限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
129
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
「ダニエラ 17歳の本能」 バイセクシャルの少女の偏見への戦いを通じ、チリにおけるキリスト教福音派の台頭と彼らがいかに性的マイノリティを抑圧するかを描く作品がこうなります。 #女性映画が日本に来るとこうなる pic.twitter.com/bcqnzGgaG3
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
いわゆる文芸エロ映画扱いで日本に来る作品にはこういう女性映画が結構多い。
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
「博士と私の危険な関係」 19世紀、悪辣な形で女性を規定する"ヒステリー"という偽りの概念が、いかに仕立て上げられ、大いなる社会システムにいかに組み込まれていくかを描いた映画がこうなる。 #女性映画が日本に来るとこうなる pic.twitter.com/wh5RIt1JMk
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
「ほどけてゆく人妻」 #女性映画が日本に来るとこうなる 「男は浮気するものだ」「妻がいても風俗に行くのはしょうがない」……その言葉の裏側で捨て置かれる女性と、なかったことにされる女性たちの性欲について描く映画がこういう邦題になる。 pic.twitter.com/ai5rnDiJ6Q
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
話変わるのでタグつけないですけど、良い機会だから"日本で文芸エロ映画として売られている映画、元はこんな感じなのに!!!"特集をするべきかもしれません。
zomorr ゾモル @s0519_s
アルバトロスから出てる『ブラジル、女医ヴェロニカの欲望』とか『モスクワ、犯された人妻の告白』あたりはミニシアター系好きそうな人には受けそうな曖昧さや間のある作品なんだけど、そういう人にはあんまり届いてなさそうなんですよね。
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その1「真夏の素肌」 今年随一に酷い作品。親友2人が名前を入れ替えるゲームを始めたことから起こる事件を通じ思春期の当惑を描くロシア映画ですが、内容を反映した本国版に比べ、日本版のエロ推しが酷い。 pic.twitter.com/BIOnE2jUu8
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その2「乙女の汚れた裸」 「真夏の素肌」と同じく日本版で著しく芸術性が失われたパターン。本国版はゾッとする美があるのに、思春期の少女を描く映画は全部エロに繋げる悪い癖によって酷いジャケ爆誕。 pic.twitter.com/UP37pLiUjY
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その3「誘う処女」 オランダの青春映画で原題は"Supernova"、何かの始まりを告げるような謎めいた本国アートワークが、処女とか乙女とか付ければ良いってものじゃないぞ!!!って感じに早変わり。 pic.twitter.com/vT46oyIYbi
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その4「裸の診療室」 オランダ映画が日本で文芸エロ映画化!その2。これジャケ写はそのままですが「裸の診療室」というエロ売りが露骨な邦題がヒドい。中身は数ある文芸エロ映画でも屈指の美を誇る一作。 pic.twitter.com/bMKmYtOeGi
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
「裸の診療室」ではなく「裸の診察室」でした。謹んでお詫び申し上げます。今世界で話題沸騰中の"Toni Erdmann"に主演のサンドラ・フラーがここでも主演しているので皆観よう「裸の診察室」
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その5「インモラル・ガール~秘密と嘘~」 セルビア産のSNSサスペンス。本国版は映画を観ると全く違う風景に見えてくる妙があるのですが、日本版はインモラルに引きずられ過ぎて色使いが凄いことになってる。 pic.twitter.com/aMzD44eng4
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その6「ネイキッド・ボディ」 これ、別に本国版が良いって訳でないのですが、問題はこの邦題とこのジャケットを観て果たしてこの映画の原作がロベルト・ボラーニョだと分かる人が何人いるかということです。 pic.twitter.com/8EHcSwTCNT
 拡大
 拡大
zomorr ゾモル @s0519_s
#文芸エロ映画 日本版には、どんな顔かはっきりさせておこうという強い意志を感じる。特に『真夏の素肌』と『乙女の汚れた裸』に。
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その7「思春期」 日本版は薄い感じでエロが醸し出されているのですが、内容はユーゴ紛争から10数年経った後もその傷痕が色濃いベオグラードで、荒んだ青春を送る少女を描く超絶ハードな一作で詐欺甚だしい。 pic.twitter.com/DISmHDvmGY
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 日本版と本国版比較その8「ある夜のセックスのこと」 カナダ映画界注目の新鋭アンヌ・エモンのデビュー長編、こんなセックス推しに。実際はこの世界で女性であること、移民であること、死を思うことについての真摯な傑作。 pic.twitter.com/LryFnAEPMe
 拡大
 拡大
壱ノ助 @1_sk
チャールズ・ダンス氏目当てに購入したよ。日本版はスワッピングとか貞操帯とか露骨な単語で煽ってとどめのパッケージデザインだけど、小説「血のオレンジ」の映像化で割りと真面目な内容だよ #文芸エロ映画 pic.twitter.com/ob2FGDpZNQ
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
ゼロモチベーション済藤鉄腸 @GregariousGoGo
#文芸エロ映画 の反響思った以上にデカくてビビるのですが、こうしてこの文芸エロで売っても届かない人の目について、1人でも多くの人が観てくれたらそれほど嬉しいことはないです。セルビアやチリ、ロシア、オランダなど普通は余り触れられない国の映画が観られるので、いや本当是非観て下さい。
王谷晶『完璧じゃない、あたしたち』1月発売 @tori7810
文芸エロ映画以外にもいろいろ紹介してる済藤さんの映画ブログは読み始めちゃうとすんごい時間泥棒になるコンテンツだよ! 日本未公開作や各国のインディ映画など、世の中にはこんな映画があるのかといつもびっくりさせられます。 d.hatena.ne.jp/razzmatazzrazz…
王谷晶『完璧じゃない、あたしたち』1月発売 @tori7810
#文芸エロ映画 レビューもカテゴリでまとまってます!(勝手に宣伝)(ファンなので) d.hatena.ne.jp/razzmatazzrazz…

コメント

catspeeder @catspeeder 2016年9月15日
「Supernova」→「誘う処女」 これクッソワラタ
kou @kou1773585 2016年9月15日
大体、渡辺淳一のせい。
永久凍土 @aqtd 2016年9月15日
デザイン自体はそんなに悪いとは思いませんが、最後のインモラル・ビーチだけ完全に洋ピン…
@izanamu 2016年9月15日
同人誌の表紙詐欺みたいなモンだから気にすんな。誰にも見て貰えずに後悔挫折するよりも、エロ推し詐欺タイトルで観客の批判苦情を受けた方が何百倍もマシだからな。
うぺぽ @upepo2010 2016年9月15日
この手の邦題に騙されて夜遅くまでスタンバイ状態で映画が放送されるのを待っていた若き日々…そして大してエロくもなく肩透かし…裏切ったな、僕の心お裏切ったんだ!
holozoa @holozoa55 2016年9月15日
エロ押しというと、随分昔になるけど、「さよならミス・ワイコフ」が高校生男子の間で異様に盛り上がっている時期があって、超期待して映画館に見に行った奴がなんかそろって暗い顔になっていたのを思い出す。まあ、確かに高校生くらいだと「痛々しく重苦しい内容」なので、しょうがない。でも、今思えばそれは悪い事ではなかったはず。原題は「the shame」。で、大人になって見ると本当に傑作。今なら、絶対に製作できない作品。
hogefoo @hogefoofoo 2016年9月15日
これはあれかい、トゥナイト2のラテ欄みたいなもの?
深井龍一郎 @rfukai 2016年9月15日
「文芸押しで引っかかるような層には、こうやって別チャネルで紹介してくれたり自力で勝手にたどり着いたりするのだから、そこはそちらに期待して正直にやったら絶対届かない層にアピールしよう」というマーケティング方針は割と上手くいくという事実が立証されたということですね。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年9月15日
デミ・ムーア「素顔のままで(STRIPTEASE)」という逆パターンも http://d.hatena.ne.jp/cyuski/20091210/1260420211
対馬守 @enanji 2016年9月15日
こういうのを見ると、エマニエル夫人のジャケががいかにすごいかよくわかるわ
あきらめた @6123Gomibako 2016年9月15日
エロは万国共通ですか。たぶん
isaたんショぽ@春コミ一般 @bycake 2016年9月15日
コメントが概ねエロなら観るけど文芸なら観ないよって体の発言で、あらら… こういう宣伝方法で逃がしてる客のが多いと思ってた。 エロ目当ての人はなんか違った、だろうし、こういう宣伝ではみたいものとは思えない人がいて、誰得なんだろね。 日本のベイマックスの宣伝でも本編とのイメージ差すごかったし、なんでこうなってる?感。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年9月15日
「アンダー・ザ・スキン」という映画が、一時期スカーレット・ヨハンソンの全裸ということでちょっと騒がれたけど、実際に観てみたら凄く変な映画でびっくり。あとヨハンソンの全裸(笑)にもびっくり。
the loyaltouch @theloyaltouch 2016年9月15日
深夜に放送したりすると夢見がちな中高生男子にリーチできたりするよ!案外それがミニシアター系の趣味の入口になったり(しない)
hiroaki @idioteque_hiro 2016年9月16日
(´・ω・`)(´・ω・`)
天野譲二@『幻の未発売ゲームを追え!』発売中 @TOKYOMEGAFORCE 2016年9月16日
さすがに黒澤明原案『暴行』や『処女の泉』、『性本能と原爆戦』や『暴走族・白昼の暴行魔』までは行かないかw
ヘルヴォルト @hervort 2016年9月16日
他の洋画も程度の差はあれ相当酷い。マーベルとか毎回センスを疑う奴しかない
ボトルネック @BNMetro 2016年9月16日
文芸エロとかに限らず、日本で元の内容とかけ離れた宣伝がされる映画は多いよなあ。昔「オーロラの彼方へ」見たときもそんな感じで、タイムパラドックス物のSFサスペンス的な話が何故かパッケージではハートフルな話っぽくなってたもんなあ。
ウェポン @weapon2011 2016年9月16日
日本のマーケティングを叩くまとめと、日本のマーケティングを叩く奴を叩くまとめが同時にランキングに載るとかなんともかんとも。
エビゾメ @ABzome 2016年9月16日
もとの“女性映画が日本に来るとこうなる”にちょいちょい出てくる「そのほうが売れる(事実はともかく)」みたいな話と、こちらの“文芸エロ映画”の両方のコメントの「想像と違ってがっかり」の反応を読んで確信したけど根本的にアレですね「クリックさせることばかり重視の広告バナー」と同じ感性なんですね。覚えられない単作の監督作品は個々が1回こっきり騙せれば長期的な信頼はいらない、と。
上上左右 @wwssad 2016年9月16日
やってることが後進国みたいだよな。金稼ぎたいだけなら映画になんて関わるなと、これはもう映画に関わらずだけど創作物に関わる仕事すんなら第一に優先すべきは作品の価値なのにな。日本先進国になって何年だよ。もういい加減こういう馬鹿な客を当て込む馬鹿業界とそれに餌付けされる馬鹿客の負のループ止めろと思う。
nagaishippo(。・ω・。) @HORIZONE0216 2016年9月16日
・・・声が・・・声が聞こえる・・・「きっかけ作りのためなら手段は選ばねーぜ」「こうやって外野がワイワイ騒ぐことでステマになる」「Togetterの拡散力すげえ」「とにかく知ってもらわないことには成り立たない商売だかんな」
よーま/富樫賢一 @yoma_kenichi 2016年9月16日
女性客を想定したananのSEX特集的な需要は底堅い。彼女たちにとってはエロい広告ヴィジュアルも含めて作品。 /
えんがわ @broiled_engawa 2016年9月17日
本当にいつこういうのなくなるんだろう。エロを強調すれば売れる、とか無いからな。 映画の日本用ポスターのセンスの無さにいつも震え上がる逆に本編で強調されてない部分を、広告で強調しすぎると「観たらなんか違った」感が生まれてしまうよ…って、10年前から思っても治らない。上の権限を持ってる人が、相当センス悪いんだなとしか思えん。最近では「ベイマックス」の広告方法 がやっぱひどかったな…
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年9月17日
元まとめ(?)はピンキリすぎたし、「それ明らかに受け手によるやろ」案件が多すぎたのでコメント避けたけど、こっちは文句云えねえレベルで表題通りだった。そして、そういう釣られ方をして買ったDVDがあるのを思い出した。orz
(´・ω・`) @ocelot33 2016年9月18日
配給会社も出版社もやってることは変わらん。電子書籍の広告とかもインパクトのあるエログロシーン抜き出しで煽情的なキャプション付ける簡単なお仕事。それを変えないってことはクレームよりもそれに釣られる人が多いってことさ
すまーとたおるRG-489 @smart_towel 2016年9月19日
実は『エロだと思わせて観終わった後思慮深い人間を製造するという一種の洗脳デバイス』なのでは・・
GammaRay @GammaRay_HM 2016年9月19日
数十年単位でレンタルショップ通ってたマンですが、こういうタイトルは片っ端から避けちゃってた。 もったいねえことしてたなあと思う反面、でも無理もないな……とも思ったりw なんにせよ売り方がひどすぎて訴訟したい
森森森【Mr.ごまめの歯ぎしり】 @morimori_naha 2016年9月20日
うわっ、一本も知らない。^^; tweetを読んだら片っ端から見たくなった。
endersgame @endersgame3 2016年9月21日
まあ【いい作品だから】騙してでも観てもらえば勝ちっていう論法もあるしね。
殻付牡蠣 @rareboiled 2016年9月22日
文芸作品とエロ作品、タイトルどっちが売れるかと言うとエロだからな。文芸クラスタがちゃんと消費すれば起きない問題だね。エロに負けるのは、買ってくれないという配給会社の考えで、それを覆すには数字で示すしかないよね。 タイトルと内容のギャップなんて、それこそアルバトロス系から大作物まで、普通にあるから其処まで目くじら立てなくて持って言う気はする。 後日本での宣伝にケチ付けるのはやってるみたいだけど、それを好きな層も居るんでね。 それが続くって事はそれが受けてるだけじゃない?
はよ @hayohater 2016年9月22日
こういう「ジャップランドはヘンタイだらけ」ってビザールオリエンタリズムを思うと「オーシマ!ポルノ撮ろうぜ!」って直球で誘ったアナトール・ドーマンはどうなんだろうって思いますけどね。あとから文芸文芸ってことにされてないっけ、「愛のコリーダ」。
へぼやま @heboya 2016年10月2日
「文芸推しなら必ず観る、ということは無いが、こういうエロ推し全開で目の前に置かれた時点で絶対観ない」層も居るはずだ。俺とか。
くるくるパーティー @1972tue0127 2016年12月5日
『シバジ』って代理母制度描いた残酷劇も、ビデオソフトでは、コリアンエロスとかいって宣伝されてた。
七海@脱煙草に一票 @nanamiutena 2017年2月26日
rfukai ちゃんと自力で探して見つけられた人は一体、「文芸押しで引っかかるような層」の何パーセントなんですかね…?
七海@脱煙草に一票 @nanamiutena 2017年2月26日
元のまとめは『改変』よりも『ダサさ』に焦点を当てて叩いているツイートが多かったので微妙ですが、こっちのまとめは良いですね。