重要なお知らせ

現在、TogetterのTwitterログインがTwitterにより凍結されており、ログアウトするとログインができない状態です。作成済みのまとめには影響ありませんので、復旧をお待ち下さい。Twitterに解除を申請中です。

佐々木敦「導入」【ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第3期 #1】 #批評再生塾

導入 – ゲンロンカフェ http://genron-cafe.jp/event/20170607/ 批評はひとりでやるもんじゃない ゲンロン批評再生塾も遂に三期目を迎えることになった。第一期と第二期は講師陣の一部リニューアルを除けば同じやり方だったが、このたび大きなリニューアルを敢行する。新しい試みは幾つかあるが、その最たるものは、著名な実作者をゲスト講師として迎えることである。そう、芸術/文化の現役の作り手自身が「批評対象」としてゲンロンカフェにやってくる続きを読む導入 – ゲンロンカフェ http://genron-cafe.jp/event/20170607/ 批評はひとりでやるもんじゃない ゲンロン批評再生塾も遂に三期目を迎えることになった。第一期と第二期は講師陣の一部リニューアルを除けば同じやり方だったが、このたび大きなリニューアルを敢行する。新しい試みは幾つかあるが、その最たるものは、著名な実作者をゲスト講師として迎えることである。そう、芸術/文化の現役の作り手自身が「批評対象」としてゲンロンカフェにやってくるのだ。つまり第三期の塾生は、これまで同様の批評家講師による課題に加えて、四人の実作者講師を生きた課題として真っ向勝負の批評文を書くことを求められる。そして上位に選ばれた者は、その人自身から講評と採点を受けられるのである。 実作者のゲスト講師には、それぞれのジャンルにおいて中核的なポジションに位置しているだけではなく、ご本人も批評家的な側面を濃厚に持ち合わせている方々にお願いした。それだけに講評は文字通りクリティカルな、すこぶるシビアなものとなる可能性が高い。だが、批評対象が最初の読者の一人であり得る批評ほど幸福なものはない。第三期の目玉である。わたし自身、どんなことになるか今からドキドキしている。 もちろん、通常回の講師にも新たな顔ぶれが加わる。その他、通常課題の傾向の刷新や、カリキュラム半ばでの長文批評のトライアル、聴講生システムの導入など、細かいリニューアルが施されている。過去二期の成果と反省を踏まえて大胆かつ繊細にヴァージョンアップされたゲンロン批評再生塾は、野心と意欲に燃える批評の徒に広く門を開いて待ち構えている。 もちろん厳しさだけを強調するつもりはない。批評再生塾は「塾」である。第一期、第二期、そして前身である批評家養成ギブスでの経験を顧みると、この塾は何よりもまず仲間や友人が見つかる場所である。この塾がなければ絶対に会うことなどなかった年齢も経歴も職業/身分も趣味嗜好も異なる者たちが、ほぼ二週間に一度、顔を合わせて講師の話に耳を傾け、学び、競い合い、講義の後には朝まで呑みながら語り合い(笑)、更には読書会や同人誌を立ち上げていくことによって、いつしか人生におけるかけがえのない友になっていく、そんな驚くべきプロセスをわたしは何度も目撃してきた。これは本当にそうなのだ。批評はひとりでやるもんじゃない。そして、批評はひとりじゃなくなることでもあるのだ。 ゲンロン批評再生塾、三年目の本気(マジ)へと来たれ、諸君! 2017年4月10日 佐々木敦
批評再生塾第3期 ゲンロン 批評再生塾 佐々木敦 ゲンロンカフェ
genroncafe 1232view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする