編集可能

TRPGのリプレイ同人に関して、法的考察

TRPGのリプレイ同人に関する法的問題点について、合法か違法かという話が出たのでまとめてみました。 ・著作権 ・商標 ・その他の観点 などから考慮すべき争点について、ざっくりとまとまってると思います。
28
crea555でした。 @crea555

なんかTLの話題が興味深い。TRPGのリプレイは違法なのかなあ。公式シナリオだとどうだろう。マナーとしてネタを割ることの是非はさておいて。

2011-02-04 14:01:43
丹川幸樹 @cokywolf

SNEとFEARは公式見解を出してます。簡単に言うと、自作シナリオのリプレイはOK、公式シナリオはNG。が、出版社は見解を出していない点に注意。だからJGCでは自作シナリオでもリプレイ同人誌が禁止だったりする。 RT @crea555: TRPGのリプレイは違法なのかなあ。

2011-02-04 15:18:34
crea555でした。 @crea555

@cokywolf ふむん。なんとなく皮膚感覚と一致した回答ではあります。念のために伺うのですけれど……裁判での判例なんて、ないですよね?

2011-02-04 15:20:00
丹川幸樹 @cokywolf

リプレイで裁判になった例は聞いたことないですね。JGC以外の場では、他の二次創作同人誌と同じような扱いになっているのでしょう。出版社が見て見ぬふりをしているから活動が許されている状況。 RT @crea555: ……裁判での判例なんて、ないですよね?

2011-02-04 15:23:31
ex_hmmt @ex_hmmt

@crea555 @cokywolf 公式シナリオのリプレイを発行することについて法的問題としては著作権法上の問題と商標上の問題がありそうです。商標上の問題については、すくなくともゲームタイトルが商標を取得している場合、そのタイトルを書かないか許諾を取るくらいしかできないと思う。

2011-02-04 15:24:27
ex_hmmt @ex_hmmt

@crea555 @cokywolf 著作権法上の問題としては、場合によっては回避可能です。そのシナリオのアイディアだけを利用して、著作物性の認めうる部分を完全に避けて通ってしまえばいいということになります。それが「そのシナリオのリプレイである」と言えるかどうかは別ですが。

2011-02-04 15:25:41
丹川幸樹 @cokywolf

参考までに。SNEの見解:http://bit.ly/fVxcEe FEARの見解:http://bit.ly/hY2sCl おっとFEARの方は公式シナリオについて言及がないですね。 RT @quasimodo0311: そんな話があったなんて知りませんでした

2011-02-04 15:26:22
ex_hmmt @ex_hmmt

@crea555 @cokywolf また、著作権法上の著作物とは、基本的に個別具体的な表現に与えられるべきものです。シナリオそのものの複写はともかく、そのプレイに著作権法上の保護が与えられるかどうかは場合によっては怪しい部分があるかもしれません。

2011-02-04 15:26:52
crea555でした。 @crea555

@cokywolf ううむ。やっぱり「その気になればクロ、概ね黙認されてて/せざるをえなくてシロ」という感じなのかしらん。納得&ありがとうございます。

2011-02-04 15:27:02
ex_hmmt @ex_hmmt

@crea555 @cokywolf なので、個人的には市販シナリオのリプレイを頒布することは、道義の問題とかはおいといて、商標上は(商標が取得されていれば)黒、ただしこれはそのゲームの同人誌全てに言える、著作権法上は黒に近いグレーだ、と考えます。

2011-02-04 15:28:08
平沢紫電改 @Hirasawa_n1k2

@cokywolf @quasimodo0311 FEARは公式シナリオに言及がないので、公式シナリオをネタにした小説を作ったところがありますね。

2011-02-04 15:29:51
ex_hmmt @ex_hmmt

@crea555 @cokywolf オリジナルのシナリオに関していえば、商標上はともかく、著作権法上は黒になる要素が殆どない、せいぜい公式キャラを出したときとかの問題が発生するくらいかなーと思います。

2011-02-04 15:30:26
ex_hmmt @ex_hmmt

個人的には、各社の見解はあくまで見解であって、それが本当に法的にどうかってのは裁判やってみるまでわからない、としか言えないなー。

2011-02-04 15:31:55
丹川幸樹 @cokywolf

システムを借りている部分はどう考えますか? ルールそのものには著作権がないみたいですけど、例えばマンガの二次創作の場合、世界観を崩したものは、著作者に「損害を与えた」と裁判になり、著作者側勝訴となるケースもあるようですが。 RT @ex_hmmt: @crea555

2011-02-04 15:33:21
平沢紫電改 @Hirasawa_n1k2

@cokywolf @ex_hmmt @crea555 ポケモン同人誌事件とか、ドラえもん最終回とか有名ですね。

2011-02-04 15:35:03
ex_hmmt @ex_hmmt

@cokywolf 著作者人格権の問題になるとして、そもそも「世界観」という漠然としたものにどこまでそれが認められるかは非常に疑問です。マンガの二次創作でそこが問題になっているものは、多くはまず世界観ではなく、「キャラクター」に対して(ある意味例外的な)著作権が認められています。

2011-02-04 15:38:00
丹川幸樹 @cokywolf

まさに。ドラえもんの方は、単行本と外装が似ている→読者が混乱→出版社に問い合わせ多数→裁判(出版社勝訴)というケースでしたね。 RT @tinyreddragon: @ex_hmmt @crea555 ポケモン同人誌事件とか、ドラえもん最終回とか有名ですね。

2011-02-04 15:38:51
丹川幸樹 @cokywolf

そうですね、キャラクターの方が重要視されているかも知れませんね。そこが同人リプレイが他の二次創作と違う点でもあります。ただ訴えられるかどうか(敗訴するかでなく)には「損害を与えたかどうか」という線がありますから。作る側として気を配るのはむしろそちらかと。 RT @ex_hmmt

2011-02-04 15:45:45
丹川幸樹 @cokywolf

おっとそうか、ルールには著作権がないけど、特許を取ることが可能なんだ。MtGの「タップ」が特許取得していたはず。

2011-02-04 15:51:06
平沢紫電改 @Hirasawa_n1k2

@cokywolf @ex_hmmt ちなみにピカチュウ同人誌事件以降、同人誌の印刷屋さんが任天堂作品の原稿を断るところも出てきています。

2011-02-04 15:51:09
丹川幸樹 @cokywolf

委縮の構図って奴ですね。裁判になるだけで、委縮は起きますからねぇ… RT @tinyreddragon: @ex_hmmt ちなみにピカチュウ同人誌事件以降、同人誌の印刷屋さんが任天堂作品の原稿を断るところも出てきています。

2011-02-04 15:52:40
ex_hmmt @ex_hmmt

@cokywolf というか「重要視されている」というか、著作権法の条文に「世界観」なんてものはないし、判例をいろいろ見ても、基本的にまず個別具体的な表現の類似性の争いになるわけです。世界観はむしろアイデアの範疇になって、ようやくキャラクターというもので類似性の争いが出てくる。

2011-02-04 15:54:27
丹川幸樹 @cokywolf

逆の発想として、「損害を与えなければ、リプレイはシロになるのか?」という考え方があります。法的には全然クリアしてないんですが、「同人リプレイがルールブックや関連書籍の売上を増やす」ということが証明されれば、裁判になるリスクをかなり低くできると言う見方もできます。

2011-02-04 15:55:07
平沢紫電改 @Hirasawa_n1k2

@cokywolf @ex_hmmt 任天堂ならまだかわいくて、ディズニーにはもっと敏感です。キングダムハーツが発売されるとき、全国の印刷所に「キングダムハーツの同人誌は断れ」とFAXが流されたことがあります。

2011-02-04 15:55:29
ex_hmmt @ex_hmmt

@cokywolf まあそうですね、訴訟を起こされるだけでそもそも大ダメージですし。それにしても、オリジナルのシナリオでのリプレイは、訴訟を起こしにくい部分ではあると思います。

2011-02-04 15:56:09
残りを読む(21)

コメント

たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月4日
ざっとしか見てないので軽い質問しかできないのですが、たとえば「公式シナリオ」って、誰がプレイしても同じようなプレイになるのですか?
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月4日
映画とゲームの著作権法上の解釈の違いに「誰がプレイしても(見ても)同じになるかどうか」というのがあったと思うのですが。
0
丹川幸樹 @cokywolf 2011年2月5日
同じにはなりませんね。ただ公式シナリオの話は、映画としての上映権ではなく、「上演権」の方だと思いますよ。
0
丹川幸樹 @cokywolf 2011年2月5日
あ、翻案権だったかも。
0
ぽん @pon_hashi 2011年2月5日
TRPGのリプレイで固有の商品名を出すことによってなんかの法律にひっかかることってあるんだろうか
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@ktasaka このまとめでも述べている通りですが、公式シナリオの場合はまずひっかかるのは、公式シナリオで用意されたセリフなど単体で著作物とみなされるものがどれだけ使われたかなどにもよると思います。そういったものが一切使われないものなら、大分引っかかる可能性は減じられます。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@pon_hashi 名前を出す場合の注意点は要するに商標の侵害にあたるかどうかです。たとえば「ソードワールド」なら、角川グループホールディングスが保持する商標であり、その範囲(役務区分)は「印刷物(文房具類に属するものを除く)書画、彫刻、写真、これらの附属品」です。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@pon_hashi 商標権者以外が同人誌でたとえば表紙に「ソードワールド」を謳って頒布を行う場合、基本的に商標を侵害していると言えます。まぁ著作権と同様にこれには権利者の黙認を期待する事ももちろん、できます。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
まぁ、いずれにせよ、もちろん程度問題はありますが、大抵のいわゆる"二次創作"同人誌と比べて、侵害の程度はあまり変わらないだろうとは言えると思います。著作権的に言えば、オリジナルのシナリオでのリプレイの場合は、むしろそれらいわゆる"二次創作"同人誌よりかなりグレーが白寄りである事が多いでしょう。
0
ぽん @pon_hashi 2011年2月5日
@ex_hmmt 失礼、言葉が足りませんでした。TRPG内に、セッション中にでてきた、TRPGにまったく関係のない具体的な商品名などをそのままリプレイにすると、という意味で書きました。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
商標の問題については、まぁ、作品名を表紙に謳うような場合商標の機能である"出所表示機能" "品質保証機能" "広告宣伝機能"を侵害する可能性は高いでしょう。役務区分(たとえば印刷物)がかぶっていれば、黙認を期待するしかなさそうです。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@pon_hashi 作中で何か商標を出すことについての問題は、あまり無いと思います。基本的に、商標の三大機能を行使することを意図しない場合、商標を侵害したとは見なされない可能性が高いからです。たとえば、リプレイ中で何か小説を読む、などの場合などです。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@pon_hashi が、たとえばその小説を読むことが重要なフックになっており、その事自体が売りになるようなケース。たとえば「涼宮ハルヒの憂鬱」を読むことこそがシナリオ中で重要なフックであり、それがリプレイの頒布の宣伝に使われるようなケース「PCがあの『ハルヒ』を読む!」などが宣伝となり得る場合、なんかは微妙かと。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
いずれにせよ、普通に小道具に使う分にはほぼ意識しなくていいとは思うけどね。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月5日
翻案っていわゆるところの「二次著作化」と似ているので、公式シナリオが誰がプレイしても同一にならないのなら、翻案権を侵害しているとは到底いえないですよ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月5日
公式シナリオの翻案権という場合は、通常その公式シナリオをプレイした結果ではなく、シナリオそのものを翻案するというケースをさすんですが。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月5日
なんだか、「売られている公式リプレイ集の二次著作化」と「公式シナリオを自分たちでプレイした結果であるリプレイ集の同人誌」がごちゃごちゃになっているような気がするんですが。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@ktasaka @cokywolf 自分はこの件で「翻案権」については言及を避けてました。が、演劇の台本の変更による上演が翻案権に抵触すると一般的には見なされていると思いますので、TRPGのシナリオとそれを元にしたリプレイについてそれが確実に認められないとは言いきれないと思います。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@ktasaka @cokywolf 基本的にTRPGのシナリオをプレイすることは、翻案権に抵触する行為である。しかし普通にプレイすることは著作者によって予め許諾された範囲にとどまるが、それをリプレイとして頒布することは、予め許諾された範囲とは言えない、とされる可能性は十分にあるのではないでしょうか。
0
丹川幸樹 @cokywolf 2011年2月5日
@ex_hmmt @ktasaka 私もex_hmmtさんの見解に同意です。上演権とか最初言ったのも、劇などの原作から内容変更伴うケースが援用される可能性があると思ったからです。ゲームを映画とみなすというのも、援用ケースの一つですので。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年2月5日
いえですから、そもそもシナリオのプレイと言う自体が、同一性保持なんかを考えられていない、というか考えられないものなので、翻案件を持ち出すこと自体が首を傾げざるを得ないんですよ。
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年2月5日
@ktasaka 私はその見解に同意しません。争点として検討の余地があると考えます。が、いずれにせよ先にも述べたように、シナリオ中に用意されているセリフの複製権など、より直接的な問題があると考えられるケースが多いとは思うので、逆にそこまで問題にはならないと思いますが。
0
丹川幸樹 @cokywolf 2011年2月5日
@ex_hmmt @ktasaka とは言え、確かにTRPGリプレイは、従来の著作権の範囲にきっちり収まっていないとは言えるのでしょうね。展開もPCも、シナリオ通りでない場合が多くなりますからね。パックマン事件のように、裁判になったら新たな法解釈がなされる事例かも知れません。
0