10周年のSPコンテンツ!

西洋史若手研究者問題アンケート調査 最終報告会

2012年秋に西洋史若手研究者問題検討ワーキンググループが行ったアンケート調査の最終報告書が公表されたのを受けて、2015年5月17日に富山大学で開催された最終報告会のまとめです。
人文
20
せんだい歴史学カフェ @SendaiHisCafe
【拡散希望】西洋史若手研究者問題検討ワーキンググループが行った、若手研究者問題アンケート調査の最終報告会が5月17日、富山大学にて開催されます。 最終報告書の公開は5月7日を予定。もしよろしければ、多くの歴史学徒にお伝えください。 sites.google.com/site/futurehis…
Nobuhiko Kikuchi a.k.a. 歴史とデジタル @historyanddigi
『西洋史若手研究者問題アンケート調査最終報告書』が刊行されました。5月17日に富山大学で、アンケート調査の最終報告会を開催します。西洋史学会参加者の皆様、ぜひそちらもご参加ください。 sites.google.com/site/futurehis…
永本哲也@『ミュンスター宗教改革』発売 @saisenreiha
西洋史若手研究者問題検討ワーキンググループ「西洋史若手研究者問題アンケート調査最終報告書」「アンケートのデータを回答者のカテゴリ別に分析して西洋史系若手研究者をとりまく現状と課題を明らかにし、これに基づく提言を行っております。」sites.google.com/site/futurehis…
永本哲也@『ミュンスター宗教改革』発売 @saisenreiha
「西洋史若手研究者問題アンケート調査 最終報告会」 崎山直樹氏(千葉大学)「最終報告書の結論と今後の展望」 5月17日(日)富山大学五福キャンパス 共通教育棟B棟 B21番教室 sites.google.com/site/futurehis…
朝守飛阿弥 @heero108
【始まってます】西洋史若手研究者問題アンケート調査 最終報告会 テーマ:2012年度に実施した西洋史若手研究者問題アンケート調査分析の最終報告/日時:2015年5月17日(日)/①13:00-13:20/②16:45-17:05/懇親会18:30- (富山駅付近) #西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
場所は「富山大学五福キャンパス 共通教育棟B棟 B21番教室」です。少しわかりにくいですが、B棟の2階、書籍販売の教室近くです。参加をお待ちしております。 #西洋史WG
noby @nob_de
西洋史若手研究者問題アンケートの報告会は、昼の部と夕方の部が開催されます。崎山さん(千葉大)からの報告内容は、両部会ともに同じです。 #西洋史WG
noby @nob_de
アンケートの結果、大学院生は調査資金に困難さを感じていて、研究者は研究時間の確保に困難さを感じている。これらをつなぐ知恵はないのかという提案。たとえば、院生に研究会手伝いなどの業務にしっかりと謝金を払う等。 #西洋史WG
noby @nob_de
学問をめぐる社会状況。教授会自治の瓦解/既存の学部の解体・再編/カリキュラム見直しによる非常勤依存率の低減→コスト削減と科学・高等教育の推進のあいだの問題 #西洋史WG
noby @nob_de
女性研究者は、「31才くらい」が研究を続けるかやめるかの境目になっているという結果が出た。 #西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
会場で配布している『西洋史若手研究者問題アンケート調査最終報告書』は、ワーキンググループのホームページからもダウンロード可能です。 sites.google.com/site/futurehis… 若手有志によるこの3年間の調査・分析の成果です(全171頁)。是非ともご一読ください。#西洋史WG
noby @nob_de
提言としては、さらに正確な現状の把握を進める/経済的な問題をどのように考えるか/研究環境(時間の確保、研究資源へのアクセス)→たとえば、科研費の間接経費を人件費に使いやすくする等。色々な方面にメリットのある改革が必要 #西洋史WG
noby @nob_de
(続き)ハラスメント対応と防止策/家族形成の困難さの改善(学会での託児所等の設置)など #西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
若手研究者問題を解決することの重要性については、2年前の@PowerfulHKさんのこのTweetに尽きると思います。twitter.com/PowerfulHK/sta… 若手研究者問題≠若手だけの問題 #西洋史WG
noby @nob_de
この後は、西洋史だけではなく、歴史学・全領域・全時代・全世代を対象として、日本歴史学協会においてアンケートを実施する(2015年8月上旬開始予定) #西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
今まで自分の周囲の状況を見る中で漠然と抱いていた不安や印象が、具体的な数値として出てきた。これは苦しかったが、やはりこのことを確かめる必要があったし、その意味も大きかった。この作業をやることが大切だし、今後もっと規模を拡大して調査・分析しなくてはならない。#西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
10年前にこの学会に来ていた人が、今何人来ているのか。席をならべながら一緒に研究してきた人がいなくなったとき、どうすればよいのか。大学に所属し、学会に参加する人だけが研究者なのか。今日ここに来れなかった人たちを含めて考えていきたいし、そうした人にこそ、言葉を届けたい。#西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
学部や学科の再編成による「史学」の崩壊。ヨーロッパ史のことを研究したいのだけど、それを専門とする先生が大学内に誰もいない。そうしたことが今、ザラに起きている。なので、学問、学部教育を含めた枠組みでの問題提起も、おこなっていくべきではないのか。 #西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
世間一般に言われている社会的傾向と、若手研究者問題との間にどれほどの隔たりがあるのかが疑問。どこかでそれらが似通ってしまっている所がある。それゆえ、若手研究者問題を世間一般に訴えていくときに、それほど大きなインパクトを与えることができないのではないかという不安がある。#西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
若手研究者だけの問題だけでなくて、広く「貧困」や「生存」の問題。それを自己責任という形で切り捨ててきた傾向がこれまでの学会にあったし、今でもなお残っている部分がある。#西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
歴史研究者として、目前の「貧困」「生存」の問題を見据えることができないという状況は、これまで歴史学がやってきたことと矛盾するのではないのか。#西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
社会構造に規定された、変えるのが難しい部分もあるが、自分たちの意識の持ちようで変えることができる部分もある。変えられないことと、変えられること。社会全体で考えなければいけない部分もあるし、研究者に限られた部分もある。両面作戦でやっていくべきではないか。#西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
大学の意思決定にかかわる立場の研究者で、若手研究者問題を把握すらしていない人が驚くほど大勢いる。「最近若手が来なくて、ひきこもっているね」というレベル。その状況を草の根レベルで、ありとあらゆる手段で変えていかなければならない。今回の調査結果は、その意味でも重要。#西洋史WG
朝守飛阿弥 @heero108
いかに対立構図をつくらずにやっていくかも大事。単純に「居心地のいい場所」をつくり、確保するための活動として。#西洋史WG
残りを読む(38)

コメント

FUJITA YUH @fujitayuh 2015年5月17日
まとめを更新しました(余分なツイートを削除しました)。
FUJITA YUH @fujitayuh 2015年5月17日
まとめを更新しました。
FUJITA YUH @fujitayuh 2015年5月17日
まとめを更新しました。
FUJITA YUH @fujitayuh 2015年5月19日
まとめを更新しました。
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2015年5月19日
出来るところから直していった方がいい、と思ってる→社会全体に幅広く訴えて社会全体での取り組みを求めるべき。
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2015年5月19日
これがないと、分野間の壁が高くなりすぎるので何とかした方が良いと思う→常に関わり続けなくても研究者コミュニティに加われることが重要。
FUJITA YUH @fujitayuh 2015年5月20日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする