「少年A」が書いた「絶歌」を図書館は購入するのか、しないのか?各種の研究や報道~新出さんのツイートより

遺族が猛反発する、殺人事件の手記に対してどう図書館は対応するか。 出版当時はこれをめぐる動きなども一部で報じられましたが、半年ちかくが経過し、報道は減った半面で、図書館界の中ではその状況をまとめ、研究したり意見を提言したりする動きもあるようです。図書館員でもある新出@dellganovさんが、そんな動きや考えを紹介しています。
社会問題 政策 図書館 絶歌 図書館の自由 表現の自由 犯罪 出版の自由
24
新出 @dellganov
「当館は『絶歌』を購入しなかった。司書の判断としてである。図書館員の専門性、司書がいる意味がそこにある」というのは、その判断理由が妥当なものなのかどうか。toshoshimbun.jp/books_newspape…
新出 @dellganov
『絶歌』については、あれだけの世間的な逆風が吹く中で、他の資料と同様の選定基準を適用して受け入れた図書館の方が専門性を発揮しているとも言えるような。外部から見ると、何も考えずに受け入れたのとなかなか判別つかないけど。 @dellganov
新出 @dellganov
「図書館の資料選択の論理:『絶歌』の所蔵状況を通じて」予稿 drive.google.com/open?id=0BwgZS… スライド drive.google.com/open?id=0B2gPW…
リンク Google Docs otani_et_al_20151120.pdf
新出 @dellganov
公共図書館における『絶歌』の収集、提供がかなり慎重・抑制的、場合によっては自己検閲的に扱われており、収集しない理由も危ういものとなっていることを批判。おおむね、妥当な論である。特に「購入で出版を容認したくない」「気持ちのよい内容ではない」等は、ひどい。 @dellganov
新出 @dellganov
文芸書を収集していない都道府県立図書館についても、通常の文学作品とは異なり収集対象となりうるのではないかとの問題提起。山梨県立図書館は、「事件当時者の手記で資料的価値が高い」。 @dellganov
新出 @dellganov
なお、「焼肉図書館研究会」は、蔵書構築を中心に日本を代表する図書館研究会の一つである。nikulib.org @dellganov
新出 @dellganov
収集の理由として「明確に「図書館の自由に関する宣言」や自由宣言の考え方を明示しているものは19自治体であるが,他の意見も自由宣言の考えをベースにしているとも考えられるので,資料選択の理論的基盤として,自由宣言はそれなりに定着しているといえる」との記述あり。 @dellganov
新出 @dellganov
「購入で出版を容認したくない」って、図書館・図書館員が出版物や出版行為を審判するような権威や権限を持っているのかねえ(持っていない)。いつから、そんなに偉くなったのか。 @dellganov
新出 @dellganov
逆に「表現の自由がある中、出版差し止めなど司法の決定を受けていない以上、おかしな言い方だが、われわれが(購入しないという行為によって)裁くようなことはできない」というのは同感。 bit.ly/1IWRWV3 @dellganov
リンク www.tomamin.co.jp 連続児童殺傷事件・元少年Aの手記「絶歌」 図書館で対応分かれる||苫小牧民報社 苫小牧民報社が運営するWEBみんぽうは、苫小牧市と千歳市を中心に取材し、地域に根ざした視点で国内外のニュースから地域の学校の話題まで幅広く捉え、地元密着のニュースをお届けします。
連続児童殺傷事件・元少年Aの手記「絶歌」 図書館で対応分かれる (2015年 7/10)

 神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害者男性の手記「絶歌」(太田出版)の取り扱いをめぐり、苫小牧市や周辺自治体の公立図書館の対応が分かれている。”知る権利”などの観点から……が購入を決めた一方、……は資料収集方針などに基づき購入を見送った。貸し出しを19歳以上に制限する図書館もある。
(略)
全国の公立図書館の間では、遺族の心情などに配慮し、購入を見送る動きもある中、苫小牧市や周辺の図書館も取り扱いの判断が分かれている。

 苫小牧市立中央図書館、恵庭市立図書館、市立室蘭図書館は購入を決め、すでに発注済み。7月中にも貸し出しを始める予定だ。3館は「通常の図書と同様の扱い。購入しない理由がない」と判断した。
(略)

 購入を決めた図書館の一つは「表現の自由がある中、出版差し止めなど司法の決定を受けていない以上、おかしな言い方だが、われわれが(購入しないという行為によって)裁くようなことはできない」と話した。一方、別の図書館は「図書館の対応に注目が集まる本だけに、慎重にならざるを得なかった」とし、購入決断までに苦慮したと説明する。

 貸し出しに年齢制限を設けた図書館も・・・(後略)

琉球ミヤギ @MiyagiRyukyu
そういや大学の図書館の新刊コーナーに「絶歌」が入荷していたな。結構購入を躊躇う図書館が多いと聞いて手にとって読んでみたが、胸糞悪くなったので戻しましたとさ。

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年12月11日
@dellganov がほとんどで、プラス@MiyagiRyukyu さんのツイートを収録しました。「誰でも編集可能」です
nekosencho @Neko_Sencho 2015年12月11日
対応わかれるという現状でちょうどいいんじゃないの? 全国統一して買う、あるいは買わないってほうがよっぽど気味が悪い
取鳥族ジャーヘッド @torijar 2015年12月11日
これね、購入ゼロ運動とかやっちゃうと「未成年快楽殺人犯は更生するや否や」を議論する上での資料が一つ屠られて将来同類の犯罪が俎上に上ったとき説得材料が一つ減るけどいいの?と著者に怒りを覚えた人にこそ問いたい
文里 @wenly_m 2015年12月11日
個人的には、この手のものは貸出禁止にして館内閲覧のみにすると良いと思うけど。公共図書館はそういうの結構あるし。
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2015年12月11日
ヘイト本にせよ、何にしろ図書館が「良い本だから購入する」とか「悪い本だから購入しない」という「良い悪いの判断」をするようになったら世も末。
ニガおじ @otanoshimi_ex 2015年12月11日
資料としての価値はあると思うし、個人で買うよりは図書館にあったほうがいいと思ったけどどうなんだろうね
ES@toge専用 @hituji2222 2015年12月11日
判断が分かれる方がなんつうか「健全」だと思うな。図書館に置くのは構わんとは個人的には思うが。
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年12月11日
購入するしないは分かれて当然だし、出版差し止めが出ない限り買ってはいけないというわけでもないが、出る出ないが不明瞭だとリクエストが来るまで買わないでおこうか、になってしまったりはする。
ケイ @qquq3gf9k 2015年12月11日
予算と優先順位の話だと思うがね。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年12月11日
よい本の判断は図書館がしないと、図書館パンクしてしまいますがなw 国会図書館だけでいいです全部買うなんてのはw
nekosencho @Neko_Sencho 2015年12月11日
それはそうと、国会図書館といえば「亜書」の件どうなったんだろうね
fukken @fukken 2015年12月11日
私個人は絶対に買わないし読みもしないが、「我々が気にくわないので収蔵しない」は図書館の理念に反する。利用者が「絶歌」の出版を肯定する人間だろうと、それどころか神戸児童殺傷事件を肯定する人間だろうと、そのリクエストに応えるのが図書館の使命だ。最低限、国会図書館にはあるわけだし、図書館間のお取り寄せも駆使すれば大抵の地域では読めるだろうし、現実問題として大勢に影響はないだろうが。
fukken @fukken 2015年12月11日
図書館の使命は、正しいことをすることではない。何が正しく何が正しくないかを、その時代の人間が考えられるようにするために、古今東西あらゆる情報へのアクセスを確保しておくことだ。自主的に焚書してどうする。
新しい名前が思いつきません @NewName_NoIdea 2015年12月11日
俺は胸糞悪いから絶対買わない本だが図書館は買っておくべきだと思うがなあ ただ開架に置いておくのはまずい代物であるとも思うので閉架に置く感じで
節穴 @fsansn 2015年12月11日
根本的に良い本悪い本なぞ存在せんので、図書館のキャパシティが問題なら乱数表でも握りながら選書すれば宜しい
愚者@ C96土南ソ37b @fool_0 2015年12月11日
これくらい対応割れてる方がよほど民主的だと思うけどなあ。
Ukat.U @t_UJ 2015年12月11日
kanenooto7248 話題になったから議論になってますが、実態としては、図書館は常日頃からよい本かどうかを判断し、選書してます。全部買うだけの予算もスペースもないために。
Ukat.U @t_UJ 2015年12月11日
現場の問題としては、他に買うべき本を止めてでも「絶歌」を買うべきか?という問題になります。 こうした問題は、図書館の理念、司書の倫理として考えるべき問題と思いますが、実際の選書にあたっては、公共サービスや、他の理念をさしおいて優先すべき理があるようには私には思えません。
Ukat.U @t_UJ 2015年12月11日
当然国会図書館には保管されるべきですし、されますけれども。
Ukat.U @t_UJ 2015年12月11日
普通の図書館て、思ったより本買ってないですし、どんどん本なくなってますよ。町の図書館が長年改装されてないなら、その年に入った新刊と同じぐらいの本が廃棄されると思ってもいいくらい。
まつもむし⋈ with Vったらー南出柚架 @matsmomushi 2015年12月11日
むしろ図書館にこそ置くべき本だと思う。内容を知るために読みたいけどお金を入れたくないって人も多いだろうし。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月11日
特定の本に読む価値があるのか無いのかを決めるのは実際に読んだ人たちが決めることで、選書担当者が決めることじゃない。むしろ、世論が一方に傾くようなテーマのものこそ、賛否バランスよく選書してもらいたい。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年12月11日
さすがに20年前の語学学習本は開架に置いておくのはどうかと時々思いますが、当時の人はどうやって学習したかの参考にはなります。
sho_Yal @YaltSho 2015年12月11日
ってか内容にかかわらず、こういう本が出版されそれが社会的な騒動になった、ということを示す証拠としてその本を保存するために購入するということはあるんじゃないかと。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年12月12日
なお、図書館の自由宣言でも、エロと個人情報と法律で流布するのを禁止されちゃった本(盗作とか)に関しては例外事項にしています。酒鬼薔薇の実名が載っちゃった雑誌の扱いは各図書館で自由判断していたはず。
twin©ろくろ子 @inori_zwei 2015年12月12日
昔完全自殺マニュアルという本がありましたが、ウチの方では開架に出さず申し出があった場合に出してきての閲覧になってました。これも個々の図書館で色んな対応があると思いますが、何にしても職員・利用者双方が図書館は只の貸本屋ではないことを忘れないようにしなければいけませんね。個人的には社会的な資料として価値があると思います。
tako @tako6502 2015年12月16日
価値の判断は個々に委ねるってのが民主主義の原点のはず。そうでないのはファシズムと断じていい
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする