Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集部イチオシ
2016年1月23日

デザインとアート|UXデザイナーによるツイートまとめ

ウチヤマ ケンイチ|内山 賢一 プロフィール:UXデザイナー&ダブルワーカー。自身でクリエイティブスタジオを運営しながら、リクルートという会社でUXデザインとかサービスデザインもやってます。これまでに立ち上げやリニュアルをしたサービスは50くらい。建築学科出身で商店街の中のちいさなビルをDIYしながら暮らしてます。思ったこと、考えたことを毎日ブログに書く日々です。 http://knickaoffice.jp/
13
ウチヤマ ケンイチ @uccii

【デザインとアート】デザイナーは、よくアーティストと混同されます。重なる部分もありますが、デザイナーとアーティストは根本的な部分が違う。最大の違いは創作活動の目的が、創作の「内」にあるのか「外」にあるのかということ。両者とも画的に表現する人たちなのでややこしいのですが。1/4

2015-12-28 14:53:20
ウチヤマ ケンイチ @uccii

【デザインとアート】アートは活動の中に目的を見出し、それ自体が手段にもなってる。一方で、デザインは先に解決すべき問題があって、その問題に対応する形で存在する。単独で存在することはない。デザイン行為の多くは問題特定と解決方法の模索。ビジュアル表現はその一部にすぎない。2/4

2015-12-28 14:57:39
ウチヤマ ケンイチ @uccii

【デザインとアート】デザイナーはむしろ、病気を治す医者、料理を提供する料理人なんかに近いのかなと。だから間違ったデザインは存在する。一方で間違ったアートは存在しない。ただアーティストと言われる人たちも、商業的になるに連れて、次第にデザイナーに近づいていく気はしますが。3/4

2015-12-28 14:58:25
ウチヤマ ケンイチ @uccii

【デザインとアート】絵心がないからとデザイナーになるのを諦めてる人がいますが、僕はその必要はないと思います。知識があればデザイナーにはなれる。ちなみに僕はデザイナーですが、子どもの頃から自分の気持ちを絵で表現するのは好きで、どこかでアーティストに憧れがあるのかもしれません。4/4

2015-12-28 15:01:03

コメント

きゃきらん @kyakirun 2016年1月23日
あーわかります、趣味関連でデザインという行為につま先突っ込んでいるのでわかります
1
ニッカオフィス|knickaoffice @knickaoffice 2016年1月23日
きゃきらんさん、コメントどうもありがとうございます。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年1月23日
デザイナーにも各種あるので、何デザイナーか書いたほうがいいのでは?
1
小野阿久斗 @504timeout 2016年1月24日
Neko_Sencho グラフィックデザイナーであっても、絵を描く必要はないので(絵は提供してもらえばいい)絵心はいらないと思います。メインは問題解決のための絵・写真・文字の配置・加工ですのでクソダセェものを作っても目的達成できればOKなのです。
1
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2016年1月24日
504timeout でも中学時代、課題物はちゃんと提出してたし先生にも嫌われてなかったのに5段階評価の2を不空数回取って(あまりに酷すぎたので親が絵の練習まで習いに行かせてやっと3にはなった)、そして高校以降は違う芸術科目に(音楽だった)逃げ、大学は理系なんて行ったけど落ちこぼれたのがグラフィックデザイナーやっちゃいけないと思うぜ。まぁ俺のことだけどなorz
1
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年1月24日
先天的っぽいセンスは必要ないのかな?自分は絵心が残念な人なのでアートもデザインもしない。どうしても必要なときに自分なりに下絵を描いてから、専門の人にちゃんとしたモノにしてもらった事があった。出来上がったモノは、一目見てああ良いなって思えるんだけど、自分ではどうしたら良くなるのかを想像する事ができない。
1
小野阿久斗 @504timeout 2016年1月24日
Hirarinmac 美術1で中学高校でMAX2でもウェブデザイナーから飲食店のA0のメニューをデザインできるんだから絵心はそれほど関係ないです。今じゃベジェ曲線なんて便利なものもありますし。絵心よりも見る人の心理を知るセンスの方が重要で、絵心があればデザインの幅が広がる程度のものです。
1
小野阿久斗 @504timeout 2016年1月24日
食品のメニュー表であれば、例えば①売れるものを目立つところに配置する②おすすめは3つまで。おすすめは客が自分が食べたいもの決められないから聞いてくるので選択肢を狭める③配色で客の心理を誘導する。センスじゃなくて理論。 注意するのはこういうところで絵的にカッコイイ・綺麗とかはあまり気にしないです。もちろんメインの客層が求めているものに関しては気にしますが
1
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2016年1月24日
福笑いで美男美女を作る技術?それとも整いつつも個性的な顔を作る技術?(なんか数学的素養と購買行動の知識が必要な気がする。
1
原 健二 @tamayosi 2016年1月24日
デザイン系学校出身だけど、こういったそもそも論はやらなかった気がする。
1
ウチヤマ ケンイチ @uccii 2016年1月26日
Neko_Sencho 仰るとおり、同じ「デザイナー」でも何デザイナーであるかによって絵心の必要性の程度は変わってきますね。カーデザインやファッションデザインのような、機能だけではなく意匠そのものに価値があるようなデザインの場合は、絵心が占める割合が大きくなるのかもしれません。
0
ウチヤマ ケンイチ @uccii 2016年1月26日
504timeout 目的ありきなのが、アートとの違いですよね。デザイン=かっこいい、という必要は必ずしもないので。ただ「かっこいいデザイン」が必要な要件ならば、すこし話は変わってくるような気がします。
0
ウチヤマ ケンイチ @uccii 2016年1月26日
Hirarinmac 仮にグラフィックデザイナーはむつかしくても、インターフェースデザイナーなんかはもしかするといけちゃうかもしれません。
0
ウチヤマ ケンイチ @uccii 2016年1月26日
Dcdcxr 伝わるレベルの下絵が描けて、口頭のコミュニケーションで補足ができる方であれば、あとはツールの使い方を覚えることで結構なデザインが生み出せるかもしれません。それくらいツール類がいまは充実しています。
0
ウチヤマ ケンイチ @uccii 2016年1月26日
504timeout そうなんですよね。相手の気持ちを知ることができるという方が、絵心よりも大切な気がします。
0
ウチヤマ ケンイチ @uccii 2016年1月26日
Negative_IsGood 福笑いの例、いいですね。デザインは「相手はどのような顔がいいのか」を把握する行為かなと。あとはその好み通りに目、鼻、口を並べるセオリーみたいのがあるので、それ通りに並べるとかなりいい線までいけます。
1
ウチヤマ ケンイチ @uccii 2016年1月26日
tamayosi とても大切なことだと思うのですが、あまり教育機関では教えていないようですね。
0
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2016年1月27日
uccii クライアントの要望を聞いてパーツ配置するとどうやっても本来の福笑いの楽しみ方(いわゆるブス専)状態になっちゃったときは言葉を選びつつも「全力で阻止」なんでしょうか?
0