2015年7月29日

物語に対するリアリティの問題から「相応しいディテール」へ

2015年7月28日のつぶやきです。
41

「ディテール(細部)」が存在する時にだけ「リアリティ」という概念は問われる

泉信行 @izumino

リアリティという言葉を多用する向きには、そこはディテールと言い換えるべきで、本来物語にディテール(detail)は存在しない。昔話や童話、寓話にディテールはなく、むしろ邪魔ですらあると昔話研究のリューティは主張する。リアリティはその不要なディテールが加えられた時だけ問われる概念だ

2015-07-28 14:42:45
昔話の本質と解釈

マックス リューティ

泉信行 @izumino

つまり、物語は「ディテールがある/ない」で場面場面を区別すべきなのが、リアリティという言葉を多用する人間は、「物語にディテール(細部)は必ずある」という近代的な様式を当然とした上で、リアリティがある/ないの二元論を対立させようとしている。これはディテールという観点からして害である

2015-07-28 14:47:56
泉信行 @izumino

「リアリティがない」のが「童話的、寓話的」というわけではない。童話や寓話には「ディテールがない」のであって、問題が異なる。逆にディテールのある物語が作られ、その各ディテールにおいてのみ「リアリティがある/ない」が発生する。リアリティのなさとディテールのなさを混同してはいけない

2015-07-28 14:52:59
泉信行 @izumino

もちろん現代の物語にも「ディテールが必要ない」場面はあるし、ディテールこそ必要な場面・描写もある。そこにおいても「どんなディテールなのか、どこがディテールとしてよくないのか」という話をするだけでも、リアリティという概念で問うことは不要になる

2015-07-28 15:05:26
いちお @innitigori

「リアリティのなさとディテールのなさを混同してはいけない」ふむふむ

2015-07-28 15:33:56
揚げ物 @agemonop

確かに「リアリティ」という言葉を使う事によって「物語(のディテール)は現実的であるべき」「現実的である必要はなくむしろ害悪である」というズレた議論になってしまう、というのはあるなぁ。僕自身はリアリティを美的要素説得力獲得という二面で捉えてきたけど、ディテールと言い換えるべきか。

2015-07-28 16:39:24
揚げ物 @agemonop

「精緻なディテールは美しい」「ディテールの詰めが甘いのは美しく無い」というのが僕の基本スタンス。もちろん作品の性質によって適用度は異なるし例外もあるけど、そういった志向・嗜好の作品の方が好みである。

2015-07-28 16:43:04
揚げ物 @agemonop

これは決して「デフォルメされた簡易なディテールは美しく無い」という意味ではない。その作品にもっとも適したデフォルメの仕方がしっかり考慮されたものは、デフォルメであっても「優れたディテール」の範疇に入ると思う。 twitter.com/agemonop/statu…

2015-07-28 16:48:32
揚げ物 @agemonop

@afrorampo 最も手っ取り早いリアリティの獲得方法がディテールの正確性を高める事なんですよね。そのせいで両者の区別が曖昧になってしまった気がします。

2015-07-28 19:53:45
揚げ物 @agemonop

プラモデル(スケールモデル)の原型は、必ずしも実物の形状を正確に縮小したものとは限らない。正確に再現すると、見る人の視点の違いから異なる印象になってしまうので、必ずデフォルメを加えるという。これを「リアリティ」という概念で捉えようとするのは混乱の元である。

2015-07-28 16:53:23
揚げ物 @agemonop

漫画の作画において、「トレスした絵」は「想像で描いた絵」よりも「リアル」かと言うと、必ずしもそうとは言えない。「相応しいディティール」であるか否かが重要であって、現実をそのまま投影すればいいという訳ではない。

2015-07-28 16:56:37
揚げ物 @agemonop

「相応しいディテール」、これだ。

2015-07-28 16:57:18

コメント

泉信行 @izumino 2015年7月29日
ところで「寓話にもリアリティを感じることはある」と指摘していた人もいましたが、そちらはリアリティよりも「真実(truth)」と言った方が近いと言えます。時間によって移ろいやすい「現実」ではなく、時代が移り変わろうと普遍性を残しつづける「真実」を感じさせるのが、昔話や優れた寓話の役割だとされているから、ですね。
3
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年7月30日
アニメで本物のサンタクロースが登場してもだれも「実在しないだろ」などという文句を付けない現象を個人的にサンタクロース現象と呼んでいるが、これは誰もがデティール付けが不要な要素だと判断しているということかな
0
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年7月30日
但しディテール付け不要=寓話的だとは思わない。たとえば戦隊物で名乗りの最中に攻撃されないのはそういうお約束だという共通認識がされている。故に戦隊ファンはこれに文句を付けない。だが共通認識にできていない人だと文句を付ける場合も有り得る
0
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年7月30日
サンタクロースの場合も実在しないということが共通認識になっているから文句を付ける人がいないわけで、寓話性が高い要素はすでに多くの人に共通認識化されている場合が多いということ
0
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年7月30日
つまり受け手にどれくらい共通認識されているかによってディテール付けの度合いは決定されるべきだという話
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年8月1日
リアリティと聞くと、私の感覚的には「物語における感情変化の妥当性」の話だと理解してます。ディティールと聞くと、「状況描写の正確性」の話だと感じます。ディティールについての評価は受け取り手の絶対知識量で評価のばらつきがひどいので、批評の際は目をつぶってますけど。
1