カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
0
梅田専太郎 @seibutsu_0627
この移動時期に追肥として、花後に施した肥料と同じものを1回株元に置いてください。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
なお、4月中は日向でかまいませんが、5月からは半日陰に移して管理します。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
親株の脇に子株ができているので、1株に1芽ずつつけて根を切らないように切り離し、5~6号鉢に1株ずつ植え付けます。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
また、数年育てて大株になったら株分けをします。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
鉢は素焼き鉢よりプラスチック鉢のほうが乾燥防止になります。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
用土は排水のよい腐植質に富んだ土が適し、これに元肥として緩効性肥料を混ぜて、一回り大きな鉢に植え付けます。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
気温が下がる9月中・下旬には花芽ができますが、8月以降は外灯などの光のない、夜間暗くなる場所に置かないといつまでたっても開花が始まりませんから注意してください。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
また、肥料は7月以降は花芽のつきに影響するので与えません。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
水やりは引き続き鉢土が乾いたら行っていきますが、8月いっぱいは花芽をつけるために少し控えめにしてください。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
日射しの強くなる6~9月は、直射日光下では葉焼けを起こすので、戸外の風通しのよい半日陰で管理します。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
植え替え時と同じ用土で4号鉢程度に鉢上げして育てれば、1年で開花株に育ちます。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
用土は中性で肥料分の少ない水はけのよいもので、元肥は必要ありません。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
種子は2号ポリポットに3~4粒まきにし、本葉が出たら1本に間引き、本葉3~4枚で植え替えます。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
種子は4~7月の間まくことができます。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
よい花を求めるなら、毎年種子を求めたほうがよいでしょう。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
しかし、交雑しやすく、異なる品種が近くに植えてあると、種子をまいても同じ花は咲きません。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
花がらを摘まずにおけば簡単に種子が採取できます。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
翌春、芽が動き出したら水やりの量を徐々に増やし、肥料を与えると、4月上旬ごろには開花します。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
降霜前に10㎝ほど残して切り戻し、南向きの軒下など暖かい霜の当たらない場所で乾かし気味に管理します。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
普通は春まき一年草として扱われますが、本来は多年草なので越冬も可能です。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
開花枝を挿し穂にすると花ばかり咲いて枝数が増えないので、必ず株元から出ている花のついていない若い枝を使ってください。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
なお、繁殖は実生が主ですが挿し木もできます。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
用土は赤玉土7・腐葉土3の混合土など水はけのよい土を用い、リン酸分の多い化成肥料を元肥として施します。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
冬越しさせた株の植え替えは、翌春暖かくなってから行います。
梅田専太郎 @seibutsu_0627
冬期は、降霜前に株元から10㎝ほどに刈り込んで室内に取り込み、日当たりのよい窓辺で5℃以上で管理します。
残りを読む(81)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする