言語はその国にとって重要だったり関連の深いものほど語彙が増えてく→「日本だと気候と一人称が多いよね」

まとめました。
語学 日本語 語彙
53
とくこ @tokuko0v0
ある本で「言語というのはその国にとって重要であるもの、関連の深いものほど語彙が増えていく」というのを読んでから、先日RTしたスペイン語には「食べる」の種類が異様に多いとか、「嫉妬」のありかが外なのか内なのかで英語は分ける、とか聞くとその国にとってはそれが重要なんだって興味深く思う
とくこ @tokuko0v0
日本語に『雨』の表現が他国に比べて多いのもそうだし、イヌイットの人達の言葉には100を超える雪の表現があるって書いてあってなるほどなって
とくこ @tokuko0v0
一番興味深かったのは英語の「プライバシー」を正確に表す言葉は日本語には元々なくって、翻訳出来ない言葉だという話 プライバシーは英国人にとっては重要だけど日本人にとっては意識したこともないし言葉にしようと考えたこともない言葉だったんだ…って
とくこ @tokuko0v0
逆にいえば、カタカナでそのまま英語の語彙を輸入してる日本人だからこそプライバシーという概念もまるまる一緒に輸入したわけで、そこではじめてプライバシーを気にするようになったとも言えるんだよな 言語ってつくづく人や脳そのものだね…
ひぐも @higumo_at
@tokuko0v0 FF外から失礼します。大変興味深い内容でしたので差し支えなければ本のタイトルを教えていただけますでしょうか。
とくこ @tokuko0v0
@higumo_at こんにちわ。今回呟いた一連の内容は「言語世界地図(町田健著)」、「日本語(金田一春彦著)」あたりに書いてあったと記憶してます。どちらにどの内容が、というのは両方とも人に貸してしまっているので定かではないのですが…面白い本なので是非読んでみてください^^
@zero_hisui
envyとjealousyは両方「嫉妬」を指す英語だけど、envyは「他人のものを羨む感情」、jealousyは「自分のものを守ろうとする感情」という違いがある。 「緑の目の怪物」jealousy の根底にあるのは相手が自分のものだ、そうであるべきなのだという絶対的な確信。
ガラパゴスドンナ・ジャック @JACK_RED_NIGHT
前にツイートで見たアラスカ(だった気がする)には「近くのクマ」と「遠くのクマ」を表す単語があるみたいなのもその一種なのかもしれない
⛩こぱん⭐️ @kopann0925
ほえー興味深い 日本語だとごめんなさいの言葉がたくさんあるみたいな感じかな
꧁みかん꧂ @3mikan_3
英語では食感を表す言葉が70くらいで日本は440くらいあってそれだけ日本人にとって食感は食を楽しむ上で大事なものってさっきテレビでやってた
スズシロ/六花@異動に怯える @new_rokuka
日本は天気の名前がすごく多い気がする。 あとおいしいを美味しい以外の言葉で一言で表せないのが意外な感じ
七誌 大樹 @daiki_1981
@tokuko0v0 突然失礼します。一番目のツイートを読んで日本は雨だなあと思ったら既に呟かれてましたね^_^; 後は、『色』でしょうか。 情緒的?な表現が豊富な日本はステキだと思います。
夜明けを迎えたぼん❄️🇬🇧 @Rclambonne
日本語の雨をあらわす言葉をあつめた本を持ってるけど眺めるたびによくもまあこんなに言葉作ったよなあと思う
川流れの叉熊F @shannei12
日本は空の様子とか天気にまつわる言葉が多いかな。歌を詠むので季語のようなものがたくさん考えられて使われたせいなのか、農耕民族なので天気のことに関して語ることが多かったからなのか。 twitter.com/tokuko0v0/stat…
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
日本語は気候に関する名詞がやたら多い>RT あと人称代名詞
ソロル村長⛩ @soror1096
日本語の一人称の多さはなんなんだろう
風義 @tarutapo
自分をさす言葉が多いなあって。
(宇)もりやま @axehedron
そういえば日本語には雨に関する語彙が多いという。あと一人称も異様に多いね。人称は自分の社会的位置を表す事が多いものだから、日本人はなんだかんだ言ってもヒエラルキーとか大切なのかもしれない。 twitter.com/tokuko0v0/stat…
ずいずい @zuizui0828
日本って人称代名詞がめっちゃ多いけどこれって人間関係とか社会的立場とかそういうのを重視する国民性ってことよな。合ってる。
emi@岩川基地 @emi_iwagawa
下の説明を読んでみて逆もまた然りなのかもしれないと思った。かつて日本語では雨の種類や色の種類をとても細かく区別したけれども、最近はどんどん簡略化されている。日本人にとって大事なものはどんどん少なくなっているのかもしれない。 twitter.com/tokuko0v0/stat…

コメント

ねこになりたい @ajirusiya 2016年6月5日
一人称が多いのは役割悟の意味もあるかも。「わし」なら老人「拙者」ならお侍「僕」なら子供「私」なら紳士淑女。生まれる理由と同時に残る理由も調べたいもんです
ゆゆ @yuyu_news 2016年6月5日
言語と文化の関連性については『亡びゆく言語を話す最後の人々』(K・デイヴィッド・ハリソン)なんかもおすすめ。
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2016年6月5日
《イヌイットの人達の言葉には100を超える雪の表現があるって書いてあってなるほどなって》 4つから段々盛られてったっぽい。http://englishmaxims.seesaa.net/article/388529771.html
@izanamu 2016年6月5日
日本語の一人称の多さは、日本では自分と相手との相対的な上下関係を認識して互いの呼称を使い分けるため、それで増加していった~と言う研究がなされてた様な。 >ことばと文化 (鈴木孝夫/1973) - http://www.amazon.co.jp/dp/4004120985
ゆゆ @yuyu_news 2016年6月5日
hiruneskey 「雪」とは何かという問題らしく、実際には天候を表す表現が沢山あってその多くが雪の降りかたとか雪に関連する表現である、ということらしいです。日本の「雨」の表現の多彩さについてと似たような感じかと。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年6月5日
日本語の一人称代名詞の多さは相手との関係性の下に私があるという考え方に基づくもの。家族内であってさえ、最年少者からみた自分の続柄が自分の呼称になる。何のことか分からない人は『サザエさん』でもみようね。
ゆゆ @yuyu_news 2016年6月5日
日本の場合一人称の多さ以上に、二人称、三人称が建物や土地と密接な関係を持つという点への着目が必要気もするな。それゆえに、一人称にも二人称にも使われる単語が、多数存在するということでもあり。(『お前』とか)
🚮 @recyclebin5385 2016年6月6日
アラビア語のラクダに相当する語も多いらしい。性別や年齢で細かく分かれているらしい。http://racoon183.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-b5cb.html
🚮 @recyclebin5385 2016年6月6日
あと日本語の計数単位の多さも異常。動物だけでも人とか匹とか頭とか尾とか羽とか。どれだけ数えるのが好きなんだよw
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2016年6月6日
食べ物の焼き方の語彙が発達し、お湯と水を区別しない(お湯は熱い水)な英語と、煮方・茹で方の語彙が発達し、お湯と水を区別する日本語って違いもあるね
人形使い @doll_player 2016年6月7日
一人称で思ったんだけど、「本官」や「拙僧」みたいに、職業ごとの一人称って他の国に存在するんだろうか?
Chariot @BLACK_RX_24 2016年6月7日
日本語における擬音の多さは一体どういう理由から生じたのだろうか
sho_Yal @YaltSho 2016年6月23日
サピア=ウォーフの仮説ですね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする