カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

ラット頭部移植成功 人間でも可能?(注;一部過激な写真を含みます)

A cross-circulated bicephalic model of head transplantationで、第3のラットを介した頭部移植手術が成功しました。技術的に可能な以上、突き詰めていけば人間にも応用は効きそうです。でも、違和感がありますね。技術面の解説と、人間たらしめる「違和感」とは何か?をまとめました。(注:元論文が有料のため、孫引きしました。ご留意ください)
学術たん 倫理 移植 霊魂 科学 生物学 頭部移植 “アイデンティティー”
24
新薬たん @ShinHiroi
【ラット頭部移植】 ついにやったかという印象。 A cross-circulated bicephalic model of head transplantation.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28429535
新薬たん @ShinHiroi
本文有料のため、『MOTHERBORD』motherboard.vice.com/en_us/article/… より引用。 注意:過激な画像を含みます。
新薬たん @ShinHiroi
血液供給のためドナーラットの頭部を「血液供給ラット」に結合。 pic.twitter.com/tvoXBwuZTZ
 拡大

注釈;小さい方(頭部提供)→ドナー
   大きい方→血液供給


新薬たん @ShinHiroi
(ここから別論文)Allogeneic head and body reconstruction: mouse model.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25367718  より引用。

注釈② 頭部提供→レシピエント
     身体提供→ドナー       ややこしいですね。

新薬たん @ShinHiroi
2015年には「血液供給ラット」無しで成功しているが、「血液供給ラット」ありの方が成功率が高い模様。 pic.twitter.com/q0KlmkSxFg
 拡大
新薬たん @ShinHiroi
短期間なら生存可能。脳虚血などが課題だったというDiscussionでした。(2014年) pic.twitter.com/q9ABeBIyRC
 拡大

注釈③ 頭部提供→ドナー
     身体提供→レシピエント
     一時的に血液をドナーに提供する第3ラットあり。

新薬たん @ShinHiroi
(ここから元の文献に戻ります) 血液循環の維持のため、①血液供給ラットにドナーラットの頭部を移植する。 ②ドナーラットにレシピエントラットを移植。 ③ドナーとレシピエントの組織が生着したら、血液供給ラットからドナーの血管をレシピエントに移植。 pic.twitter.com/Hem6yieikG
 拡大
新薬たん @ShinHiroi
近く、人間で行う予定だとか。医療以外に哲学や倫理、宗教などの問題もはらみそうです。 youtu.be/TGpmTf2kOc0
 拡大

コメント

新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
まとめを更新しました。
佐渡災炎 @sadscient 2017年5月1日
「頭部移植」なのに、「首から下を提供する方」がドナーというのが日本語的に分かりにくいというか混乱する。注釈書いた方が良いかも。
あぶらな @ab_ra_na 2017年5月1日
アタマを交換したら体を交換したことになっちゃうってのはドラえもんの何かでもあったな。
mere @yoyo_mere 2017年5月1日
人間の場合は人工心肺があるから、これよりやりやすいのかな?
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
sadscient 確かに2つの論文で似たような使われ方をして分かりにくいですね。注釈を入れます。コメントありがとうございます。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
yoyo_mere コメントありがとうございます。輸血や人工心肺で、血液供給は大丈夫そうですが、いかんせん脳の大きさと免疫反応が段違いに難しいと思います。
kartis56 @kartis56 2017年5月1日
脳死した人の体に健康な頭を移植するとすると、肺とかの単体で移植が難しいパターンなんだろうか >近く人で
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
kartis56 身体器官が衰える病気の方がいて、セルジオ・カナヴェロ医師が頭部移植を真剣に検討しているそうです。ポリエチレングリコールの神経線維でも(動物実験で)神経の新生が見られたという報告が出ています。引用:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5319221/
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
[c3691171] コメントありがとうございます。私も同感なのですが、では「何に対する冒涜なのか?」。人工授精や選択的中絶、脳への細胞移植とどう違うのかという点と、その医療でなければ助からない人がいる、点がとても難しい問題だと思います。
るいせ @ruise2 2017年5月1日
動物で可能なら、そのうち人間でも可能になるだろう……出来ない理由がほとんどない。「人という種の根絶・変種」に発展しかねない技術には、人は遺伝子からの、本能的な恐怖を示すからな。「冒涜的」の基準があるとしたらそこら辺だと思う。
るいせ @ruise2 2017年5月1日
人工授精や中絶などとは違うのは、悪意と力があれば、人権をもった命を奪う犯罪に簡単に発展出来ることだと思う。その「共食い」的な恐怖は、この手の医療が発達するほどにでるんじゃないかな。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
ruise2 コメントありがとうございます。遺伝的に恐怖がプログラムされているのかは判りかねますが、カニバリズムのような、「共食い」に発展しかねない点は確かに、と思いました。
akc🥞 @shiii_0915 2017年5月1日
『いきている首』を思い出す人結構いるね
しりー @moccyan15 2017年5月1日
パラバイオージスも結構衝撃的でしたが、これ3Rとか大丈夫なんですかね…?
ひーろん @bo__san 2017年5月1日
やっててもいいんじゃない。倫理とか論理以前に生理的嫌悪が先に立って私自身はやりたくない。これ自体は否定しない。
桜豆カカヲ @cacao_0326 2017年5月1日
すごい、SFの世界だと思ったらもう現実に…
mech_terran @mech_terran 2017年5月1日
アカン金持ちに首から下を取られる時代がきてまう
okoo @okoo20 2017年5月1日
こういうのって、臓器移植見たく拒絶反応起きないのかな?
モミルン @oppai_momirun 2017年5月1日
脳だけでは移植は無理でクビ丸ごとじゃないと移植成立しないのか
nekosencho @Neko_Sencho 2017年5月1日
心臓移植などでもあったような「殺人ではないか論争」が起きそうだな。 あと、心臓とか肝臓とかなら血が流れてりゃなんとかなるけど、頭が生きてたとして体が動かせなかったりしたらいろいろつらいだろう
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
moccyan15 コメントありがとうございます。仰る通りで、今回は中国の発表でした。やっちゃいけない国があるのか気になります。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
mech_terran 闇取引で臓器売買される時代ですからね。倫理や法律のタガが外れると、何が起こるか分からない。先の大戦の教訓かと思います。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
okoo20 コメントありがとうございます。理論面では通常の臓器移植と同じく起こるでしょう。恐らくラットでは近縁の系統を使用したのではないかと思います。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
oppai_momirun コメントありがとうございます。ラットの脳って木綿豆腐くらいの柔かさなんですよ。また、脳細胞が虚血で死なないためには頚ごと、なのでしょうね。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
Neko_Sencho コメントありがとうございます。論争は間違いなく起こるでしょう。瞬きなどで意思の疎通を図るツールはあります。この論文にラットがどの程度動いたか記載があれば良いのですが。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月1日
コメントを一通り拝読致しました。やはり嫌悪感がありますね。これが宗教の解脱であれ、攻殻のネットワークへの融合であれ、上部に昇る。という肯定的な意見と逆なのが興味深い。他者を犠牲にするか否かでしょうか?
sudoufu @kappazizou 2017年5月1日
寄生獣で提示されたネタも絡みそうかな、頭部交換して子孫を成した場合に個体的な勝者と遺伝子的な勝者が分かれてしまう、みたいな
神 長門@任期残5カ月 @kannnagato 2017年5月1日
mech_terran 今でも○○ちゃんの為にドナーの順番をカネで買うとかしてるから…
あぶらな @ab_ra_na 2017年5月1日
私としてはこの手の手術のイメージで出てくるのはドラえもんの他に「ブラックジャック」なのだけど、多数派じゃなさそうだな。そのものズバリをやってたかどうかは自信がないしな
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月2日
kannnagato 親に悪意はないとは言え、現実にはそう言えますね。また、その1億円があればアフリカの子供が~という意見も、見方によっては残酷です。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月2日
ab_ra_na 死亡した新生児に脳移植する話がありますね。新生児には人格が無いため、あまり議論に上らないのかもしれませんね。
用水路とゴリラのハーフ @canalollira 2017年5月2日
ShinHiroi 冒涜より先に嫌悪感があるのではないでしょうか。「どこまで身体は自己なのか」「身体を構成する物質がどの程度の速度でどの程度の量入れ替わると自己同一性が保たれなくなるのか」というような昔からあってしかしいまだクリティカルな問いがこういう技術によって避けられなくなる、迫ってくることへの恐怖や嫌悪を抱く方が多いのではと思います。
用水路とゴリラのハーフ @canalollira 2017年5月2日
身体丸ごとが許容できるならじゃあ脳組織の一部はどうなのか。そもそも手術しなくとも代謝してどんどん別の物質に身体は入れ替わっているわけだが「自己」を担保するのはじゃあなんなのか。自己や自意識やその同一性の継続に関して、一般的になんとなく信じられている考えが正に「なんとなく」でしかないことをまざまざと見せ付けられる事に恐怖する人は多いと思います。
用水路とゴリラのハーフ @canalollira 2017年5月2日
個人的には社会問題や犯罪のレベルでの問題はあっても、根源的な倫理やアイデンティティーに関しては身体とっかえ頭とっかえ程度ではそこまで拒否感もないですが。表面的な、狭隘な意味での自己をどこまで大切にしているかで意見が分かれそう。
kawonasi @kawonasi4989 2017年5月2日
ShinHiroi 逆にネズミの方は血液型で免疫云々の問題がなかったのか(無かったから移植できてるんだろうけど)気になります。仄聞するところ、犬なんかは十数種類も血液型があるとかなんとか
某MK @ssf3dymn 2017年5月2日
表に出てくるニュースでこんなんなら、裏ではもうクローン人間とかいろいろやってんだろうなぁとは思う
たるたる @heporap 2017年5月2日
kappazizou 寄生獣はああみえて全身ですからね。現実の寄生虫は宿主の生殖機能を破壊した上で、自身の生殖器を発達させるので、その理論で行けば、頭部移植と同時に生殖器も移植(頭部以外全て移植ではなく、頭部と生殖器以外全て移植)する必要があると思います。
愚者@ C96土南ソ37b @fool_0 2017年5月2日
嫌悪感というか、普通に怖いなあ。研究の有用性は否定しないけど、かといって諸手を上げて肯定できる訳でも無く、それこそ『寄生獣』でやっていた身体の入れ替え(というか乗っ取り)が現実のものになるかとやはり恐怖の方が先に立ちます。
酔宵堂 @Swishwood 2017年5月2日
「シリンダーにプカプカ」に近づいたのかどうか。
とら@AHC @TIG0906 2017年5月2日
攻殻機動隊原作の義体は脊髄が生身だったような まぁ神経索の接合が可能なら脊髄摘出より頭部切断→接合の方がリスクは低いかもしれない 最低限副交感神経系が接続できれば生存は可能だろうし
たいらあおば @aoba_taira 2017年5月2日
倫理的な問題は二の次で非常に興味がある(((o(*゚▽゚*)o)))
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月2日
aoba_taira これは研究者としては同意です。古典ではフランケンシュタイン、漫画ではショウ・タッカーが素晴らしい先見だと思います。あくまでフィクションに留めおかねばという誘惑はありますね。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月2日
fool_0 コメントありがとうございます。身体の乗っとりと、どこまでが自分の体なのかという境界の揺らぎは怖いです。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月2日
heporap 面白い発送だと思いました。現実には精子、卵子の凍結保存と人工受精が技術的に確立しているかな、と考えます。
小野仁 @yukikazemaru 2017年5月3日
人間でやったら本人の精神的には大丈夫なんだろうか? そっちも相当なケアが必要になりそう
sudoufu @kappazizou 2017年5月3日
heporap いや、田宮玲子とAの間の子供は只の人間だった描写から、寄生部位以外はそのまま保持ではないかと
sudoufu @kappazizou 2017年5月3日
heporap あっと失礼、誤読しました。寄生部位がパラサイトの全身って意味ですね。
あいしー★ @aicm2 2017年5月4日
脳だけ移植できるなら美少女に移植してほしい
ロンマニア @LiongHMD 2017年5月5日
これはタイトルに【閲覧注意】の文言が必要かも?
なつみ @natsumitakigawa 2017年5月5日
これ、多分最初はドナー(頭部)の意識や人格が強く支配するかもしれないけど、ゆるゆると人格や意識が変わっていってドナーでもレシビエントでもない人格ができていくんじゃないかなぁ 
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月6日
LiongHMD コメントありがとうございます。その方面への配慮を欠いていました。修正いたします。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月6日
natsumitakigawa コメントありがとうございます。やってみないと分かりませんが、ありえそうですよね。思考実験として、病弱な方がボディービルダーのような身体を手に入れたり、性別が変わったりすれば身体イメージが変化しますし、実際に身体が発するホルモンによって脳が影響を受ける可能性は大いにあります。
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月6日
まとめを更新しました。
夜行ぬえ(誤字マン) @yagyou 2018年5月10日
中国かー……いや、偏見かもしれないけど医療に関してはあまり信用出来ないし悪用される未来が見える
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする