2015年7月22日

車と違い「人間は急に変われるのか?」今回は稀に見る「ドけちな男」を例にとって、このテーマにチャレンジしてみた。

徹底的にドけちな家主とこの一年間、じっくり付き合うことになった。42年間、家賃を支払続けた顧客に対して最後まで、少しでも損をしないように狡賢く立ち回ろうとした家主に歯に衣を着せず本心を吐露した結果やいかに?まあ、しかし、家主の気持ちは自分も含めグローバリゼーションの今を生きる人間に共通した心情かもしれない。程度の差だけか?
2
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男1:とことん、損得勘定で動く男と1年ばかり付き合ってきた。そのドけちな男が、私の毒舌に反応してか、当方の発注した工事費の半分を支払ってやるので領収書をだせと太っ腹なところを見せた。その気持ちを後退させないよう、直ちに私は丁寧な礼状を書き、絶品のモモを送った。

2015-07-22 09:20:41
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男2:私と相手とはテナントと家主という間柄だ。元々利害が対立する関係にある。家主から、ある依頼を引き受け、この1年間、家賃は要らないと言うことになったが、私はある狙いを持って自発的に家賃を振込続けた。先方はお気に召すままにと言って笑顔で受け取った。

2015-07-22 09:35:48
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男3:要らないという家賃の振込を素直に受け取ったということは、只でもらった、あるいは気持ちの負担になるという側面が出てくる。そして、調度1年後、テナント解消を申し出た後、相手の口座に積み立ててきた金額が威力を発揮することになった。

2015-07-22 09:51:59
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男4:ビルの一室の造作、設備一式を解体撤去するときに家主は当初、鷹揚な態度で接してくれた。しかし、時間が進むにつれて、徐々に要求がヒートアップしてきたので、言いたくはないが、この1年間あなたの口座に振り込んだ金額を確かめろと要ったら、すぐに要求を引っ込めた。

2015-07-22 09:59:38
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男5:そしてこの1年間、この男の正体がうんざりするほど見え透いてきたので、鍵を返して部屋を明け渡すときに、「あなたは、徹底的に損得勘定にだけこだわる男だな。それがキリスト教の教義か?」と毒づいたらその途端に無口になってしまった。飛ぶ鳥あとを濁す。

2015-07-22 10:06:21
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男6:数日後の夕方、急に家主が電話をかけてきて、解体撤去の工事費をいくばくか負担させてくれないかと申し出てきた。それは想像もしていなかった提案だったので、驚くと同時にすんなり受け入れた。請求書が届き次第知らせるので、金額は任せると言って電話を切った。

2015-07-22 10:15:55
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男7:請求書が郵送されてきたので、すぐに家主にファックスした。私としては工務店が請求した金額があまりにも遠慮したもの(引退ご祝儀)であったため、私が全額それを支払、工務店に少し色を付けてやる程度、振り込んでもらえば幸いと伝えた。

2015-07-22 10:22:27
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男8:ところが、その数日後、家主らしからぬ電話がかかってきた。「何と工事費の半分を当方がもつので、工務店には領収を発行するよう伝えてくれ」と言ってきた。人間はこんな急に変われるものではない。これまでの経験から、家主はいつ前言を翻すかも分からない。

2015-07-22 10:31:04
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男9:家主の領収書を発行してくれいう要請から、すでに振り込んだものと私は考えたが、まだまだ安心はできない。直ちに多額の支援に対する丁寧な礼状を書き、私の知り合いのモモ農家から、絶品のモモ、一箱を送り届けたのである。もし、まだ、振り込んでなければ、これらが請求書となる。

2015-07-22 10:37:01
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男10:案の定、昨日の夕方、家主から電話がかかってきて、絶品のモモに対する賛辞と、私の礼状に対する感謝の言葉を伝えてきた。そして、何とまだ振り込んでいないので、請求書を送って欲しいと言った。  このドけちな男の申し出がこの先、どう転ぶかは今のところ不明というしかない。

2015-07-22 10:49:33
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男完:7月15日、ビル造作一式解体撤去工事の請求書が来た後、家主の工事費を半分負担させてほしいという申し出に決着をつけるため、28日ビルに出向いた。にこやかな話し合いの内に工事代金はその日に振り込まれた。本当に有り難いことが起きた。牧師である奥様の導きに感謝する他ない。

2015-07-28 17:06:36
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男後日譚1:最後に部屋を明け渡すときに、家主にグサッと肺腑を突き刺すような言葉を吐いてしまったが、本来なら穏やかに退去したかった。最終的には自ら進んで工事代金を半分負担するという形で決着がついたが、彼の内面では振り込むまでの10日間、相当、葛藤があったと想像される。

2015-07-30 09:37:48
恥ずかしがり屋 @plant_all

ドけちな男後日譚2:後日、会ったとき、振込が遅れた理由をいくつか並べ立てた。無理もない、一朝一夕に70年以上培った価値観を簡単に転換できる訳はない。奥様は決して仕事に口だししない方だが、今回の彼の決断を支えたのはこの人以外にない。信仰の対象が金様から神様の方へ少し 変わったかも・

2015-07-30 10:23:25
恥ずかしがり屋 @plant_all

満42年間、テナントとして借りたビル一室の解体作業開始風景。手前で作業しているのは女性。重機で壊すわけに行かないので、すべて手作業になる。(7月6日) pic.twitter.com/ehvOdL0kPG

2015-07-21 11:10:11
拡大
恥ずかしがり屋 @plant_all

突発事故もなく、7月10日、無事、解体作業を完了。家主に鍵を返して、ビルを明け渡した。この後、気持ちが爽やかになり、食欲が増進し、体調もグンと良くなった。解体撤去を決断して本当に良かったと思った。 pic.twitter.com/kZC0DMTpWw

2015-07-21 11:16:08
拡大

コメント

恥ずかしがり屋 @plant_all 2015年7月22日
ツイートの順序が間違っているところがありましたので、修正してのまとめを更新しました。事態が進展するたびに順次、再更新する予定です。
0
恥ずかしがり屋 @plant_all 2015年7月28日
まとめを更新しました。ドけちな男はついに、悔い改めた。一時的かもしれないが・・・。
0
恥ずかしがり屋 @plant_all 2015年7月30日
まとめを更新しました。後日譚二つを付け加え、タイトルに対する結論としました。
0