対蝸牛」図像の謎

ヨーロッパ中世の写本に頻出する図案「騎士体蝸牛」について考察しているサイトの紹介と、みなさんの反応・ご意見ツイートをまとめました。
197

ヨーロッパ中世を扱ったサイトGot Medievalのエントリ「What’s So Funny about Knights and Snails? 」の紹介

小山田浩史 @magonia00

今、「なぜ中世ヨーロッパの写本の挿画には『騎士対蝸牛』というよくわからないマッチメイクのものが多数存在するのか」っていうわけのわからない論考サイト(英語)をぼんやり眺めている。ちなみに蝸牛は大きいです。 pic.twitter.com/nevm0O5sOw

2015-04-25 00:40:34
拡大
小山田浩史 @magonia00

"中世の写本では至る所に騎士と蝸牛が闘う図案が描かれている。騎士はときに騎乗し、また徒歩のときもあり、蝸牛はときに怪物のようであり、ときに小さい。多くの場合騎士はこの小さな敵を恐れ、狼狽し、衝撃を受けているように見える" twitter.com/magonia00/stat…

2015-04-25 00:47:42
小山田浩史 @magonia00

"中世の読者たちにとっては「騎士対蝸牛」は面白いと思われるモチーフだったのだろう。ただ、残念なことに、このモチーフのどこがどう面白いのかは文章としては一切書かれることはなかった。ただただ、写本のいたるところに蝸牛と闘う騎士の図だけが残されている。"

2015-04-25 00:54:36
小山田浩史 @magonia00

"「騎士対蝸牛」のモチーフについては1960年代にLillian Randall女史が初めて(そしておそらくは最後の)考察を行っている。女史によれば、このジョークの肝は殻を背負って移動する蝸牛にあり、なにかあれば殻に籠ってしまう蝸牛こそは重武装した騎士のパロディーなのだという"

2015-04-25 01:00:54
小山田浩史 @magonia00

"私(サイトの中の人)は女史のこの説を信じてはいないが、また同時にこれ以上にうまく「騎士対蝸牛」の図案の面白さについて説明しうる仮説を知らない。そこであなた(読者)にお聞きしたいのだ、「貴方はどうお考えですか?」と" pic.twitter.com/rhahCXDWoa

2015-04-25 01:06:54
拡大
小山田浩史 @magonia00

全文訳ではないし適当訳なので、中世写本の「騎士対蝸牛」図案に興味のある方はこちらの "What’s So Funny about Knights and Snails? " bit.ly/1bB6a42 を参照されたい。

2015-04-25 01:11:00
小山田浩史 @magonia00

Google先生で「knight Snail」を画像検索すると中世写本の図案が本当にたくさんヒットして楽しい(小学生並の感想) pic.twitter.com/k1kBjH8iqZ

2015-04-25 01:27:46
拡大

みなさんからのご意見・ご感想

吉井徹 @5legDog

@magonia00 昔はマジでこのサイズの蝸牛がいてやばかったんじゃね? 今おおっぴらにいないのは当時の騎士ががんばったからに違いないナリィ…

2015-04-25 00:57:00
小山田浩史 @magonia00

この絵とか見てると吉井さんの意見が実は正しいんじゃないのかって気になる(現実とファンタジーの区別があいまいな顔で) twitter.com/5legDog/status… pic.twitter.com/YKewnSXIKF

2015-04-25 01:33:01
拡大
岩塩 @ganen_hinakawa

@magonia00 カタツムリと戦う、というのだとマザーグースの仕立て屋さんvsカタツムリの歌を思い出すわけですが、あれは「臆病な仕立て屋ではカタツムリにさえ勝てない」という歌詞で、逆に言うとカタツムリが「弱いもの」の代表になっているので、そのあたりに繋がりがあるのかなあと

2015-04-25 01:14:54
岩塩 @ganen_hinakawa

@magonia00 four and twenty tailors knight で検索すると、やはりもうマザーグースとの繋がりについて考察している方もいらっしゃるみたいですね 興味深い……

2015-04-25 01:37:24
小山田浩史 @magonia00

@ganen_hinakawa 現代の我々からするとなんでこの組み合わせなのか全然分からない、というところが面白いですよね。いずれ歴史学が何らかの回答を示してくれることを期待します

2015-04-25 01:41:14
岩塩 @ganen_hinakawa

@magonia00 その時代の人なら当然分かっていたはずのジョーク……なのでしょうが、逆に言うと説明しないでも分かっていて当たり前だろう、ということは説明されないから残らないのですね 解明される日が来るのが楽しみです

2015-04-25 01:43:27
歩 or Ex-S歩道橋 @10gal_Ayumu_146

@magonia00 はじめまして。「殻に篭ってしまう」と言うよりは、王や領主に従属して庇護を求める騎士を「どこに行っても家がついてくる=蝸牛」として皮肉る表現なんじゃないかなぁ、と思いました。

2015-04-25 01:35:33
小山田浩史 @magonia00

@10gal_Ayumu_146 はじめまして。蝸牛にどんな意味が込められているのか、はここではやはり騎士との関連性から考えるべきなんでしょうね。

2015-04-25 01:43:08
AJE@ワクチン接種ガチャ挑戦中(2回目) @Pm2010Aje

@magonia00 蝸牛が象徴するという臆病、怠惰などの悪徳との戦い、あるいは貝類に象徴される愛欲との戦いを意味するのかもしれませんね。蛇が騎士の腕に絡みついている図案(『腕萎えのカラドク』を連想させる)等は後者なのかも 0件のリツイート 0件のお気に入り

2015-04-25 01:49:53
小山田浩史 @magonia00

@Pm2010Aje 中世の写本って当時は読む人(読める人)限られてますから、そういった人たちにはわかる象徴的な意味が蝸牛にあったのかもしれませんね

2015-04-25 01:56:52
AJE@ワクチン接種ガチャ挑戦中(2回目) @Pm2010Aje

@magonia00 ですよね 悲しいかな当時の人々の文脈までは中々推し量れない…… まぁ、それがファンタジーのネタになると言えば言えますが(^^)

2015-04-25 01:59:45

おまけ:「騎士対蝸牛」とその類似図像集

小山田浩史 @magonia00

おまけ:大英図書館所蔵のハーレー写本(harley4379)にある、二匹の猿がそれぞれウサギと蝸牛を背負って闘っている(?)ドリームマッチ画像 ウサギの方は槍と盾で武装しているが「騎士対蝸牛」と関連があるのだろうか pic.twitter.com/mkJnOwEBQk

2015-04-25 09:26:05
拡大
小山田浩史 @magonia00

スミソニアン博物館の公式HP内の記事でも「蝸牛と闘う騎士の図案は、中世写本の未解決の大きな謎です」とか書いてあったりするな。 「なんで中世の騎士はいつも蝸牛と闘っているの? ――中世写本の余白でよく見る光景だけど、どんな意味があるのかな?」という題名もいい

2015-04-25 10:31:42
小山田浩史 @magonia00

騎士本気出し過ぎ。大英図書館所蔵の『The Queen Mary Psalter』(14世紀)より pic.twitter.com/f9lfdnhRNW

2015-04-25 10:25:50
拡大
小山田浩史 @magonia00

騎士は蝸牛を倒すのにも全力を尽くすという。大英図書館所蔵の、Brunetto Latiniによる『Li Livres dou Tresor』(14世紀)より pic.twitter.com/RtUDWktYOb

2015-04-25 10:36:34
拡大
残りを読む(17)

コメント

ワカゾー @WakazoMarine 2015年4月25日
カタツムリはキリスト教のシンボルの1つですよ。騎士や王家関連ではなく教会関連のものです。意味は「原罪」もしくは「罪人」です。その宗教的性質のためカタツムリは絵画だけでなく装飾品や呪術具などにも用いられてました。
24
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年4月25日
カタツムリは柔道のくせが抜けず、固い殻に頼りすぎてすぐにバックを取らせてしまうので、チョークスリーパーで極めるのはたやすい。
3
the loyaltouch @theloyaltouch 2015年4月25日
モンティ・パイソン→Wizのヴォーパルバニー→世界樹の首切りウサギの流れも、きちんと解説を残しておかないと後の研究者を悩ませることになりそうだな
16
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年4月25日
theloyaltouch 「草生えた」「草不可避」だって、そこにいたる変遷を200年後たどれるか…「この当時の日本人は、草に魔を祓う呪力があると信じていた」という学説が最有力になりかねない。
16
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2015年4月25日
1000年後にスライムやチョコボが実在したと思われると厄介なことに。
0
mnianzinno @mnianzinno 2015年4月25日
え? プレイヤーがかたつむり観光客でナイトに挑むムリゲーを意味してるんじゃないの?
5
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年4月25日
日本でさえ蝸牛がかたつむりと読むことを知らない奴が多いんだから、時代を超えた絵物語の意味なぞなにをかいわん
1
北斗柄@野巫の六壬者 @hokutohei 2015年4月25日
『牛の首』のように物凄く怖い話だったとかwww
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月25日
http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~petitgerard/sukui.htm 昔の絵画に出てくる謎の図像には意味があるので(ドクロだと生命のはかなさとか)、そういったもんじゃないかな。
1
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年4月25日
何かの地口みたいなものかな?日本の三遠(見ざる言わざる聞かざる)とか。
0
ばじる@みんなにんげん @Basil1127 2015年4月25日
かたつむりは身体が外に出てる時に攻撃しないと、殻に閉じこもった時下手に攻撃するとあとから雷属性の反撃が来てパーティが全滅しますよ(´・_・`)
8
smw @Shi_MeiWo 2015年4月25日
カタツムリの足から出る粘液は外套膜(柔らかい部分を覆う表皮)を保護する力があり、たとえカミソリの刃の真上を這ってもまったく傷を負わない。だから、騎士の持つ剣でも切れない=騎士の天敵という俗信があっても不思議ではないが…。
1
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2015年4月25日
そういやアンパンマンにドン・キ・ホタテってキャラがいて、そいつはカタツムリに乗ってたな。
0
the loyaltouch @theloyaltouch 2015年4月25日
gryphonjapan 昔のよくわからない風習を見ると安易に魔術・呪術に結びつけちゃう傾向ありますよね
0
八十夜 役 @hatomari 2015年4月25日
騎士(馬に背負われる)を蝸牛(殻を背負っている)に見立てて、騎士も蝸牛も同じだぜっ!(対等に戦いあう相手同士)という風刺、かも? 庶民が見るような絵なら、そういう見た目まんまかもなぁ、と。ドン・キホーテが風車に挑んでいるのを面白がるのと同じような感覚なのかも。あと、重装備すぎて蝸牛並みに遅い、とか?
0
岡一輝 @okaikki 2015年4月25日
蛮触の争いに介入する騎士サマの図。「蝸牛の二本の角の先それぞれに国家があり戦争をしている」てゆうのも、創造力青天井やなあ。
0
Ishida the Brain Damaged @tbs_i 2015年4月25日
その当時は罰ゲームでカタツムリを食べると言うのがあったんだよ。「そんなんムリムリカタツムリやぁ!」で落ちになるまでがセット。そんな中で食べられるカタツムリが見つかったのが、今で言うエスカルゴである(民明書房『蝸牛四千年の歴史』より)
0
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2015年4月25日
ネズミ=ペスト みたいな暗示かと思ったけど、そういうことでもないのか?
0
Taka @taka_antifa 2015年4月25日
最初にワカゾー氏が正解を出してるけど、下に続くコメントがどうにも「かたつむり」的なので自分からもリンクを→“わたしは 「かたつむり」”http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~petitgerard/sukui.htm
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月25日
ただ、庶民の手によるものだと、元の絵がどういう流れで出てきたか、宗教的なものの戯画かもしれないのよね。
0
sooh1911 @SOOH1911 2015年4月25日
これはヤリを持っているカタツムリの方が強いということですね
0
釣本直紀 @turimotonaoki 2015年4月25日
かたつむりが描かれた絵画の一覧 Hunting for snails | snails in art http://huntingforsnails.wordpress.com/
0
(新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2015年4月25日
蝸牛は恐ろしい生物かもしれない、恐怖の蝸牛の毒牙にかかって命を落とした人は多いのかもしれないhttp://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2015_01_04/281893942/
0
◎▼◻︎× @z_rou_chakb 2015年4月25日
蝸牛が姫騎士にのしかかるシチュエーション…ビキニアーマーでも可(などと意味不明なことを口走っており
0
ワカゾー @WakazoMarine 2015年4月26日
中世でカタツムリと騎士が結び付けられる1つの可能性を示すのであれば十字軍遠征が始まる前に行われていた10世紀頃の「神の平和/神の停戦」に関連するのではないか?というのがボクの予想です。これが行われると騎士は職を奪われる形となりました。
1
ワカゾー @WakazoMarine 2015年4月26日
神の平和/神の停戦まではフェーデと呼ばれる帰属による私闘行為があり民衆は納税以外にも金品や収穫物を貴族に強奪されるということが日常的にありました。つまり民衆を守って然るべき貴族の収入源の1つが強奪行為であったんです。しかしそれは神の平和/神の停戦によって禁止されます。
1
ワカゾー @WakazoMarine 2015年4月26日
民衆からするとカタツムリのようにコツコツと労働し得た財産を貴族の怠惰から強奪されるわけですからたまったものではありません。そして神の平和/神の停戦によって収入源を失った貴族は怠惰との戦いに十字軍の時まで明け暮れるわけです。出来すぎですかね?
1
ザャピ @ZYAPY 2015年4月27日
カタツムリは全体的にステータスが低いくせに物理防御力が非常に高いため騎士は苦戦して長丁場になりやすく、手間取っていると魔法攻撃でじわじわダメージを与えてくるので、いっそアイテムを使って一気に倒したほうがいい。
1
sleepsounds @sleepsounds 2015年4月28日
マザーグースに、仕立て屋と蝸牛と戦うやつがあったようなって思ったらとっくに言及されていた。誰もが当然と思ってた感覚故に説明が残らず後世から見て謎になるってのは面白い。
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年4月28日
カタツムリなどナメクジの類は広東住血線虫などの寄生虫がいて、その寄生虫はねずみとナメクジ類の間を移動しながら成長する。ペストなど伝染病に悩まされた中世の人々がカタツムリがその原因の1つと認識していてもおかしくない。
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年4月28日
マラリアの語源『悪い空気』も湿地のよどんだ空気が病気の原因と考えていた昔の人の認識から。蚊の湧く原因を特定していたわけだから、案外バカにしたものでもない。
0
大西巷一🏠『乙女戦争』シリーズ完結&新連載準備中 @kouichi_ohnishi 2015年5月1日
面白いなあ。日本では女×蛸の春画が多数描かれていたことと比較すると碌でもないところに着地でできそう(笑)
1
大西巷一🏠『乙女戦争』シリーズ完結&新連載準備中 @kouichi_ohnishi 2015年5月1日
ちょっと真面目に考えてみたが、竜と蝸牛の対比を考えるのはどうだろう? とぐろを巻いてるところは似てるがてんで弱くて鈍間な蝸牛と、本来竜を退治するべき騎士が戦うところに滑稽さがある、とか?
1
うずしお @uzusio_n 2015年5月8日
この話自体も面白いけど、「こんな面白そうな話が今まであまり有名じゃなかった(らしい)」って事も相当面白いな。1960年代に一度きり考察されただけ? 本当に?
0
石膏粉末P💉💉 @sekkou_p 2020年5月30日
当時の写本は使える絵の題材や描ける場所に厳しい決まりがあった、という事実はあるでしょうか。もしそうなら余白に自由に描けるのが「騎士とカタツムリ」ぐらいしか無かったという仮説が成り立ちます。現代の「ドラゴンと自動車」(良い子は検索してはいけないぞ!)みたいなものです。
0
いりす 神戸かわさきお疲れ様でした! @iris_taske 2020年5月31日
蝸牛相手だったり殺人ウサギ相手だったり、騎士稼業も楽じゃないな……w
0