いるか漁業(追い込み漁)と生体販売の関係

日本動物園水族館協会(JAZA)が、世界動物園水族館協会(WAZA)に残留するために、いるか漁業の追い込み漁によって捕獲されたイルカの購入をやめる、と決定しました。これを、水産統計と貿易統計から考えます。
shimanomusume 16208view 24コメント
75
ログインして広告を非表示にする
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:19:57
    水族館で飼われているイルカは、次のいずれかの方法で得られたはずだ。ひとつは、捕まえた野生のイルカ(「いるか漁業」で捕獲した個体、もしくは、定置網で混獲された個体)、あるいは水族館など飼育下で繁殖した個体) #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:20:28
    「いるか漁業」には3つの漁法がある。突きん棒と石弓と追い込み漁。このうち追い込み漁が生体販売に適している。和歌山県には(太地町のこと)突きん棒と追い込み漁の捕獲枠が設定されている。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:21:31
    イルカの追い込み漁は、静岡県にも捕獲枠があるが、こちらは2005年以降は1頭も獲っていない。 太地の現在の追い込み漁は、静岡の漁法を教わって来たもの。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:22:09
    なにのため? それは、「町立くじらの博物館」で飼うため。それまでは突きん棒漁はやっていたみたい。この博物館は、「南氷洋捕鯨終焉」の後に町の基幹産業を観光業とするために、当時の町長が肝いりで作ったもの。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:22:35
    このあたりは、同博物館でイルカの飼育・調教を手がけ、今でも野生イルカを飼育に慣れさせて、出荷までを手がけるドルフィンベエイスの三好晴之さん著「イルカのくれた夢―ドルフィン・ベェイス イルカ物語」(1997)に詳しい。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:22:55
    国立研究開発法人 水産総合研究センターの「国際漁業資源の現況」を見ると、和歌山県太地町でいるか漁業で捕獲されたイルカが生体販売されたのは、2005年が最初。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:23:51
    日本から生きているイルカが継続して輸出されるようになったのは、2002年。 太地町の追い込み漁で生け捕りされたイルカの販売頭数と輸出頭数をグラフにしてみた。太地町の生体販売開始が、輸出増に関わり合っているのがわかる。#iwcjp pic.twitter.com/UPwIJ9hJ9m
     拡大
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:27:20
    2002年から今年3月までに計553頭のイルカが輸出された。一番の得意先は中国、全体の60%は中国に輸出されている。つづいて韓国(7%)ウクライナ(7%)。 #iwcjp pic.twitter.com/ywV416O0WY
     拡大
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:28:21
    ちなみに、朝鮮人民民主主義共和国の水族館でもイルカショーを行っている。あのイルカは、どこから持って来たのだろう? #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:30:18
    和歌山県(太地町)で「いるか漁業」の追い込み漁で捕獲したうちで生体販売された割合を、イルカの種類別に比率で見ると、カマイルカの比率が最も高く、続いてハンドウイルカが多い。 #iwcjp pic.twitter.com/IkwQSbp4PM
     拡大
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:31:54
    カマイルカは、2007年に捕獲枠が和歌山県知事から許可された。以来、少ない年でも、63%、多い年には100%が生体販売されている。主として生体販売を目的とした捕獲であるとみていいだろう。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:50:12
    最大の生産地であった岩手県大槌町と山田町が東北地方太平洋沖地震による津波で壊滅的な被害を受けたのだから、太地町のイルカ肉はそれを補う貴重なイルカ肉として値が上がるか、生産量を上げることも考えられたが(捕獲枠はたっぷり余っている)、それはいまのところ起きていない。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:45:32
    イルカ肉の販売価格は、ゴンドウ(マゴンドウ、オキゴンドウ、ハナゴンドウ)の価格の推移が参考になる。1998年ごろには3000円/Kgだったが、2002年に1300円/Kgくらいに下がった。その後1000円/Kgを推移したあと、震災後には500円/Kgにまで下がった。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 01:15:48
    2010年3月、都内で見かけたイルカ肉(「岩手県産くじら」と表示)は198円/100gだった。2011年3月には158円/100gだった。2015年4月、静岡でみかけた「岩手県産いるか肉」は、98円/100gだった。静岡は従来からイルカ肉の消費地なんだが。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:42:01
    太地町がイルカの生体販売を手がけ、次第に増やしてきたのは、イルカ肉の値段が下がったことと関係があるかもしれない。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 00:52:05
    太地町の捕獲数が減っているのは、反対運動の影響と見ることもできるが、値が下がるのはなぜだろう? 「売れないから獲らない」側面もあるのではないだろうか? そんな収入減を補うのが、生体販売。たぶん。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 01:03:09
    イルカは1頭あたり100Kg強、マゴンドウやオキゴンドウだと1頭800Kg強の肉が採れるらしい。生きたイルカは500万円で海外に売れ、肉にすると1頭5万円。いるか漁業従事者としたら、生体販売をもっと増やしたいところだったろう。 #iwcjp
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 01:16:37
    見方を変えると、イルカ肉の需要が次第に下がりつつあったとき、唯一追い込み漁で生け捕りすることができた太地町は、生体販売でいるか漁業を維持してきた、といえるのではないかなあ。生体販売ができないとなると、追い込み漁は厳しいかもしれない。 #iwcjp

コメント

  • ざの人 @zairo21 2015-05-21 08:14:01
    魚だって捕獲されて水族館に販売されてるのに、イルカやくじらだけは捕獲されて販売されてはいけないって、それこそ 差別じゃん? それこそ 野間は 差別だと 問題にしてください(棒
  • ざの人 @zairo21 2015-05-21 08:27:22
    結局 どういう捕獲のしかたが 残酷か 残酷で ないかなんて「人間の感情論の干渉」でしか無いと思いますけどね。やはり 「ザ・コーヴ」 で 悪だと印象づけられた事が一番の問題かな。
  • りょ / RYO-chin @ryo_chinq 2015-05-21 11:26:44
    つくづく人間のエゴだ。イルカは駄目で他は良いなんて。
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 11:36:53
    追記:動物園で飼育されている動物の大半は、現在は飼育下で繁殖させた個体になってます。シャチはイルカよりもずいぶん前に、そのようになってます。
  • りょ / RYO-chin @ryo_chinq 2015-05-21 12:00:52
    「捕獲するのはかわいそうだから繁殖させたものだけ展示しよう」なんて「水族館や動物園なんて、生き物がかわいそうだからやめよう」や「食べられるなんてかわいそうだから肉食獣は絶滅させよう」と大差ない。
  • プレジデントマン13日V-34b @AGE43 2015-05-21 12:13:10
    この種の「反捕鯨」的な側のロビー活動に対して、日本の当事者は反論がヘタと言うか無口ですね。イルカやくじらに神秘思想持ち込んでるイカれた連中の説なんか、バッサリ切り捨て可能なのに。 あと例によって一番乱獲している中国を無視している点から、政治的な攻撃意図も明らかなのだが。 ちなみに中国のヨウスコウカワイルカが全滅したことを非難したイルカ団体は居たのか?
  • 狩野宏樹 @KAN0U 2015-05-21 12:20:54
    新明解国語辞典第四版の「【動物園】公衆に生態を見せ、かたわら保護を加えるためと称し、捕らえてきた多くの鳥獣・魚虫などに対し、狭い空間での生活を余儀無くし、飼い殺しにする、人間中心の施設」という語釈を思い出しました。
  • sarusawa kame @sarukame999 2015-05-21 14:32:22
    太地の「追い込み漁」は、「くじらの博物館」で展示する生体を獲得するために、静岡のやり方を学んだもので、太地の「伝統」というわけではないんやな。現実的、経済的には「イルカ肉」のための漁と言うより、生体販売のためものになっていると。
  • sarusawa kame @sarukame999 2015-05-21 14:34:51
    いっそのこと「追い込み漁」自体を、生体のみの金取ってみせるショーにしてしまって、どっと観客集めたら良いのかもしれない。まあ、イルカの群れが発見されないとキャンセルになてしまうけど。
  • JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2015-05-21 15:32:40
    自分はイルカ類の繁殖に関しては素人なのだが、飼育下で繁殖させた固体の増加により近親相姦状態になったらどうするのだろうか?とも思うのだがそのあたりは解消されているのだろうか?
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 15:39:06
    追記:少なくともシャチでは。近親相姦に伴う弊害を避けるためにも、世界中の動物園と水族館が連携して、飼育個体の血統が把握されているようですよ。キリンやトラ、ゾウなども同じようになされています。 日本ではイルカに関しては、「死んだら(歳取って芸をしなくなったら)、漁師さんに新しいのを捕まえてもらえば良い」的に対処してきたのが、そもそも“遅れている”状態です。
  • 佐久間淳子 @shimanomusume 2015-05-21 15:43:16
    >sarusawaさん 私もさっき、同じようなことを思いつきました。 すなわち、追い込み漁は生体販売用の個体確保に特化し、イルカ肉の生産は突きん棒でのみ行うと。これをどうにか了解してもらうのが現実的かもしれません。そうでなければ「混獲イルカを“保護した”」という名目の野生イルカ取得が大手を振ってまかり通ることになるかもしれません。#iwcjp
  • 虹子 @nijisima 2015-05-21 16:47:41
    太地町は中国韓国をメイン取引先としたイルカ輸出窓口で、でもイルカの件で叩かれるのは日本・・ということなら、太知町の存在は世界に日本を叩いてもらえるネタ提供元&イルカ提供元と中韓にとっては二度美味しい存在ってことなのかなー・・?
  • まんりき @manriki 2015-05-21 19:10:04
    太地のイルカ追い込み漁は中韓などの水族館への生体販売のために近年盛んになった漁法で別に伝統でも食文化でもないって意外と知られてないよね。
  • トードーごんた @todonogonnta 2015-05-21 20:37:10
    manriki 残念ながら間違った認識です。追い込み漁は古くからおこなわれており、飼育の需要が近年に出現しました。飼育個体の確保に最適の漁法であることは、想像に難しくありません。 こちらにわかりやすくまとめられていますので、ご参考にしてください。 http://matome.naver.jp/odai/2138611886105460201
  • 岡一輝 @okaikki 2015-05-21 21:05:16
    てゆうか、水族館のイルカが太地町で捕獲されたものだ、ってゆうコトからして、初耳だったんだよなあ。「イルカの赤ちゃんが生まれました」的なニュースなら何度も耳にしてるから、てっきりみんな、そうやって繁殖したモンだとばかり思ってた。日本人の大多数がそんな感じじゃないかしら。
  • トードーごんた @todonogonnta 2015-05-21 21:29:19
    okaikki さん。関心のあり方と、報道の仕方にもよると思いますが、そのように思われる方もいらっしゃるのですね。これからは、飼育水族館がきちっと情報を開示することも大切な事と思います。
  • まんりき @manriki 2015-05-21 22:38:48
    todonogonnta リンク先の記事を読んでも昭和44年にくじらの博物館のためにイルカ追い込み漁をわざわざやり始めたということははっきりわかりますよね。
  • まんりき @manriki 2015-05-21 22:52:20
    WAZAは今回食用を問題にしてないので純粋に食用に追い込み漁をする分にはなんの問題もない。しかしその肝心の食用が頭打ちで、水族館への生体販売なしには漁が成り立たないのが問題な訳だけど、だったら伝統とも食文化とも今回の件は関係ないよねって話。
  • まんりき @manriki 2015-05-21 23:05:56
    JAZAは太地への依存を断って繁殖への道を歩む決断をしたわけだけど、生体販売に依存していた太地はこの先どうするのだろう。商業色の強い国や施設への販売を拡大させると捕鯨への理解は狭まるばかりだ。
  • name @unagi_anago 2015-05-22 14:43:16
     欧米の動物園、水族館は、以前の見せ物小屋、ショーからは足を洗って、種の保全と繁殖に軸足を移しているって認識は持っておくべきかと。
  • トードーごんた @todonogonnta 2015-05-22 20:43:00
    manriki どこを読めばそのようなことが?イルカの生体展示を確実に行おうとしたときに、当時(今もそうでしょうが)追い込み漁が由一のイルカ入手方法だということは明白です。「水族館用のイルカ確保を目的に追い込み漁が始まった」ことは、全くの間違いです。

カテゴリーからまとめを探す

「その他」に関連するカテゴリー