プロ小説家「今度いじめをテーマにした小説を出版します。ストーリーもキャラも私のオリジナルですが、貴方の話をモデルに書いたので、原稿を読んで了承を頂きたい」

出版を取りやめさせる事はできないのだろうか。 (8/26 23:17まとめを更新しました) (8/27 6:36 Tweetに漏れがあったので更新しました。申し訳ありません)
著作権 いじめ プライバシー侵害 石に泳ぐ魚 小説
neruner0 78373view 81コメント
139
ログインして広告を非表示にする
  • 【暗器使い氏プロフィール】

    いじめ被害者・男性の性犯罪被害者です / 読売新聞の性犯罪被害の特集記事や『全身当事者主義』『性暴力』などの書籍に体験談を掲載させて頂きました / 新宿ロフトプラスワンで『いじめは深刻な問題!!』『本音で語ろう!生きやすさって何??』などのトークイベントを過去に開催しました / 2015年6月14日にツイッターを再開

  • 暗器使い氏のツイート
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-24 23:26:55
    知人のプロの小説家から、「今度いじめをテーマにした小説を出版します。ストーリーもキャラも私のオリジナルですが、貴方の話をモデルに書いたので、原稿を読んで了承を頂きたい」と突然の連絡がきたのですが、いざ原稿を読んだら、私の話が非常に多く小説の中で使われていてショックを受けています。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-24 23:37:17
    実際に販売されてしまう小説の事なので、慎重に書きますが、私の受けたいじめや性被害体験、抱えている後遺症、その他私の悩み、コンプレックス、活動、発言、行動…など、いじめのゼミや自分で開いた生きづらさイベントなどで私が話した事が、そのまま、或いは一部を変えて使われている感じです。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-24 23:40:38
    作家さんは「貴方の話は参考にしただけでキャラはオリジナル」と言っていますが、『私の話を基盤に作家のオリジナルの設定を加えたキャラ』というのが適切で、分かりやすく言えば、私の事を知っている人間が読んだら「この××というキャラは完全に途中まで暗器使いさんの話だね」と感じるレベルです。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-24 23:52:38
    当たり前ですが、出版は承諾できないと伝えてあります。ただ、私が嫌がろうが苦しもうが関係なく、既に出版は確定しているとの事です。12月に出版予定だそうです。私の人生が、他人の作家の創作の小説のネタとして使われ、一般に販売されようとしているのに、私自身には拒否する権利は無いそうです。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-25 01:21:24
    もう一つ酷いのがお金の問題。人の体験や苦しみを小説のネタに使っておいて、謝礼金は払えないとの事です。例えば、取材をして個人的に話を聞いた場合は取材費用を払えるけど、今回の場合、私が一般公開のイベント等で公に話した事を作家が取り入れただけなので、謝礼金を払う事はできないとの事です。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-25 02:03:14
    作家さんから最初に頂いたメールに、「担当編集者も編集長も、テーマはいじめだが、それだけにとどまらない、ある高みに到達していると高評価して下さっています」との記述があったのですが、私の体験を基盤に作った小説なのだから、半分くらい私の手柄だと思うのですけど。何か凄くモヤモヤします。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-25 02:20:11
    小説家が、他人の話を小説のネタに取り入れる事は普通にあるのかもですが、やってはいけない一線はあるのでは。いじめや虐待やレイプや差別や迫害を受け続け苦しみもがいている人の体験や人生を、自分で考えたフィクションの話として使うのは駄目だと思います。実際にやられた私は酷く傷ついています。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-25 21:24:36
    そもそもこの小説家が今回の小説を書くに至った経緯は、一年前のやり取りでした。その時私がいじめのトラウマ等で心身共に限界で自殺を考えるほど追い詰められ、その方に相談を持ち掛けたのです。ただ、力にはなれないとの事で、やり取りはそれっきりでしたが、それがきっかけで書き始めたとの事です。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-25 21:28:57
    続きです。そして、その後小説が書き上がって、某大手出版社から正式に出版が決まった所、私がツイッターを再開し、生存報告と活動を再開するツイートをしたのを見付けて、連絡をしてきた…との事です。「貴方がツイッターを再開しなければこうして小説の出版を伝える事は無かった」と言っていました。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-25 21:39:08
    因みに、出版前に私に小説の事を伝えた理由は、「販売された後で暗器使いさんがこの本を読んだら傷つくかもと思ったので、事前に知らせたかった」との事だそうです。あの…私が傷つくって分かっているのに、何で出版しようとするのでしょうか。私は既に物凄く傷ついています。出版を止めて欲しいです。
  • ↓8/26 23:17まとめ更新しました

  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-26 21:08:29
    「いじめ殺人や自殺が横行する中、この本を世に出す意味があると強く思っています」と小説家さんは仰っていたのですが、私にやっている事が既にいじめだと思うのですけど。他人の体験、苦しみ、人生を、自分で考えたフィクションという事で小説にして出版するのは、かなり酷いいじめではないのですか。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-26 21:14:00
    私の話を参考に小説を書いたというのは別に構わないのです。ただ、ほぼ私の話そのままで引用したり、私の事だと分かる原型を留めた状態で使うのは問題だと思います。それだと小説家が自分で作った作品とは言えないでしょう。私の話を参考にするにしても、私だと分からないよう原型を壊してくれないと。
  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-26 21:44:29
    小説家ご本人も酷いですが、出版社も酷いです。私という実在の人間の話を基盤に作られていると知った上で、出版を決めた様子ですし。出版社からすれば本が売れて儲かれば何でもいいのかな。勝手に小説のモデルに使われた私がその本によって苦しむ事になろうが、そんな事は知ったこっちゃないのかな…。
  • ↓8/27 6:36 まとめ更新しました

  • 暗器使い @Ankitsukai 2015-08-26 22:35:41
    小説が正式に出版されたら、私はもう人前で自分のいじめ体験や生きづらさを語ったりできませんね…。小説が世に出た後は私がその小説のパクりって事になりますから。本を読んだ人が私の講演を聞いたら「うわーこの人××って小説の話をあたかも自分の話のように語ってる!きもっ!」ってなりますから。
  • 反応はこちら
  • qomo999 @qomo999 2015-08-24 23:58:33
    @Ankitsukai 「あなたの話をモデルに書きました〜」のくだりがもしメールなどの履歴に残っているようであれば、それをもとに出版社の方へ連絡してみてはどうでしょうか。 12月出版ならまだ間に合う・・・と思いたいです
  • monico @moriyamonico 2015-08-25 02:06:52
    @Ankitsukai 法律の無料相談など行かれてみてはいかがでしょうか?ご自身の体験を大切に思うお気持ちわかります。まずは専門家に相談をしてみては。
  • れなさん♏️(療養中) @renapsan 2015-08-25 02:26:15
    @Ankitsukai マジ意味わかんないっす。搾取されてるだけじゃないですか。その出版社と作者、差し支えなければ教えて頂けないでしょうか。
  • 淤泥 @ody423 2015-08-24 23:39:24
    @Ankitsukai それはプライバシーの侵害やそれに類するもの あるいは表現は不適切ですがアイデアの盗用という店で、求められるならば、ですが出版の差し止め等を求めることが可能なものではないですか
  • 淤泥 @ody423 2015-08-25 00:03:00
    @Ankitsukai 先刻のツイートに加えて、石に泳ぐ魚という小説に於いて、類似するトラブルが存在し、最高裁判決で出版の差し止めと慰謝料の支払いが認められています 許されないとおもわれるのであれば、法的な措置も可能ではないかと思いますので、御一言まで

コメント

  • くみちす 愛知県おっさんレンタル @ahoaho1313 2015-08-26 18:08:40
    「弁護士のくず」の裁判の方を思い出したなあ。公開されてる事件を参考にした著作物は、著作権違反ではないとされた判決の。イベントで話したって事が、公開された事なのか、個人的なプライバシーなのか、微妙な所だが。絶対に出版が許されない差し止めるべき事案、とも言いがたいと思う。
  • 義明_サブ垢 @yoshiaki_idol 2015-08-26 18:17:14
    まとめの中に山本弘のツイートが入ってるけど、それを言うなら唐沢俊一が他人のプライバシーを暴露し名誉毀損を行って裁判起こされた時、山本はどうだったんだっけ。
  • りょ/RYO-chin @ryo_chinq 2015-08-26 18:22:21
    マナーやモラル的には100%アウトだろう。ただ「絶歌」が出版されてしまうような世の中だから難しいかもしれない。
  • 玉藻さん@地球なう @Roseate_Rosy 2015-08-26 18:25:50
    とりあえず真面目にまともな弁護士に相談するのが吉だとおもうですよ、これは……
  • nekosencho @Neko_Sencho 2015-08-26 18:35:13
    この人がどういう体験をしたか知らないし、その小説も読んでないわけで、ここの記述だけでどちらかが悪いという話をするのも無茶だよな。客観的な判断がほしいなら裁判とかでもするしかないんじゃないの
  • nekosencho @Neko_Sencho 2015-08-26 18:38:40
    ちなみに、まるっきりオリジナルな話に対しても、出版後全く知らない人から「俺をモデルにしただろ」って話が出るのも珍しくないそうな。もちろん今回の件がそういう類だというわけではないが(最低でも公演を聴いてるから知らないわけではない)第三者から見て問題なレベルになってるかには疑問の余地があると。
  • taka @Vietnum 2015-08-26 18:46:13
    とりあえず、作家名と出版社名晒して、ネットで盛り上げた方が……ってのは、絶歌みたいな炎上商売の例があるからダメか。
  • Mill=O=Wisp @millowisp 2015-08-26 18:53:28
    これ法的に争えるのかなぁ…。筋としては、出版止めるなり和解としてカネ払うなりするべきだと思うけど
  • 玉藻さん@地球なう @Roseate_Rosy 2015-08-26 19:14:56
    もし出来るなら、先に自分の話を自分でまとめて別の出版社からだしちゃえ!って思った。「これは私の経験した話ですが……」って
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015-08-26 19:33:20
    ぼくが2~3番めにコメントしようかな、と思ったようなことを先に言われてしまいました RT:Neko_Sencho「この人がどういう体験をしたか知らないし、その小説も読んでないわけで、ここの記述だけでどちらかが悪いという話をするのも無茶だよな」
  • Bee @small_magician 2015-08-26 19:56:27
    出版即炎上物件。ただ、炎上商法に展開の模様。
  • ぼんじゅ〜る・伝説の美少女 @France_syoin 2015-08-26 21:07:58
    程度問題だからその小説が出てみないとよくわかんないわなw個人的にはぜひ法廷で会いましょうってやってくれると面白いんだがw
  • こぬころ.mp3333 @Umazo_Dsado 2015-08-26 21:10:49
    こういうのって本が出てからでないと第三者は判断できないからなぁ
  • 陸鷹 @Rikutaka_ 2015-08-26 21:17:33
    yoshiaki_idol 特にコメントしてなかった気が。個人的には「親しくしていた人が事件起こしたら即叩きにまわる人」は友人にしたくない。
  • ひょーじゅ@高雄向上委員会(TKI) @shiden 2015-08-26 21:19:46
    事実なら石に泳ぐ魚事件の再来じゃないの?
  • 想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2015-08-26 21:30:27
    何よりもこの作家さんの意識が酷い。傷つくと分かってるのに、そして出版を了承して欲しいと前読みまでさせてるのに「イヤだ」といっても聞かない自分勝手さがひどい。>
  • もうだめぽ @moudamepo150701 2015-08-26 21:39:42
    暗器使い氏は嫌かもしれんが、今のうちに自分の体験したことを文章で残しネットなりに公開しておいて出版物が発売された時にその糞作家の悪辣さが世間に判るようにしておけば?
  • taka @Vietnum 2015-08-26 21:54:13
    あと、さきにツイートしまくるとか、Kindle化しちゃうとかね
  • 弾音旋@死因活撃7話 @hazuminemeguru 2015-08-26 22:19:20
    これは酷い。 ただ、訴えれば勝てるパターンだと思う。宴のあと、石に泳ぐ魚などの前例を見るとね。
  • ざの人 @zairo21 2015-08-26 22:37:41
    これは予め、「はなした側と聞いた側の信頼関係」という話なんだけども、他人から聞いた話をネタにするというのは、多かれ少なかれ有るとは思います。更に「傷ついた」という心境はお察しするんだけど、こういうのを自ら公表するというのは「雉も鳴かずば撃たれまい」となり、ごく一部の関係者は、内容を読んで、あああの人かな?とは思うけど、それをわざわざ当人に、アレってあなただよね?と聞くようなバカはいないとも思うので、自ら拡散しちゃってる感じで、そこは結果論で行けば?対処としては大間違いとは思う。
  • 山中島の冒険者 @Mattun_ 2015-08-26 22:41:12
    謝礼は出せないじゃなくて、書いた本人なら幾らでも出せるわな。出す気が無いだけで。
  • ざの人 @zairo21 2015-08-26 23:01:27
    もうツイートされてしまったので、これは「何とかして出版差し止めを」を考えてのことでしょう。有能な弁護士が対処されることを望みます。
  • ざの人 @zairo21 2015-08-26 23:06:57
    石に泳ぐ魚 をタグとして追加、アマゾンでレビュー読んだけど、概ね低評価であったので、仮に ここで でそうな本が出版されたとしても、こういう騒ぎがある以上、低評価になる可能性が高い。
  • ざの人 @zairo21 2015-08-26 23:14:31
    「石に泳ぐ魚」裁判経過報告「新潮」編集部抜粋 :1999年6月23日、4年半に及んだ裁判の判決が東京地方裁判所で下された。判決の骨子は、以下のようなものである。  被告柳美里、新潮社、坂本忠雄は原告にたいし、金100万円(請求1000万円)を支払え。「新潮」に掲載された作品は、出版、出版物への掲載、放送、上演、戯曲、映画化等の一切の方法による公表をしてはならない。謝罪広告の掲載、改訂版の出版差し止め請求ほかの請求は棄却。(一部 抜粋しました)
  • ざの人 @zairo21 2015-08-26 23:15:29
    「石に泳ぐ魚」裁判経過報告 「新潮」編集部 : http://www.shinchosha.co.jp/shincho/200108/saiban.html
  • trycatch777 @trycatch777 2015-08-26 23:18:20
    zairo21 「雉も鳴かずば撃たれまい」って、さすがに例えが悪いのでは?
  • ねる子 @neruner0 2015-08-26 23:18:43
    まとめを更新しました。
  • ナイススティック @nicestickmilky 2015-08-26 23:21:48
    前置きなしに知ったら傷つくと思ったから予告しておくねっていう殺傷能力高い気遣い風のなにかのくだりはこの夏一番ゾッとしたかも
  • D-A/Zop ous @ZopPure 2015-08-27 00:25:51
    法廷闘争になったら「ロフトで不特定多数の前で喋ったってことはキミそんなに気にしてないでしょ?セカンドレイプ不成立!」という被害者を真正面からブン殴るが如き陳述が聞けるんだろうか
  • せんノエ!!〜Memories〜 @3_C_shion 2015-08-27 01:38:39
    これ、最終的にどうなったのか知りたいな。
  • へぼやま @heboya 2015-08-27 01:40:20
    著作権ではなく、精神的苦痛への慰謝料請求なら、可能性有るのかな? 元ネタにしてることは本人が認めてるのだし。
  • くろ @k_answers 2015-08-27 02:10:23
    出版社と作者の名前なんか出せるわけがない。もし出版まで至ってしまったら、個人特定まで繋がってしまうし。やはり出版される前の段階で差し止める必要があると思う。絶歌とは違って、本人が生存していて出版しないでほしいと言っているのだから、過去の差し止めの判例を盾に裁判を起こすことは十分可能だと思う。
  • 兵頭新子@『絶望先生』絶版記念! @hyodoshinji 2015-08-27 02:28:50
    一応、相手はこっちに断りを入れてるんだし、弁護士弁護士言う前に話しあった方がいいのでは。
  • 瑞樹 @mizuki_windlow 2015-08-27 03:12:22
    第三者が「裁判やれ」ってお気軽に煽るのもどーかと思うけどねぇ~結局、私らはただの傍観者、悪く言えばただの下世話な野次馬、そこは自覚しておこうね。下手に義侠心なんぞをたぎらせるのも、どーかと思うよ、私は
  • ざの人 @zairo21 2015-08-27 03:43:21
    まずはネットで書く前に、弁護士に相談したのかな?というのはあると思います。「弁護士」という言葉は一つも出ておりませんが。そして、新しいツイートもまとめ主も追加で、その一文で 一つ見解が違ってくる内容かもしれません。簡単に書くと「小説として出てしまうと、私がぱくりだと認識される」という部分。そこが実は、一番心配しなければいけない部分かもしれません(大汗
  • ざの人 @zairo21 2015-08-27 03:50:05
    https://twitter.com/Ankitsukai/status/636532469433430018 このツイートは収録されると思いますが、 現時点で掲載されておりません。その弊害を避けるために、前もってツイートをした。 というならば、その防衛のための予備策というならば、まあ 撃たれるかもしれないけど 「パクリではない」とタイムスタンプ的に証明はできる策にはなります。
  • そおさり @sos35r 2015-08-27 03:53:16
    ほんとに久しぶりに暗器使いさんのお名前を見て、お元気だったんだなあと思っていたら大変な目に遭われていたんだなあと少し悲しく。暗器使いさんとご厚誼を頂いた時は深田わかば氏が難癖付けていた時だったと思いだし、なんか、ほんとに、なんで……、と。思うんだけど、それでも相手が表現の自由というか他人の人生蹂躙してでも自分は書きたい物を書いてそれで飯を食うという作家の業病やる、こと自体を止めるのは難しいだろうと。裁判するとしても本が出た後になるだろうし。
  • そおさり @sos35r 2015-08-27 04:00:34
    知ってる人が読んだとしても絶対暗器使いさんだと分からない描写に切り替えろ、という「配慮」ってのだったら今の時点でも何とかなるのかもだけど。ただ。個人的には、無責任な外野の意見としては。暗器使いさんはその作家のパーソナリティを、その人格を、家族を、それを得るに至った家庭を、全部トレースし、彼らの夕食時に「隣の晩ご飯」的に押しかけ、それを社会に向かい暴くことに対してオールフリーの権利を得たと俺は思っている。
  • そおさり @sos35r 2015-08-27 04:03:14
    それを売る・売らないは倫理の問題ではない。それを読みたいと思う読者がひとりでもいるなら作家は読者の欲望の奴隷としてそれを暴くのは倫理ではなく「作家」という名の業病、だと思う。反撃でも復讐でもなく、やるなら俺はそれを買って読む。暗器使いさんの人生を切り売りしようとしている作家のパーソナリティとはいかなる人生を経て作られたものか、そんな生物の生態を知るために読むと思う。
  • ブルゾンゆりゆり @rafcocc 2015-08-27 06:04:35
    非常に申し上げにくいのですが「石に泳ぐ魚」はプライバシー権を争った裁判ですので、イベントなど公の場で話した内容をパクられたとすると同様の事例にはなりにくいのではないかと思うのですがどうでしょうか。
  • 箸呂院マジチキ @kairidei 2015-08-27 06:31:54
    最初から相手の許可を得るつもりもなく、儲けても謝礼も払わないって、敬意の欠片もないな。嫌がらせとしか思えない。わざわざ許可を求めるようなこと言う時点で相手に時間や手間を使わせてるのに。
  • ねる子 @neruner0 2015-08-27 06:39:57
    まとめを更新しました。 Tweetに漏れがあり申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。
  • くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015-08-27 08:29:51
    一方側の視点なのを承知の上で書いてある通りに読むと、出版側が完全に「いじめをする人間の理屈」で動いてる所に乾いた笑いが出る。問題意識を持ったから小説にしたのではなく、エンターテイメントの消費対象として興味を持っただけなんだろうなぁ。
  • STB a.k.a. さとまる @stb_nissie 2015-08-27 09:11:14
    違法性は分からない。だが、当事者が実際に読んだ上での批判なので、出版社は、敬意を払って、真摯に対応すべきだ。
  • すまーとたおるRG-489 @smart_towel 2015-08-27 09:51:54
    相手方出版社にはそれなりの法務担当がいるはず。とにかく法務を引きずりだすべき。弁護士に相談と言ってもすぐに裁判になります、とはならないから、とりあえず無料相談などで『自分は何を主張し、どういった手段を取ることができるのか』把握したほうが進展する。弁護士にもよりますが、弁護士が相談を受けたら「こういった問題に関してはこういった手段が取れます。それに対するリスクはこういったことです。どうされますか?」となる。しかし経緯を聞くに心情的に辛い。
  • 苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2015-08-27 09:55:38
    本人にインタビューしてノンフィクションのドキュメンタリーみたいななにかで出版すれば良かったのに。
  • gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015-08-27 10:08:41
    実話エピソードを、小説の架空キャラの造形、発言、逸話として描く時、その権利はどうなるんだろう?…というのは 夢 枕 獏 の格闘技小説を読むと常々思うのだが(笑)、少しずつ改変すればいいんだろうねえ、たぶん。
  • 白山雪男 @Shiro2w22 2015-08-27 10:13:07
    目的(あったとしてだが)は手段を正当化しない。
  • お茶菓子の司書刀匠@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2015-08-27 11:02:53
    記事・書籍にて公開された体験談は著作物。講演内容も著作物。ということで、著作権侵害案件かと思われます。プラス精神的苦痛への損害賠償請求が可能かも。
  • ざの人 @zairo21 2015-08-27 11:04:12
    https://twitter.com/crusing21/status/636685147836801024 弁護士の山下さんにこのまとめの案件を紹介したところ、「モデル小説はプライバシー侵害になる可能性がありますね。差止めを求めることも可能ですね。」と回答を頂いております。参考までに。
  • お茶菓子の司書刀匠@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2015-08-27 11:08:49
    「講演で公開しているならプライバシーにあたらないのではないか」というお説もありますが、「講演」の聴衆は限定されていて無制限に開かれた場ではありませんし、その辺は専門家が考えるとこなんじゃありませんか。
  • date9 @date911 2015-08-27 14:15:55
    前例の有るうんこ出版社の予感。
  • 空弁者 @scavenger0519 2015-08-27 15:18:26
    まず、「講演は著作物」、それを踏まえて。次に社会的影響範囲を考察。講演はその場にいた人を対象とする「ある意味、消えもの」。出版となると絶版・回収しない限り、広く世間に知れる。そこのところから「一度でも講演したのだからプライバシーはない。」とはいえない可能性は有り。まぁ有料無料問わず法律相談に行くべき。相手に対しての差止め要求根拠を一つに絞る必要も無く、プライバシー、精神的苦痛、著作権侵害、etc…。
  • 文里 @wenly_m 2015-08-27 17:46:51
    Roseate_Rosy 一番効果的なのはマジそれ。<先に出版 ただ、弁護士に依頼してそのプロ小説家と出版社との同席の話し合いを求めるのが第一歩になるかな。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015-08-27 18:14:27
    どなたか知りませんが、タグ「こんな目に会いました」を消さないでください。
  • なっくるきー@短刀狩り @RayasNKey 2015-08-27 21:33:10
    法的な部分は専門家にお任せするしかありませんが、筋を通さないのは倫理的に問題があるのではないかな、と。私だって小学生の頃の体験談を勝手に出版されたら訴えたくなりますよ。ていうか、体験談そのまま描写するのってフィクションじゃなくてノンフィクションでは?
  • seidou_system @seidou_system 2015-08-28 07:30:38
    傷つくのわかってるなら事前に許可もらってから出版考えるべきだろう。手順が逆だ。
  • たけ爺 @take_ji 2015-08-28 14:18:17
    他の法律での侵害は別として、講演等での『表現』は著作物だが、『内容』はアイデア・事実等に過ぎないので『著作権』の保護対象にはなりえない。 著作権違反云々という問題で考えている人は、著作権を勉強しなおすことを薦める。関係ない法律論を交えるのは、話がズレるので止めた方がいい。
  • たけ爺 @take_ji 2015-08-28 14:27:31
    「この××というキャラは完全に途中まで暗器使いさんの話だね」:「石に泳ぐ魚」事件を例に出しているが、それだと『小説の読者が「○○」が暗器使い氏をモデルとする人物であることを容易に知ることができる』か否かが争点。『途中まで混ざっている』だと同定は難しいかもしれない。
  • たけ爺 @take_ji 2015-08-28 14:31:00
    「この××というキャラは『完全に途中まで』暗器使いさんの話だね」<こう本人が認識しているレベルだと「幾つかの事実を元に複合してキャラを別人として創作していて、途中から自分とは相違する」と認めているから、「私を書いた」というには難しいところ。
  • たけ爺 @take_ji 2015-08-28 14:41:49
    ただ、本人の弁なので実際のところが判らないが(本人が興奮して発言を取り違えている可能性もあるので)、仮に事実だとしたら「了承をいただきたい」といいつつ「承諾できない」と返答したら「出版は確定、拒否しようと関係ない」というのは、まったく意味が判らない。何のための「了承」依頼なのだろうか? 
  • たけ爺 @take_ji 2015-08-28 14:46:31
    後、「先に書いて出してしまえばいい」と言う人がいるが「表現が類似」していない限り著作権主張は無理だし、元となる原稿を読んだ上で、類似の表現を使って出版したら、暗器使い氏の方が「問題小説の表現を剽窃した」著作権侵害を問われるので無理。
  • たけ爺 @take_ji 2015-08-28 14:49:26
    「出版されたら」著作権が生まれるのではなくて、「著作が完成」して読める状況になっていたら著作権は生まれる。原稿になって読める状況になっている時点で問題小説の著作権は成立しているので「先に出版すれば勝てる」というのは的外れもいいところ。
  • 語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中 @L_O_Nihilum 2015-08-28 15:22:41
    いじめの話かー。下調べを基に描くのはよいことかもしれんが「君の話がネタ元だよ」と後あとになっても言われて個人情報覗かれたって思わない人の方が少ないよなあ。言い換えればその前にアポとったって煙たがられるわけだ。少女漫画にいじめをテーマにした読み切り短編集がいくつか出てた気がするが、あれはリサーチこそあれ面と向かってその話のネタ元公開とかしてたわけじゃない。
  • 語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中 @L_O_Nihilum 2015-08-28 15:23:57
    以前からそういった作品の出版までのマナーや倫理的行為の前例はあったわけなんだし、なぜそれをしないのか、と立ち止まって前例を考えないのが悲しいな。
  • hakuda_hs @hakuda_hs 2015-08-28 15:39:02
    バカデカく鳴いた雉が撃たれただけのこと
  • 遡行™ @soko_Listep 2015-08-28 15:39:30
    もしおれがこれを言われたとして、これを言った人と仲良くしたくもなければ「慰謝料でも請求して小遣い稼ぐか」と思ってもおかしくないだろう。プロ小説家は、いじめっ子の恐ろしさよりもむしろいじめられっ子の恐ろしさを学べる良い経験ができたんじゃないか。めでたしめでたし。
  • 陽子 @tour_croquette 2015-08-29 09:02:17
    どの権利を争うにしても、出版差止めの仮処分命令を出すよう裁判所にお願いする際には「すぐに差し止める必要があること」の立証が必要となると思われるので、すぐにでも差し止めたいことを印象付けるためにも弁護士に早急に相談すべき案件だと思います
  • てら~き(声:藤田淑子) @terra3_Gn8 2015-08-30 13:37:29
    「~に見える」もなにも、明確にエクスキューズですわね。>「この作家さんが善意を纏いながら「事前に通達した」という事象を作っているように見えるところです。出版社側の指示かもしれませんが。」
  • 星川月海@サンクリ O-11b @hosikawatukimi 2015-08-31 18:21:14
    >「発売は決定済み。拒否する権利はない」 >「謝礼金は払われない」 「了承を頂きたい」という言葉は何だったのか
  • ソビエトいちろう @soviet_ichirou 2015-09-01 18:46:16
    出版社ぐるみで頭がおかしいとしか言いようが無い。
  • 灰色 @haiiro081 2015-09-01 19:23:27
    いじめられる奴なんてどうせ弱い生き物だ、こんな奴からなら搾取してもかまわない、この世は弱肉強食だーとかとか考えていそうだなその作家。
  • クロノス🕒 @Chronus_96R 2015-09-23 17:15:41
    私は専門家ではないので憶測ですが、この話は著作権よりも著作人格権の侵害に該当する様な気がします。 まずは、法テラスに相談してみては如何でしょうか。
  • rappapyonn @reviverappapyon 2015-09-24 02:43:35
    暗器使いさんのツイートを遡る。確かにとても苦しそうな発言ののち、1年くらいの空白期間がある。問題のプロ作家さんは、この間に暗器使いさんの永眠を想定して作品を書き、ツイート再開で生存を知って「発行後に知ったら傷つくから→原稿を読んで承諾してくれ」非道にもほどがある。
  • rappapyonn @reviverappapyon 2015-09-24 02:44:48
    それも、自死を思わさせるツイートのあとから1年間のツイートなし、ですよ。
  • のばな @nobanner 2016-01-05 23:38:18
    プロでこういう考え方の小説家って結構いるのかも。ヒットした小説ってパクリ多いし。
  • 萩月七六 @hagituki76 2016-05-11 17:31:21
    「宴のあと事件」や「石に泳ぐ魚事件」と同じにおいがする。 この勝訴できる民事訴訟を、作家がおこせなくできる時効は長い。20年だったかな。 広まれば広まるほど、民事訴訟の影に脅えるようになるよう、「正しい法律知識」を広めるのが、一番の応援だと思う。 10年後に、大作家になってても、訴訟案件をかかえているのは辛いだろうに。この作家は頭悪いね。
  • 萩月七六 @hagituki76 2016-05-11 19:08:35
    ああ、民法174条の2によると、確定判決によって確定した権利の時効期間は10年でしたね。失敬失敬。

カテゴリーからまとめを探す

「ボカロ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする