1
TOHRU HIRANO @TOHRU_HIRANO
今でも覚えてる 2011年3月9日に「三陸沖」で群発地震。すごい状態だった。でもテレビでは「もうすぐスーパームーンですね!」なんて、呑気に朝のテレビでやってた。で、3月11日にマグニチュード9.0が起こった。2011年2月に(ニュージーランド大地震)が起こり、日本人も犠牲になった pic.twitter.com/jP0dS6bleW
 拡大

   2014-10-01 00:28:34
Ducky G. Duck @duckygduck
噴火してから出た資料。 6ページと7ページの日別地震回数見たら一目瞭然。この7年間では突出してる!! 火山活動解説資料(御嶽山) 9/28[569KB] data.jma.go.jp/svd/vois/data/…

ちょっとした誤解や行き違いでさえ、「デマ」、「デマッター」と大騒ぎするのに、なんだろうね。この静けさは。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
火山の噴火予知はできない。浅間山1783年1490人も、御嶽山2014年63人も、きわめて稀な災害だった。どちらも、それ以外に聞いたことない事例だ。そういう稀な災害が火山では起こる。そういう稀な噴火こそが大被害をもたらす。つまり、火山の大災害は予知できないということだ。
Ducky G. Duck @duckygduck
御嶽山、一日に10-20回を超える地震が起きると噴火する。 2007年時の噴火。それ以前は一日に数回しか揺れていない。 2枚目の写真は2014年9月27日噴火。 twitter.com/HayakawaYukio/… pic.twitter.com/K4l0EsN41H
 拡大
 拡大
Ducky G. Duck @duckygduck
御嶽山のような明瞭な噴火予兆さえ、平気でなかったことにしてしまう国、国民(政財官報暴も御用学者も国民)を未だに信じ続ける、悲しいまでの人間の愚かさ… まるで、虐待親を慕い続ける幼子のような。

”気象庁は異変を察知していた。” ”噴火16日前の9月11日には、前日に火山性地震が51回発生したとして、「火山活動の推移に注意してください」とサイトに掲載し、自治体に電話などで伝えていた。” ”それでもなお噴火警戒レベルは「1」に据え置かれたため、登山客は異変に気づかず命を落としたのだ。”
リンク 事件 気象庁に隠蔽された御嶽山「噴火の異変」:事件 57人が命を落とし、戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火。気象庁は全国の火山について5段階の「噴火警戒レベル」を発表しているが、御嶽山は噴火まで「平常」を意味する「レベル1」だった。9月27日の噴火直後、火山課長は記者会見で「予知できなかった」と認めている。
リンク NAVER まとめ 予知困難だったはずの御嶽山噴火を予言?!その真相と一部始終!! - NAVER まとめ 御嶽山噴火予言疑惑の真相がわかったということでまとめました。

コメント

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする