福島県の甲状腺検査の1巡目と2巡目の結果を比較する

まとめました。
61

その1:玄妙さん(@drsteppenwolf )がご紹介くださった北国新聞の記事から(金沢大学学際科学実験センターの柴 和弘教授が放射線全般の知識と合わせて福島県の甲状腺検査の結果を解説)

二十人のろの夢 @drsteppenwolf

1面全面カラー使ってんだけど、どっかで聞いたことのあるようなタイトル… →「いちから聞きたい放射線のほんとう VOL.2」(北國新聞2015年9月20日朝刊) pic.twitter.com/QDe1kbGRDG

2015-09-27 09:36:42
拡大
二十人のろの夢 @drsteppenwolf

で、すごく気になったのがこの部分。 「2012年度で14万人中56人、2014年度で11.5万人中7人と少なくなっています。」 →「いちから聞きたい放射線のほんとう VOL.2」(北國新聞2015年9月20日朝刊) pic.twitter.com/2ApHkmAjR4

2015-09-27 09:42:42
拡大

1巡目の検査が2012年度、2巡目が2014年度に行われた地域と言えば、中通りの北部と中部(福島市、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、国見町、桑折町、天栄村、白河市、西郷村、泉崎村、三春町)が該当します。
2015年3月31日現在の二次検査結果はこのファイルhttp://bit.ly/1RzoSs3 のp. (3)-35、2015年6月30日現在の二次検査結果はこのファイルhttp://bit.ly/1HYJUjH のp.(2)-35で見ることができます。
2014年度の甲状腺検査日程表http://bit.ly/1NpnGIY によれば、福島市の2巡目の一次検査は2014年6月下旬に始まり、三春町の2巡目の一次検査は2015年3月下旬に終わっています。

二十人のろの夢 @drsteppenwolf

【苦言】2014年度で11.5万人中7人は、2015年3月末(2015年5月18日発表)のデータである。2015年6月末のデータ(2015年8月31日発表)では、12人と増加している。説明を行う責任ある立場の人は、絶えず情報をアップデートしていただきたいものだ。

2015-09-27 09:51:55

ともあれ2012年度の1巡目が14万人中56人ですから、2014年度の2巡目が11.5万人中7人が12人まで増えたと言っても1巡目に比べて減っていることは明らかです。他の地域についても、2巡目の結果がある程度出揃った所でこうした形で1巡目との比較を行ってみるといいと思います。というわけで試しにやってみました↓

nao @parasite2006

福島県の甲状腺検査結果(2015年6月30日現在)の1巡目と2巡目を比較してみました。まだ2巡目の一次検査が進行中の地域もありますが、同じ地域の2巡目の悪性+悪性疑いの件数は1巡目より小さいことにご注目ください。 pic.twitter.com/SpC1EfuPNX

2015-10-09 17:07:58
拡大

(2015年11月30日公表の2巡目の最新版結果=2015年9月30日現在を入れた改訂版をご覧下さい)

nao @parasite2006

福島県の甲状腺検査結果の1巡目と2巡目を比較してみました。2巡目結果は2015年9月30日現在(2015年11月30日公開)。同じ地域の2巡目の悪性+悪性疑いの件数は1巡目より小さいことにご注目ください pic.twitter.com/pNbTBGuSqU

2015-12-01 01:37:36
拡大

2015年6月30日から9月30日までの3ヶ月間の変化
1次検査受検率
平成26年度1次検査実施地域:66.8%→70.5%
地域(1)(1巡目を平成23年度実施):63.3%→66.6%
地域(2)-(5)(1巡目を平成24年度実施):70.4%→71.7%
平成27年度1次検査実施地域=地域(6)-(9):12.6%→28.7%
悪性+悪性疑い人数
地域(1)(1巡目を平成23年度実施):13→15
地域(2)-(5)(1巡目を平成24年度実施):12→23
地域(6)-(9)(1巡目を平成25年度実施):0→1

二十人のろの夢 @drsteppenwolf

細かいとこに苦言を呈したけど、内容は穏当なものだ。こういう専門家の啓蒙はもっと全国的に行うべきだと思う。 →「いちから聞きたい放射線のほんとう VOL.2」(北國新聞2015年9月20日朝刊) pic.twitter.com/XMNDiC9OU1

2015-09-27 10:00:20
拡大

(↑全文をご紹介したくて北国新聞デジタル版を探しましたが、残念ながら紙版限定の記事だったようで見つかりませんでした)

(さらに2016年2月15日公表の2巡目の最新版結果=2015年12月31日現在を入れた改訂版を作りました)

nao @parasite2006

福島県の甲状腺検査結果の1巡目と2巡目を比較。2巡目結果は2015年12月31日現在(2016年2月15日公開)。地域(1)(1次検査平成23年度実施)の悪性+悪性疑いが1巡目を1人超えたものの、総数は1巡目の約半分。 pic.twitter.com/wpYpf3aKhy

2016-02-15 22:40:37
拡大

2015年6月30日から9月30日、12月31日までの3ヶ月ごとの変化
1次検査受検率
平成26年度1次検査実施地域:66.8%→70.5%→71.7%
地域(1)(1巡目を平成23年度実施):63.3%→66.6%→68.2%
地域(2)-(5)(1巡目を平成24年度実施):70.4%→71.7%→72.8%
平成27年度1次検査実施地域=地域(6)-(9):12.6%→28.7%→49.3%
悪性+悪性疑い人数
地域(1)(1巡目を平成23年度実施):13→15→16
地域(2)-(5)(1巡目を平成24年度実施):12→23→29
地域(6)-(9)(1巡目を平成25年度実施):0→1→6

二十人のろの夢 @drsteppenwolf

【南相馬市と伊達市】 平成23年度の一次検査受診者21,394人で、悪性ないし悪性疑いは4人。 (1万人に1.9人) 平成26年度の一次検査受診者17,721人で、悪性ないし悪性疑いは11人。 (1万人に6.2人) 2巡目は1巡目より少なくなるとは言えない。

2016-02-15 22:37:40
二十人のろの夢 @drsteppenwolf

この甲状腺悉皆検査の受診率を高いままにしておけば、巡を重ねるても甲状腺癌は少なくはならない。

2016-02-15 22:43:57
二十人のろの夢 @drsteppenwolf

【提言】福島の甲状腺悉皆検査は18歳までとすべし。(これでかなり被害を少なくすることができる。)

2016-02-15 22:46:53

(伊達市と南相馬市以外のところはどんなんかなあと思って全市町村の比較表を作ってみました)

nao @parasite2006

福島県の甲状腺検査結果の1巡目と2巡目を市町村単位で比較する表を作ってみましたdl.dropboxusercontent.com/u/108609451/Fu… (1巡目の一次検査を平成25年度に実施した地域の2巡目一次検査の完了予定は2016年3月につき注意)

2016-02-18 06:21:30

(2016年6月6日、1巡目と2巡目のデータが改訂されましたので、表を2枚とも作り直しました)

nao @parasite2006

福島県の甲状腺検査結果の1巡目と2巡目を比較。2巡目結果は2016年3月31日現在(2016年6月6日公開)。地域(1)(1次検査平成23年度実施)の悪性+悪性疑いが1巡目を3人超えたものの、総数は1巡目の半分。 pic.twitter.com/agjMngwzQt

2016-06-06 16:00:55
拡大

2015年6月30日から9月30日、12月31日、2016年3月31日までの3ヶ月ごとの変化
1次検査受検率
平成26年度1次検査実施地域:66.8%→70.5%→71.7%→73.2%
地域(1)(1巡目を平成23年度実施):63.3%→66.6%→68.2%→69.7%
地域(2)-(5)(1巡目を平成24年度実施):70.4%→71.7%→72.8%→74.2%
平成27年度1次検査実施地域=地域(6)-(9):12.6%→28.7%→49.3%→66.3%
悪性+悪性疑い人数
地域(1)(1巡目を平成23年度実施):13→15→16→17
地域(2)-(5)(1巡目を平成24年度実施):12→23→29→31
地域(6)-(9)(1巡目を平成25年度実施):0→1→6→9

nao @parasite2006

福島県の甲状腺検査結果の1巡目と2巡目を市町村単位で比較する表を作ってみましたdl.dropboxusercontent.com/u/108609451/Fu… (2巡目の一次検査スケジュールは2016年3月31日に完了しているものの、二次検査結果確定にはまだもう少し時間がかかりそう)

2016-06-06 16:11:25
nao @parasite2006

福島県民健康調査の甲状腺検査の悪性/悪性疑いの年令別分布の1巡目と2巡目を上下に並べて比較してみました。事故時年齢を横軸にとると、放射線の影響がなければ検査が2年で1巡するたびに分布図は2歳ずつ左にずれていくはずです。 pic.twitter.com/sgnQKDOHf6

2016-06-06 23:52:34
拡大
残りを読む(161)

コメント

二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2015年10月16日
志村浩己先生(福島県立医科大学 医学部臨床検査医学講座)がいろいろ発表されています。 @parasite2006 @shun148
0
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2015年10月16日
FNAしなくてよい甲状腺結節とは? 甲状腺偶発腫瘍の頻度と内容(会議録) Author:志村 浩己(福島県立医科大学 医学部臨床検査医学講座) Source: 乳腺甲状腺超音波医学 (2187-2880)4巻2号 Page138(2015.04)
1
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2015年10月16日
新任検査部長に聴く 専門領域研究の紹介と今後の検査部運営への抱負 甲状腺超音波検査の進歩とこれからの発展 福島から一歩先の検査医学の発信を目指して(解説) Author:志村 浩己(福島県立医科大学 医学部臨床検査医学講座) Source: 臨床病理 (0047-1860)63巻3号 Page386-391(2015.03)
1
nao @parasite2006 2015年10月16日
drsteppenwolf 乳腺甲状腺超音波医学http://www.jabts.net/mag.html の4巻2号というのはひょっとして学術集会の抄録特集号でしょうか?どの年のも2号はオンライン公開されていないのですが。
0
nao @parasite2006 2015年10月18日
まとめ公開後の議論を追加しました。
0
nao @parasite2006 2015年10月18日
@nozo5cm_s さん、@hkemo1 さん、@hayano 先生、@drsteppenwolf さん、@kazooooya さん、どうも有難うございました。
0
nao @parasite2006 2015年10月18日
@sushikubo さんと@shun148 さんも貴重なご議論有難うございました。勉強になりました。
0
シュー @shu_n148 2015年11月2日
今日は京都で例の会が行われたんですね、
0
nao @parasite2006 2015年11月3日
shu_n148 同じ演者が同じ会場で聴衆を変えて11月18日に再演予定の模様です。「「原発ゼロ左京の会」第18回連続学習会」http://bit.ly/1M8UwZq
0
シュー @shu_n148 2015年11月3日
parasite2006 そういう団体系の人なんですね。ツイッターをみてても、内容について疑問に思わずに拡散している人も多いですしこまりますね。
0
nao @parasite2006 2015年11月3日
1カ所計算を間違えていましたので訂正を追記しました。@nozo5cm_s さん、ご指摘感謝いたします。
0
nao @parasite2006 2015年12月1日
2015年11月30日公表の2巡目の最新版結果を使用した1巡目と2巡目の比較結果を「その1」に追加しました。
0
nao @parasite2006 2016年2月5日
厄介なことに宗川・大倉解析が本 http://j.mp/1Nun9zG になった模様ですので関連ツイートを追加しました。
0
nao @parasite2006 2016年2月5日
@kazooooya さん、@monstar81053 さん、@drsteppenwolf さん、@hseino1 さん、どうもありがとうございました。
0
nao @parasite2006 2016年2月5日
Data parasite (人が取ったデータを勝手に使って解析すること)についての@monstar81053 さんとの議論を追加しました。ありがとうございました。
0
nao @parasite2006 2016年6月7日
2016年6月6日公表の2巡目の最新版結果(と1巡目の結果増補版)を使用した1巡目と2巡目の比較結果を「その1」に追加しました。チェルノブイリ事故の4-7年後のベラルーシとウクライナの小児甲状腺がんの年齢分布図も出しましたのでぜひ比較を。
0
nao @parasite2006 2016年6月12日
久しぶりに日本科学者会議京都支部のホームページhttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/jsa-k/ に行ってみたら、宗川吉汪氏が「原発事故による小児甲状腺がんの多発」と題して2016年6月12日午後大阪で講演する予定になっていました。公表の解析結果ファイルは2016年2月22日改訂が最新版で、2016年6月6日公表された最新版データはまだ入っていません。
0
nao @parasite2006 2017年2月2日
日本科学者会議京都支部のホームページhttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/jsa-k/ に公表の福島県民健康調査の甲状腺検査の解析結果ファイルの改訂は2016年2月22日で止まっているものの、大倉・宗川両氏は「日本の科学者」2016年7月号http://honnoizumi.shop-pro.jp/?pid=103194326 に解析の続報を掲載しています。
0
nao @parasite2006 2017年3月13日
2016年6月30日、9月30日、12月31日現在の2巡目の結果を使って1巡目との比較表を作り直し、まとめを更新しました。
0
nao @parasite2006 2017年3月14日
「1歳児の甲状腺被ばく線量の地域別推定値が高い地域でも2巡目の甲状腺癌発見率は上がっていない」を追加しました。
0
nao @parasite2006 2017年3月14日
@hseino1 さん、@kazooooya さん、どうもありがとうございました。
0
nao @parasite2006 2017年9月14日
遅ればせながら2017年3月31日現在の2巡目の結果を使った1巡目との比較表を追加し、まとめを更新しました。この時点で2巡目の悪性+疑い例数は71例で、1巡目115例(手術したら良性と判明した1例を除外)の61.7%にすぎません。
0
nao @parasite2006 2017年9月14日
2巡目の2次検査結果確定は夏休み中の検査結果が反映される2017年9月30日現在の集計結果が今年末に公表されるまで待たなければならないでしょうが、確定後に1巡目の例数を上回る悪性+疑い例数が出る可能性は非常に小さいと思います。
0
nao @parasite2006 2017年9月15日
福島県民健康調査の甲状腺検査の悪性/悪性疑いの1巡目と2巡目の年齢分布曲線を全く同じ縦横軸で比較できるよう、Excelでグラフを作り直してまとめに追加しました。
0
nao @parasite2006 2017年10月23日
2017年6月30日現在の2巡目の結果を使った1巡目との比較表を追加し、まとめを更新しました。この時点で2巡目の悪性+疑い例数は71例で、1巡目115例(手術したら良性と判明した1例を除外)の61.7%にすぎません。
0