ほしい本がそこにないのは「本屋さんに売る気がないから」(だけ)ではない件

読者の欲しい本の入荷が「ない」or「少ない」のは「本屋」ではなく「出版システム」の問題である場合もあり得るというお話。出版界の問屋「取次」による『配本』の話を軸にまとめてみました。
228

『コンビニたそがれ堂』や『カフェかもめ亭』シリーズなどの作品がある小説家の村山早紀さんによるツイートがきっかけ

村山早紀 Saki Murayama @nekoko24

「好きな書店さんがある場合、新刊は予約してね」とお願いする理由、前にも確かツイートしたので、耳たこかもですが。小さい書店さんの場合、新刊を並べたくても希望の数入らないことがあります。でもお客様から早い時期に予約があれば、その数は入荷します。だから、もし応援したいお店があれば、

2015-10-18 22:25:51
村山早紀 Saki Murayama @nekoko24

続)好きなお店があれば、早めに新刊は予約してあげてほしいのです。私の本に限らず。そしてね、あなたのした一冊の予約が、そのときの笑顔が、そのお店の書店員さんの心を明るくしたり、元気づけたりするかもしれません。本が売れない時代ですからね。そして書店にいるのは本が好きな人たちですから。

2015-10-18 22:30:59
村山早紀 Saki Murayama @nekoko24

もうね、自分の好きな本や推してる作家の本を買っていくお客様がいたとき、自分がたまたまそのレジにいたときの、書店員さんたちのどきどきとか喜びとか、私そんな話、よくきいてるから。なんかね、泣けるんだよね(・_・、)

2015-10-18 22:38:59
村山早紀 Saki Murayama @nekoko24

「近所の書店に話題の本がなかった、売る気がないんだろう」、みたいなツイートを見かけるときがあって。それたぶん、その本屋さん、売りたくても配本なかったんじゃないかなあ、なんて想像しちゃって、切なくなるんですよね。本はね、すべての本屋さんに売りたいだけ配本されるものではないんですよ。

2015-10-18 22:53:41
村山早紀 Saki Murayama @nekoko24

ああ、それと。ネット書店さんも私は嫌いじゃないですよ( ´ ▽ ` )ノ 某書店さんの中の人に読者さんがいらしたことがあって、Twitterでやりとりしたりとか。楽しかったなあ。ただ、今現在きついのはリアル書店さんかなと思うので、リアル書店さんを応援することが多いですね。

2015-10-18 22:57:09
出版物の流れ
積読書店員ふぃぶりお @fiblio2011

村山早紀先生 @nekoko24 のツイートを見てて、出版社→書店の流れをイメージされる方も少なくなさそうなので「出版物の流れ」を図式化してみました。あくまで物流の簡素な図式なので編集者校正者装丁家さん印刷会社等も欠かせない存在です pic.twitter.com/shTfgFNRir

2015-10-21 19:45:01
拡大
リンク www.1book.co.jp/ 本が書店に配本される形態は5つ 本が書店に配本される形態は5つあります。取次会社からの見計らい配本制や全国指定配本制、部分指定配本制、申込配本制、注文買切制です。これを出版ニュース社が刊行している『書籍出版のマーケティング(出版マー...

ツイートを見た人々の反応
東風 @kokamisako

@nekoko24 書籍に関係しない人間からすれば、「配本」っていう概念が思いつかないんですよね。 私も以前の先生のツイートで初めて知った者でして……。 そう呟いて頂けると、すごくありがたいです。

2015-10-18 23:40:56
盛 増 @morizoh_11

@nekoko24 はじめまして!私の欲しかった本はゲームの本で大型&高価な本だったので、「近所の本屋さんで買おう」って思ったんです。そのほうが本屋さんも儲かるんじゃないかと。そしたら「すみません、初版ウチに回ってきませんでした」って電話がきました・・・

2015-10-18 23:39:57
盛 増 @morizoh_11

@nekoko24 予約したのに何故?と、当時は「そんなわけあるかい」とも思ったんですけど、でもやっぱり街の本屋さんが無くなってほしくないのと、丁寧なお電話を下さったので、二版を待ち、そこで買いました。無事購入できました。(突然失礼しました!)

2015-10-18 23:41:45
aizawa @SADAtoSAKURA

@nekoko24 地方の書店には配本がなかったのに、たまたま東京の書店に行ったら平台に山積みって事あります!地方にも読者がいるんです!回してくださいと思ってました。働いてた書店も今はありませんが

2015-10-19 09:57:05
@satticoz

近所の本屋に無かった場合、売れてるからこんな小さなとこまで回ってこないんかなとか思ってたけど、、こういう事なんやね twitter.com/nekoko24/statu…

2015-10-19 12:32:11
Sana @lusanchoire

RTしたお話、ほんとだった。今日たまたま、小さめの本屋さんで最近出版された本を探してもらったら、「うちには配本されなかったみたいですね‥😣」って言われた。そこで注文しようか悩む私に対して、

2015-10-19 21:20:55
はるか@九州ねこだいすき @halshokoneko

知ってるけど、オタとしては1日も早く読みたいので(地方はただでさえ配本遅れるので)Amazonの世話になりますごめんなさい。注文して一週間、が待てないんだすまぬ…すまぬ…そもそも地方店に入荷しないマニアックな本が欲し(ry twitter.com/nekoko24/statu…

2015-10-19 17:13:24
tiharu ゜🐉 @sahara44sousaku

そうです、そして2巻目以降の配本数は1巻目が売れたか否かに左右されたりします… 売り上げは作品の存続も左右します…気になる本はできるだけ、できるだけでもいいから1巻目から買おう…! あとあと、村山先生の作品いろいろ素敵ですよ…! twitter.com/nekoko24/statu…

2015-10-19 17:48:25
U ・ェ・)っ● @soda153

あるあるある。都会の大手書店には平積みで、町の小さな本屋さんには配本がないっていうね。あれもうちょっと平均化して欲しいよね。

2015-10-20 12:55:39
「予約」の重要さと切なさに反応する声も
@dokusyobiyori

ご近所の書店、気になる文庫を探しに行っても見つからないことがほとんど。新刊でも入荷数が少ないのか。私の希望が特殊なのか!?(そんなことはない筈…💧)

2015-10-20 08:48:10
とがし ゆみこ @yumicomachi

@dokusyobiyori 柊さんおはようございます。お気に入りありがとうございます!本屋さんの件、ご参考になるかものリツイートをしてみました。よかったら御覧ください。

2015-10-20 08:59:57
@dokusyobiyori

@yumicomachi こんにちは!リツイート読ませて頂きました。配本数が得られないというのは切ないですね。未読の作家さんを新たに開拓しにくい状況と言えそうです。とはいえ、必ず欲しい本は予約するようにします!お知らせありがとうございます(*^^*)

2015-10-20 12:49:39
suzy @suzy_yyz

それはそれは大昔、まだ近所に個人商店の書店があったこと、店主のおっちゃんに発売1ヶ月前から「今度これ出るから入れといて」とお願いするも発売当日「こないだ言われたあれ初日配本むりだったごめんね」ってことが数度あったよ

2015-10-19 09:21:33
suzy @suzy_yyz

書店と仲良かったし急ぐもんでもないから「イーヨイーヨ買わずに待つからちゃんと取り置きしといてね」で済ませてたけど、あれ一見の書店だったらもう行かなくなっちゃってたかも

2015-10-19 09:22:32
残りを読む(48)

コメント

村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2015年10月21日
ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ お疲れさまでした!
1
亜印屋@Dark_Chaos @ajirusiya 2015年10月21日
町の本屋さんを宣伝塔に使って宣伝費を回せないものか……と思うのですが
0
taka @Vietnum 2015年10月21日
「好きな書店を応援するために、あなたからまず行動してね」とか「私たちの業界はこんなのだから理解してね」という商売は明らかにおかしいよ。それより業界全体でさっさと在庫管理システムなどを導入して、在庫の問い合わせから発送まで一週間もお客を待たせないようにするのが先だと思うの。「私たちは昔どおりのままだけど、お客さんたちの認識は改めね」っていう殿様商売はもう無理なんよ。
92
たけ爺 @take_ji 2015年10月21日
在庫管理をしたところで「需要>供給量(余りを出さない)」でコントロールしようとしている限り、『本が回らない』場所は必ず存在する。「全員に回る」様に機会を増やせ、という事は「余り本を増やせ」といっていることに他ならない。
40
M.S+. @mdsch23 2015年10月21日
紀伊國屋書店で新刊を予約して買った事があります。まず書誌データ登録がないとの事で出版社に電話で予約受けられるか確認しますと言われ、無事確認が取れた後で注文受けて貰えました。発売日には入手出来たかなと。読んでいると予約の扱いに違いがあるようですが、紀伊國屋書店のような確実な手配されたりはしないんですかねえとは読んでいて感じたところです。
3
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月21日
書店の配本希望数は、嘘言って大量入荷→返本する書店が多かったために、はるか昔に取次のほうが「参考意見程度に聞く」という方針にしてしまいました。
18
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2015年10月21日
むかしトーハンでバイトしたことがあって、そのとき初めて「書店がどの本を置くのかを決めているのではない」という事実を知ってすごくショックを受けたなぁ
3
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2015年10月21日
ぶっちゃけ、書店(有店舗型販売)のシステムをどう改善したところで、Amazonはじめとするネット販売には勝てないと思うんですよね。そりゃまあ瞬間物質転送機でも発明されれば別ですけど…
27
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2015年10月21日
mdsch23 あそこは独自流通でトーハンや日販は通してないですからね
3
後藤順一朗 @goto_jun 2015年10月21日
小さい書店のいきる道としては、オンデマドシステムによる販売店での印刷販売とかになってしまうのではないでしょうか。数万部印刷できる書籍ならいざ知らず数千部の書籍では日本中の書店に並べることは不可能で、そこは集中して売ることができる大型書店に配本しないと売れる機会も逃してしまう
5
いぬうさぎ @sms_skull4 2015年10月21日
これ読む限り配本のシステム自体を根本的に変えない限り地方や小規模店舗なんかのシステムに見放された本屋は死ぬしかなさそう。実店舗っていうハードが挟まってる限りAmazonとかに効率で勝つのは難しいだろうから付加価値を作り出す方向になりそうだけど。
19
茨 二科 @ibaranika 2015年10月22日
書店によっては予約しても当日入らないてのは今の時代かなり致命的…なのは確か。一応解決策としては、取次大手のトーハンが運営するサイト、e-honが書店受け取りをやっています。 http://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top ツタヤ系の大型書店ではなく、昔ながらの町の本屋さんが多く登録してて、予約すれば発売日当日か翌日には受け取れます。ネット通販とほぼ同じ感覚で使えます。街の本屋さんを自称するセブンネットより個人的にはオススメ
13
村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2015年10月22日
配本がなくて悔しいお店の中には、配本さえあればきっと売るのに、という自信があるお店も多いんですよ。本の売り上げはもちろんお店の規模や立地条件にも影響されますが、不利な条件のお店でも、展開(飾り付けとか、並べ方)のしようや巧みなPOPの力(と情熱)で、大きな店に伍して戦えるような売り方をすることも、場合によっては可能なんです。だから、売るつもりの書店員さんたちは余計に悔しいんですよね。
9
M.S+. @mdsch23 2015年10月22日
grayengineer 紀伊國屋も基本は取次経由です。紀伊國屋書店高井社長「紀伊國屋書店はもともと、出版社から直接、本を仕入れてきました。売上の1割ぐらいが直接の仕入れです。」http://diamond.jp/articles/-/79761?page=2 1割の方に属していた可能性はありますが。。。
7
村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2015年10月22日
(配本についてはもう、せめて自分の本は何とかならないかと、いろんな版元さんに頼み、そのときどきで理屈を教えて貰っているのですが、それぞれの立場もわかるんですが。でも、売りたい、と切望する本屋さんに本が届かず、売ることができずにいる状態って、感情の部分でどうしても納得がいかなくて。惨いじゃないですか)。
3
M.S+. @mdsch23 2015年10月22日
書店の方が客注の方法について書かれてますが出版社に書店に付けられた番号と取次を伝えるという話は出てますね。 http://books.ojiji.net/chumon.html
1
LCO @f_lco 2015年10月22日
口八丁でで「入荷されたら100冊売ってみせます」とか言う馬鹿店殴るのは好きにやってくれりゃ良いけど、完売でも無いのに予約した人に予約されたものを届ける事すら出来ないとかどんな欠陥システムだ、21世紀になってもう15年も経ったんだぞ
41
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年10月22日
再販制度の意味をガン無視なコメントに多数の賛同ついてるあたり、もう工業製品である「物としての本」を実店舗で売るのは無理な時代になってるんじゃね。システムとしてではなく、受け取り側の意識として。
18
ごがちい @_gogatea_ 2015年10月22日
本が手に入らない時の苦情はまず店に行く。次に出版社に行く。取次にまで苦情を入れるような人はまずいない。まあ、それじゃ改善しようがないよね。
12
ごがちい @_gogatea_ 2015年10月22日
だもんで、ネットがない時代の取次ってのはそりゃー殿様商売気取ってて、店には「本を入れてやる」出版には「俺たちが売ってやってる」とまあ態度がでかいことでかいこと。
11
ごがちい @_gogatea_ 2015年10月22日
百万回でも言うけど(と言うかこないだ言った気もするけど)、取次莫迦軍団が某大手小売に「コンビニが多くなって配本すんのが大変だから配送料上げろ」と集団交渉しに行って「データもなし自分らで配送網再構築する気もなし、それで金寄越せとかおととい来やがれ、そして死ね」とテンから莫迦にされて門前払いされた話は後世に語り継ぐべき
33
まっくろなねこ @blackcat009 2015年10月22日
だから電子書籍にすりゃ解決する、と何度も何度も何度も何度も何度も何度も・・・
10
赤沙汰 @sh_undertaker 2015年10月22日
ぶっちゃけ「殿様商売」なんてのは書店に言ったところでどうにもならんですよ。こんなの一書店員にはどうにもできんような気がするがねぇ。つか書店員がどうこうして自分の本屋にだけ配本増やしてもらうようにできるんならもうやってるでしょうに。予約分すら配本回ってこないとか、もうそれ書店側には為す術ないよ。amazonとかから個別で買って仕入れでもしない限りは
14
赤沙汰 @sh_undertaker 2015年10月22日
ところで「自分が買えないからもっと配本を増やせ」的な話、ちょっと違うけど以前盛り上がってた同人誌の時の話に似てない?「自分が買えないからもっと冊数刷れ」ってな感じのあったじゃん。あれに通ずるものがあるようなないような
12
kamekiti @kamekiti_360 2015年10月22日
買う側としては、無いから予約、手に入れたいから予約ってなると、届けてくれるamazonになっちゃうよね……。
32
赤沙汰 @sh_undertaker 2015年10月22日
あと店頭予約って実際面倒なんだよね、名前電話番号まで書かないといけないし、自宅に直接届けるわけでもないのに住所まで書かなきゃいけないところもあるからなぁ…一括でメンバーズカードか何かにそういうの登録させておけば、まだその手間は省けるかもしれんけど、田舎だから周りにそういう書店がない…。それにまだ発売されていないものだったらまだしも、既に売り切れてるやつとかは予約しても手に入るまで時間かかるし、挙句には重版待ちでそもそも予約できなかったりもする
9
赤沙汰 @sh_undertaker 2015年10月22日
あと関係ないけど「実際に手に取れる」のが書店の強みだしね。むしろamazonとかに勝ってる部分ってそこだけしかない気がするなぁ
18
kartis56 @kartis56 2015年10月22日
最近はwebで出版社から直接買えるからなるべくそうしてる。
6
kartis56 @kartis56 2015年10月22日
そもそもそんなに急ぎでかわにゃならんような本自体がない
5
川田清貴 音響効果 @kksoundeffect 2015年10月22日
何で配本に予約システムを咬まして指定の書店で受け取りって段取りが思いつかないんだろ。
4
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年10月22日
電子書籍は"焚書"に対して無力であることと、デジタルゆえに実際に判読不能になるまでいつ判読不能になるかが分からないという、紙の本にはない欠点が個人レベルではどうしても克服できないのが辛いところ。
10
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2015年10月22日
C_Kozakura 電子書籍はそれ以外にフォーマットやDRMの違いもありますね。他にいくらクラウドに残してると言われてもKindleやiBooks、Koboなどのサービスが10年後はともかく20年、30年後に残ってるかと言われたら……レベルですしねぇ。普通の書籍だと例え講談社や新潮社が倒産しても買った本自体は捨てないとか保存状態が悪くない限り数十年の単位で残りますし。
14
ヘイヘイ(自宅) @hey2m 2015年10月22日
若い頃早川義夫さんの「ぼくは本屋のおやじさん」を読んで取次と配本システムを知ったけど、初版から30年以上経ってもまだ変わらないんだなぁという感想。
9
あんこ好きなクルーたまにヘルムスマン、稀にスキッパー(そして、ひな、キキちゃんの下僕) @XC60Rd__ 2015年10月22日
ワーキングシェアしましょうという事だと思いますが、便利なサービスが出現してしまった以上(これはニーズから産まれている)、何か特徴出さないと厳しいですよね。そして其れは業界の課題ではないでしょうか。
0
BIRD @BIRD_448 2015年10月22日
買い取り制度だとオモチャがありますな。地方の玩具店にナツイキャラ物がおいてあるのもその理屈。
0
BIRD @BIRD_448 2015年10月22日
某地方書店では「マンガの注文はできません」になっててちょっと考えさせられる。
2
ざの人 @zairo21 2015年10月22日
本当に欲しい本は、セブンイレブンやアマゾンにに頼む。という人も多いんじゃないかな?「本はね、すべての本屋さんに売りたいだけ配本されるものではない」これを裏打ちするデーターとして、ドラマのゴーストライラターでわかったけど、2千冊初版がでたとして、全国の書店数考えたら? 2015年で13,488 店 ※2015年5月1日現在 でいくと? コンビニも合わせると?どんだけ~という事になるから、1冊でも並ぶか?ってことになる。
4
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
口だけの自信ではなく、地道に既刊の本の売上を増やして、実績で取次と交渉することは可能でしょう RT:nekoko24「配本がなくて悔しいお店の中には、配本さえあればきっと売るのに、という自信があるお店も多いんですよ」
3
ざの人 @zairo21 2015年10月22日
ただ幸いなことに、最近は電子書籍って媒体もあるから~と考える人も多いけど、売れないものは電子書籍でさえ絶版になるという事をまとめで知ってしまったので、出版社が絶版にして、媒体が死んでしまう(故障など 私は1台破損したW)と、もうどうしようもない。どうしても紙の媒体で手元に置いときたい本は、結局根気良く、時間がかかっても取り寄せるしか無いという。
8
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
他のところで早く手に入れた人がバックレるケースが多々あったからです RT:kksoundeffect 「何で配本に予約システムを咬まして指定の書店で受け取りって段取りが思いつかないんだろ」
3
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
書店が嫌がるのは売りのがしで、取次と出版社が恐れるのは大量返品。これも随分前から「注文通り回すけど、返品リスクの一部も背負ってね」的配本になっているものもあります。
3
stolenfuture @Stolen_F 2015年10月22日
まあそんな事は客には関係ないからね…。需要>供給は、今や余った需要が書店の評価や信頼を下げるとかそういう事にはならず、満たせない需要はそのまま全部amazonさんが吸収しちゃうからね。
6
球磨川 雪 @Sosogi_K 2015年10月22日
Vietnum 『流石に出版社が1つか2つならもうやってると思うけど、もう手遅れ感が半端ないのよ。』
4
もうり ゲンコー!なう?(狂 @mourisuiko 2015年10月22日
欲しい本が都内では販売予定日前に並ぶ、ネタばれを見る。書店に頼むと二版以降でないと来ない(もしくは遅れる)アマゾンに流れる…それでも地方は遅れてくる…。なループで取り次ぎは地方見下しっぷりすさまじいよね。 雑誌なら出版社で定期購読してるのが4冊ほど。作者単位で定期購読ができるシステムが、アマゾン以外で欲しい(アマゾンは次回配本を教えてくれる) 本屋は1冊別所で浮気買いした本いつまでも残ってるの見てものすごく申し訳なくなったケースが数回。ああ難しい…
13
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
町の本屋に大手書店の配本が入ったら、検品で死ぬよ。
1
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
実は大手出版社の方が再販制廃止を望んでいるって話しが三十年前にあった。マンガ本一冊注文するのに、電話代から輸送費からコストがかかるから。
6
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年10月22日
検索端末を置いてある書店だと「発売日初日にないから検索してみる。」→「オンライン書店で購入できます!」ってパターン増えてきたな。K文堂なんかだと鼻から諦めていて棚にオンラインでの購入を促すようなポップが貼ってあったりする。自社が展開してる電子書籍サービスへの誘導とか(S省堂)。
4
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年10月22日
大手のS省堂ですらそうなのだから綺麗な言葉ではにゃーんしてる書店は本気で危機感持った方がいい。本が好きなのはわかるけどもはや「好きだから」で通せる業界じゃないんじゃないのかなぁ?
11
りょ/RYO-chin @ryo_chinq 2015年10月22日
「殿様商売」言ってる人とイイネつけてる人は、書店は滅びろって言ってるってことで良いのかな。本をほとんど買わなくなった自分には、本の流通について何も言う資格は無いとはいえ、あまりにもとは思う。
7
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年10月22日
Amazonの書籍ページを店員に見せて「この本ありますか?」という構図が時々滑稽に思える自分としては「書店滅ぶべし!慈悲は無い」ではなくって「滅んでいくんだろうなぁ」という諦観と寂しさがあるのです。
20
こしみずひさつね/輿水久常 @koshimizuhisatu 2015年10月22日
ontheroadx このまとめだけ見ると取次が単に悪玉にしか見えないけど、これ見て納得。パイの少ないところが好き放題入れて余ったら返品じゃ困るでしょうね。せめて全額内金入れたら絶対入荷するようにはできないのだろうか。その応用で、店側が買い取りするなら望み通りに配本するとか。
4
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
出版業界に文句を言う人は定期的に発言するんだけどさ、出版業界側の努力の歴史→失敗の歴史の年表を書く人って、出てこないよね-。
4
もうり ゲンコー!なう?(狂 @mourisuiko 2015年10月22日
全金前払いしたら、都内と同じ日に書店に来るなら、おれは3冊でも買う。(好きなシリーズは別の書店で2冊買いする。応援の意味で。)
3
もうり ゲンコー!なう?(狂 @mourisuiko 2015年10月22日
それなら俺一カ月2万までなら毎月予約全金内金で購入するよ。俺と同じレベルの本好きは多分地方で嘆いてアマゾンに流れた人かなりいる。
4
まようさのさなぎ @mayousa_mayousa 2015年10月22日
売れる本は取り合いになるので取次に頼んだ冊数を配本してくれない→だから取次が勝手に配本数減らすことを織り込んでわざと多めに頼む→減らされること前提の注文なのにランダムに取次が完全納品する→返本する→もう小売の言うことなんか聞かないってなる って歴史について消費者に「理解」を求めるのはそりゃ無理だよ。
44
もうり ゲンコー!なう?(狂 @mourisuiko 2015年10月22日
売れる本ならまだいいんだ。マイナーな本の場合が問題なんだ。予約しても来なかったことが数多くある。
5
まようさのさなぎ @mayousa_mayousa 2015年10月22日
出版社は売れ行きを予測する力がないし、小売は全アイテムについて発注を検討する力がないし、取次は適切な配本数をコントロールする力がないなら、もう人間が関わらなくていいよってなったのが電子書籍でしょ。ゲーム業界でも食品業界でも商品が手に入らなかったら品薄商法だって批判されるのに、出版だけが理解されるわけがない。
30
たさか(隣人部員) @ktasaka 2015年10月22日
しかし買い切りだと地方の小さい書店は苦しくなりますね。取次を挟まず書店と直にやってるディスカヴァーとか見ててもねえ。
3
ladatata @ladatata 2015年10月22日
欲しい本が発売日に近所の本屋にない理由は分かったが、消費者側にできる事は少ないな。
14
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
定期的に出てくる「出版業界への不満」って SEALDs の意見表明みたいなもので、どれだけ真剣であっても、個人が単発で、短期間、ある程度までしか賛意が集まらないこと言ったって、システムは変わらないんだよ。
8
taka @Vietnum 2015年10月22日
sh_undertaker 町の小さな本屋が生き残るなら、売れ筋ばっかを平台に並べながらも、店主が個人的にお客の既読書を訊いて「それならこういう本がオススメだ」と人間式リコメンド装置になるなどの、尼の自動サービスじゃ無理な隙間を狙うしかないかもね。オススメをそのまま尼で注文されたら店主涙目だけど。
1
瑞樹 @mizuki_windlow 2015年10月22日
そもそも、日本全国にある本屋の数が1万3000軒(これでも一時に比べて6割程度まで減ってる)なのに、マンガを除けば初版は2000とか3000ってのが普通。だから、そもそも「全ての本屋に全ての新刊が届くなんてあり得ない」って事を覚えておいて欲しい……はっきり言って、それはもう物理的に不可能なの。全ての本屋さんに1冊ずつ届けて貰えるほど刷って貰える本は、その時点で「ベストセラー」確定。だから、欲しい本は最初から予約して!
11
もうり ゲンコー!なう?(狂 @mourisuiko 2015年10月22日
なので、取次に言いたい。客が予約してきたらそれは頼むから入れてくれっ!2版ではいやだから予約するんだ。
6
もうり ゲンコー!なう?(狂 @mourisuiko 2015年10月22日
書店側が、注文忘れていたケースもあるが、送ってくれずに次の便になったと言われることは多々ある。そう、地方では予約しても2版か発売日に来ない。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
状況が改善されるためには、初版でなくてもいい、テレビドラマの放映が終わってでも読みたい、という客が増えればいいんですが、そういう本は図書館とかブックオフで拾われて読まれることになります。
4
カリソメ @karisomenoaka 2015年10月22日
最終的に手に入るんなら発売日からの日数にはこだわらないですが、ネットで買えばポイントがつくからなあ…と思ってつい手に取ってもやめてしまう事がありますね…。うちの地元だといまいち使い道のない楽天ポイントカードが、全国書店と提携してくれたら、悩まずにその場で買ってしまえるのですが…どうですか三木谷さん!!
1
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2015年10月22日
未だに配本が前時代的なクソシステムのままってのも恐ろしい話だよなぁ。こんな杜撰な流通をやっておいて、他方作家は「○万部売れなかったら作品打ち切り」とか言われてんだから、地獄どころじゃないわ。
20
すみ27 @sumi_nina 2015年10月22日
大型書店や専門書店だと事前予約や取り置きもマニュアル化されているのかキチンと対応してくれるけど、これが個人規模の「町の本屋さん」レベルだと状況が変わる。(店にもよるけど)すごく塩対応だったり遅かったり。で、そういう書店から潰れていく。そうやって本屋が減っていって「本屋さんが大変だ!」と言われても利用者にしてみれば「そりゃそうだろ」としか言いようがない。
28
扶桑委員会 @fussoo_moe 2015年10月22日
honyaclubやhontoっていうサイトで注文して実店舗で受け取るってのができる。これはそのサイトに登録さえしてしまえばいちいち店頭で名前や電話番号言う必要がないので使いやすい。ホンヤクラブは比較的小さい店舗も登録されてることがあるから一度自分の贔屓にしてる本屋が登録されてないか調べてみるとはかどる。 ホンヤクラブ http://www.honyaclub.com/shop/default.aspx ホント http://honto.jp/
5
どーわどえ @sdrewde 2015年10月22日
本屋なんて久しく行ってないなー
0
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年10月22日
sumi_nina バサッと予約取次台帳に名前書いて取次だかに電話して2週間後です。っていう本屋は潰れるのが速かった。ばあちゃんがミセスとかを配達してもらってた古い本屋さんなんだけど。あらゆる部分で通販と取り替えができる昨今、何が本屋の売りで強みなのか示せなくなってしまったのが悲しいです。
7
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
クソシステム以前には、販売部長が「昔の馴染みだから(平社員の時に世話になったから)」ってんで、潰れそうな個人書店に、帳面いじって配本してました。
1
まようさのさなぎ @mayousa_mayousa 2015年10月22日
返本に対して次の本を物納することで操業回してるから紙の本の流通を減らせなくて、電子版の発売日を遅らせるなどで電子書籍の流通さえ妨げてて、読者の利便性はもちろん作者も発売日が分散して宣伝が二度手間になるって実害かけて、不況を言い訳にあぐらかいてるのが出版社でしょ。会社を保たせるのに精一杯で、本を売るというサービスにぜんぜん向き合えてないんだよね。
9
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年10月22日
書籍も問屋商売なのは理解してるけど問屋ルールが相当おかしいので出版社は悪ではないのかなぁ。
5
John F Candy @JohnFCandy1 2015年10月22日
本屋の売る気はどうでもいい。私は消費者、欲しい本が買えるかどうかしか気にしていない。
20
ちはや🌸🐱 @Chihalog 2015年10月22日
書店になかった本を注文したうえで3週間後くらいに「取り寄せられませんでした」というのを待つのを何度も経験したのはどうしたらいいんだろう…ネット書店でも流通在庫が微妙なヤツでは、キャンセル連絡まで同じくらいの時間がかかるけど。
8
muramasa @muramasa931 2015年10月22日
kksoundeffect 予約したけど取りに来ない、買わない客というのが一定数いるからな・・・ あと本だと金は支払い済みなのにあえて取りに来ない客というのもいるし。デアゴスティーニみたいのだと。「全巻揃うまで置いといて家において置けないから」みてーな事情だろうが本屋の倉庫でも邪魔だっつの。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
「デアゴスティーニだけはネット書店で買って下さい、というリアル書店がある」というのが定番のネタです。
4
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
本の値段を倍にして、書店と流通費用に回して、書店の買い切りにすれば、欲しい本が新刊ばかりの人にはうまく手に入るようになるかもしれません。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
安い本をある程度の部数作ってる出版社の悩みは、大量の返品です。
0
mikunitmr @mikunitmr 2015年10月22日
書籍の流通に関しては、漫画だと久世番子『暴れん坊本屋さん』、木成あけび『ほぼ日常』が書店の現場から描かれてて面白かった。 松田奈緒子『重版出来』は読んでないけど、出版側から描かれてるんだろうか。
2
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2015年10月22日
再販制度の意義は、タテマエ上、著者の文化的功績が市場の価格競争によって買い叩かれるのを防ぐことにある、ということになっていると思いますが、出版社の名前を見ると「~新社」とか「新~書房」とか、あるいは「○○△△出版」のように2つの名前が合体したようなのが多いんです。これらは一度倒産して再建した会社や倒産しかけた複数の会社が合併したものです。つまり出版業界はそもそもかなりの弱小業界で、返本の山に埋もれて出版社がボロボロ潰れるのが茶飯事、っていう世界なんですよね
10
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2015年10月22日
ちなみにテレビゲーム業界は買い取り制です。なのでつまらんゲーム作って売れなかったらメーカーが潰れます。でもメーカーとしては問屋に買い取らせればとりあえずは利益になります。売れ行き予測の能力が最も必要とされるのは問屋さんです。
8
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2015年10月22日
今はどうかわからないですが、昔はその弊害として、問屋さえ説得すればいい、というのがメーカーの意識になって、説得しやすい(=売れると思わせやすい)キャラクターものと既存ヒットシリーズものと、他社のヒット作品の類似品ばかりになっていった、という話もあります
6
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2015年10月22日
戦中に情報統制のために取次を東京へ集約しちゃったのが全ての間違いの始まりだろ。国家統制で日販トーハンを解体して地方分散しないと問題は解決しないと思う。
8
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2015年10月22日
いっそのこと、書店の本棚に本を置かない(あっても見本のみ)完全予約制にできないだろうか。
0
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2015年10月22日
まあオレは精文館書店本店ヘ行けば大抵要は足りるんで現状維持でも構わないけどね。大ベストセラー人間革命の版元万歳w。
0
Mittsun @mittsun3214 2015年10月22日
やっぱりこの話題まとめられたか、、、。かなり取次が叩かれているような気はしますが、取次がなければ小規模どころかそれこそ大手の書店にしか本が回らなくなる危険もあるわけで。出版社、取次、書店、どちらにも問題はあり、解決策を考えなきゃいけない話じゃないかと。
13
Mittsun @mittsun3214 2015年10月22日
再販制度への意見も確かに。今の時代にそぐわないのも十分理解はできます。ゲームやCD、玩具のように「買取」を基本にした流通システムにすれば「手に入らない」という買う側からの問題はある程度解決できるでしょう。でも、再販制度が無くなれば数年経たずに書店の数は大手も含めて今の5分の1くらいまで(もしくはそれ以上)になるでしょうね。
10
ジャカルタ読み専ブラザーズ @_oinarisan_ 2015年10月22日
どんなに書店がかわいそうだろうがどんなに取次が不手際だろうが、消費者からすれば「売ってないんだから買い支えられない」という話なんだよなあ
30
amtrs @prkyh 2015年10月22日
書店って感傷を呼び起こすものなのね。漫画と雑誌とビジネス書しかない店も多いのに。
0
S.O. @so_rei 2015年10月22日
出版業界の都合なんか知るかよ 同じ値段で発売日に確実に届くamazonで買うわ
19
maguro @vo_ov_maguro 2015年10月22日
バイトしてた店で、新刊の予約を受けて、配本されなかったこと無かったのは、日本最大チェーン店だったからですね。 その店舗も今は無いのが切ない
1
にれ ななき @nire7th 2015年10月22日
絶対欲しい本、定期購読したい雑誌さえも田舎の本屋にはこなかったんだよね。力がない小売には本当にまわってこない。取り寄せてもらおうとしても待った上で無理だったとかなる。そりゃいくら本屋応援したくてもネット通販するよ。本屋のために本欲しいんじゃないもん。飲食店のために外食するわけじゃない。
26
Mittsun @mittsun3214 2015年10月22日
書店、出版経験者はそれぞれに自分の立場を踏まえて「だよね〜」って共感しあえる反面、買う側の方のツイートも的を射過ぎていて(ホントごもっともな意見)、本屋としてはもう立ったまま朽ち果てそうなまとめでございます。グフッ。
17
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
ontheroadx ディアゴスティーニとかの系統は、途中から完全に予約数しか入荷しなくなるのですが、配送の梱包バンドが強くて紙の部分が傷むことがあるんですよ。それは売れないし、改めて送って貰ったって発売日当日には間に合わないわけですし。
1
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
今はどうか知らないけど、そもそもその店に入荷していない雑誌を一冊定期予約するじゃん、すると取り次ぎは(他にも買う人いるかも)と二冊店用に送ってみるじゃん、その二冊売れないと、定期の一冊も配本が止まる、そんなことがありました。
3
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
今はどうか知らないけれど、雑誌って季節ごとにテーマが違うじゃん、その地区によってどんなテーマが人気か違うじゃん、だからベテラン雑誌担当はその季節になったら配本数の希望を出すんだけど、Posレジ導入期は2~3ヶ月前の売れ行きデータを参考に配本数決めるから、売れる月号が足りなくて大変てことがあった。
1
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
そういうことが今はクリアされているのか本屋さんからの情報がないから、配本数が適正なのか、なんとも言えない。
0
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
mittsun3214 再販制度の問題よりも、マンガの本を一冊送る手間暇費用の問題だと思います。
0
ぐでじゅん🍳 @jewelbean_jp 2015年10月22日
mourisuiko マイナーな本はそもそも刷り数<<<書店数なことが多いからたとえ1店舗1冊配本したとしても地方の小規模小売には入荷しませんよ。取次にだってどうしようもない。あと別の方だけど取次をなくしたらまず潰れるのは町の小さな本屋さんです。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
どうしても欲しい本なら金を積めばなんとかなりますが、新刊を何日か早く読みたいだけの人ではなく、ブックオフ以外の昔ながらの古本屋を利用している人にしかその手法は一般的になっていません。
0
まようさのさなぎ @mayousa_mayousa 2015年10月22日
もうすでに消費者から「Amazonさえ有ればいい」って言われてるのに、「潰れるのは町の小さな本屋さんです」って意見は、どの人の意見を変えるための問題提起なのかよくわからない。「潰れろ」って言われるだけなのでは、というか、もうこのまとめでもそう言われてるのでは。
24
まようさのさなぎ @mayousa_mayousa 2015年10月22日
売れ筋の本しか入荷できない不便で小さな本屋さんを、どうして潰してはいけないのか具体的な消費者へのメリットを提示しないと。Amazonはオススメ本しか教えてくれないけど、紙の本屋さんは自分の好みとまったく関係ない本と運命的な出会いができる場で、大きな本屋さん(or 図書館)とコンビニの中間的体験として身近で小さな本屋さんは絶対必要とかさ。
16
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
書店以前に、辞書も電子書籍が出たら販促雑誌で電子の利便性が語られ、紙媒体の新版が出たら「たまたま開いたページで目に付いた単語」とか「目的の前後の単語」とかの出会いが語られるんだけど、みんな最後に買った辞書は、いつ?
4
まじっく @miu_kouno 2015年10月22日
おもちゃルートに来る本は買い取りオンリーで、75%の掛け率だったけど、予約分でも返本可能なんかな?返本リスクがあるなら、取次ぎも慎重にならざるをえないだろうね。(´・ω・`)
1
清水 @simizu6 2015年10月22日
自分の地元の本屋なんて全くやる気なく本を注文すると東京へ買いに行けと断られた事すらある。そのかわり棚にある本が変わり物ぞろいで未だに通う。
6
ChanceMaker @Singulith 2015年10月22日
こうなると、本屋って必要なんだろか?と思えてくる。タクシー会社がUberに取って代わったように、出版社と読者と情報システムさえあればいいんじゃないか?Amazonさえ必要ない。
2
愚民Artane.🦀@これで時計のない人も安心。 @Artanejp 2015年10月22日
書籍取次だけは解体していかないと日本の出版業界全滅すると思う。角川の動きはまさにそういう事だし。
4
愚民Artane.🦀@これで時計のない人も安心。 @Artanejp 2015年10月22日
再販の問題よりも、事実上書店が出版社と直接取引出来ない商慣習が規制されてない問題の方が大きい。 書籍取次の発言力が不当に大きいのが維持されてるのがガンだから。
7
愚民Artane.🦀@これで時計のない人も安心。 @Artanejp 2015年10月22日
kksoundeffect それは出来ても、大手書籍取次の権益を侵すからやらないでここまで来たんですよね。
0
酔宵堂 @Swishwood 2015年10月22日
地元の本屋、もうちょっとポイント還元率上がればなあ……出て行って買うのも予約するのも別段苦ではないので。それより高過ぎる方が問題
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月22日
取次が潰れたら中小の出版社は出版社→取次→書店→読者ではなく、出版社→読者になるんじゃないかな。
2
みん☆ねこ @mincat001 2015年10月22日
今でもあるのかな?角川のブロック配本の話する?
2
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2015年10月23日
普通は予約してたりすると、問屋に戻った売れ残りを再配本するはずなので別に第2版まで待たなくても良いのが大半ですね。(一時期、大阪屋という本の問屋の下請けでバイトとして働いていた時の経験を思い出しての感想。ただし、そもそもの発行数が少ない上に売り切れちゃうような本はその限りではない。)amazonも表現による流通規制がきつくなっているので、あまり頼りたくは無いなあと、最近思ってますし。
2
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2015年10月23日
バイトしてたのは、大阪屋の下請けのとこです。大阪屋が問屋の下請けということではないです。紛らわしい表記だったので念のためw
1
もうだめぽ @moudamepo150701 2015年10月23日
これ、「取次」制度と並行して書店が直接出版社と交渉して配本してもらうってできないの?その場合は買い取り前提でってすればいい気がするんだがダメなんかな?
1
opti@🇦🇶⋈ 朗読劇ささつ11/6~11/8/劇場版VE @optiange 2015年10月23日
これはもう切実にあるな。なるべく近所の本屋で注文するようにはしてるけど。
0
えぬ @enu_ei 2015年10月23日
たとえば町の八百屋さんが「音尾の奥さん、今日は白菜が安いよ!今夜は鍋でどう?」みたいなのに暖かみを感じるとしても、町の本屋さんが「山田の兄ちゃん、来月のメガストアは『加奈~いもうと~』収録だよ!妹もの好きだろ、取り置きするよ!」みたいに声をかけてきたら辛いでしょう。書店は町の中でとくに匿名性が求められる空間で、Amazonに代わられるのも一種の必然です。
9
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2015年10月23日
文字の書籍はKindle、漫画はeBookJapanにほぼ完全移行したので雑誌以外は買わなくなったからどうでもいい。「紙の本が売れなきゃ電子書籍も出ないことがある」といわれても電子書籍ですら下手すりゃ積読になるほどなのででなけりゃでないでかまわない。
2
やらかど@やらか堂 @yarakado 2015年10月23日
正直出版社や取次や書店の都合を消費者に押し付けっぱなしのままでああしろこうしろ言われても、知るかamazonあるからいいよ、って話にしかならんのよな。書店という形態もそろそろノスタルジーの域に入ろうとしてるし。
16
やらかど@やらか堂 @yarakado 2015年10月23日
とはいえamazonも表現規制かまして流通止めたりとかするので一人勝ちは勘弁願いたい。
14
藤間真 @power_of_math 2015年10月23日
だから、できるだけ本屋タウンでの取り寄せを使うんだけど、使い勝手は今一だよなぁ。
0
Localio Projects @LocalioProjects 2015年10月23日
自宅の最寄り本屋さんで予約をしようとしたところ、「常連客以外からの予約は受け付けていません」みたいな素敵体験をしたことがある。
6
V層もどき @desuga_NlkL5EiN 2015年10月23日
タイトルの"「本屋さんに売る気がないから」(だけ)ではない"というのはその通りとして、むしろそれ故に小規模書店はもう概ねどうともならない、という話でもあり。
3
V層もどき @desuga_NlkL5EiN 2015年10月23日
書籍の銘柄数が増加し続けている、一銘柄あたりの発行数は落ちている、再販制度の制約下にある、等々の小売側でどうともならない制約条件が、全部小規模書店に不利な方向に効いているので、もう業態自体が特殊なケース以外成立しなくなってるというか。
1
扶桑委員会 @fussoo_moe 2015年10月23日
少なくとも、本屋が潰れるのを何とかするのは出版社取り次ぎ本屋組合?などの業界であって消費者ではない。消費者に意識高いことを求めたところで広がらないし長続きしないから意味がない。
14
V層もどき @desuga_NlkL5EiN 2015年10月23日
で、特殊なケースだと、(小規模書店のリソースで全部見きれるぐらいに)特定ジャンルに絞り込んだ上で、そのジャンルの専門家が並べる本を選択するような「本じゃなくてキュレーターの仕事が商品」な専門書店とか、「売れるけどコンビニ流通に乗らない本」を並べるか。
3
V層もどき @desuga_NlkL5EiN 2015年10月23日
前者はそのジャンルの専門家を兼ねる必要がある上に、パイは非常に少なくて、「街の本屋さん」をカバーするようなキャパシティはなく、後者はつまるところ強度強めのエロってことなわけで。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月23日
漫画とラノベに関する書店員はすごいですよ。○○の×巻はいつ発売か、とか即決。だけど年収は200万で非正規社員。
7
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月23日
漫画売り場担当者は漫画雑誌を全部読んでて、ラノベ担当者は毎月200冊ぐらいラノベ読んでる。
4
しげ @shigerikofuku2 2015年10月23日
mourisuiko 送料別に取られるけど出版社に直接頼むのが最速でしたよ。発売日より二日早く届きました。
1
もうり ゲンコー!なう?(狂 @mourisuiko 2015年10月23日
shigerikofuku2 やはりそれが一番早くなりますか…。こんどからはそうします。1冊単位で考えたら送料より書店への移動費のがかかるんです。雑誌はそうしてますので。
0
ねこんちゅ @mizuasagi11 2015年10月23日
以前、人気の本(出版済)を書店で取り寄せて貰ったら1ヶ月かかった理由がわかりました。
0
TENNOたまに謎狩 @XH834 2015年10月23日
小さな本屋さんだと予約注文しても何ヶ月も来ないってのがザラなんだよなぁ。市内の大きな本屋に平積みされているのに、注文したからと義理立てして凄くつらい思いをした中学生頃の俺。これに懲りてほしい本は大きな本屋で注文するようになった。配本に序列がある事を知ったのはその少し後
4
TENNOたまに謎狩 @XH834 2015年10月23日
今はネット通販があるからいいよね。市内の小さな本屋はほぼ絶滅しちゃったし(ぇー
0
Mittsun @mittsun3214 2015年10月24日
誤解のないように言っておくと本屋の立場として「注文しても入んねえんだよ、わかってくれよ」って訴えてるわけじゃなく、「お客さんが欲しい本をお店で発売日に届けたい」のに「流通の仕組み諸々でそれができなくてもどかしい」んです。ただ、お客さんから直接予約や注文をもらえればできる限りロスのないように書店員は動きます。なので、店員に声をかけてもらえると嬉しいかなと。もしかしたらそこからベストセラーが生まれるかもしれませんよ。
9
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年10月24日
ベストセラーは誰が作るのか?って話よね。
1
V層もどき @desuga_NlkL5EiN 2015年10月24日
冒頭のツイートで「好きな書店さんがある場合」と書かれているのが核心を突いているというか、大多数の人の「好きな書店さん」はAmazonとか大規模書店、チェーン書店になっていて、「町の本屋さん」ではなくなってしまっているという。
18
赤鏝 @akagote 2015年10月25日
「配本」の関係でリアル書店で予約できなかった経験もあるので、この件は知られてほしい。
0
maon@グレタは中国共産党の狗 @maon35305335 2015年10月25日
本屋が努力をしてないという現実は変わらな。欲しい本を探して、予約出来ない・取り寄せになりますだったらネット通販でも同じなわけで。消費者にメリットを提供出来ないけど贔屓にしてください、使わないあなた達が悪いんです、なんて考えがまかり通るのは今まで甘やかされてきた証拠だ
6
たさか(隣人部員) @ktasaka 2015年10月26日
町の小さい書店だってがんばればちゃんと配本してもらえる実例はあるので、取次の配本頼みの書店がつぶれても「ああ…」って残念な気持ちになるだけなんだよね…
2
NewまさのさまPlus+ @masanosama 2015年10月27日
雑誌コード持ってる雑誌が今何種類定期刊行されてるか知ってるのかなぁ。 ISBNコード持ってる書籍って1日にどれくらい出てるか知ってるのかなぁ…。 その膨大な量を個別で対応するコストをかけないために「取次制」があるんだよ…。 再販制度を理解してないコメントが多すぎる。 Amazonとか電子書籍とかって万人向けじゃないんだよ。 自分が出来るからそうではないシステムは無くなっても仕方がない って言うのは想像力がなさ過ぎる意見でしか無い。
3
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2015年10月28日
hontoみたいなシステムがこの先生き残るカギになりそうですね。
2
阿騎野 @haruuta0802 2016年2月15日
私がほしい本は小さな出版会社のがあってに取り扱いがないかもっていうものなので なかったらいろんな書店に探しに行くよ 遠いし時間はかかるけど  だからなくてもああここにはないんだぐらいだったな。。。。
0
ぎゃおす@いのりまちの玉ねぎ畑・革モモ派 @gyaous 2016年11月27日
書店の棚探す→見つからない→店員に聞く→ハァ?みたいな対応(その本のこと知らない)→取り寄せ→二週間後受取にいく→ハァ?みたいな対応(その本のこと知らない) →金払って退店 コンボを食らった結果、予約は通販でしかしなくなりました。
3
いかま @ika_muscle 2017年1月9日
書店で見つからなかったら、今だったらもちろん「ネットで注文する」けど、今みたいにネット通販が充実してない頃ならどうしても欲しい本ほど店員さんに注文して取り寄せたもんだよね。なんで書店で見つからないの後の選択が「注文する」ではなくて「諦める」になるの? 足りないのは「書店の売ろうとする努力」ではなくて「読者の買おうとする努力」に思うんだが。「別に注文してまで欲しくない」って読者の怠惰が書店や出版社を苦しめてるんじゃないかな。
1
まっくろなねこ @blackcat009 2017年1月11日
ika_muscle 「注文してでも待ってでも手に入れたい」というのは、その本にそれだけの魅力があるからやん。逆に言えば無きゃ買わない、のはその本にそれだけの魅力がないから。なんでそこを読者に求めるかな?
2
まっくろなねこ @blackcat009 2017年1月11日
masanosama 書籍でも新聞でもメディアでも、そういう過去の遺物に胡座をかいて、新しいシステムや消費者のニーズに背を向けてるから、ソッポを向かれるのだよ
2
ちゃぽん @siculem 2017年5月5日
注文要請した当人自分は忘れとるし しゃーない
0
muramasa007 @muramasa0071 2017年6月15日
masanosama 雑誌コード?ISBNコード? 知らんがな、そんな売る側の都合なんぞは。Amazonで可能な事を、面倒だからやらねーなんて寝言を喚いていたら滅ぶしかないわな。Amazonとか電子書籍以外にも石井孝明殺法まで敵として鎮座してるのにさ。
2
muramasa007 @muramasa0071 2017年6月15日
ontheroadx 取次が潰れたら中小の出版社も潰れます。取次は擬似的な金融機関としての機能もありますので。自転車操業の中小の出版社へは闇金でも融資を渋るので。
0
DjangoAlBisturi #PeopleLieFollowTheEvidence @DjangoAlBisturi 2017年9月7日
書店に限らず、モノ引っ張ってこれるか否かが基準な身としては「それはそっちの都合。いつまで昭和で止まってんの?」としか。鈴木敏文と心中するようなとこ、幾つあるのかね
2
くらミツハ・デラックスは中立中庸 @7424h 2018年7月28日
潰れるのは街の小さな本屋さんです、ってフレーズを何個かコメントでみたけど、既に都下の我が町には街の小さな本屋さんは無い(K文堂とTSUTAYAしか居ない)し、実家近傍ではTSUTAYAが潰れているので、もう小さな本屋さんとかほぼ無いのでは? 逆にコンビニで本書うようになった。
1
くらミツハ・デラックスは中立中庸 @7424h 2018年7月28日
ika_muscle その程度の需要を満たせなくなったから、どんどん本屋が潰れてるんだと思います。その程度のふわっとした需要に「支えられていた」事について、思いを巡らせてみては如何かと。
0
noab @noab20190000 2018年9月1日
本屋が国内で五社くらいに統合されて取次にグイグイ言えるようにならないとどうしようもないんじゃない、これ?
0