Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

何故スギを植えてきたのか? - 日本の林業政策を語る

花粉症の根源=杉を植え続けた来た日本の林業政策について語る 関連まとめ  『コモンズの悲劇 ~ いかに森林を管理すべきか』 http://togetter.com/li/104519 『日本の林業は何故儲からないのか』 http://togetter.com/li/295130
176
Kazuki Fujisawa @kazu_fujisawa

杉を早く伐採してくれ。なんでそんな簡単なことができん?

2011-03-07 22:54:58
Lilac @Lilaclog

杉って土壌保持力が無いから植林してもホント意味無いんだよね。私も伐採希望。時間はかかるけど、ブナやナラなどの広葉樹林の日本の森を取り戻そうよ。RT @kazu_fujisawa: 杉を早く伐採してくれ。なんでそんな簡単なことができん?

2011-03-07 23:19:35
@pukuma

土壌保持力はありますよ。ゴルフ場の芝生ですらあります。RT @Lilaclog: 杉って土壌保持力が無いから植林してもホント意味無いんだよね。私も伐採希望。時間はかかるけど、ブナやナラなどの広葉樹林の日本の森を取り戻そうよ。@kazu_fujisawa

2011-03-08 08:15:21
@pukuma

山にスギを植えて「緑化」するという過去の林業政策を否定することになるから、国のメンツでやらないんでしょう。スギを伐採して広葉樹に転換するのは現実的で十分実行可能な政策です。RT @kazu_fujisawa: 杉を早く伐採してくれ。なんでそんな簡単なことができん?

2011-03-08 01:34:52
@pukuma

国産自給率50%などという頭がおかしいと思えない国の林業政策により日本国民が花粉症に苦しんでいる。

2011-03-08 01:42:24
@pukuma

日本は未だに広葉樹を伐採してスギなどを植える拡大造林をやっている。おそろしいことだ。

2011-03-08 01:46:09
SHIRAKI, YF @yfstama

花粉症は人災だし, しかも行政のミスなのだから訴えれば勝てるのではないのか. と思ったら花粉"だけ"では花粉症は起きないのですね. うーん. RT @pukuma : 国産自給率50%などという頭がおかしいと思えない国の林業政策により日本国民が花粉症に苦しんでいる。

2011-03-08 01:46:51
@pukuma

花粉がなければ花粉症は起きないと考えて下さい。RT @yfstama: 花粉症は人災だし, しかも行政のミスなのだから訴えれば勝てるのではないのか. と思ったら花粉"だけ"では花粉症は起きないのですね. うーん.

2011-03-08 01:50:36
@pukuma

今日聞いた話ではトウヒから広葉樹への転換がドイツでも進んでいるそうだ。日本の森林林業政策も早晩これを追随することになるだろう。

2011-03-08 01:53:22
uzak @uzak1

拡大しなくても放置された林の手入れをして木材を供給したらいいのに。土地を譲ってもらうより、新規に広げた方が安いのでしょうか? RT @pukuma 日本は未だに広葉樹を伐採してスギなどを植える拡大造林をやっている

2011-03-08 01:54:06
SHIRAKI, YF @yfstama

もちろんおっしゃる通りだと思うのですが, 簡単には勝てそうにないからこそ, 目立った動きがないのでしょうね. RT @pukuma :花粉がなければ花粉症は起きないと考えて下さい。

2011-03-08 01:58:44
@pukuma

拡大造林から利益を得ている組織があるんですよ。笑RT @uzak1: 拡大しなくても放置された林の手入れをして木材を供給したらいいのに。土地を譲ってもらうより、新規に広げた方が安いのでしょうか? RT @pukuma 日本は未だに広葉樹を伐採してスギなどを植える拡大造林をやって

2011-03-08 01:59:38
uzak @uzak1

そ、そうなんだ…。新興住宅地も同じ理由なのかな~。町中心部は高齢化空洞化なのに、空き家をリノベーションすればいいのにって。RT @pukuma 拡大造林から利益を得ている組織があるんですよ。笑

2011-03-08 02:16:45
@pukuma

日本の国土の約1/4は人工林と呼ばれる木の畑。こんなにたくさんの木が何のために必要なのだろうか?これを維持しようという政策が転換できないから、日本国民は花粉症に苦しみ、野生のクマはえさがなく人里に出没して撃ち殺される。

2011-03-08 07:37:10
@pukuma

木材自給率は食料自給率よりもさらに意味のない目標。こんなものを掲げていることが日本の森林林業政策の愚かさの象徴だと言える。日本の森林関係の学者はみなさんほとんど思考停止ですね。笑

2011-03-08 07:47:29
@pukuma

最近日本の木材自給率が急上昇しているが、これは数字のマジック。住宅着工が大幅に減少し、外材の輸入が大幅に減っただけだ。少子化により住宅需要が戻ることはないだろう。日本では木材そのものの必要性がなくなりつつある。

2011-03-08 07:53:22
@pukuma

日本の大手住宅メーカーのオーストラリア進出が話題になっている。日本の住宅着工の急激な回復はありえないと民間が見通した結果であり、将来的に日本の住宅は木材需要とともにじり貧だろう。日本の人工林1000万haを維持するロジックは何なのだろうか?

2011-03-08 09:46:06
斉藤 淳 @junsaito0529

国有林野事業時代からの惰性とか、古くからの林家と自民党の結びつきだとかすぐに頭に浮かびますが、どうして杉にこだわるのかよく分からないですね。 QT @pukuma 日本の人工林1000万haを維持するロジックは何なのだろうか?

2011-03-08 09:48:24
@pukuma

日本には経済合理性や生物多様性の議論は抜きで、林業こそが正義であると思い込んでいる人がたくさんいます。RT @junsaito0529: 国有林野事業時代からの惰性とか、古くからの林家と自民党の結びつきだとかすぐに頭に浮かびますが、どうして杉にこだわるのかよく分からない

2011-03-08 09:59:47
斉藤 淳 @junsaito0529

その林業は正義という思い込みが、何処にその起源があるのか知りたいですね。山岳信仰にせよ、何らかの機能的な価値からそのような信念が生まれたのでしょうし。 QT @pukuma 日本には経済合理性や生物多様性の議論は抜きで、林業こそが正義であると思い込んでいる人がたくさんいます。

2011-03-08 10:03:02
@pukuma

戦後荒廃した山を植林によって緑豊かな森に変えたという歴史があります。全国植樹祭における天皇陛下のお手植えが象徴的です。RT @junsaito0529: その林業は正義という思い込みが、何処にその起源があるのか知りたいですね。山岳信仰にせよ、何らかの機能的な価値からそのような信念

2011-03-08 10:13:12
浅羽祐樹@同志社大学2年目 @YukiAsaba

朝鮮半島の38線沿いにある烏頭山統一展望台に行くと、ガイドさんは、北朝鮮を臨んで、「禿山ばかりですねー。石油の代わりに伐採して燃料にしてるんですよー。それに比べて、韓国は林が豊かですね」と嘯く。「10年経てば江山も変わる」のに。@junsaito0529 @pukuma

2011-03-08 10:13:33
斉藤 淳 @junsaito0529

確かに運動体を組織してキャンペーンをした経緯はありますね。しかし杉や檜にこだわる必要はなかったようにも思うのですが、木材需要は針葉樹に限られていたんですかね。 @pukuma

2011-03-08 10:15:49
@pukuma

北朝鮮の山は実際そうなんだと思います。高麗航空の飛行機から見た山には木がなかったですね。RT @YukiAsaba: 烏頭山統一展望台に行くと、ガイドさんは、北朝鮮を臨んで、「禿山ばかりですねー。石油の代わりに伐採して燃料にしてるんですよー。@junsaito0529

2011-03-08 10:17:33
@pukuma

韓国でも日本に習った全国規模の緑化運動が繰り広げられましたね。@YukiAsaba

2011-03-08 10:19:42
残りを読む(79)

コメント

鞘次郎(sayajirao) @sayajir 2011年3月9日
近代日本経済を支えたスギ林が、国民を攻撃するに至るまでには幾重もの失政があった。1960年代以降の林業界は、迷走暴走、まるで大戦時の軍部のようだ。木材自給率は彼らの最後の砦。
2
talamown @talamown 2011年3月9日
花粉症歴25年の私が上から言わせてもらえば日本杉大杉と憎んでも仕方ない。世界中どこにいっても花粉はある。米も欧州もある。香港くらいまで緯度下げてようやく一息。だが赤道直下でも高地ケニアは年中ある。シンガポールはまったくなし。ビバ新加!解決法は花粉が無い場所/季節に行くのみ。
0
小比良 和威 @ohira_y 2011年3月9日
広葉樹は植林するにしても苗を準備するのが難しいのではなかったかな。とりあえず、保水力については杉が無いというのはデマだったはず。林学クラスタの補足が欲しいところ。
4
taoyan_ni @taoyan_ni 2011年3月9日
昨年、初めて林業公社の造林契約期間延長の説明会に出ました。70年から90年への延長ですが、このメリットの一つとして非皆伐施業により天然活力による広葉樹林の再生を図るというのがあります。うちの親父が持ってる山も、あと70年もすれば立派な広葉樹林になります。その頃にはスギ花粉も少なくなるのでは。。。
0
トング @tong_dou 2011年3月9日
杉って、幹が真っすぐで木材と優秀だから植えてたんでしょ。 しかし、人件費高騰、安い海外木材輸入などにより、林業は廃退。 森の畑の整理しようよ。
3
土居越智宿禰嘉一郎通弘 @DOI4219 2011年3月9日
需要急激に減ったもんな。船、電柱、95年以降は建材。木造の漁船とか、電柱とか最近見ないし。原木価格バブルの半分で、出荷するだけ赤字。
1
藤若亜子 @akof 2011年3月9日
「問題は~の量」という話が出てきたのなら、(ツイッター上では難しいことは承知だが)量の話、つまり数字を出しての議論が建設的なのに、ちょっと勿体無い。
0
Kenichi.Kus @kenichi_kus 2011年3月9日
なんで「単に林業が崩壊している」という単純な事実を認めないんだろう? あと、東京都は何かやってるんじゃないか? 花粉:発生源対策 森林管理で契約--都財団と青梅の組合 http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110215ddlk13040247000c.html
0
. @DJ_Silkworm 2011年3月9日
なんで林業政策修正しなかったって、そんなもん有明湾の埋立や需要変動で不要になったダム作っちゃうようなもんで。あと農林水産省と地方自治体が補助金ばらまいてて、山持てる有権者は田舎でもそんな多くないこと注目ね。
0
YoshMor @yoshmoriya 2011年3月9日
伐採後にどうして杉を植えるのか、という理由について。一番大きい理由は、「広葉樹の苗が高いから」でしょう。これまでは広葉樹造林に対する需要が少なく、育苗技術も未開発であるために、どうしてもコスト高になってしまう。かと言って何も植えないのは法律違反だから、結局一番安くすむ杉を植える、ということだと思います。
7
udnkui @udnkui 2011年3月9日
合意できるところもあり、できないところもあり。なぜ日本の木が世界で勝負できないかというと、やっぱそこはコストが高いからで、なぜコストが高いかというと人件費とあとは大規模林道が整備されてないからでしょう。林道を無駄と言うと駄目だと思う。
2
窓辺 @birn_6_baum 2011年3月9日
私も日本の林業には少なからず疑問を感じてはいるけれど、ここの人たちの言い分にも違和感を感じる。広葉樹にも針葉樹にもそれぞれ利点があるし、日本の森林が全部広葉樹林になったら一件落着なんて、そんなわけはない。
0
てにゃわん @tenyawan3 2011年3月9日
無花粉スギの話は出てないのか。林業政策を非難したまとめでいいのかな。まぁ杉伐採するしない関わらず莫大な金と時間は掛かるよ。
0
魔法少女おざなりさま☆ゼットンさやかG闇 @ozanarisama 2011年3月9日
バカらしい…フィールドワークをまともにやってない学者と胡散臭いスピ系エコ知識の連中か…あなたたちのいうように広葉樹林を作るといいと思うよ。管理は誰がするのか知らんし新しく広葉樹林作って成功してる例を漏れは寡聞にして知らないが。例外的に民間企業のビオトープなどがあるがあれにしても維持であって新規ではないので
2
撃壌◆ @gekijounouTa 2011年3月9日
とりあえずwikiソースだけど、参考に。戦後の人口爆発とそれにともなう建築ラッシュも関係ある模様。http://j.mp/dRfXDS それと林道すらない山深い山林も多いし(昔は仮設ロープウェイ等で運んだがそれでも採算とれた)職人さんも高齢化で若い人ほとんどいないし簡単にはいかないと思う。あとwikiでは中国に関しての記述があるけど、これは最近中国人が日本の山林買っているのと関係あるのかな?
0
アサイ @poplacia 2011年3月9日
話題が錯綜してるうえに陰謀論の匂いもするので、とりあえず『針葉樹林と広葉樹林の保水力には明確な差はないよ』って資料置いときますね。http://www.ffpri-skk.affrc.go.jp/sj/sj28p2.html http://t.co/d99IAwe
6
guldeen(ガルディーン・父は要介護5入所/求職中) @guldeen 2011年3月10日
実際に、林業研修生として2年間、森林組合に居た俺が来ましたよ▼スキッダーやハーベスタといった伐木重機を使うには、林道の整備は必須ですね。でなきゃ、30-40度の斜面において『毎年1000人に1人が事故で死ぬ』という犠牲を強いてまで、文字通りの『人海戦術』を(かつての私らみたいな)作業員がするまでです。▼ここにアレコレ書くよりも、詳しくは以下を参照ください(私のブログです) http://kikori.g.hatena.ne.jp/guldeen/20090422
4
N.Mizusawa @wtp2005ap 2011年3月10日
「山に登る(所在不明の所有者も多いです)」→「切る(チェーンソー使える方、挙手)」→「運び出す(林道も無いのにどうやって?)」→「処分する(燃やす?どこで?)」。こつこつやっていますが、なかなか進みません。何しろ金にならないので。
1
N.Mizusawa @wtp2005ap 2011年3月10日
一般的に、針葉樹は縦に根が伸び、広葉樹は横に広がります。両方が組合わさると治山上はよい、という意見がありますが、あくまでケースバイケースです。山崩れは林業が崩壊し、間伐や手入れが何十年もされていない事が背景の一つです。
0
N.Mizusawa @wtp2005ap 2011年3月10日
木が育つのには何十年、何百年かかります。先の需要を見越して木を植えなければ行けません。製糸業の燃料で階伐された後に建設需要を見越して針葉樹を植えましたが、需要が無くなってしまった、というのが当県の状況です。他県はどうなんでしょうね。
2
ぼやく鷹 Tweeting Hawk @kubtakt 2011年3月10日
偏った専門家しか参加してない議論でもツイートまとめれば「知識」になってしまう怖さを感じた。これまで似た展開のまとめをありがたがって読んでいた覚えがある。気をつけよう・・・。
5
guldeen(ガルディーン・父は要介護5入所/求職中) @guldeen 2011年3月10日
@udnkui さん:『ゆめみがちサロン・日本列島のうち利用できる土地はたった27%しかない』 http://blog.livedoor.jp/yumemigachi_salon/archives/51686404.html 地図で見れば一目瞭然ですが、欧州の林地はそもそも平坦な処が大半で、林業も機械化がし易い。日本における大規模農業が、事実上北海道でしか機能していないのと一緒の構図。一方で日本の林地の大半は急斜面で、搬出における機械化がしにくい宿命。するとどうしても、コスト高になってしまう。
5