Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

じゃむ猫(jamnekodd)氏による「武蔵」建造費用の見積もりについてのおはなし

軍産複合MMR!的なズブズブの関係ではなく、積算に吝いお役所と粘る受注先との微笑ましい(?)エピソード。
4
じゃむ猫 @jamnekodd

軍艦武蔵の価格折衝~三菱長船vs艦本会計部(抄) (1) 長崎で打ち合わせてきた資料に、本店で若干の手を入れて、二号艦建造費は6253万円と昭和12年10月16日付で艦本会計部に提出した。 (中略)

2016-04-29 00:29:33
じゃむ猫 @jamnekodd

(2) 艦本会計部岡中佐より「二号艦の契約値段については、艦本各部の査定を集計し、それに各部の査定に漏れている分や各部に属せず全体として考えねばならぬもの等は会計部で十分に加味した。集計した結果は総額で5265万円となった」と説明があった。

2016-04-29 00:30:06
じゃむ猫 @jamnekodd

(3) 金5265万円では我が見積6253万円より一寸目算しても十五%以上の削減である。私の不満そうな顔を見て、岡中佐は「とにかく委しいことは高橋会計部長よりお話があるはず故、常務に来て頂きたい」というのであった。 (中略)

2016-04-29 00:30:26
じゃむ猫 @jamnekodd

(4) (これを受けて三菱長船内で話し合い)いま不確定要素の多い話し合い二時間を空費するよりも、第一段階としては一応この査定を呑んではどうか。長崎造船としては資材購入・設備投資等の資金も出て居ること故、一応契約して金を入れた方が良いとの意見が大勢を占めた。 (中略)

2016-04-29 00:31:35
じゃむ猫 @jamnekodd

(5) 東京へ戻ってから常務は海軍に挨拶して、愈々契約書は13年2月10日付で取り交わされ、価格は5265万円であった。 常務の胸中にはなお物足らぬものが残っているように察せられた。 (中略)

2016-04-29 00:31:55
じゃむ猫 @jamnekodd

(6) そこで(現場に)本店の意図を更に伝えて、今後とも諦めることなく徹底的に実績調書を作って、その都度艦本には実績の内容を説明するなど、調書の提出方を繰り返すように申し合わせた。

2016-04-29 00:32:49
じゃむ猫 @jamnekodd

(7) 既に欧州では動乱が始まり、ただならぬ雲行きであったし、海軍では臨時軍事費が議会を通過した等のため、艦本としても筋の通っている物は承認し、支出しやすい情勢になってきていた。 (中略)

2016-04-29 00:34:42
じゃむ猫 @jamnekodd

(8) 遂に二号艦の最初の契約値段5265万円は最終的には1225万円上げて5490万円まで承認されて、値段の更改契約はできた。

2016-04-29 00:35:19

ここで川崎まなぶ氏から補正指摘

川崎まなぶ @kawasakimanabu

@jamnekodd じゃむさん、計算あってなくね?

2016-04-29 05:40:57
じゃむ猫 @jamnekodd

@kawasakimanabu をっ、1000万円足りない。「6490万円まで承認されて」にお詫びの上訂正させていただきます。てへっ。

2016-04-29 07:39:09
じゃむ猫 @jamnekodd

(9) この額は最初の当方見積6253万円よりも240万円上回るものであって、我々が最初に出した見積額が適性であったことが、紆余曲折の折衝の末に証明されたことは誠に愉快であった。 (了) 見積の際の積み上げ方とか艦本との折衝の仕方とかも面白いのですが、省略。

2016-04-29 00:37:27
じゃむ猫 @jamnekodd

(後日談・1) 二号艦の引き渡しが終わった17年の初秋に小川所長が上京してきた。銀座を案内して欲しいということであった。 銀座の店は太平洋戦争たけなわになった今日では、段々寂れていくようであった。

2016-04-29 00:47:50
じゃむ猫 @jamnekodd

(後日談・2) 「有田焼は進水で出尽したし、金物は時節柄遠慮するところだし、さりとて加味では重みがない。矢張り塗り物以外は考えられないね」と独り言みたいなことを言われた。 (中略)

2016-04-29 00:47:55
じゃむ猫 @jamnekodd

@jamnekodd さりとて「紙」では重みがない。。。のタイプミスです。すいません。

2016-04-29 08:36:27
じゃむ猫 @jamnekodd

(後日談・3) 小川所長は「二号艦の記念に取っておいておいてください」と部厚の鷲の包み紙に入れた輪島塗の器を下さった。黒塗りの地味で優雅な香盒であった。 二号艦は従業員の胸の中にのみ生きている「幻の船」であった

2016-04-29 00:48:04
じゃむ猫 @jamnekodd

(後日談・4) せめて一番苦労した少数の人だけにでもと、知る人ぞ知る記号を刻んだ記念品を配布された。 「桜に碇の図」は海軍の軍艦を表し、裏面の「貳〇六貳」と刻んであるのは皇紀で昭和17年に当たる。この年に三菱長崎造船所で竣工。記念さるべき軍艦は二号艦、即ち「武蔵」。 (了)

2016-04-29 00:48:49
じゃむ猫 @jamnekodd

引用元忘れてました。二号艦お見積もりの話は三菱長船の「回想の百年」って本に載ってるんで、この手の話好きな人は読んでみてください。

2016-04-29 07:59:07

コメント

minkkanjinno @minkkanjinno1 2016年4月29日
大和型は一隻一億円だと思ってましたが、着工してからずるずる予算追加するのかな?
0
COSY8SD @COSY8SD 2016年5月3日
ヤンマガの「アルキメデスの大戦」のその後みたいな
0