限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

ピンセット師による精密調整ピンセットの作り方講座

【ピンセットの研ぎ方講座】https://twitter.com/calisius/status/785835845412683776 の講師、 ピン・セイダイさん本人による研ぎ方講座。 今後ブログで研ぎ方講座を書く予定のようです。
テクノロジー ピンセット
25615view 8コメント
138
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
Dumoxelはいいぞ。Inoxや炭素鋼にくらべると少し軟らかい素材だけど、耐薬品性に優れていて非磁性です。顕微鏡下だけで使うほどのごく細く研ぎあげるには硬度が足りないけれど、研ぎ味は粘りがあって精密な合わせが可能です。この素材のピンセットはコシの柔らかい個体が多いと思います。
うみねこ博物堂(1/4までお休み) @umineko22
例のピンセットが再入荷しました。ピンセット師が寝る間も惜しんで研ぎまくって下さったおかげで、フェアにも少しですが持っていけることになりました。会場では10本限定。見本もございますので、ぜひ手に取ってお試しください。 pic.twitter.com/s525caqlhR
 拡大
 拡大
うみねこ博物堂(1/4までお休み) @umineko22
ピンセットは明日も出荷してもらうことになっておりますが、既に何件かご予約を頂いており、商品到着のタイミングによっては品薄になる可能性もございます。ピンセットを店舗でお求めになりたい方は、メールかDMでご予約の上、ご来店頂くのが確実です。ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
うみねこ博物堂さんで置いていただいている「ピンセット師の精密調整ピンセット」は、ご好評をいただいてとてもうれしいです。いっぽうで生産が追いつかなくて申し訳ないです。ががががんばります(血反吐どばぁッ!twitter.com/umineko22/stat…
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
正直な話をすると、「ピンセット師の精密調整ピンセット」は趣味の範囲で遊びで作っているものです。品薄状態は不可避です。「うみねこ博物堂さんはプロでやってんだ、素人が甘っちょろいこと言って迷惑かけんな!」と言われるともうおっしゃるとおりとしか言えません。ほんますいません。
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
でもって、「ピンセット師の精密調整ピンセット」はわりと簡単に作れます。さくっと研いじゃえばいいんです。ということで、作り方をさくっと連投ツイートでご紹介します。
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
準備物:研ぎたいピンセット、耐水ペーパー(#400と#2000)、CRC 5-56、ピカール、ティッシュ、ゴム板(10cm×10cm×2cm)、塩化ビニールチューブ 内径7mm 外径9mm;欲を言えば実体顕微鏡 or ルーペ pic.twitter.com/7v6EGSKgFS
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
塩化ビニールチューブ(内径7mm 外径9mm)は10mmくらいの長さのリング状に切って、ピンセットのおしりのところにはめる。このリングをゆっくりと前にスライドさせるとピンセットの先端が閉じていくので、ぴったりと閉じたところで止める。ピンセットを研ぐのは基本的にこの状態で行う。 pic.twitter.com/lKZdnKrhNd
 拡大
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
耐水ペーパー #400(3cm×8cmにあらかじめ切っておくとよい)を作業台のゴム板(10cm×10cm×2cm)にのせ、CRC 5-56(潤滑油)を軽く吹きかける。 pic.twitter.com/QEcxUu2Bdo
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
KFI K-3 GGは刃先の側面の表面が粗いのでこれをまずはならす。耐水ペーパーをゴム板の端に置き、ピンセットの側面を研ぐ。耐水ペーパーをゴム板の角で曲げたところを使いながら、側面の曲線も研ぐ。ピンセットは前後に動かす。 pic.twitter.com/J0AzELmgh8
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
ピンセットの側面が研げたら、ティッシュで拭いてからいったんチェックをする。側面を研いだ後では、表面が平滑になっているのがわかる。 pic.twitter.com/6lSngysDBv
 拡大
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
続いてピンセットの外側を研いで「板を薄くする」。このとき、刃先からできるだけ長い領域を均等に薄くするように研ぐように心がける。ピンセットは左右に動かす(この方が削る速度が速い)。この作業は10本くらい研いだら勘所がつかめる。 pic.twitter.com/KviDExGvQk
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
少しわかりにくいけれど、上の板が「薄くした方」で、下の板が「未研磨の方」。刃先からなるべく長い領域を直線的に削った方が良い。 pic.twitter.com/M9ZLWBeqZm
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
側面と外側を直線的に研いだピンセットは、先は裁断状になっていて「角が立って」いる状態になる。このままだと摘む対象物に傷をつけてしまいやすいので、これから角を丸くするような研ぎ方をしていく。 pic.twitter.com/EeVPbgmej2
 拡大
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
ピンセットの角を丸くする。ピンセットを前後に動かしつつ、半回転のひねりをかけながら研いでいく。たまに顕微鏡かルーペで状態を確認する。すべての角が均等に丸くなるように心がける。15本くらい研いだら勘所は簡単につかめる。 pic.twitter.com/o16yWMT9Te
 拡大
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
続いて、ピンセットの先端の角を丸める。耐水ペーパーを#2000に替え、CRC 5-56を軽く塗布したのち、ピンセットを少し角度をつけて立て、やさしく動かしながら研ぐ。写真は左上の先端だけを研いだ状態(本当は両方を同時に合わせた方が良い)。20本くらい研げば勘所がつかめるので容易 pic.twitter.com/uapw4XBSgJ
 拡大
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
耐水ペーパー#2000で、ピンセットの形状を微調整しつつ表面を平滑にする。ピンセットはなるべく前後に動かすようにつとめる。丁寧に研いで側面をあわせると、先端の合わせ目がぴったり合う程度の精密さを実現できる。25本くらい研いだら勘所以下ry pic.twitter.com/zDN5rl8bbi
 拡大
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
ピカール(金属磨き用の液状コンパウンド)を折ったティッシュに少量つけ、ピンセットを磨く。耐水ペーパー#2000である程度表面をきれいにしておくと、この作業でピンセットの表面がとても綺麗になる。表面積の小さくなるので、腐食しにくくなるが、ギラつきが気になる人はやりすぎ注意。 pic.twitter.com/gAmPLA4QL0
 拡大
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
KFI K-3GGのピンセットの新品(左上)と、ピカール仕上げを施し研磨調整の完了したもの(右下) pic.twitter.com/nriLZGkiDP
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
KFI K-3 GGをベースにした「ピンセット師の精密調整ピンセット」はSUS304という軟らかい素材でできているので、あまり細くしすぎると剛性がもたなくなる。これより細く、顕微鏡下の作業用に仕上げるにはもっと硬い素材が必要だ。沼 pic.twitter.com/eWvRMsk3Hs
 拡大
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
「ピンセット師の精密調整ピンセット」の作り方は以上です。いつかブログの方にもまとめて書きます。簡単でしょ?作ってみ?おぴんぴんって言ってみ?
ピン・セイダイ Nagashima, Seidai @calisius
メモ: ブログでまとめるときにはピンセットを研ぐときに左右に動かすか前後に動かすか、あと耐水ペーパーの番手を替えるときには必ずピンセットをティッシュで拭き清める、というあたりにもうちょっと補足を書いておきたい。
面毒祭 @tye_men_doku_sa
@calisius 切れる!刺さる!から卒業できそうです! ありがとう!
残りを読む(5)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2016年10月14日
研ぐものだったのか
練り馬 @deltamouth 2016年10月15日
精密と機密の区別も付かないトゥギャッターの中の人。
森 邦彦(MORI Kunihiko) @morikuni_net 2016年10月15日
なるほど。25本くらい研げば勘所はつかめるのか
下山嘉彦/渋谷区 @yshimoyama 2016年10月15日
若い頃、版下作業をするのに軽く研いで調整したことはあるけど、私なんぞは日本海溝で水深10cm程度だというのがよく分かった。近づいたらいけない世界だ…
I-zy @digitaleazy 2016年10月15日
つかめなくなったピンセットとか毛抜きとか軽くしゅっしゅってやって研げたらいいな~・・・って思ってたけど、これはちょっと工数かかりすぎて無理だなw
Mill=O=Wisp @millowisp 2016年10月16日
ピンセット沼!そういうのもあるのか!
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2016年10月17日
良いピンセット、業界によってわりと違うらしいと聞いたことが
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする