編集可能

「ハンガリーHungary」と「フン族」の関係

Answer→全くない ハンガリーはフン族の末裔、元々アジア人である…等まことしやかに流れるデマを正す ハンガリー史研究者@tsujifolyam氏の熱弁
114
Cujka @tsujifolyam

(ハンガリー史の研究に携わる者としてこれだけはお願いします。「フン族の末裔を称するハンガリー」というデマを広めるのは本当に止めてください…)

2015-09-05 10:43:36
Cujka @tsujifolyam

(そもそも彼らの自称は「マジャルmagyar」で、他言語での「ハンガリー」系の呼称(Hungary, Ungarn, Hongrois等)は全て他称。この時点で既に説明がおかしい。全然違う地域とはいえ近現代史や地域研究がご専門でフォロワーも多い方のツイートなので本当に困る。)

2015-09-05 10:54:12
Cujka @tsujifolyam

(マジャル人はウラル山脈南部の平原が発祥の地と言われていて、5-6世紀に黒海北岸の平原に移動後、オノグル族という遊牧民の一部を構成するようになる。この「オノグル」が「ハンガリー」の語源であり、フン族とは無関係である。(続))

2015-09-05 10:56:12
Cujka @tsujifolyam

((承前)確かに中世以降、フン族起源説は彼の地でも広く信じられてきたけれども、19世紀後半には言語学的な研究が進んでマジャル語がフィン=ウゴル語派に属することが明らかになり、この説は論争の末に否定されている。(続))

2015-09-05 10:58:09
Cujka @tsujifolyam

((承前)ただ、ツラニズムや第一次世界大戦後の領土解体の衝撃を受けたナショナル・アイデンティティの模索の文脈でマジャル人の「アジア的」起源を強調する者もいたのは確かで、こうした俗説が高校世界史教員などによって現在に至るまで再生産されてしまっている。)

2015-09-05 11:00:24
高谷守 @Rekifechi

前7RT、ハンガリー人の氏名の表示が姓→名の順であること※もあって「マジャール人は匈奴=フン族の末裔でアジア系」と単純に信じ込んでいたが、そんな理解の書き換えが必要だったと言うことか!☆※ハンガリーの作曲家コダーイ・ゾルターン(1882-1967)のラストネームはコダーイですね。

2015-09-05 13:21:49
saebou @Cristoforou

@tsujifolyam ひとつおききしてもいいですか?この間北海道新聞に東欧についての大きな国際学会の記事がのっていて、スラブ研究が…とかいうようなことが書かれていたのですが、「スラブ研究」にはハンガリー(あるいはルーマニア?)などの地域研究も入るのでしょうか。

2015-09-05 11:04:34
Cujka @tsujifolyam

@Cristoforou ハンガリーはウラル学の管轄ですが各国で若干事情は違うようです。例えば日本では「スラヴ研究」で旧ソ連・東欧圏をまとめて扱ってきた側面もあり、北大のスラブ=ユーラシア研究センターには現在はハンガリーがご専門の先生もおられます。(今後が実は気になっています。)

2015-09-05 11:17:02
saebou @Cristoforou

@tsujifolyam なるほどー。ありがとうございます。

2015-09-05 11:19:28
しゅにっつぇる (和名:揚げたビーフ) @schnitzel_san

@tsujifolyam 仰るとおり、欧州近現代史においては、善意の人の存在に最後の頼みの綱の役割が求められてしまいます。かと言ってそれを組織化するとなると「なぜわたし達がそんなことをしなくてはならないのか」という反発も必ず出てくる…。落とし所を見つけるのは簡単ではありませんね。

2015-09-05 11:09:14
遠い思い出のようなちぎれた夢 @yasou12159

高校世界史の授業でもハンガリーはフン族の末裔という話をきいたなあ。ハンガリーの Hun はフン族の hun ってとこまでは合ってる?

2015-09-05 12:05:34
Cujka @tsujifolyam

自分も専門外のところでトンデモな俗説を信じ込んで授業などで話してしまっていないか、これからもその愚を犯してしまわないか、気をつけねば。

2015-09-05 12:26:19
nasastar @nasastar

@tsujifolyam うむ。だから現状を鑑みると、外国語で論文書くだけじゃ駄目で、多少啓蒙的な側面を強調して、日本語でも書かなきゃいけないんだと思うのよ。

2015-09-05 12:29:43
Cujka @tsujifolyam

@nasastar そうですね…最近、日本語で文献を紹介する段になって困り果てることが続いているので、それは切実に感じます。

2015-09-05 12:46:45
うどん犬 @t_otoshi

@tsujifolyam 「フン族の末裔を称する」「ハンガリーは自分でそれを言っている」と書いておられるので、ご存知の上でのことでしょうか。誤解がまた広まるという意味では困ったことでしょうが。

2015-09-05 12:29:46
Cujka @tsujifolyam

@t_otoshi いえ、ハンガリー人の自称は「マジャルmagyar」であって、よく言われる「ハンガリー」系の呼称は全て他称です。彼らが過去にそう自称した時期はありましたが、現在では否定されています。もちろん「アジア系」という話は雑談は出てきますけれども、それとは別です。

2015-09-05 12:35:16
Kan Kimura @kankimura

ついでに言えば、アジアを追われて欧州に流れ着いたついでにローマ帝国を崩壊させたフン族の末裔とも言われるハンガリーが、大量の難民に苦しんでいるのも、不思議な歴史の因果かも知れない。過去の民族大移動というのも、こういう感じだったのだろうか。

2015-09-05 12:30:56
Kan Kimura @kankimura

ちょうど図書館に行くところなので、ハンガリーナショナリズムの本を探してこよう。

2015-09-05 12:36:14
Kan Kimura @kankimura

う~ん、客観的に「xの系列であるか否か」と、「ナショナリズムの文脈でxの系列であると認識されているか」は別の問題のような気もするるけど。両者を混同するのはどうだろう。

2015-09-05 12:44:24
ジャーヒズさんちの司書 @palmofcordoba

@tsujifolyam はじめまして、突然すみません。一連のツイート、概ね仰るとおりだと思うのですが、ハンガリー国歌にムンズクの名が出ていたように記憶しております。国歌のこの部分、現代ハンガリーではどのように認識されているのでしょうか

2015-09-05 12:35:30
タカラカニ・エンゼッツ @nsetz

@tsujifolyam 外から見てフン族の末裔に思われたために、外にいる人が「ハンガリー」と呼んだ、というのは正しいのでしょうか。

2015-09-05 12:48:29
Cujka @tsujifolyam

@nsetz 実は「ハンガリー」の元になっているのはオノグルという部族の名前で、フン族ではありません。twitter.com/tsujifolyam/st…

2015-09-05 12:51:04
タカラカニ・エンゼッツ @nsetz

@tsujifolyam そうすると、ハンガリー人は自分のことをハンガリー人だとは思っていないし、外からの呼称も元来フン族とは関係なかったのだが、音が似ていたために混同されるようになってしまった、といったあたりが妥当な認識でしょうか。

2015-09-05 13:04:24
nasastar @nasastar

@tsujifolyam ハンガリーに限らず、外国史全般に言えることだと思いますが、日本語で紹介できる本が少なくてね。アイルランドなんて、あれだ。文学がそれなりにあるから土地柄を理解させることはできるが、歴史記述とかな。「民族の出自」とナショナリズム絡むとなおのこと。

2015-09-05 12:48:39
Veilchen(悠井すみれ) @Veilchenfeld

騎馬民族ってあたりが何か繋がっちゃったのかなあ。蒙古斑もあるそうだから何となくアジア起源と思われちゃったとか? ハンガリーのミュージカルCD買ったらマジャール語版と書いてあって新鮮だった。 twitter.com/tsujifolyam/st…

2015-09-05 13:20:14
残りを読む(36)

コメント

kartis56 @kartis56 2015年9月6日
日本人もジャパン人じゃないみたいな
0
nisimura megumi @nim95 2015年9月6日
割と最近も目にした(><)そうだったのか。
0
𝑎𝑠𝑘 @whirlpool 2015年9月6日
フン族にちなんで名前を付けられたJózsef Attila(すごく有名なハンガリーの詩人)みたいな人もややこしくなる一因か。
1
DG-Law/稲田義智 @nix_in_desertis 2015年9月6日
高校でそう習ったという方がちらほら見受けられ,確かによく聞く与太話ではあるのだが,手持ちで一番古い1985年の山川『詳説世界史』と『用語集』を引くと,ちゃんとフン・アヴァール・マジャールで分けて書いてある。要するに,先生独自の教え方か副教材の影響かと。
6
DG-Law/稲田義智 @nix_in_desertis 2015年9月6日
「アジア系」というくくりについては,高校世界史上だと上記の3つに加えて,スラヴに同化する前のブルガールを含めて使われていて,要するに「非印欧語系」の「遊牧民」程度の意味合いになっている。専門家の方に「ちゃんとフィン・ウゴル系と言ってくれ」と言われたら,確かにそうだなと思う。
3
repunit @FlatSharp 2015年9月6日
自分も高校の授業でそのように記憶してて予備校の講義で実は・・・・・・って知った口。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年9月6日
nix_in_desertis 高校の世界史用語は、脱ゆとり教育で逆に大幅な削減が確定しているので、いっそハンガリーの歴史を完全に無視するとかでないと無理かと。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年9月6日
民族の出自を厳密に記すとなると、イスラエル人は聖書に書かれたユダヤ人の子孫かとか、イラク人とエジプト人をアラブ人と一緒くたにしてよいのかとか、中南米の白人はイングランド人の子孫もいるので必ずしもラテンではないとか、ハンガリー以外にかなりややこしい問題が。
3
ウミドリくん @umidori_kun 2015年9月6日
トルコ人の起源とギリシア人(現代)の起源もややこしい問題に追加で。ギリシア人なんて公教育で下手なことを教えると国際問題になりかねない。
1
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年9月6日
全然世界史おぼえてないので、そういう話があったんだ感。ただハンガリーの人の自称についてはそういえば「ダーリンは外国人」であったなぁ。
1
やわらか @yawarashi 2015年9月7日
ハンガリーとは少なからず縁があるので、とても気になる
1
清水代歩 @kaho_biz- 2015年9月7日
wikiの「ハンガリー」の「国名」の項ではハンガリーの漢字表記は「洪牙利」であるとしつつ「中国語では、ハンガリーのフン族語源説が伝えられて以降、フン族と同族といわれる匈奴から、匈牙利と表記するようになった」と併記する。しかし日本でも戦前の出版物では「匈牙利」表記の方が一般的な印象があるので、かなり昔からあった勘違いなのでは。
1
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2015年9月7日
微妙にずれる話だけど「フン族」という言葉には色々象徴的な意味合いがあって、アメリカが第一次世界大戦に参戦を決めたとき作られた"Over There"という軍歌には「ジョニーよ、フン族に暴れっぷりを見せてやれ」というくだりがある。ハプスブルク帝国=中欧=アジア系異民族の住まう辺境への蔑称としての用法。
2
ChanceMaker @Singulith 2015年9月7日
書き方はちょっと違うが、「イギリス人はフン族=ゲルマン人=ドイツ人とみなしてハンと皮肉ることがある」というような話が「深く静かに沈没せよ!(大野安之・大滝よしざえもん)」に出てたな。 今は知らないが、WWⅡあたりまではよく知られたドイツ人の蔑称だったようだ。
2
キャベツ太郎オブザデッド @kyabe2otd 2015年9月7日
@tsujifolyam ハンガリー旅行した時、現地のお土産屋に匈奴みたいな絵が描かれHUNGARYと入ったTシャツが売られていたり、「俺たちメージャー(マジャールのことだと思う)はフン族の子孫だから日本人は親戚だ」と言う人もいたので現地でもこの認識は結構適当なんでしょうね。
2
Hoehoe @baisetusai 2015年9月7日
アルタイ諸語に含まれるなら同族でしょ(適当
1
the loyaltouch @theloyaltouch 2015年9月7日
ウラル=アルタイ語族の再構は失敗に終わったって聞いてたし最近はアルタイ諸語も祖語の存在に否定的な人がおおいんで、多分東アジアとは関係ない人たちなんだろうなあ
1
清水代歩 @kaho_biz- 2015年9月7日
纏め本文にある「ルーマニアがローマ人の末裔とか称しているのはデマか否か」って、もうちょっと言葉を選んだ方がいいんじゃないのか。
1
山元 太朗 @tarogeorge 2015年9月7日
仕事でアッティラさんというハンガリー人とお知り合いになった。
2
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年9月9日
ハンガリー人って宇宙人が起源だと…
1
こぎつね @KogituneJPN 2015年9月10日
y_arimそういう話ではなくて、義和団事件の時にドイツ皇帝が「敵に対してフン族のように容赦するな」って演説したのを逆手に取って宣伝に利用していただけです。あいつら蛮族だぜって
2
こぎつね @KogituneJPN 2015年9月10日
そもそもアジア系ってのは非ヨーロッパって感じのニュアンス(コーカソイドが住んでる中東だって「西アジア」だしロシアもアジア扱いのことも)なんだよな
1
こぎつね @KogituneJPN 2015年9月10日
ウラル語族(フィンランド・エストニア・ハンガリー)が自嘲気味にアジア系だという背景には、欧州からが印欧語属に席巻されてるという特殊な環境が前提にある。印欧語族の海の中に、島のようにぽつぽつととりのこされた形の非印欧語族がウラル語族の人たち。欧州で浮いてる異質な存在なので非欧州=アジア系という意識が生まれた
1
まんりき @manriki 2015年9月13日
「デマはやめてください」はまず誤謬のままの歌詞の国歌を維持しているハンガリー政府に言うべきなのでは、とは少し思った。
0
Kawai_Yusuke @fiddler_K 2015年9月16日
「ハンガリーはフン族の末裔、元々アジア人である…等まことしやかに流れるデマ」
0
101 @magler101 2016年5月23日
フン族の末裔であるのはデマだという主張に根拠がないのがなぁ 学会での現時点での有力な説を紹介してるだけで全く説得力がない そもそもなぜオノグルがハンガリーになるのか意味不明 また他称だからと言ってそこに意味がないわけじゃない そこに現れるのは該地の人間の認識であって事実としてはアヴァール人やフン族の血や文化が残っている可能性もある
1
新海智子 @coccyx_T 2016年10月24日
冒頭@tsujifolyam氏の5つのツイ、当時RTで拝見して興味を持った。まとめて下さってる方がいらした!
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2018年1月15日
民族の系譜と、民族主義で語られる出自は必ずしも一致しない、か。「ハンガリー=フン」にロマンを感じていましたが、ロマンと現実は別なのですね。
1
ぢべた @jibetaP 2019年9月2日
ふうん。いろんな言い伝えが混じゃるとややこしいね。
0