性悪説に立てば、国家はほっておけば他国を侵略し、自国の国民を奴隷化するらしい。なら「抑止力」はどうすりゃいいの。

国家に抑止力としての戦力は必要かという文脈の中で、性悪説に立った抑止力必要論というのを目にしたので、じゃ、国が「性悪」な場合その「性悪」は外国に対してのみ向けられるものじゃないだろうと思って起こした連続ツイートです。(すでに他にまとめてくださっている方がいるけど、自分のためにまとめました)
8
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

①「人はほっとけば悪事を働く」という基本的な考えを「性悪説」という。その性悪説に立って、軍事的抑止を正当化するツイートが今朝方回ってきた。つまり、警察に相当する実力組織が「国」の行動に対しては存在しないので、国際関係は事実上無法状態だという考えにこの話は立っていた。

2015-09-28 15:03:45
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

②国際関係は無法状態だという考え方は国際政治学者に多く見られるもので、無法状態のパワーバランスのありかたを論じる学問としてその観点はありだと僕も思っている。無法状態の国際関係で性悪説に立つと、国はほっとけば隣国を侵略するものだから抑止力は必要だというのがそのツイートの論旨だった。

2015-09-28 15:03:52
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

③話をちょっとだけ日本国憲法に振れば、日本国憲法は国連軍を想定してそこに警察権力を預けて日本は戦力を放棄しようとするものだった。今でも国連にある程度の力はあるし、各国は条約で結ばれてるし、国際法もあるから、完全な無法状態じゃないけど、性悪説を採るならたしかに危機はゼロではない。

2015-09-28 15:03:59
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

④警察のいない無法状態の国際世界を想定して「性悪説」から抑止力の必要性を論じたツイート自体に僕は異論はない。ただ、性悪説を言うんなら外向きだけじゃなく、内向きのことも言うべきだろうというのがそのツイートを見たときの僕の感想だった。つまり性悪説に立てば国は国民に対しても悪事を働く。

2015-09-28 15:04:12
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

⑤性悪説に立てば、国家はほっとけば隣国を侵略し、国民を奴隷化する。他国が侵略を夢見るなら抑止力は必要だ。そして国が自国民の奴隷化を夢見るなら、国民は国家に対して抑止力を持たなければならない。ただ、国は軍備を持てるけど、日本では国民が武装して国に対する抑止力を持つことはできない。

2015-09-28 15:04:19
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

⑥国民が国に対して武装するのを許す国があるかというと、実はある。アメリカ合衆国がそれ。米国にとって銃規制が憲法マターなのはそのためで、だから米国は国民の「武装解除」ができないでいる。この米国憲法の成り立ちが端的に示しているのは、米国では「性悪説」を国家に対して採っていること。

2015-09-28 15:04:26
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

⑦でも僕は国民が武装する社会がいいとは思わない。米国の場合は、憲法で国民が武装することを保証しているために、国家が国民に向ける武力も強力かつ大量で、武装した市民がお互いを武器で傷つけ合う事件も後を絶たない。武器のない社会の方が安心だけど、国民の国家に対する抑止力は弱い。

2015-09-28 15:04:35
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic

⑧国民に武装を許さない日本で、国民が国家に対して持ちうる抑止力は憲法で、憲法が尊重されるという前提で国民は国家に税金も払い、政治家に政治権力を与えている。国家が憲法を無視するそぶりを見せたとき、武装を許されない国民に何ができるかは対外抑止論を言う人も考えておくべきだと思う。

2015-09-28 15:04:45

コメント

言葉使い @tennteke 2015年9月28日
日本国民の国家への抑止力は、選挙でしょう。日本国が国民に、選挙の妨害をしたことはあるの?
16
言葉使い @tennteke 2015年9月28日
国が国民に対して、じゃないの?>>国民が国に対して武装するのを許す国
3
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic 2015年9月28日
tennteke 選挙権も憲法によって保証されているという意味で「憲法」の枠内です。
0
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic 2015年9月28日
tennteke アメリカ合衆国憲法修正第2条は、国民に武器の携行の権利を保証しています。憲法は言うまでもなく公権力の横暴から国民を守るためのものですから、その意味で合衆国憲法修正2条は国民に国家に対する武装蜂起の権利を保証していると言えます。
0
言葉使い @tennteke 2015年9月28日
reservologic 「国民が国に対して武装するのを許す国」と書いておられるのですが、〝国民が〟国に対して武装するのを許すと、〝国民が国に対して〟武装を許すと、二通りの解釈ができますね。
3
言葉使い @tennteke 2015年9月28日
あと国民が国から武装を許されている国って、スイス?
2
kaz hagiwara(萩原 一彦) @reservologic 2015年9月28日
tennteke そこ、分かりにくかったですね。急いで書いたツイートだから気が付かなかった。
0
竹永@2 @takenaga51 2015年9月28日
つまりアメリカは「国家が暴走しないように監視する目的」で銃所持を国民に認めている国なわけね。いざとなったら武装蜂起も認めている、と。
2
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2015年9月28日
法治国家なのに国家統治に対して武力で対抗するとか、どこの土人国家だよ? 米国の銃はある意味「個人の安全は個人で守る」という「自己責任」の権利の行使としてのものだが?
12
Hoehoe @baisetusai 2015年9月28日
別に今はじめて発見された概念ではないと思うし、すでに司法の独立だとか、暴走を抑止する機構は織り込まれているはずでは
5
プレーンビスケット@タウイタウイ泊地 @plain_bis 2015年9月28日
「抵抗権」のありやなしや、という話だと思うけど、ヨーロッパのような市民革命やアメリカのような独立運動がついぞなかったこの国で、抵抗権って言われてもピンとこないなぁ。 中国のように易姓革命があったから馴染むのかな
2
時計じかけのミカン @mkn_inv 2015年9月28日
国家が国民を奴隷化するかどうかは政治体制の問題で、性悪説云々とは直接関係ない。それに主権在民の民主国家にとっての憲法は、国家というハードを動かす一種のソフトウェアであって、国民の意志で制定され自由に変えられるという前提が、日本では抜けている。
11
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年9月28日
アメリカの「国民の抵抗権を担保するための国民側の武力保有」と言うのは一つの考え方として認めざるを得ないんじゃないかなあ。選挙を無視する政治勢力が現れた場合、選挙結果を強制する手段は最終的には武力しかないわけだし
1
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年9月28日
ただ、マスケット銃の時代と違って、少数のエリートが巨大な武力を行使できる時代にあっては、アメリカ建国当時の考え方が意味あるのかという点はある
2
イエーガー@狩猟準備中 @Jaeger75 2015年9月29日
Dam_midorikawa まぁ、その点を補填するのが"州兵"だったりもしたと思いますが、あとアメリカは南北戦争の教訓から「国内では正規軍の武力行使を認めない」って条文があるんじゃなかったっけ?(うろおぼえに付き先に謝罪しとく)
0
影夢櫻 @keinozi 2015年9月29日
國(政體)に對しての抵抗が必要ならば、曾て德川幕府にさうしたやうに朝廷の元に集へば良し。明治憲法の下でも平等選擧は成立し得るから所謂國民による政體を再建する事は可能だらう。朝廷の敵に廻るのは權威の正統性を失ふ爲、朝廷から任命せらる總理大臣が率ゐる内閣は朝廷に對して矛を收めるしかない筈である。
0
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年9月29日
>朝廷の敵に廻るのは權威の正統性を失ふ:最終的なよりどころとして「伝統的権威をもつ皇室」に頼って藩閥乱立状態を回避して国家統合を果たそう、てのが旧憲法だったが、これはもう死んだ子だし。代わりに「世界最大の武力と文明力を持つ国家を最終的なよりどころにする」という憲法になったわけで
2
ケイ @qquq3gf9k 2015年9月29日
性悪説に立つならシールズの様な反対運動をやっている組織も悪であると考えられるので国民の負託を受けていない組織の悪よりも負託を受けた悪の方がまだマシであると考えます。
8
九十九 @hakqq 2015年9月29日
どこで何の与太吹き込まれたのかは知らんが、米市民が統制された民兵を持つのは外敵に対するためであって革命権のためではない
6
s.j. @uo_kawa 2015年9月29日
一般的に憲法というのは、その国の歴史、伝統、文化を反映しています(日本以外)。なので、当然米国の修正二条を理解するには米国史の理解が不可欠です。当初の修正二条の解釈は、州政府の武装権を保障して連邦政府の圧政を抑止しようという物で、武装は人民の権利との解釈が出てくるのは南北戦争以後の事です(修正十四条待ち)。ちなみに、米の武装権の源流は英国になります。故に、彼らの歴史を知らないと米の武装権の理解は難しいと思います。日本と歴史が全然違うので。
0
センチネル @gundoll9 2015年9月29日
んー…なんかこの性悪説の使われ方はモヤっとする……。そういう意味でいいんだっけこれ……。
11
オペル・シグナム @StrikerS_Signum 2015年9月29日
性善説と性悪説の二元による単純な思考で成り立っている世界情勢なのかよ。あほくさ。各国が武力を整えるのは、性善説とか性悪説とか全く関係無しに、最悪の自体を想定しているから。  ・・・まあどんだけ説明しても、自説こそが唯一真実と思い込んでる人には何を言っても無駄だろうね。
1
お茶屋ざむざ @teashop_zmz 2015年9月29日
利己利他じゃなかったっけ?性善説と性悪説って。ついでに日本国憲法が国連の存在を元にしたと言っても両方とも同年に出来た物だし連合の前の連盟は名前だけの張りぼてだったから本気で国連を元にしたとは考えにくい。ぶっちゃけて言うとアメリカに守って貰うことを想定する方が自然だろうと思う。
2
xtreme @kekeke7 2015年9月29日
reservologic 憲法と言っても様々なファクターがあり、何も今回は国が選挙を歪めるような行為は何一つしていないよ。何でもかんでも一緒くたにしてはいけない
2
xtreme @kekeke7 2015年9月29日
reservologic 別にアメリカも「国民が国家に対抗するため」の武器使用など認めてないよ。単なる一般的な護身として容認しているだけの話。
2
xtreme @kekeke7 2015年9月29日
そもそも法律が存在し、国民や国家の行動を規制している現実こそが「性悪説の正当性」を証明している。みな善人なら法律など不要なのねw
1
トレ @tolerance_18 2015年9月29日
荀子の性悪説だと人を善にするのは「師法の化、礼義の道」(正しい指導者の教えと礼儀による導き)で法律や武力には言及してないんで、「いわゆる性悪説」の話ですかね。
0
センチネル @gundoll9 2015年9月29日
「性悪説に立てば国は国民に対しても悪事を働く」「性悪説に立てば、国家はほっとけば隣国を侵略し、国民を奴隷化する」……これはたぶん例示の出し方間違えてると思う。性悪説はこういう文脈で使われるもんじゃないはず。
2
センチネル @gundoll9 2015年9月29日
性悪説は人間本来の性(さが)が未熟であり、悪事も行う本性を持っているが、そこからいかにして道徳的な人間として導かれる得るかというもので、本来は醜い性質でしかない人間という存在ではあるが、後天的な教育・感化によって人は善くなり得るのだ、というものを説いたはず。つまり性善説(先天的に無垢な存在だが放置すれば悪に染まる性質)へのアンチーゼ。言葉の上っ面のイメージだけで使ってるんではないだろうか……?(解釈間違ってたらすいません)
2
センチネル @gundoll9 2015年9月29日
だから性善説に立とうが、性悪説に立とうが、「人間とは教育によって善くも悪くもなる」という本質は両論ぶれてないわけで、「~に立てば」は意味がない対比じゃないの。この手の論議に向く例示じゃないと思う。性善説に立ったところで、人は堕落する可能性があるのだ、という意味で等しく法で制御されなきゃ意味がない。違うだろうか。
2
センチネル @gundoll9 2015年9月29日
なので「人は放っておいたら悪事を働く」のは性善説に立っても、性悪説に立っても成り立つ。このまとめの大前提が間違ってる気がする。
3
言葉使い @tennteke 2015年9月29日
米国で州兵と国軍が対峙したことは、何度かあったよね?
0
Hoehoe @baisetusai 2015年9月29日
人の性質が悪であるなら、それを善導する聖人が産まれるはずが無いので教育が成り立つはずも無い
0
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2015年9月29日
tennteke 個人の権利と国家との対立や地方自治と国家との対立という概念と、それを目的としての権利とは異なると思いますが?
0
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2015年9月29日
tennteke 米国の概念は州という独立国家に近い地方自治体を上位の連邦政府が束ねているものであり、州兵は地方自治としての独立性のための軍に相当します。つまり州兵と合衆国政府国軍との対立は国家と地方自治の対立でしかなく州兵の行動は権利としてではなく、単なる道具に過ぎません。
0
言葉使い @tennteke 2015年9月29日
jigen_the3 リトルロック高校事件は、最初は黒人の登校を阻止するために州兵が動員され、その後国軍と対峙しましたんで、個人の権利を制限するための動員とその延長なので、逆もあるんじゃないかなぁと思いました。
0
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2015年9月29日
tennteke だからそれは結果論であって、それを目的として州兵が存在しているわけじゃないでしょ?
0
言葉使い @tennteke 2015年9月29日
jigen_the3 州兵というのが州の市民の権利を守るためにあって、この例だと国の「黒人を入学させろ」 vs「白人の権利を守る」で、地方自治とは市民の権利を守ることも入っているのではないのですか?
0
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2015年9月29日
tennteke だからこの場合、州兵は単なる道具に過ぎず、黒人云々の対立の構図の問題とは直接的な関係は無いですよね?
0
言葉使い @tennteke 2015年9月29日
jigen_the3 州兵は命令されて出動したのであって、自発的に武器を取って集まったわけではないということですね…それも違ったらすいませんが、なるほど。
0
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2015年9月29日
tennteke 州兵の存在目的が(独立精神による)外敵に対する備えであって(外敵が内部に存在する場合も当然としてありうるが)、時に連邦政府が外敵にあたる場合が存在するとしても、最初から連邦政府を外敵と規定している訳ではないでしょ?
1
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2015年9月29日
tennteke ちなみに、州兵が連邦政府を外敵と規定しうる場合の例としては、再び南北戦争が起こりえるような場合や特定の州(複数の場合もある)が連邦政府に対して独立戦争を始めたような場合は当然として起こり得るが、現在のところその様な状況は想定しにくいと思います。
0
古川 賢太郎 @Kenta6 2015年9月29日
原始社会で人が他者を攻撃し殺していたというのは事実だし、歴史上でも確認できること。この「コミュニティー内部の殺し合い」を抑止するために”個人を武装解除”=”非人格的なコミュニティー=国家が武装を独占」したのが国家の期待されている役割である。その国家を代表する国王や皇帝、あるいは高級官僚や貴族といったものが国家が独占する武装を横領することに対する解の一つが「普通選挙」による民主制。
1
大言壮語 @burado1 2015年9月29日
民主主義においては、権力者は『選挙で落ちる』と囁かれればあっという間に膝を折る。選挙は良いぞ。
1
游鯤 @yusparkersp 2015年9月29日
性悪説に立つと国は隣国を侵略しようとする?いやー、違うでしょ?何らかの経済合理性がないと侵略なんかしませんよ。それも無しに戦争を始めるだなんて、性悪説じゃなくて頭悪説でしょw
8
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年9月30日
「日本国憲法は国連軍を想定してそこに警察権力を預けて日本は戦力を放棄しようとするものだった」。んなわきゃない。日本国憲法九条は日米同盟とセットで初めて機能する前提だった。つか、同じ敗戦国であるドイツ、イタリア、戦後に建国された中国や韓国の憲法に適用されていない理由の説明がつかんだろ
4
鬼滅の(便乗)社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2015年9月30日
国家は人間でないので善も悪も性のないのだが・・・箱は放置しておいてもただの箱だ・・・なんでも擬人化とか馬鹿じゃないのか?
1
鬼滅の(便乗)社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2015年9月30日
戦争とは政治以外の手段で行なう政治の延長である・・・目的のない戦争なんて起きないんだよ。ほっていても勝手に戦争になる訳でなく、必要があると判断されたから戦争になる・・・・
3
鬼滅の(便乗)社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2015年9月30日
あとな・・・例えば警察がデモを弾圧したとして国家は酷いことをしたと考える奴がいる一方で、治安を守った警察はよい仕事をした。無法者は全員ムショにぶち込めばいいんだと考える奴もいる。彼にとってその国は国民の平穏と安全を守るよい国なのだ
3
センチネル @gundoll9 2015年9月30日
むしろこれまで「安全保障は票にならない」と言われてたのになぁっていう感じ。だからこそこれまでなぁなぁで放置されていた、とも言える。
0
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2015年9月30日
武力が存在すれば、その悪用を企む連中が出てくるのは当然なんだけど、武力が存在しなければ、別の武力によって支配しようとする連中が出てくる。コントロールしやすい方の武力を政治の力でコントロールすればいい。(コントロールしにくい方の武力をコントロールできるなら、してもいいのよ。それはそれで下衆な行為だけど)
0