2016年12月8日

チェルノブイリの低線量汚染地からの報告を信じる?

チェルノブイリの「低線量汚染地域」の健康被害を再確認する必要があります。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio

フクシマとチェルノブイリの放射能汚染は同じ。どちらも健康被害は出ない。 kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-765… 推敲してリンクを追加しました。フクシマ原発2011年事故、私の総括です。

2016-12-07 18:48:09
_ masa _ @sumHUMAN

中村隆市ブログ 「風の便り」 - 低線量汚染地からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害 (NHK) windfarm.co.jp/blog/blog_kaze… @nakamuraryusanさんから どちらを信じる? twitter.com/hayakawayukio/…

2016-12-08 15:35:00
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「事故当時18歳以下の子どもだった人たちに関心を向けています。これらの人たちを、3か月ごとに検査をしています。彼らの多くは甲状腺疾患を患っており、自己免疫性甲状腺炎やびまん性甲状腺腫の人もいます。」

2016-12-08 17:56:04
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「事故当時、少年だった彼らは、いまや大人となり、自分たちの子どもをもうけています。その生まれた子どもたちにも、多くの甲状腺疾患が見られる。」

2016-12-08 17:56:25
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「コロステン 1986年には1.96ミリシーベルト、その後の10年間に2.91ミリシーベルト、さらにその後1997年から2011年までの間に1.32ミリシーベルト。事故発生以後、25年間のすべての積算で6.19ミリシーベルトとなっている。年平均にすれば0.25ミリシーベルト。」

2016-12-08 17:59:11
早川由紀夫 @HayakawaYukio

とてもとてもあやしい話だ。福島県甲状腺検査の比ではない。

2016-12-08 17:59:47
早川由紀夫 @HayakawaYukio

原発事故のあと、気になって、心配になって、調べ倒し、多数の病気をみつけた。心配したとおりの結果を得て安心している。倒錯した世界だ。

2016-12-08 18:02:02

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?