【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

虚構の展覧会に、選ばれしものたち#3 展覧会をはじめよう◆2(終)

画家を志す少女エンジェ。何のコネもなく、才能があるわけでもない。そんな彼女に美味しい話が舞い込む。絵の展示イベントがあるという! ただし高額の出品費がかかるようで…… 全80ツイート予定 続きを読む
Twitter小説 書籍 文学 減衰世界
512view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 15:49:59
_虚構の展覧会に、選ばれしものたち#3 展覧会をはじめよう
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 15:58:17
_結局展示即売会は実施されなかった。返金もあったようだが、そもそもエンジェは一銭も出していないのだから、何も変わらない。  ただ、一枚の絵が期日通りに完成した。それだけは、エンジェの成果だとミェルヒは思う。 71
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:04:27
_物質的な変化は確かにそれだけだが、ミェルヒから見てもエンジェの中で何かが変わったようだ。部屋の中でただ絵を描いていた少女の姿は無い。胸を張って作品を掲げる、一人の画家に生まれ変われたようだ……そんな気がした。それこそ、まだ一銭も稼いでいないが。 72
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:09:21
_あの後、ミェルヒは提案した。 「公園の隅でも借りてさ、絵を飾ろうよ。せっかく描いたんだし。自治体に申請すれば、きっと1日くらい許してくれるよ」 「ええ、いいアイディアだわ」  そして、そういうことになり、今に至る。 73
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:15:34
「せっかく作ったし、お披露目しないとね」 「違うの」  エンジェは絵を前にして、胸を張って言う。 「せっかくじゃなくて、この日のために作った、立派な作品なの」  ミェルヒは隣に立って目を細める。 「悪くないね」 74
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:20:45
_お披露目の時間が近づく。朝日が低い位置から窓を通して部屋に差し込み、埃っぽい空気を光の粒に変えている。 「悪くないね」  エンジェは彼と同じ言葉を繰り返した。 展覧会に出品するには、不足の無い立派な絵に見えた。エンジェの服もまた、展覧会にふさわしい晴れ着。 75
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:26:43
_二人は絵を大事に抱えて、公園の一角へとやってきた。イーゼルを設置し、絵を飾る。子供が遊んでいる公園。エンジェとミェルヒは、絵の横に布を敷いて、二人並んで体育座りになった。特に誰も絵に興味を持たないし、通行人もほとんどいない。それでも、エンジェの顔は誇らしげだった。 76
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:32:10
_首を伸ばして絵を見るミェルヒ。不気味な絵だ。廃墟と言う暗いモチーフだし、メインの少年は小さくて目立たない。通行人の評価も似たようなものだった。「不気味」「暗い」そんな感想。ミェルヒは悔しくなる。自分が心動かした、エンジェの絵が絶賛されていない。 77
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:37:07
_それ以上に、あの担当程絵に感動できない自分が嫌になってしまった。  気づけば、エンジェがミェルヒの顔を覗き込んでいる。そして、こう励ました。 「私の絵ってさ、引っかかるところが少ないんだよ。きっと。皆が皆、私の絵を好きになるわけじゃない」 78
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:43:10
_東の空、雨雲だろうか。薄暗い雲が広がり始めている。 「私の絵に、引っかかってくれてありがとうね」 「なんだ、そんなの、詐欺みたいじゃないか」  ミェルヒは笑った。自分は選ばれたのだ。エンジェの絵に。その一人なのだ。 79
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:50:34
_ミェルヒは、それがとても誇らしく思えた。 「あ、ヤバい、雨! 降ってきた! 撤収!」  太陽の光を受けて輝く天気雨が、二人のもとに降り注ぐ。それはまるで、二人のデビューを祝福するような、宝石のような粒だった。 80
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:50:49
_虚構の展覧会に、選ばれしものたち(了)
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 16:55:20
【用語解説】 【雨雲】 雨をもたらすレインシルフの巣。クラウドシルフより俗なシルフであるレインシルフは、穏やかで、争いを好まない。空間を切り裂いたような目が球状に集まっている姿をしており、常に涙を流している。単独では存在せず、常に蜘蛛の子のように群れている。大きさは手のひらほど
減衰世界 @decay_world 2016-03-26 17:03:00
【次回予告】 新婚旅行で訪れた街は、風車の街だった。街の中心にそびえる巨大な風車塔。サンダーシルフの伝説が残るこの街で、新婚のレジルとミレウェは観光を楽しみます。しかし、嵐の予感が……! 次回「風車よ回れ、春をもたらす風を受け!」 全90ツイート予定 #減衰世界

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする