私が女の子の体で生まれてしまった男の子からレズおばさんの女性にちゃんとなるまでのメモ

あとリアクションとかも。
190
中村珍 @nakamura_ching

今の時代、多くの親御さんたちが生まれたときの性別で一生確定したものとしてネットにばんばん写真上げまくってて、これつまり子供が自分の性別に違和を感じて別の性に移行しても、親によって過去が拡散された状態ってことだけど、やっぱ親御さん的には「うちの子に限っては大丈夫」って判断なのかな?

2015-10-28 13:09:14
中村珍 @nakamura_ching

シンプルにプライバシーが気になるっていうのを差し置いても、過去の性別を知られたくない、死ぬほど嫌という人は居るから、やっぱり自分の判断でアップする親御さんは「自分の子は一生普通!」っていう無根拠や無条件の確信があって、場合が場合なら深刻な情報を撒いてるのかな?結構気になってるよ。

2015-10-28 13:12:45
中村珍 @nakamura_ching

マンガ絵としては描いてるものの、妻も私も「もし息子たちの誰かがまだ自覚がないだけで、本当は娘か、男でも女でもしっくりこない性別の子(なんでも大丈夫)とか、とにかく今の性別と違ったら…?」と思うと、プライバシーより或る意味そっちが気になって、LINEとかFbに写真上げたことない…。

2015-10-28 13:18:45
中村珍 @nakamura_ching

私は自分が本当にレズで女だって確信できるまで20年以上かかって(女性でいいのか確信するのが一番時間かかった。本当は男性か中性なのでは?という疑念があった)、成人した後に自分の性別や性指向がハッキリ見えるのも珍しくないから、あんまり名前も顔も性別も明確な公開は心配になったりするよ。

2015-10-28 13:24:41
中村珍 @nakamura_ching

w あれだよ「言えない親でごめん」という親側の苦悩もさることながら、言う側も(幼少期から性別の自覚が明確な人もいるけど、そうじゃないと)、「自覚があやふやすぎて説明つかない」とかあるから、言う情報が揃ってない場合も大いにあるから…! twitter.com/agathaokada/st…

2015-10-28 13:29:22
…それはそうと、レズおばさんとしては新刊などを買って欲しいのですが…。
リンク note(ノート) 《単行本試し読み》お母さん二人いてもいいかな!?〜レズビアンのママ生活〜 | 中村珍《月刊コミック無職》 | note 『お母さん二人いてもいいかな!?』10月24日/KKベストセラーズ只今、予約受け付け中!道端で出会って、なしくずしで付き合い始めた女性はシングルマザーだった。孤独で参っていた私は、先妻が亡くなったことを忘れる瞬間を延ばせれば何でも良かった。育児に参っていた彼女は、一緒に子供を育ててくれる人を誰でもいいから探してた。全然仲良くない私たちの利害だけは一致してた。“愛?子供産めば貰える景品よ。”「いっつも連れてってくれねー俺と行くのやなの?」「行くのは嫌じゃない嬉しいよ帰ってこらんなくなるのが怖いの…」…大人に
中村珍 @nakamura_ching

なんで私自分が「同性愛者女性」なのか「男とも女ともつかない」のか「異性愛者の男」なのか悩んだのか考えてたけど、多分発端は、趣味。花が嫌いだったりモデルガンやバイクが好きだったりお人形やピンクが嫌いだったから、幼少期、先生や親族や色んな大人に「本当は男の子なんだね」って言われてた。

2015-10-28 23:57:44
中村珍 @nakamura_ching

幼少も幼少の頃だから大人がそう言えば本当にそうなのかと思って、でもどう考えても女の子の体だから、女の子にならなくちゃいけないと思って努力した。無理にスカートを履き、花を綺麗と言って好きになるように努めたり人形を欲しがってみせ、やり方もわからず必死にままごとというのをした。そしたら

2015-10-29 00:00:07
中村珍 @nakamura_ching

嫌で嫌でたまらなくて、本当に私は男の子なんだ、男の子なのに体が間違ってる、どうしよう…って悩んだ。悩んだからまた女の子だという現実が嫌になった。だから私は男の子なんだと思った。何年も。…いま紐解けばわかる。順番が違う。これ本当にただの趣味の話。好きなことをしたかっただけなんだけど

2015-10-29 00:02:24
中村珍 @nakamura_ching

自分のやりたい遊びをすると「本当は男の子だ」「女の子らしくない」と言われていたのを、私は、"女の子らしいと言われがちな行動を取らないね"ではなく、額面通り、"あなたは本当は男の子です"と解釈した。たしか3歳の終盤頃から、思春期ぐらいまでだったと思う。言うことを聞きすぎた。物凄く。

2015-10-29 00:06:14
ぴすゴリラ(速度制限) @cookie_biscuity

@nakamura_ching 自分が男か女か、アイデンティティが確立するまでは、私も悩んでおりました。好きなものは男の子のもの、しかし男の子にはなりきれない…。 ジェンダー規範に縛られていたのだと、今なら分かります。

2015-10-29 00:07:05
中村珍 @nakamura_ching

今思えば聞きすぎだし「本当は男の子だ」の文意は「本当は男の子だ」ではなかったんだけど、3歳終盤という年齢だったので、「あれは電車」「あれはチューリップ」と同じ重み・同じ信憑性をもって私は「本当は男の子だ」を受け止めてしまった。…という順番だった。趣味が"女らしくない"のを発端に。

2015-10-29 00:08:41
中村珍 @nakamura_ching

「本当の私はこうじゃない!」という違和感が心に噴出した。「本当は男の子」という大人の言葉をヒントに、私は違和感の正体を「本当は男の子だからだ」と思った。そう言われたからに他ならない。勿論、今ならわかる。違和感の正体はただの「花が気持ち悪い。人形嫌い。私は刀や銃が欲しい!」だった。

2015-10-29 00:16:34
中村珍 @nakamura_ching

ただの趣味の問題なのに辻褄は完璧に合ってしまった。確かに私は女の子と遊ぶのが嫌だった。ままごとのやり方も習っていない。花も気持ち悪い。スカートも絶対に穿きたくない。大人は「本当は男の子だ」と言った。私は毎日「本当の私はこうじゃない!」と違和感に苛まれていた。私は男の子だと思った。

2015-10-29 00:20:27
中村珍 @nakamura_ching

男の子だと分かってしまった幼い私は、まず、諦めた。ハズレくじを引いたと思った。男の子になれない。持ち物を間違えてしまったと思った。幼稚園にクレヨンを持って来なければならない日に間違えて色鉛筆を持って来る子がいたように、産まれる時に胎内でしくじったのだと思った。修正不可能だと認識し

2015-10-29 00:26:12
中村珍 @nakamura_ching

「私は男の子だけど、男の子に産まれなかったから女の子で毎日我慢しなきゃ…」と為す術なく受け入れた。本当は男の子だということを隠して生きていかなきゃいけないんだと分かった。本当の私でいたらいけないんだと。(花を捨て人形をヘシ折り模造刀とピストルの玩具を満喫すれば済んだだけの話を。)

2015-10-29 00:30:42
中村珍 @nakamura_ching

諦めてしまってからが長かった。諦めたから対処もしなかったし、諦めたから隠した。とにかく女装をした。髪を伸ばしスカートを穿いた。欲しくなるマウンテンバイク、スト2、銃、刀。そのたび思った。「だって男の子だもん…」。当時の玩具店には私の欲しいものの棚に必ずラベルがあった。《男児向け》

2015-10-29 00:36:04
中村珍 @nakamura_ching

本当にただ、趣味だった。何しろ今私は、バイクに跨り、ゲームの戦闘ではボタン連打でコントローラーを使い潰し、射撃が好きな、普通のお姉さんだ。的を撃ってバイクを走らせゲームの敵を叩きのめして今ならわかる。私は女だ。こういう趣味の。でも幼児には分からないから、あの頃は男の子だと思った。

2015-10-29 00:43:13
中村珍 @nakamura_ching

小学生になった私は、劇でヒーロー役を勝ち取った。女役が嫌だったからだ。心から気持ち良かった。解放された。ああやっぱり私は男の子だ。納得と解放と絶望が押し寄せてくる。…この劇、女役は「町の女たち」←立ち話「おばあさん」←家事「小鳥たち」←なんか女言葉…だ。こんな役、嫌で当然である。

2015-10-29 00:50:10
中村珍 @nakamura_ching

『女として生きることを余儀なくされた本当は男の私』が舞台の上では男として生きられる。開放感に縋るように、男として舞台に立ち続けた。桃太郎、オズ大王、オペラ座の怪人、ロミオ、シンデレラと白雪姫の王子様。…女役が"女らしくて"つまらない台本だったからヤだったことに気づいたのは今年だ。

2015-10-29 01:00:25
中村珍 @nakamura_ching

舞台の上で、己の目的を果たそうと、大志を、「抱け」と言われたのは少年だけの、あの大志を抱き立ち回る男役を演じるたび、私に押し寄せた納得や解放や絶望は、私が男の子だったからではなくて、「私が本当の本当に女だったから」だった。それが分かったのも最近だ。何もかもの辻褄が合いすぎていた。

2015-10-29 01:07:17
中村珍 @nakamura_ching

舞台に立つほど、本当は私は男の子なんだと思った。確かにそう思っていたのだと思う。いちいちそう思わなくなるほどに。普段は嫌だったスカートを穿いて髪を編んで女装した。多分諦めていた。いちいち諦めの感情を確認しなくなるほどに。バレンタインには男にチョコをあげた。大好きだった。理由は勿論

2015-10-29 01:12:34
中村珍 @nakamura_ching

趣味が合うせいだった。これがまた別の混乱を招く。自転車にまたがり遠くへ冒険し、格闘ゲームをして叩きのめし合い、キャッチボールもした。射撃も。本当に楽しくて、毎日だって会いたかった。私はその男の子が大好きだった。…だから混乱した。「私は男の子なのに、男子を大好きになってしまった?」

2015-10-29 01:16:13
中村珍 @nakamura_ching

もう、訳が分からなくなった。バレンタインにチョコをあげた理由は、ノリもある。女子はみんなそうしていたから。誰にあげる?ってみんなで雑談して。浮かんだのは、ある男子。仲良しで、大好きで、いつも遊んでる男子。話しても話し足りないほど大好きな。無知な私は、趣味の大親友を恋と取り違えた。

2015-10-29 01:19:22
残りを読む(147)

コメント

ankou @ANKOU922 2015年10月30日
一般的な枠組みから外れている部分を他人が認識してくれない事が原因で内心で葛藤する事なんて誰にでもあんだろ。 自身が「特殊なマイノリティーな存在」と枠組みを置いてるに過ぎないよな。
12
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2015年10月30日
それもそうだけど、そもそも自分の子供といえど「他人」なわけで、他人の写真を不特定多数が閲覧できるところにホイホイ載せちゃう事自体がいかんと思うのだ。
26
ると。 @nec0lt 2015年10月31日
ANKOU922 本当にその通りですが。それを、親や親戚、幼稚園( or 保育園)から高校に入るくらいまでに出会う教員、周囲の大人達や同世代の人達から否定されたり誤解される事もあるんですよ。だから、特殊でマイノリティーな存在だと思い込んで悩む事もあったという過去形の事例でしょう。
24
Sea_Doberman @Sea_Doberman 2015年10月31日
すごくかわいい女の子で、小学校高学年まで男の子(確か、弟とその友達)と外遊びばかりしてた子がいた。いつも公園を駆け回っていた。ほとんど女の子とは遊ばず、女の子の遊びも嫌いだと聞いた。わりと早く結婚して、あっという間にお母さんになった。
5
🌸少年ブレンダ🌸 @hibari_to_sora 2015年10月31日
トランスをする前に読んでおきたい。してからも、読んでおきたい。
2
. @DJ_Silkworm 2015年10月31日
後半の展開が実にツイッターだ……内容自体は大変興味深いものでした。
1
A-16 @930A16 2015年11月1日
子供の頃に周囲から言われまくった言葉って、呪詛のように大人になるまでまとわりついてくるよなあ
24
くすき @kusuki_xx 2015年11月2日
大人にとって「まだ子供だから真剣に受け止めるはずない」という安易な気持ちが子供を追い詰める事ってあるよね。それが後になってでも気づける大人なら良いけど、気にした事を今度は子供のせいにする大人もいるわけで… 子供だと侮って対応している人ってある一定数はいるよなぁ
13
情報の圧に負けたオクラ @Lost_Murderous 2015年11月2日
性自認の阻害って大体大人がしてるよねぇと思った
7
東雲かい @kai_ten 2015年11月4日
社会がマイノリティに理解を示し始めても、人と人とのやりとりではだいたい「相手はマジョリティである」って前提があるから、その相手がマイノリティに属する子供であるとき、まず「マイノリティであると自覚する」までに大変な時間を割いてしまうっていうのは、どうにか解決できないかと思ってしまう
6
KAWAKAMI Kyoko/kamk @touya_127 2015年11月4日
Lost_Murderous 正直、子供を産んだ/作ったからといって性自認がはっきりしているとは限らないと思う
8
とーこ @ogi_tohco 2015年11月4日
子供の頃から性自認と性嗜好との間で揺れ動いた方のツイートを見ていたら確かに私も女の子らしくない趣味をごまんともっていたことを思い出した。鉄砲好きだし戦車好きだし重機にときめくしピンクの服なんか絶対着ないしヒラヒラしたスカートはイヤ。でもお人形もお姫様の塗り絵も普通に受け入れてた。節操ないw
4
フナムシミー @A_193 2015年11月5日
ogi_tohco 自分はモデルガンと魔法少女の音の鳴るオモチャを同列の「強くてすごい武器」と認識していたタイプなので思うのですが、正直その辺の「男児向け」「女児向け」というカテゴライズ自体が大人の印象論や文化的側面を含む固定観念によるものなのかもしれません。
8
masara @masara092 2015年11月5日
いい話系かと思ったけどよく考えたら、学生時代に女子にモテたから勘違いしてだけな話っぽい気がしてきた。
1
綾瀬まりあ@しゃるる @maria_saniwa 2016年1月6日
最初の方は「なるほど」と思って読んだけど、段々「勘違いから同性愛に移行して定着した」としか思えなくなってきた。(学生時代って特に擬似同性愛に陥りやすい時期だから) 特に「異性が大好きだった恋愛経験がある」ってのが違和感。こういう風に「レズビアンで」悩んだ人って「異性が大好き」で付き合うのではなく「女性は男性と付き合うんだから」って仕方なく付き合うような感じが多いと思う(思いっきり偏見だけど)レズビアンではなくゲイというなら分からなくもないけど。
1
綾瀬まりあ@しゃるる @maria_saniwa 2016年1月6日
「コレは女性向け」「これは男性向け」って言うのに縛られ過ぎなだけってのもある。私もいわゆる「女の子の遊び」が嫌いで、女の子はすぐ泣くなら嫌いって言って遊ぶ相手も男の子だったし、遊びも男の子のそれだったよ。両親や親戚に「お母さんのお腹にちんこ忘れてきたんだね」って言われて「そうか!」って思ってたし「いつ生えてくるんだろう」ってまじめに思ってた時期もあったwww
2
綾瀬まりあ@しゃるる @maria_saniwa 2016年1月6日
でも女性は可愛いと思うけど性的に好きということは一度もなかったし、恋愛相手は男性だけだった。やっぱこの人は性認識する時期に偏った考えから選択肢を誤ったようにしか思えなくなってきた。思い込みの激しさは例の盗作騒ぎで露見してるしね・・・。長々と失礼しました。
3
@wanwanbawbaw 2018年5月28日
LGBT界隈はきっちり分かれてるわけじゃなくて「やや傾向」とか3つくらいの分類にあたってたりとかなかなか難しい そしてまた本人もきっちり分類はできない 男装だけでもコスプレファッション男装なのか、性自認が男なのか、異性装で誤魔化しているのか 辞任が男でも手術を望むのか、術後やはり戻りたいとなることもある
3
@wanwanbawbaw 2018年5月28日
部外者に「あいつは自認が男と言ってるが手術してないじゃないか」などと非難されることもあるのが彼らだ 手術は取り返しがつかないだけに揺れ動く人達は多い また体質や金銭面でも一生ホルモン剤を飲まねばならない。公衆トイレや温泉・銭湯なども悩ましい問題だろう この方のように実はレズだけだったりすることもすごく多い バイセクかと思えばそうでもないとかもある 男か女しかない狭い世界で生きている人は無神経に非難するのだ
3
イトケナ @tsuwabuki_sh1 2018年11月16日
自分はただの普通のヘテロ女性で、この先生のような辛い人生も性自認を巡る葛藤も経ていないけど、どっからどう見ても自分が前時代的な「いわゆる女」であることに週一くらいで絶望している いわゆる「女性的」な振る舞いや行為をしたくないのにしてしまうのが辛い
2