『山月記』の李徴はなぜ虎になったのか

「李徴は反省しているようで実はあまり反省していない」から始まった山月記についての対話
218
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

最近「山月記」についていろいろ考えてるんだけど、李徴は反省が足りないね。 僕らTwitterユーザみたいな奴だね彼は。

2015-10-01 12:50:47
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

「山月記」は「最後まで反省が足りない人」を書いた残酷な話なんだよね。「表現」という制度の限界を書いた「表現」ということもできる。 中島敦はブッキッシュな文学者だけど、その立ち位置はじつは文学の外だったんだなーとわかる。

2015-10-01 13:37:26
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

「山月記」の李徴は「俺のやってたロックって、ロックじゃない世間を見下してるつもりで、ほんとは自分が世間を怖がってることを直視できないただの自己欺瞞だったんだ」って懺悔した舌の根も乾かぬうちに「それでは最後に1曲、聴いてください」と言う! ホントに反省した奴の言うことじゃねーよ!w

2015-10-01 13:48:45
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

これを暴き立てちゃう残酷な中島敦の想定する着地点は、もう文学の完全に向こう側なんだよね。それを古典の再話という形でやっちゃうという手の込んだ仕事。しびれる。憧れるゥ。

2015-10-01 13:56:31
glpn @glpn

いや、あれがよくない?こう、「それでも俺にはロックしか、いや、俺がロックだと思っていたものしかないんだ…」みたいなさあ。で、聞いてる袁も「確かにうまいんだけど、なんか微妙…」って思うところもさあ。

2015-10-01 14:50:18
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

はい。李徴のそれがイイってのは「山月記」の「文学」のよさ、袁傪が「テクはある…でもなんか足りねえ」と思うのがイイってのは「山月記」の「文学の外」のよさで、前者の「よさの力」が後者の「よさの力」につい押し流されるのが好きなんです。 twitter.com/glpn/status/64…

2015-10-01 15:06:01
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

李徴がいくら自嘲しようと、というか自嘲すればするほど、言表内容とは逆に言いわけがましさが目に立つ。「俺は自分のダメさをわかってるんだ」って言えば言うほど、言表内容とは逆に、虎として黙ってないでそれを言明する行為が自己正当化に見えてくる。僕らTwitterユーザに似てる。←俺も黙れ

2015-10-01 15:11:24
春原広規提督 @snhrSK0

『山月記』における李徴の推測の「変身の理由」は大きく三部構成となっている。最初は「理由も分らずに押付けられたものを大人しく受取って、理由も分らずに生きて行くのが、我々生きもののさだめだ。」と述べる。次に「臆病な自尊心と、尊大な羞恥心」と述べる、続

2015-10-01 14:43:29
春原広規提督 @snhrSK0

続、最後に「飢え凍えようとする妻子のことよりも、己の乏しい詩業の方を気にかけているような男だから」と述べる。李徴は何故2度も主張を翻したのか、この作品の構造を無視してひとつの主張にのみ焦点を当てることこそが「狼疾」に近くあるまいか

2015-10-01 14:46:43
アベトラ神 @saavedra8902

李徴は己の内面を見つめすぎて深淵に呑まれて行ってる感がある。「自嘲癖」があるのは頭が良くて繊細だから自分のダメなところが見えすぎるからのような

2015-10-01 15:05:15
春原広規提督 @snhrSK0

李徴には、ホントに自嘲癖があったのかな? から疑って読むくらいでいこうよ! 近代文学だよ!! ネチネチしようよ!!

2015-10-01 15:19:21
春原広規提督 @snhrSK0

李徴の作品にはホントに欠けるところがあったんですか?! あの漢詩のどこに欠けるところがあったんですか?! ホントに李徴は後世に残る価値のない作家だったんかな?! なんで詩作の才まである官吏の袁傪にすらそれは言い表せないと言わしめたのかな?!

2015-10-01 15:21:27
春原広規提督 @snhrSK0

『山月記』におけるひとつの謎のひとつが「何故人間失格だからといって、中国大陸では神にも等しいような、神聖な虎という獣になったのか」という点であり、そこについては「ゲジゲジあたりになっとけよ」とつっこんでる論文もある

2015-10-01 15:26:05
春原広規提督 @snhrSK0

重ねて言うと「虎」はその文様が文字にも見えることから「言葉や文字の化身」とする説もあり、それを採用すると「虎への変身」は「李徴への祝福である」という見方もある

2015-10-01 15:27:18
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

「文学の中」での流儀で読むのならば、おっしゃるのがまったく正しいと思います。 「文学の外」から見ると、そういう流儀自体が「文学」にすがる人を慰撫するお作法に見えるものなのです。すがらない者は馬鹿で単純で残酷なんです。 twitter.com/snhrSK0/status…

2015-10-01 15:26:23
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

僕は「山月記」の残酷さは、李徴の作品がホントに後世に残りうる傑作だったとしても成立するからますます残酷だと考えています。 twitter.com/snhrSK0/status…

2015-10-01 15:26:27
春原広規提督 @snhrSK0

その場合、「親友」袁傪による語りだと思われる「この作品物足りないんだよなぁー」という晒しあげの話になるわけで、ものすごいことになるね

2015-10-01 15:33:07
春原広規提督 @snhrSK0

「李徴は何故、変身したものが虎だったのか」に対する身も蓋もない回答No.1は、元ネタの『人虎伝』が虎になる話だから、だなぁ

2015-10-01 15:34:36
春原広規提督 @snhrSK0

『山月記』は文学的にも教育学的にも様々論文があるから、是非教科書的な答えだけではなく、そういう目でも見てみてほしい

2015-10-01 15:36:17
春原広規提督 @snhrSK0

李徴については「衣食に困る妻子のために夢を屈して再び官吏に戻るという、心弱き青年でもあり、その優しさと甘さこそが命取りであったのだ」という説もあり、個人的にはその優しい李徴への視線がとても好きなんです twitter.com/chinoboshka/st…

2015-10-01 15:44:16
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

おっしゃるとおり、作品の語り手は李徴にたいしてもちろん単純に否定的ではありません。じゅうぶんにいたわっていると思います。そこ、結構じんわりきますよね。短くてきっぱりした文章の作品だけど、味わいが込み入ってます。 twitter.com/snhrSK0/status…

2015-10-01 15:48:37
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

なるほど勉強になる。「李徴作品がホントに残念なのかどうか」を問題にするのは文学青年らしい問いだなあ。「それが傑作だったら李徴は詩神に祝福された悲劇の英雄かもしれない(だって虎ってカッコイイじゃん)」って考えること自体が「文学青年」のロマンだし、文学研究にも大義を与える感じだ。

2015-10-01 15:39:58
千野 帽子『物語は人生を救うのか』ちくまプリマー新書 @chinoboshka

文学研究者には文学青年出身の人が多い(僕は若いころこれが意外だった)から、「文学作品中で文学が取り上げられたら文学を擁護するメッセージとして受け取りたい」というバイアスがあるように思います。

2015-10-01 15:44:27
春原広規提督 @snhrSK0

李徴への同情は文学青年の感傷だといわれたら否定しにくいが、袁傪への視線も意識しなければ

2015-10-01 15:52:18

コメント

はやまさんじゅうろう @totoronoki 2015年10月2日
変身するなら「ウンゲツィーファー」より虎の方が良いよねえ。3分しか保たない宇宙人とか、最近はめっきりバイクに乗らなくなったライダーとかもあるけどさ。
0
進士助平 @tamacoropon 2015年10月2日
回避的な自己愛者って感じなんやろか
0
奥山犛牛 @bogyu 2015年10月2日
臆病な自尊心と尊大な羞恥心を克服するのはそりゃ容易ではないけど、自分の中にそういうものがあることに気づくだけでも人生違ってくる。最近の教科書にこの作品が載ってるのは良いことだと思う。
13
気晴らし @Kibarasi1 2015年10月2日
山月記最近読んでないからよく覚えてないけど、高校のときは虎になったのは「性狷介にして、自らたのむところすこぶる厚く、賤吏に甘んずるを潔しとせず」を性格として残しているからだと解釈してたような。ゲジゲジのなったら李徴要素が薄まる。ただでさえ自虐的にはしなければならないのだから。 でも虎になると人を食ったり乱暴をするので、動物になってまで人に迷惑かけんなし、とは思う。変身するなら自己完結的にやってくれと。ヤバいと思ったら死を選べと。
3
深井龍一郎 @rfukai 2015年10月2日
人が虎に変じるというビジュアルイメージに魅力を感じたからこそ作者は物語を紡いだし、読者は後世まで語り継ごうと考えたのではないのか。
3
!にゃん @bibibikkuri 2015年10月2日
なんか中国に人に化ける虎の妖怪とかいたしそれが元ネタなんじゃね
1
きゃっつ(Kats)⊿11/25日向坂ツアー広島 @grayengineer 2015年10月2日
もしかしたら太宰治のことを描いているんだったりして…
6
百舌鳥男 @shrikman 2015年10月2日
確かに虎は良いイメージであるのだろうなー
0
kkitmur @kkitmur 2015年10月2日
僕は、獣になることを選んだのは他ならぬ李徴本人であり、だからこそ虎の姿を選んだのだと思いますね。自身の選択が必ずしも自身の為したいことを表さず、それに囚われ続けている。みたいな
2
神尾裕太@JSPゴシック/14pt @kamioyou_ta 2015年10月2日
別の所で書いたけど、過ったエゴの行き着く先のひとつは獣――というよりけだものになる――になることじゃないかと感じる。ホラーの最終的な「人間がいちばん怖い」というような、人道とか倫理とか常識とか、意図して踏み外した瞬間に、それは人間の皮を被った怪物になる、ようなことを『山月記』の最後で考えるわけです。仮説ですけど。
2
マスクドとくがわ(継続中) @psymaris 2015年10月2日
「山月記」を読んで鬱になったら「名人伝」を読んでみる。ほぼ少年ジャンプの世界が展開されている。なんだけど最後まで読むと…
4
コーリー(贋) @boguscorey 2015年10月2日
中島敦の著作群って自己や事故が理想とする小説家像を随所に投影しているものが多いと思います。 ほぼ私小説の「斗南先生」から【過去帳】へと繋がり「狼疾記」を読めば『虎になった詩人に挫折した男』への眼差しは自然なものではないかと。
2
コーリー(贋) @boguscorey 2015年10月2日
そして、喘息を持ちつつ、療養と収入の為に南洋に渡ったはずの彼がスティーブンソンに自己を投影しつつ「光と風と夢」を書く。 確か彼は「学生結婚(相手は学生ではないが)」であり、そのことも有って高校教員になったはず。 その辺も踏まえていくと面白いなあと
0
Hiroshi Kasai @heron64 2015年10月2日
山月記のネットでの人気ぶりって、やはり自意識の問題についての物語だからなのかな。確かに色々突き付けられる感はある
3
Kawai_Yusuke @fiddler_K 2015年10月3日
草子ブックガイドで「名人伝」と対比したりしてて、それも好きだな
0
いりす @iris_taske 2015年10月3日
山月記とあってはお気に入りにせざるをえないw
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年10月3日
...バターになるため(ぼそ
1
さたびー@ちえりすと @satavy 2015年10月3日
今水滸伝読んでるので武松筆頭にしょっちゅう狩られている虎を見てると、良いイメージだけの生きものではないんだよなぁとは思う。
1
没可把 @mokkaha 2015年10月3日
今も昔も、文学青年三種の神器ですよ。堀辰雄、梶井基次郎、中島敦。簡単な解釈を許さない。
0
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年10月4日
興味深い話だ。『山月記』を読み返してみたくなった。
0
暗之云 @kawadaXzo 2015年10月5日
よく読むと、実は「虎の姿」と「言葉」とが同時に描かれている場面は無い。なので「そもそも虎に変身したというのが嘘。飼いならした虎を操っていただけで、本人は藪の中に潜んでいた」という解釈も可能だし、
1
暗之云 @kawadaXzo 2015年10月5日
もっと真面目に言うなら、発話者と言葉との遊離、あるいは作者と作品との分離だとか、『文字禍』を引っ張ってきてシニフィアンとシニフィエの問題として掘り下げることもできる
1
frisky @friskymonpetit 2017年2月10日
中島敦と言えば山月記がよく引き合いに出されるけど、わたくしは斗南先生が好きだな。斗南先生は愛の物語。
1
ufo_cat_games @ufo_cat_games 2020年2月15日
ある朝李徴が不安な夢からふと覚めてみると、ベッドのなかで自分の姿が一匹のとてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついた。
1