現在の「キャラノベ/ライト文芸/キャラ文芸」の立ち位置は本来「ノベルズ」が担っていた

まとめました。
26
リンク ダ・ヴィンチニュース 小説とラノベを分けるのはナンセンス!? 人気の「キャラ文芸」とは何か?【識者解説】 | ダ・ヴィンチニュース 『ライトノベルから見た少女/少年小説史: 現代日本の物語文化を見直すために』(大橋 崇行/笠間書院) 「ライト文芸」「キャラ文芸」と呼ばれるエンタメ小説のレーベルが次々と創刊されている。これは...
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

雑な思い付き。 キャラノベとかラノベ文芸とか言わる、一般文芸とラノベの中間的なジャンルって本来は「ノベルズ」が担っていた場所で(たとえば京極も銀英伝も西尾維新も「ノベルズ」だったわけだ)「ノベルズ」って判型の存在感が薄れた結果、新たな判型と名称が求められてるのでないか。

2015-05-08 01:06:44
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

大人になったライトノベル読者が読めるようなレーベルって、みんな忘れたかも知れないけど、トクマ・ノベルズEdgeとか幻狼ファンタジアノベルスとかが目指していたわけだ。その2つは休刊したのに、なぜ今になって「ラノベ文芸」はアリになったのか、みたいな問いを立ててみると補助線になるやも?

2015-05-08 01:11:22
加野瀬未友 @kanose

@MAEZIMAS ノベルズって赤川次郎とか西村京太郎とかの以前中間小説と呼ばれていたジャンルのフォーマットとして生まれたのかなと思っていた。きちんと調べた訳ではないので印象論なんだけど

2015-05-08 01:10:33
うれあさんのファン(公式) @katariya

@MAEZIMAS 正直自分達の世代的には、カッパノベルスや徳間デュアル、講談社ノベルスがいまの『キャラ文芸』のまんまなので、言い方が変わっただけでそこに目新しさは感じないというのは確かにありますね…

2015-05-08 01:10:46
我乱堂 @SagamiNoriaki

@MAEZIMAS 元々小説の読書人口は女性が圧倒的に多くて、むしろラノベ界隈が男が多いのがちょっと特殊なのではないかという仮説。

2015-05-08 03:53:26
我乱堂 @SagamiNoriaki

大橋先生もいわれてたが、二十歳以上の読者…三十代までだっけ?は、七割が女性だってデータがあるとかいう話。これは何度も書いたけども、元々エンタメ小説とか言われてたあそこらのソフトカバーやハードカバーを最初から文庫で出した、くらいのものではないかな。

2015-05-08 03:57:45
前Q(前田久) @maeQ

トクマ・ノベルズEdgeとか幻狼ファンタジアノベルスが休刊した理由は、主なラインナップが男性向けで、女性読者をメインターゲットに想定したライト・ミステリがラインナップに入ってなかったから……ってな感じだと思うんだけど、どうだろう。

2015-05-08 01:18:01
前Q(前田久) @maeQ

キャラ文芸についての話題を見かけるたび、トクマ・ノベルズEdgeとか幻狼ファンタジアノベルスのことは気にかかっていたので、前島センセイ、よくぞそこんとこに切り込んでくれましたね感ある。

2015-05-08 01:18:53
藤堂志摩子提督 @eternalsisters

@maeQ @MAEZIMAS やはり、キャラ文芸にできてノベルズにできなかった新たな市場の開拓、女性読者の獲得は大きいなあ。かつて、富士見ミステリー文庫が「LOVE」をフィーチャーして女性読者を獲得しようとしたけど、やっと時代にマッチングできて富士見L文庫が出来たワケだし。

2015-05-08 02:06:17
海月ଳ @andon_kurage

もうそんなカテゴリわかんないし最近ハードカバーでもうっすくて字間も行間も字もでっかい文字数少ないのなんか皆カテゴリはライトでいいと思う。

2015-05-08 01:19:09
海月ଳ @andon_kurage

幻狼なんかは初期いい話の本多かったのになぁ…多分今の私の周囲(女性)食いつくんだけど時期が早かったんだろうかね

2015-05-08 01:24:52
佐藤葵 @srpglove

「大人になったライトノベル読者が読めるような」という体で売ってはいるけど、実際のキャラノベ・ライト文芸の主な読者層はそもそもあんまりラノベ読んでなかった人たちなのでは……?と思ってしまうのは、今のキャラノベ・ライト文芸がわたしのイメージする「大人向けラノベ」と微妙にズレてるからか

2015-05-08 01:20:12
hatikaduki @hatikaduki

MW文庫は野崎まどを輩出したりしつつ、古橋のケルベロスの続きがでない+ビブリアのスマッシュヒットで現在のカラーに。幻狼Fは装丁がカッコイイの多かったんだけど遂に力尽きて代表作の翼の帰る処はソフトカバーで出し直されてなろうの書籍化と同じ売り場に置いてある。

2015-05-08 01:25:45
hatikaduki @hatikaduki

ミステリーとノベルスとライトノベルっていうそれぞれあり方の違うカテゴリーの引力圏の綱引きの結果としてどこに需給のボリュームゾーンが出現するかという。

2015-05-08 01:32:26
ちていのき @baritsu

そういや昔はノベルズというのが一定の場所占めてたな。今のアレは発生と方向が違うとは思うけど結局居場所的には同じかも

2015-05-08 02:02:16
とくめー@東京 @FXMC_

新書版書き下ろしって、わりと苦しい戦場です。 架空戦記やエロゲノベライズのメイン媒体だったんで、私とはわりとご縁があったのですが。書店でハードカバーからも文庫からも隔離されたあの版型に乗って、ジャンルが生き残るには、固定層の形成が必要っぽいです。

2015-05-08 01:48:53
とくめー@東京 @FXMC_

新書の王道・旅情ミステリ、講談社を中心とする(新)本格ミステリと派生の変格派、Cノベのファンタジー、どれもそれなり固定層持ってる。架空戦記もかつては(泣)。 対して、トクマや幻狼ってどうだろう。固定層を形成する以前に、そもそも読者にジャンルとしてなにを保証するかが明確でなかった

2015-05-08 02:03:43
とくめー@東京 @FXMC_

トクマの新書、私には20年遅れてるように見えた。 20年前に流行ったような作風の小説を、(新書版が固定層頼みではなくフロンティアの戦場だった)20年前の商業戦略で、売り出してるように思えた。

2015-05-08 02:09:58

REV @REVI

「いま、街と街の間の街道沿いにでっかいジャスコがあるが、昔あのあたりには自動販売機が並んだドライブインがあってのう…」 な雰囲気 / “現在の「キャラノベ/ライト文芸/キャラ文芸」の立ち位置は本来「ノベルズ」が担っていた - To…” htn.to/S5XwNRQ

2015-05-08 09:51:36
mizunotori @mizunotori

感覚としては、Edgeや幻狼は「書店で講談社ノベルスと架空戦記に挟まれたあたりに置いてあるもの」という感じで、ジャンル小説的な匂いがあった。ライト文芸との違いは、つまり作品内容とは無関係に、書店のどこの棚に置かれているかだけの違いなのではないか。

2015-05-08 10:06:46
mizunotori @mizunotori

このあたり、「なろう」の書籍化(四六判ソフトカバー)が20代30代に人気があるらしいのも、「20代30代の目に触れる棚に置いてあるから」ということなのかもしれない。や、20代30代に人気があるから四六判にしたのか、四六判だから20代30代に人気があるのか、鶏卵問題だけど。

2015-05-08 10:14:08
Stella @Stella_NF

幻狼ファンタジアには異能ライトミステリがラインナップにあるはずだし、女性読者メインターゲットのファンタジーレーベルだと思ったんだが

2015-05-08 10:03:20
Stella @Stella_NF

「ライトノベル」に「アニメ化しているようなハーレムラブコメ」というイメージがつきすぎて、「ハーレムラブコメではないもの」を売るために別の名前を必要としたのかなー、なんて思う。

2015-05-08 10:06:12
残りを読む(5)

コメント

foxhanger @foxhanger 2015年5月8日
最近ネット発のラノベ系を四六ソフトカバーで出すことが多いけど、東京創元社が似たような装丁のライトミステリを出している。隣に並んでいたらついつい手に取っちゃうわけで、上手い戦略だなあ、と。
0
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年5月8日
ミステリー界隈だと、初期の濃ゆいキャラがたくさん出てくる短篇でネタをやり尽くして読者が飽きたから多様化してきたって言われてる。だからラノベ文芸は逆に多様化しすぎて何がなんだかわからなくなって来たから、わかりやすいキャラが出てくる話に回帰してきたんじゃないかという暴論
0
arm147GO@⋈舞鎮 @arm1475 2015年5月8日
……「ジュブナイル」じゃなくて?
4
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年5月8日
こうやってジャンルを細分化して零細化した結果ジャンルに飽きる時間が早まり、そのうえ他のジャンルに手を出すこともなく一気に溶けていくんだよなww
1
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年5月8日
三毛猫ホームズや浅見光彦といったキャラ先行ミステリとかと何がどう違うんだよとか前世紀にダ・ヴィンチでプッシュされてた類のと何が違うんだよとかおもうよね
3
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月8日
ボクが以前取り上げた「魔法使いが落ちてきた夏」はこの例で行くとどのポジションに落ち着くのかな?
0
漫遊人 @manyujin 2015年5月8日
ライト文芸? キャラ文芸? 何それ、おいしーの?
0
とよこ @toyoko27 2015年5月8日
魔法使いが落ちてきた夏は児童文学じゃないかな……。ノベルスといえば西のよき魔女を読んでたから、どっちかと言えば女性向けのイメージだったなあ。
0
漫遊人 @manyujin 2015年5月8日
光文社カッパノベルスが松本清張作品を筆頭にベストセラーを連発して、それに対抗して、80年代初頭に講談社ノベルズ、カドカワノヴェルズなど、新書判の小説レーベルが多数創刊されたけど、そこで活躍したのが、西村京太郎、赤川次郎の二大巨頭のほか、森村誠一、山村美紗、内田康夫などのミステリー陣、西村寿行、勝目梓などのバイオレンス系、菊地秀行、夢枕獏あるいは栗本薫、藤川桂介などの伝奇ファンタジー系、その他もろもろ。ここに、「新本格」系が加わってくるわけですな。
3
漫遊人 @manyujin 2015年5月8日
いわゆるラノベは、コバルト、ソノラマなどのヤングアダルト向け文庫レーベルの市場を見据えて、電撃やら富士見やら、ゲームとアニメのノベライズ若しくはメディアミックスを企てた小説商品、というのがそもそもでしょ。ライターに何か書かせて、食いつきがよかったのをマンガ化したりアニメ化したり。
0
漫遊人 @manyujin 2015年5月8日
新書判レーベルが衰退していって、ラノベ系レーベルの作品点数が膨らんでくると、あら不思議、なんとなく作品ジャンルの傾向性が、過去を反復しているような、そんな感じがするんですわ。あくまで印象だけど。
1
liatris @liatris_blog 2015年5月9日
ライトノベルがあまりに肥大化しすぎて読者が目的の小説を探せなくなったから分離しはじめてるんかな・・・。
0
漫遊人 @manyujin 2015年5月9日
新書判レーベル全盛時代を目の当たりにした者にしてみれば、購読者の欲望なんて変わってないなー、と思うわけだ。ラノベ系がフォローしているのは、従来のYAジャンルとアクション系と伝奇ファンタジー系、これが学園小説の体裁で同居している。ミステリー系は、警察小説と「新本格」系それと時代小説のジャンルに従来の読者が移行して、このうち「新本格」系をラノベが取り込んだ、と。
1
漫遊人 @manyujin 2015年5月9日
警察小説と時代小説は文庫オリジナルまたはレーベルが創刊したりしているけど、それこそ80年代だったら新書判で軒並み出ているわけですよ。今売れてる堂場瞬一なんかは、30年前だったら「ノベルズ」作家と呼ばれていたはず。
0
漫遊人 @manyujin 2015年5月9日
ちなみに、赤川次郎はデビュー直後はソノラマから数作出して、そのあとコバルトの常連作家だったことを考えれば、逆に、今ラノベで書いている作家もまた、ムカシだったら、「ノベルズ」作家かあるいは「コバルト」作家、だったはず。
0
漫遊人 @manyujin 2015年5月9日
キャラ文芸でもライト文芸でも、どうも戦略性に欠けたところがあると思うのは、大衆小説の時代的連続性をネグッて、キャラとナラティブだけがイノチみたいなスタンスがあるんだよな。というか、このスタンスからパースペクティブを設定しているというか。小説購読者の欲望の系列なんて変わってないのだから……と言おうとして、西尾維新のようなトリックスターが、そこらへんを見えにくくしているのかなあ、と思ったり。
4
フローライト @FluoRiteTW 2016年6月30日
「だったわけだ」って、ノベルズは現役だろうが。なに言ってんだコイツ
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年11月5日
ファッションでもある現象だよねぇ。一周回って昔のアイテムが流行るなんてのは。ただ、30年前のナントカコートが流行ってると言っても、30年前のコートそのものは使えないよね、肩パットは流行ってない、てな感じで。だからノベルスと今流行りのキャラ文芸やらはベツモノになるよ。
1