なんだこの数字

電子書籍で読書をする人の数が全然伸びていない。このままじゃ出版社が本腰あげて電子書籍に出資できないではないか。困ったことだ。 電子書籍にはメリットがたくさんある。一度使ってみましょうよ。食わず嫌いはダメですよ
書籍 文学 電子書籍 ブーメラン
16
はにわ @haniwa0705
紙で読む派が9割超に。電子書籍、日本で流行らない? smar.ws/k6WmQ #スマートニュース 非常に腹立たしい現実。もちろん好みの問題はある。こだわりもあろう。しかし、この数字はそれ以前である。その価値を分かろうともしない人間が多数である証拠だ
はにわ @haniwa0705
なんせ電子書籍には無数の価値がある。紙を使わないからエコである。書棚を使わないから家の場所を食わない。どこでも読めるし何冊でも持ち歩けるから使い勝手がいい。本屋に行かなくていい。文字の大きさが自在。線を引くのもメモをとるのも楽々だ。分からない言葉があればすぐ辞書をひける
はにわ @haniwa0705
私がiPadを買った最も大きな動機はペーパーレスな生活を目指すためだった。本をすべて自炊し、勉強したノートはすべてスキャニングして紙でデータを残さない。断捨離、今でいえばミニマリズムをいくにはまずはペーパーレスからと思いコツコツとすすめていった
はにわ @haniwa0705
物の少ない社会。必要なものしか持たない生活がもてはやされる社会。生活感のない家がもてはやされる時代においてなぜ本だけは紙であり続けなければいけないのか。断捨離やミニマリズムを時代は本当に求めているのか疑問に思う。ミニマリズムの代表選手であるスマホはここまで普及しているのに
はにわ @haniwa0705
繰り返すが紙の本を否定している訳では無い。電子書籍は読みにくいという意見も否定しはしない。しかしである。あれほどスマホでいろいろなものを見ているではないか。本もスマホで読めばいいじゃないか。何の違いがあるの?って思う私の感覚はおかしいだろうか。ひどくまっとうだと思うのだが
はにわ @haniwa0705
この私の疑問に答えるようなコンテンツがある。SF作品である。SF作品の中で書物はほぼなくなっていて、たいていのものは電子モバイルで読まれている。紙で本を読むなんて昔はなんてもったいないことをしていたんだ、といった意見が主流である
はにわ @haniwa0705
しかし、主人公もしくはメインキャラはわざわざデータをすべて紙に印刷して製本して読む。このムダがいいんだ、といった意見を言う。 やはり紙の本を好む人への配慮をSF作家は忘れるわけにはいかないようだ。フィクションにおいても紙の本の存在を完全否定してはいけない空気があるのだろう
はにわ @haniwa0705
たぶん空気なんだろうなって思う。なら私はその空気を無視して電子書籍バンザイと言い続けたい。なんでこれだけメリットが大きい電子書籍を使わずにい続けるのか。経済最優先で生きてきたんじゃないのか?オレ達は 経済最優先で生きることを全否定したい私が言う。中途半端じゃね?

コメント

🏳️‍🌈K2 @k2gtr 2015年11月17日
電子書籍ねえ。自分はほとんど使ってない。
🏳️‍🌈K2 @k2gtr 2015年11月17日
メリットは確かにたくさんある。使ってみればいい。 ただ、専用端末は少しお高いかも。スマホならKindleアプリは無料なので、試してもいいんじゃないかな。
取鳥族ジャーヘッド/CMDR INABANIUS @torijar 2015年11月17日
人間半生かけて染みついた習慣(紙読書)ってなかなか削げないから…電子書籍と聴くとDMMやDLで買うエロ漫画・エロ同人誌ビューワーが真っ先に浮かぶ
Noodle. @Noodle1002 2015年11月17日
古本という存在があるからどうじゃろ。あと技術書は紙の方が見やすい気がする。
CD @cleardice 2015年11月17日
電子書籍も使うけど紙媒体を捨てられるほどのメリットは感じないなあ。
ぴろき @piroki_wod 2015年11月17日
いつ販売元から権利抹消されるかわからんという点も困るけど、パラパラっとはじいて巻末や別章に飛んでからまた戻る、が面倒というのが完全移行する気が起きない最大理由かなあ。
言葉使い @tennteke 2015年11月17日
パソコンにCD-ROM 標準搭載が増えたとき、百科事典でやればよかった。
言葉使い @tennteke 2015年11月17日
webマンガが人気出て書籍化→webから削除→書籍がシュリンクに入れられる or 初版で絶版→webで復活せず、という焼き畑商法。
えぬ @enu_ei 2015年11月17日
「本棚に並べることに意義があるから紙の本はなくならない」みたいなことを内田樹が言っていて(たしか『街場のメディア論』)、当時紙派だった私はかなり納得しましたが、反対に「本棚に並べるのははばかられる」本もあったので、電子書籍を始めてから棲み分けができるようになりました。
Alpha with CUB&GSR @2525_Alpha 2015年11月17日
検索と遷移において、人が欲する微妙な範囲を電子書籍端末ではフォローし得ないことが要因ではないかなと見えますね。 言葉で直接検索するのではなく、あのあらすじ(やカテゴリ)はどの辺だったかと、ばーっと斜めにめくる感じは、電子書籍で不可能なことの代表例ですね。
夢乃 @iamdreamers 2015年11月17日
こういう電子書籍端末【 http://togetter.com/li/274191 /こんな電子ブックリーダーだったら私も欲しい】が出たら考える。(でも、出ない・・・)
reesia @reesia_T 2015年11月17日
今、電子書籍で喜んでいる人たちはシャープの規格がデファクトスタンダードだった頃はどうしてましたか?(小声
koromon @yamadian 2015年11月17日
他者の都合で読めなくなる、読むのに電源が必要ってくらいかと思ったけど、大雑把に場所を探すような操作も紙の方がいいかもね。一方で重くない・体積がないってメリットは大きいし、どっちかに偏らず両方使えばいいんじゃない?
亜印屋@リハビリ失敗 @ajirusiya 2015年11月17日
本を買ったら電子書籍でも読めるシリアルコードいれるとか、双方利益あることをどうしてしないのかな。どーして「どっちか」なの? ライバルは蹴落とすものだから?
trycatch777 @trycatch777 2015年11月17日
無理して電子書籍を読まなければならん状況では普及しないでしょうね。実はKindleで何冊分か購入していて、AndroidタブレットやiPadで読んでいたけど面倒すぎて読まなくなってしまった。かといってKindle端末買うほどそれに依存していないし。
taka @Vietnum 2015年11月17日
「出版は文化事業なんだから再販制度は必要」とか言ってる出版社に限って、新しい文化(電書化)に対して尻込みしたり、手を出しても古い本まで電子化してなさそう。それに映画化とかのときは口約束でささっと決めるくせに、電書化のときだけ「作者が同意しないので」とか言っちゃう始末。
taka @Vietnum 2015年11月17日
会社の都合で読めなくなる不安は、楽天がその前例を作りかけたのが響いてそうだね。
はにわ @haniwa0705 2015年11月17日
読みたい本に限って電子化してない、とか、データのみなのに紙と同じ値段、だとかまだまだ出版社側の努力不足もしくは電子書籍への及び腰も大きそうですね。 ただし、この数字なら仕方ないのかなぁとも思えてきます。 しかしひと昔前と比べたら電子書籍は相当増えてますし、KindleやiPhoneのブックアプリ等で読みやすくなってます。たまに安売りもしてますし、無料で読める本も多数。試し読みもできる いいと思うんですけどねぇ
atsuso @atsuso 2015年11月17日
箇条書きにすれば電子書籍のメリットはいくつでもあるが、「何か」が決定的に欠けているような気がするんだよな。一言で言えば「読了したときの達成感」と言うか。まあ電子書籍ネイティブで育つ若者ならそんなことはなくなるか、とも思っていたが、今の売れ具合じゃそんな未来派の読書家が育っているとも思えないんだよなあ。
なが @k_watarase 2015年11月17日
電子書籍は十数年先の未来で読めるって確証がないから私には選択の余地がないかな。あとタブレットって硬いし精密機械だし気を遣うから生活の中で本と同じ位置にはこない。タブレットで読める新しい何かって感じ。
CD @cleardice 2015年11月17日
ふと思ったけど電子書籍が自由に使える状況ってほぼイコールでインターネットに接続できる状況で、その場合に競合する相手って紙の書籍じゃなくてインターネットの他コンテンツなんじゃないかな。
ガンタンク南雲@がんばろう千葉 @RX75GUNTANK 2015年11月17日
データを購入して所有できない限り、メインにはなれない気がする。あとは紙面サイズに縛られない、電子書籍特有のスタイルでも出てくればあるいは?
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2015年11月17日
多種多様なフォーマットや読める機械の問題、他に年々?厳しくなっていくH系コンテンツに代表される規制の絡みや作者不祥事タイーホで一気に購入者のハードウェアからすら回収される可能性もある電子書籍は最後までメインにはなれないような、気がする(コミック読む段には便利なので愛用してるけど小説や論説はナイと思ってる)。そりゃ小出版社がまとまって印刷ではペイできない小部数の本を電子書籍で……というのは十分アリとは思うけど(これですら宣伝広報の具合で売れるかどうか……)。
「おれだーっ」「からみ大将軍!?」 @tonbiniira 2015年11月17日
・欲しい本が(ラインナップに)ない・電源入れるのが面倒・っていうかどうせ読むならPCで十分・そもそもそんなに本読まない・好きで買った本は捨てないのでデジタル化しても意味がない
ジャカルタ読み専ブラザーズ @_oinarisan_ 2015年11月17日
「サービスが存続する間データを閲覧する権利」とかいうクソみたいなものに金を出す気はないですよ
瑞樹 @mizuki_windlow 2015年11月17日
>物の少ない社会。必要なものしか持たない生活がもてはやされる社会。生活感のない家がもてはやされる時代<←これ、流行らそうとしてるけど、全く流行ってないよね……テレビで特集される度に嘲笑されてんじゃんw
公然秘密結社社員 @higrik 2015年11月17日
現状ではメリット(軽量、隠匿性)とデメリット(不安定、設備必要、操作性)を天秤にかけてデメリットのほうが大きいのが普及しない原因かと。普及のためには電子書籍の仕組み自体を変更する必要があるかもしれない。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月17日
電子書籍で出てる作品は紙で前から買ってたの以外電子書籍で買ってるわ。先般、引越しで荷物整理してたら昔買った本で傷んじゃってたの相当数あったし、一度段ボールに入れちゃったりしたらウン年度に再度読むことまず無いなと改めて思った。本棚無限にあって虫干しとかちゃんと本の管理もしてる人ならそんなこと無いんだろうけど。まぁ、海外向けサービスも電子ペーパー系端末の新開発もやめたSony Reader store利用者が言うことなんであれかもしれんがな!
茨 二科 @ibaranika 2015年11月17日
マンガに関してはメリットの方が増えたので電子書籍にだいぶシフトしましたたが、小説だといまだに見づらいままですしね。こればかりは電子書籍側のハードが小説に対応してくれないとどうにもならん。電源をほぼ使わなくて見やすい電子ペーパーもコストを下げるのに難航してるみたいですし…
茨 二科 @ibaranika 2015年11月17日
さておき表題の調査統計は、ソース元が公開されており、調査の結果も見れます。 http://www.cross-m.co.jp/report/report_dl.html$/id/51894/token/acff4c1e02a6d61109ea04674aeab72f/ 調査の対象は1200件、年齢層はまんべんなくなので特に偏りなし。問題の設問ですが「最も多く使う手法」という設問なので、電子書籍を主に使うという人が全体で5%しかいないのは当たり前の話です
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年11月17日
たとえば辞書。目的語がダイレクトに出て、隣や近くにある全く関連性の無い単語が目に入って興味を引くということがなくなる。たとえば論文資料。ざっと飛ばし読みして全体を把握しつつ意識にひっかかった部分を精読するなんてできなくなる。たとえば小説。泡坂妻夫「しあわせの書」「生者と死者」倉阪鬼一郎「内宇宙への旅」ミヒャエルエンデ「はてしない物語(岩波版)」みたいなことができない。飛び出す絵本も無理。電子書籍が目指すべきは、既存の本の置き換えではなく、「電子書籍でなければできないこと」を切り開くことだと思う。
茨 二科 @ibaranika 2015年11月17日
今年電子書籍サイトでウン十万買い物してる私だって、紙のほうが金額的にも量的にも多いですからね。ましてそこまで金使わない人なら、紙のほうが多いと答えるのは当たり前。現にその後の設問で、紙と電子書籍を使い分けている人は全体で21%。つい数年前までは電子書籍は見づらい、重い、いつまで見れるかわからないなとど悪評しかなかった時代からしたらかなりの進歩といえるでしょう
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年11月17日
井上夢人「99人の最終電車」とかLeafのエロゲ「痕」あたりは、電子化しないとできない新しい小説の形だと思ったが、作るの大変だからフォロワーあんまいないね。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年11月17日
「目的のものがダイレクトに出る」で十分なもの、たとえばマニュアルや技術リファレンスなんかは既に相当数電子化されてるし、辞書にしても発音を読み上げてくれるのとかは海外旅行では便利でそれなりに需要があるわけで。すみわけを考えればいいんじゃないかなぁ。
茨 二科 @ibaranika 2015年11月17日
Clearnote_moe 小説に関しちゃ完全に劣化(それも元の10%くらい)ですからねー。SFや翻訳ものの注釈がタッチですぐ読めるようにするとか、複数の訳者がいる場合をシーンによって自在に切り替えられるとか付加価値はいくらでもつけられそうなんですが、コストに見合わないでしょうなー。だから既存のコンテンツに乗っかってる以上は、もはや劣化を留める以外ムリという。企画から立ち上げるしかないでしょうね
ありたんこぶ @o0la_traviate0o 2015年11月17日
状況に応じて使い分けすればいいだけなのに、どうしてこの人はこんな攻撃的な言葉遣いをするのだろうか。
KWAT(髙橋角信) @kwat_01 2015年11月17日
「物の少ない社会。必要なものしか持たない生活がもてはやされる社会。生活感のない家がもてはやされる時代」いわゆる意識他界系の人たちは四半世紀も前からそんなこと言い続けてるけど、それが本当にもてはやされてるんなら『断捨離』なんて言葉こそ流行らなかったろうに。
KWAT(髙橋角信) @kwat_01 2015年11月17日
つーかね、お金を払って手に入るのが「サービスが存続する間データを閲覧する権利」で自分のモノにならないってんなら、図書館で借りてくればいいじゃんって話にならんかね。なに、図書館に足を運ぶ手間が省けるから電子書籍のほうがいい?はぁそうですか。
張三李四 @tyousanrisi 2015年11月17日
サービスが糞すぎるにすぎる。購入するサイトで規格がちがったり、発売日が書籍よりも大きく遅れたり、一時期は仕方がなく使っていたが、どちらも選べる状況なら今はまだ書籍を選ぶ。
酔宵堂 @Swishwood 2015年11月17日
文庫本より安い位置付けでDRMフリーの落とし切りなら利用もするが、今の「そもそも信用出来ない」「全然安くない」「なにしろ自由がない」のままで使う気など湧くものか。わざわざ管理して貰わなくても最近クラウドストレージなら自前の容量使っても困らないのだし。
taka @Vietnum 2015年11月17日
haniwa0705 読まず嫌いの人がかなりいそうですね。しかも本当の本好きに限って「紙の手触りが大切!」とかのアナログなことを言い出すし┐(´д`)┌ まるで手に取れないデジタル楽曲配信を聴かず嫌いして、いつまでもアナクロなCDを買い続けてる日本人ならではかもしれません。ただし、版元も積極的に電子化したがってるようには見えないのが残念(孤軍奮闘のカドカワは別ですが)。
taka @Vietnum 2015年11月17日
全然安くないという人は、まったく値引きしない紙本と違って7~8%OFFは当たり前、20%OFFセールも頻繁におこない、年に数回50%以上OFFもしてることを知っておいた方がいいですよ。利用しない人に限ってそういう意見を並べて毛嫌いしてますが(˶′◡‵˶) ただし文春、岩波、講談社。てめーらは許さねぇ><!
はにわ @haniwa0705 2015年11月17日
電子書籍派が5%弱という数字が少な過ぎだろ!という怒りのツイートでしたが、冷静に考えてみれば確かに5%でも上出来なのかも知れません。 こんな私でも実際に読む本は、紙とデジタルで半々。少し紙の方が多いくらいです。ただし、図書館で紙の本しか借りられなかったり、友人から借りる本が紙であったりとかいう事情があってのこと。 できれば図書館でもデジタル本が借りられるようになって欲しいと本気で考えています。 私のような電子書籍派、電子書籍でなるべく読みたいと思う人がもっと増えて欲しいと心底思っています
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年11月17日
Vietnum 50%OFFが当たり前ならいいけど、たまのセールでやってるだけじゃありがたみがない。KindleとDMMは使ってるけど、自分だけが読む本か読み捨ての本しか買ってないな。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年11月17日
Clearnote_moe ビジュアルノベルシリーズ(エロも含む)って電子書籍にぴったりマッチングするジャンルなんですよね。 電子紙芝居なんで。でも「ゲーム的電子書籍」ってもう10年以上前にだいたいやり尽くしてる感はあるよな。メディアが必要だったりフラッシュが必要だったりと大迷走して廃れちゃったけど。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年11月17日
ibaranika そう思いますね。洋画の字幕切り替えがデジタル化でできるようになったみたいに、原文と切り替えて読めるようになったりすると面白いですね。
えぬ @enu_ei 2015年11月17日
電子書籍の最大の利点は、両手が空くことです。100均でも買えるスタンドさえあれば、単行本のページに重しを置いて途中でめくれてしまったり、ページを押さえる手ともう片方の状況がずれたりすることはないです。ただそういう用途のある書籍が、もっともクラウド側からの修正・削除を受けやすいのですけれども。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年11月17日
O_Flow そうなんですよ。だから「小説の新しい形」としての進化を期待したんですが、東鳩以降「分岐型ADV」に逆行しちゃってアレー?ってなった。普通にやると難しい二人称小説と親和性高いと思うんですがねぇ。「風のリグレット」はこの方向性の進化系だけど、既に書籍でなくなってしまったw
ひいらぎあや @hiiraya 2015年11月17日
新聞社の電子版ですら一定期間を超えると削除されるのに、デジタルデータといういつ失われるかもわからないような媒体に金を出すのは読書家のすることではない。真の読書家とは、本を収集し囲まれて生活することが目標である。データだけで満足するのであれば自炊でどんどん所蔵データを増やしたらよろしい。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年11月17日
Clearnote_moe 「攻略」ではなくて、「再読する事で展開が変わり核心に迫ってゆく」ってのは僕には衝撃でしたね「痕」は。「ひぐらしのなく頃に」なども相性ばっちりですし(強引にノベライズしたものは文字芸でしかなかったので)。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年11月17日
kindle paperwhite が国内販売されてすぐ使ってみて思ったのが、すごく小説が読みにくいってこと。「ケブンリッジ」のコピペにもあるように人間の文章認識って真っ直ぐじゃないので、1ページずつ平板に見せられたら読む速度落ちるんですよ。少なくとも私は。これは慣れでどうこうなる問題じゃないし、ならなかった。
ひいらぎあや @hiiraya 2015年11月17日
「データのみなのに紙と同じ値段」とか「安売り」「無料」を電子書籍に求めたいようだが、作家と出版社からすれば収入が減るぐらいなら電子出版なんぞしないでこれまで通りの紙出版で収入が得られたらそれでいい、ってことが解らないようでは、電子書籍は滅んだほうがいい。作品を読む対価が正当に作家と編集した出版社に支払われてこそ出版サイクルが成り立っているのであって、無料や安売りを要求するのは作家と出版社に対する冒涜である。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年11月17日
O_Flow 同志よ。そう、そういうところが電子化ならではで。確か同時期の「YU-NO」や、古くは「カサブランカに愛を」なんかのループものがゲーム的に解決してた「読者プレイヤーの知識理解度で展開が変わる」を小説的に表現した答えだと思います。
ひいらぎあや @hiiraya 2015年11月17日
好きな作品を執筆している作家を応援して本を買い、その売上が作家に支払われ次の作品を執筆する資金になる流れは同人誌即売会では当たり前のように行われおり、コミケやコミティアなどから商業にステージアップした作家が山のようにいることは漫画業界に足を突っ込んでいる人ならばよくわかっているはず。CLAMPであったり、TYPE-MOONであったり。そうやって作品を作っている作家に対して敬意をもって対価が支払われている、ということを忘れてしまったら作家を潰していくことになるということも忘れてはいけない。
うちゅぎひのえ @uchugi 2015年11月17日
新刊書籍がなかなか電子落ちしないからなぁ……BL界隈はそうでもなくなって同時発売とか下手すれば電子先行なんてとこもあるけど、メジャー少女漫画界隈は電子化してもだいたい1巻(遅いとこでは1年以上)待たされるから、それまでに紙の本を買ってしまう。 発売時期が同時だったら電子で買いたい本は多い。価格はあんまり関係ない
selvis @revenir_sleep 2015年11月17日
Kindleで3,4冊ほど読んだ程度ではあるものの、電子書籍だと「寄り道」「散歩」的な事がしにくいというのと、引き上げられたら読めなくなるというのが…後個人的な感想として、シリーズ物とかはやっぱ揃えて棚に置きたい。
selvis @revenir_sleep 2015年11月17日
あとやっぱりボードゲームはテーブルに広げたいし麻雀は牌をカチャカチャしたいしCDは中指刺してトレイに入れたいしキーボードはカタカタしたいしトランプはシャカシャカしたいしダーツはストンッと刺したい。娯楽特有の「やってる」感が本にも欲しい
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年11月17日
電子書籍が定着するためには「読む用」「保存用」「布教用」として同じものを6冊分購入する事だと思うのw
はにわ @haniwa0705 2015年11月17日
パソコン4台並べて麻雀をしたことがありますが、なかなかに寂しいものでしたね。やはり雀卓でジャラジャラしたい。でも、それを許さない環境もある。娯楽っていろんな意味で贅沢なんだと思います。 もちろん贅沢を否定する気もないです。電子デバイスを使ったボードゲームよりもモノを買ってきてやるボードゲームの方が楽しいですよね ただ、私は読書に関しては娯楽であるより日常であって欲しいんです。気楽にスマホでちょろちょろと済ましたいんです。お金も小額で済ませたい。電子書籍には読書を日常にする力があると思うんです
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年11月17日
まぁみんな好きな媒体で読めばいいがな。に帰着する話。ここまでして「電子書籍の良さ」を語られても「お、おう…」でしかないよ。新しいメディアを普及させたいときに一番の障壁はまとめ主のような人の存在かな?
寿命 @hisa_ino 2015年11月17日
まず俺の読みたい本を電子書籍にしてください。話はそれからです。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年11月17日
一人でふんがー!ってやってたところで電子書籍を受け入れるのは不特定多数の読者だからなぁ。あ、僕はKindleでも楽しませてもらってますよ。コミックに関しては「見開きのコンテンツ」の強さがないんで活字の方が多いです。
moheji @mohejinosuke 2015年11月17日
仕事関係の本は電子書籍無いし、落書きできるメリットの方が上回るから紙の本かなあとは思うけどそれ以外、小説漫画ラノベ雑誌はすっかり電子書籍に移行した。 128GのiPadですら容量が足らなくなってきててさてどうしたもんかという感じだけど。 ストアはKinoppyとBookwalker。Amazonは自分の都合で客の買った本を書棚から消すから使う気にならん。 KinoppyとBookwalkerはそれは今のところやってない。
moheji @mohejinosuke 2015年11月17日
販売じゃなくて読む権利のレンタルであることを過剰に気にする向きもあるけど、デジタルコピーをコントロールするためには今の形式は販社側が書店としての責任を自覚している限りにおいて悪くないバランスだと思う。 複数デバイスでどこまで読んだかの情報も含めて同期して扱えるから通勤時にiPhoneで読んで家ではiPadとか場所によってデバイス選択できるのは結構いい。
moheji @mohejinosuke 2015年11月17日
ぶっちゃけに日本人だってモラルもしれたもんなんだしDRMフリーとかありえん。 手間暇かけて作った本が大ベストセラーただし金払った客は10%とかになるのが目に見えてる。 買わない理由を一生懸命挙げ下ぎゃーぎゃー言う連中はそもそも客じゃないので無視していいと思う。 電子書籍に親和性のある客をターゲットにどれだけ利便性の高いサービスを提供するかだろう。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年11月17日
どちらもいいところと悪いところがあるんだが、これは大事だって本は紙で持っていたいね。ただ、これからの季節、布団の中にもぐって読める電子書籍というかタブレットも捨てがたい。あと、古本屋に売り飛ばせないってのは、売っちゃう派の人には残念な点だろう(おいらは基本売らない)
京都ねこ@本クレクレ @nekodaisukimyaw 2015年11月17日
本当に情報(中に書かれた文字や写真、挿絵)だけが欲しいのならそもそも本の装丁もどうでもいいはず。しかし多くの人が値段も場所も食う豪華本を持つことに愛着と満足を覚える。そういう人が多いのだから実際に手に取って読みたいと感じる人が多いのは当然でしょう
亜印屋@リハビリ失敗 @ajirusiya 2015年11月17日
データだけのソーシャルゲームには金をかけるのに電子書籍にお金をかけない……ってあたりに理由がありそうです
富 ユタカ @lkj777 2015年11月17日
電子書籍には致命的な欠陥が3つある。第一に視認性が低いのにも関わらず反応が遅すぎること。第二にアノテーション(注釈)の自由度が低い上にメディアを超えて共有できないこと。第三は言われているように所有できないこと。紙はテキスト検索は遅いが、視認性は高く(DPIという概念もない)ページをめくるスピードは速い。アノテーションは共有を考える必要がない。
子ぬこ @konukopet 2015年11月17日
長所短所がそれぞれあるから使い分けすることになっていくんだろうけど、例えば辞書的に付け合わせて使おうと思うとタブレットだと不便な面はあるんだよな 誰もが複数のタブレット持ってるような状況じゃないと
Molly @Kyo_Molly 2015年11月18日
1990年頃には既に電子書籍をソニーが発売していた記憶があるのだけれど、当時からの問題点を未だに解決できないとは考えていませんでした。憂鬱薔薇麒麟など、画数の多い漢字の可読性が低い。潰れた文字を脳内補完しつつ読むため目や脳への負荷が紙媒体よりも高い。この問題の解決にはまだ時間がかかりますね。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月18日
電子書籍で特に漫画読む人には画面が4:3で軽いタブレット選ぶのがオススメ。重いのだと腱鞘炎が…。先日ASUSのZenPad S 8.0衝動買いしたが、4:3画面なら8インチでも自分には見開きで読むのに十分な大きさ。軽いから某社の10インチタブと比べて手首の負担激減したし。 目疲れにくくて軽い電子ペーパー端末で漫画見開きで読めるの欲しいんですけどね。SonyReaderでPRS-T4が出るときは見開き対応で頼んます…ってもう新機種でないんだろうけどさorz
くま参式 @kuma3style 2015年11月18日
根本的なこととして、紙媒体を否定しないと電子媒体としての優位性を保てない時点で、電子媒体なんぞに優位性なんぞ存在しない。素直に電子媒体のメリットを宣伝すればいいだけなのに、ことごとく紙媒体を否定しなきゃ気が済まない賤民思想が文章からにじみ出ている。こんなキチガイに宣伝されたら、電子書籍普及なんて夢のまた夢だ。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月18日
漫画で電子書籍版同時発売、カバー裏や折り返しも収録の作品、あと、電子書籍のみのフルカラー版とかも増えてはきたけど、月単位で時間差とか裏表紙や帯は未収録が多いとか、そもそも電子書籍版出ないとかまだまだあるからね~。
亜麻にゆ @ama_niyu 2015年11月18日
スマホじゃ小さすぎるし、タブレットは高い……。 それと、何故ろくに使うこともできないだろうグッズを買い、同じ本を布教用、保存用と買うのかってことも含め、自分の一種の信仰履行の確認として目に見える形で所持していたいのではないかと。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月18日
改善されて欲しいところが改善されるか、それ以前にサービス続いてくれるかは普及にかかってるから「布教」したくなる気分はよっく分かるんだが、アニメ・漫画・ラノベ作品の「布教」なんかでもよくあることだけど、悲しいかな逆効果のことが多いよねっていう。何かを腐すニュアンスが入っちゃうと特に。ということで、Sony Reader Storeよろしくお願いします(ダイマ感
goya4 @goya4 2015年11月18日
乱読型の私は、読むべき本がよく行方不明になるので、端末に読みたい本が集約される現状は有難い場合が多め。 あと寝ながら読むのも多いから、バックライト端末も愛用(室内を暗くして)。視力には悪影響だけど。
なちゃ @nachakey 2015年11月18日
結構慣れの問題だと思うけどね。 何冊か読んだけどダメっていうけどさ、紙の本初めて読んで何冊か読んでも似たようなもんじゃない? 個人的には電子書籍のメリットは十分あるしね(場合によるけど紙では不便すぎるってことも別に普通にある)。 続き物で急に何巻か前の話読み直して確認したりとか、紙じゃやってられない。
なちゃ @nachakey 2015年11月18日
紙も好きなので誤解しないでね。 電子書籍に紙を求めるからダメなんであって、それぞれ違うメリットがあるってだけだと思うけどなあ(もちろんそのメリットがあるかは人によるけどね)。
なちゃ @nachakey 2015年11月18日
後たいていの人は本を何百何千冊もずっと保管しては置けないので、所有できないってのは気持ちは分かるしうーんと思う面は確かにあるけど、現実には紙でも大して変わらないかもって気がしないでもない。
なちゃ @nachakey 2015年11月18日
今の電子書籍だとぱらぱらめくって元の場所に戻るとかも、紙ほどではないけど別にできるしね…
muramasa @muramasa931 2015年11月18日
JPEGをZIPにまとめた代物よりも、圧倒的に利便性や保存性が劣るからね・・・DRMっつって、アマゾンみたいな自動消去装置だったり、最悪バックドアみたいなの仕込まれてたりするから危険だよ。
富 ユタカ @lkj777 2015年11月18日
慣れではない。何巻か前を読み返すときの呼び出しが遅い。取出しがつらい。紙は机に並べればいい。一覧性がないのよ。あとこの本の129ページと別の本の62ページを10回交互に見返すときの電子書籍はとてもつらい。数100ページ単位の本や資料で100を超えるとちょっと無理。マンガとかだったらいいのかもしれないけど。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月18日
特に漫画が好きな人からすると、電子書籍はデメリットの方が大きいからなあ。出版社にもよるが表紙カバーの画像や表紙裏のオマケ画像が省かれてたり、酷いのになると本来コミックスに収録されてるおまけページがまるごと削除されてたり。そんな事してたらそりゃ売れなくて当然だよ。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2015年11月18日
別に電子書籍にDRMガチガチ固めてくれても構わないけど(通常の書籍だって読みたい本なら購入するし)、例えば10年や15年前に「読んどこ」と思って買ったいいものの読み忘れてた本とか10年前に読んだけど久々に読んだ本てのが普通にあるんだけど、それを電子書籍が提供してくれるのかという話ではあったりします、自分の中では。まぁ電子書籍パピレスあたりだとサービス開始してから10年超えてるけど(自分Mac持ちなのでRenta!使えてもパピレスは使えない……)。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2015年11月18日
書籍の流通が完全に電子書籍を提供している会社の判断に委ねられてしまっている現状、残念ながら電子書籍に手を出す予定がないなぁ。通常書籍なら、なんらかの理由で回収されたとしても中古本という完全に独立した流通があるし。電子書籍でもそういうのの作れたら良いんだろうぇど、無理だろうなぁ。
山田道夫 @yamsan 2015年11月18日
電書も初期に比べたら全然マシになっているけれどな。初期だと読みたい本なんて皆無だったが、今だと結構読みたい本もある。まあ、世代が変われば普通に流通するようになるでしょ。僕が生きている間は無理かもしれないが。残念なのは、専門書が皆無に近いことか。そっちこそ向いていると思うのだが、弱小出版社とかが出すまでには時間がかかるかもね。僕は本の整理が苦手なので、もう見つからない本とか山程あるから電書の方がいろいろと楽w
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年11月18日
astray000 究極的にはマザーコンピュータで全ての情報が管理されていて、それに対するアクセス権限を付加するという形になりますが、そこまでいってやっと信用できるものになる。と思う。都市型宇宙船が実現する頃になれば何とかなるかな。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月18日
「閲覧する権利」だけに数百円から数千円払うとなるとやっぱり難しい。動画配信みたいに月額制で登録されてる書籍・雑誌が読み放題とかにすれば、「実本を持つ事にこだわらないライト層」の取り込みは可能だと思うけど。
@onpu_original 2015年11月18日
「電子書籍」と書くと一冊の本イメージする人が多いので、「電子本棚」か「電子書斎」とでも名前を変えた方がいいと思った。iPodだって、何千曲を詰め込んでいつでもどこでも聞けるのが大きなメリットだったわけで。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年11月18日
国会図書館が全蔵書を電子化して国営電子書籍サーバを運営してくれれば
でかつ(お盟主様)@11/10札幌さよならマラソン @deka2 2015年11月18日
タブレットをほぼそれ用だけで使ってるけど買ってDLしておけばオフラインでも読めるしかさばらなくていいんだけどね。小説などは電子ペーパーのほうが見やすいけど、漫画とか雑誌ならkindleアプリで十分。もう少しアプリがタブレット用に練ってあればもっといいけどね。「ピンチで縮小拡大」ぐらいはお願いしますよ、アマゾンさん。
moheji @mohejinosuke 2015年11月18日
lkj777 えっ? >>DPIという概念もない
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年11月18日
mohejinosuke うちのセッターだと2400dpiですね。さすがに肉眼ではドットを見分けられない。オンデマンド印刷だと600ppiかな。こっちは見えなくもない。
taka @Vietnum 2015年11月18日
権利のレンタルを電書否定の根拠にしてる人がいるけど、そんなん言うたら定額配信音楽もビデオも同じだし、Steamで購入するゲームも入っちゃう。そもそも電子化時代を全否定してることに繋がってる時点で、説得力ないね。
taka @Vietnum 2015年11月18日
mtoaki ありがたみとかの話ではなく、紙と電書のどっちが安く買えるかの話です。「ありがたみ」とかは個人の主観なんで(˶′◡‵˶)
なが @k_watarase 2015年11月18日
電子書籍は閲覧権のレンタルですって言ってもらったほうが既存の本との違いがはっきり分かっていいですね。所有って概念は重要なものですから、あんまり曖昧にされると不信感がつのりますし。
moheji @mohejinosuke 2015年11月18日
mtoaki 印刷、ディスプレイ表示、DPI、PPIの関係はPCからしか知らない人はかなり誤解してるケース多いので相互に話が通じてないことを散見します。まだ活版印刷で刷ってるくらいの認識の人もいるようですし。ディスプレイ表示でも250PPI前後でフォントの可読性ではかなり複雑な字でも全く問題ないですがけど。
moheji @mohejinosuke 2015年11月18日
第三世代iPad以前以降で電子書籍閲覧環境は全く異なる(今でも一部にそういう傾向が残ってるが、高解像度=たくさん字が詰め込める、から可読性・UXの向上にシフトした)んですが、それ以前の印象を引きずったままの人は多いね。
moheji @mohejinosuke 2015年11月18日
後直接Twitterで電子書籍も出してる作家さんに聞いてみたことあるけど、契約によるけど一冊売れたことによる作家への収入は実体書籍と電子書籍では変わらないそうですよ。本に囲まれて生きていたいという読書家の幸せは同意するけど、飽きたら古本として販売するよりは電子書籍の方がより売り上げで貢献できるかもしれませんね。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月18日
電子書籍がセールになってる時と通常の時で作家さんへいく分って変わるのかしらん?てのは前から少し気になってる。5割以上引くのはそう頻繁じゃないけど、2割程度のポイント還元はちょいちょいあるから、積読溜まってたり新刊即買欲求が落ちてきてるのもあってセール待つこと多いんだよね。代わりにでかいセールの時の衝動まとめ買いも紙メインの時より多くなってる気がするが^^;
anthropoteuthis @anthropoteuthi1 2015年11月18日
版元が潰れようが作者が逮捕されようが誰かが苦情や抗議を出そうが絶対に手元から消えないという安心感が紙の本を買うことによって得られるわけで、価格やスペースのメリットくらいで権利のレンタルに乗り換える気にはなれません。CDも然り。
1920 @juuku20 2015年11月18日
昔のライトノベルのセット販売は格安で素晴らしいんだが、どうしてもページをめくるのが億劫でイラつく。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月18日
ページめくりはフリックより物理ボタンの方が好きだったので電子書籍端末はSonyReader一択だったんですが、今はボリュームボタンでのページめくり対応してるアプリ増えましたね。握った手の形そのままで指あてたままカコカコページめくるほうが、いちいちフリックするより楽ですもん。
moheji @mohejinosuke 2015年11月18日
違うということは単に違うだけであって優劣ではないのだけどなあ。 ある本が5年10年後に手元にあるかどうかについてはむしろ実体があることそのものが脆弱性だったりすることの方が多いのだけど。 IDとパスさえあれば火事で焼け出されたとしても読める。蔵書の山に眉をひそめてる同居人にいつの間にか「片づけられてしまう」こともない。引っ越し先の都合でなくなく手放さないといけなくなることもない。
moheji @mohejinosuke 2015年11月18日
ゲームだって円盤保持しておくよりSteamで買った方が利便性高い面もあるしね。
moheji @mohejinosuke 2015年11月18日
ただまあ、変わることがどうしても受け入れられない人に何を言っても受け入れてもらえるなんてことはあり得ない。どういう使い分けがいいのか、どういう点が強みなのかの周知を通して仲間を増やす方がいいかな。よくビジネスで言われる文句を言う人は期待してるからで誠実に対応することが味方を増やす秘訣みたいなの、あれ大間違いだからね。こうなら買う、ああなら買うってうるさい人が実際そうなったからといって買ってくれるかというと、んなこたないわけで。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月18日
電子書籍は積んでおいてもそんなに邪魔にならないのが利点ですが、どうも読んでいくとちゃんと残りのページ数がリアルで減る紙の本のほうが読んだ気になるのよね。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年11月18日
Vietnum たいていの場合は紙ですね。古本屋で10円とかで売ってる。
ばりえった @Varietta01 2015年11月19日
電子書籍になってマンガは圧倒的に読む量増えたけどね。 手を出してみたいけど、部屋に場所がないという人間には、明らかに本よりも出会えたマンガの量が多い。 大量の巻数を管理して直ぐに次の巻が読めるのだけでも楽すぎる
佐倉和音🥴 @O_Flow 2015年11月20日
古本屋で10円の本って要するに市場ニーズがなくなったってことでしょ? その点電子書籍はニーズがなくなっても価値は減損しないのですごいなぁと。また無料で読める本が多いのもメリットかな?太宰治を本屋さんで買ってきて読むのと無料で公開されているものを読むのでは心理的ハードルが違う。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする