剣舞と居合道の関係について

明治から戦前にかけて大流行した剣舞、一時期は武道の一種として扱われていましたが、昭和頃には武道では無いとされていました。現代の居合道との関係がどうも深そうなのですが、ほとんど研究されていないようで謎が多いのです。
剣舞 剣道 居合 武道史 日本刀 剣術史 武道
inuchochin 4688view 8コメント
47
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 文里 @wenly_m 13日前
    詩吟と融合したのはいつ頃だろう?
  • みんみんぜみ @inuchochin 13日前
    wenly_m 剣舞の流派出来た頃からですかね?詳しく無いですが剣詩舞とか言いますし。
  • 吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
    wenly_m 明治になって発生した剣舞流派に関しては、最初期から詩吟とセットになっていました。国立国会図書館デジタルコレクション上で確認できる最も古い剣舞の資料(明治20年代)も、ほとんどは幕末志士の漢詩集となっていて、それに合わせて演舞するのが前提になっています。
  • 茜射す紫野行き @smichie1221 12日前
    短刀を使用した巫女舞とは全く違う進化を遂げてますよね…。
  • y2_naranja@創英角ポップ隊 @y2_naranja 12日前
    なんでか知りませんが千葉のほうの女子高の体育祭では詩吟とともに剣舞をやるというのを読みました(米沢りか『しゃべくり大王』か『アクション大魔王』に書いてあった)。 『クライング・フリーマン』(小池一夫/池上遼一)でも同様のシーンが出てきますし、古くは女性の教育で行われたのかもしれません。Twitterで小池せンせいに直接伺えばいいのかな。
  • なんもさん @nanmosan 11日前
    中国武術は古代から武と舞が一体となってますから、日本剣術がそこから直接の影響を受けてないとすれば、明治期以降に入ってきた空手の演武から間接的な影響を受けて生まれたのかもしれませんね。むろん剣舞そのものは日本になかったのがおかしいくらい世界的にありふれた概念ですから、他方面からの影響は考えられますけど。
  • なんもさん @nanmosan 11日前
    なんにせよいまの日本の武士道や剣術から剣道へという流れが、武と舞が分離して以降に生まれた比較的新しい概念ってことだと思いますよ。古事記には剣舞の記述あったと思うし、中世期頃までの上流武士階級は武と踊を別々に両方習ってましたし。
  • 吟剣詩舞人 @ginkenshibu 10日前
    >>@nanmosan ご指摘の通り、「剣舞」自体は世界中どこにでもありふれてますし、日本でも宮中で舞われる「久米舞」や、武田神社の「四劔の舞」や石見の「四剣神楽」、あるいは東北地方の「鬼剣舞(おにけんばい)」など、まとめ内にあるいわゆる「剣詩舞」よりもっと古い時代から存在するものもあります。ただ、剣詩舞に関しては、各流派の成立がどれも明治以降で、居合と併伝なケースが多かったりで、関連が深いのはやはり居合が主だろうと思います。

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー