エマ・ワトソンの「HeForShe」と「弱者男性論」を見て考えたこと

いろいろ考えたのでまとめました。
10
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「エマワトソン主義」って書いてる人がいるけど、あれって、普通に昔からある「フェミニズム」もしくは「リベラルフェミニズム」(リブ以前からある女性の権利運動の流れを中心にした、という意味で)だと思う。

2017-07-29 22:59:35

★HeForSheの主張の基本は性・性自認に関わらず自由に自分の生き方を決めるために、機会の平等を求めるもの、だと思う。「男性性」「女性性」をスペクトラムでとらえるとか、「男性のかくあるべき規範」が男性に対しても抑圧的であることへの言及とか、内容は21世紀の現代のものだけど。

エマ・ワトソンさんの国連スピーチ全文の日本語訳と動画が掲載されているブログ
http://blog.excite.co.jp/nyliberty/23463742/

エマ・ワトソン UN Women 親善大使 新しいHeForShe ウェブサイトを発表
https://youtu.be/F4xPuWRuFmY @YouTubeさんから
2016/01/27 に公開のインタビュー動画

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

.@ressii_papa さんの「いまさら聞けない人に解説 "#HeforShe"って何を実現するためのキャンペーンなの?」をお気に入りにしました。 togetter.com/li/1027828

2017-08-09 22:17:59


ressii_papa さんによる、「HeForShe」キャンペーン内容紹介のまとめがあります。(まとめの日付は昨年2016年9月23日)

「弱者男性論」を見ていて思ったこと

毒気に当る感じで「クロワッサン症候群」を思い出した

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

エマ・ワトソンさんの恋人選択が国連スピーチと相反している云々の発現を見た時のモヤッとした感覚、以前にあったなと思って考えていたら、松原淳子さんの著書「クロワッサン症候群」を読んだ時の感じを思い出した。 amazon.co.jp/dp/4163427201/…@amazonJPさんから

2017-07-30 00:09:00

 ★重大な誤字発見したので訂正します
 ×松原淳子→〇松原惇子 

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

@AmazonJP 「クロワッサン症候群」は1988年出版で、当時はもう松原さんが批判している結婚しない女性礼賛的な雑誌ではなくて、私なんかは主婦の雑誌と思ってたからピンとこないとこもあったんだけど、均等法以前の女性の「自立」模索期の事みたいだった。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-30 00:22:33
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

@AmazonJP アマゾンの商品説明だと【「クロワッサン」は創刊当時、向田邦子、桐島洋子、市川房枝などをオピニオン・リーダーとして「自立する女」「翔んでいる女」など、新しいライフスタイルを打ち出し、当時の20代後半の女性に多大の影響を与えた】とある。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-30 00:25:54
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

@AmazonJP 商品説明続き【あれからおよそ10年、彼女らは30代の半ばから後半を迎えているが、この世代は他の世代に較べ、キャリアウーマン、シングル指向が強く、その影響を色濃く残している】←クロワッサン創刊は77年で当時の20代後半は私より10歳上 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-30 00:33:15
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

その世代のロールモデルは更に上で、私たちの母や叔母の世代になる。クロワッサンに出ていたかどうかは知らないけど「乳がんなんかに負けられない」の千葉敦子さんも入りそう。クリエイティブな仕事を開拓した結婚しない女性。1940年生まれ。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-30 00:59:31

 ★50代BBAである私の「母や叔母」の世代は、戦時中生まれで、中学卒業で就職する人が40%以上で、結婚の半分以上がお見合いで、結婚したらお勤めはやめるのが当たり前だったころ。クロワッサンに登場した女性たちは本当に特別な人たちだった。

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

サイゾーウーマン2015/8/22、大野左紀子さんの「クロワッサンな人」の記事。本文より【親や世間の価値観に従って易々と結婚していいのか。女には子育てしかないのか。仕事をもって誇り高く生きていきたい。ただのおばさんにはなりたくない】 cyzowoman.com/2015/08/post_1…

2017-07-30 01:24:47
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

これって、チョイ前話題になった「ちょい悪GG」の天敵でカウンターパートになる「bunkamuraオバサン」も入りそうだ。文化村オバサン亜種中央線型の私も多分入るw…ちょっと話がそれた。次で戻す。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-30 01:56:37
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

で、話を戻すと、1988年出版の松原惇子著「クロワッサン症候群」は、創刊当時の「クロワッサン」の影響で選んだ自分の生き方に後悔または疑問を持った女性についての松原自身の体験も含めたレポートで、自家中毒みたいな毒、ルサンチマンがある。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-30 02:04:59
「個人的なことは政治的なこと」なんだし。

機会の平等を追求するリベラルなフェミニズムに「強者女性のフェミニズム」という側面がどうしてもある。その批判はあっていい。ただ、エマ・ワトソンさんのスピーチも幾多の批判を経た流れの上にある、と思う。

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「エマ・ワトソンさんの恋人選択と国連スピーチの乖離・相反論」と「クロワッサン症候群」の読後感は、毒気に当てられる感じがとてもよく似ていて。その毒気の元が自分一人では解決の糸口がつかめないでいる蛸壺的な「その人」の状況であることも。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-30 02:11:28
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

本文より【異性再配分のような直接的な解決策ではないが、経済的格差を縮小し貧困を減らすような施策は、生涯未婚者や交際経験を持たない人を減らす方向に働くだろう】←エマ・ワトソン演説と「弱者男性」問題について - 弁護士三浦義隆のブログ miurayoshitaka.hatenablog.com/entry/2017/07/…

2017-07-30 23:49:17
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

この三浦さんのブログの意見は、「個人的なことは政治的なことである」の中にある解の一つだと思う。個人の実存的な部分の解決にはならないけどその実存的な問題の背景の「見えない、もしくは見えにくい」社会・環境因子に働きかけるという点で。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-31 00:06:11
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

88年出版の松原惇子著「クロワッサン症候群」は、70年代発の「新しい女性の生き方」が「強者女性」によるもので、必ずしも「強者」ではない女性がロールモデルにするのはかなり無理があるしんどいものだったという「恨み節」を含むメディア批判。twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-31 00:44:57
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

メディア批判であると同時に【「結婚して家(家庭)に入る」以外の女性の生き方の強調】という「ある種のフェミニズム批判」でもある。70年代の日本には「フェミニズム」という言葉はなかったけれども。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-31 01:02:39
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「ある種のフェミニズム」とあえて書くのは、創刊当時のクロワッサンに登場する「強者女性」の「新しい生き方(結婚せずクリエイティブに働く)」ロールモデルをクロワッサン創刊以前70年代初めに既に批判した日本の「フェミニズム」もあったから。 twitter.com/yotayotaahiru/…

2017-07-31 01:22:19
なけなしの自己肯定をさぐる

「うらみつらみ」の毒吐きは自分にも「呪い」をかけるところがあるけど、「その先」を切り開く力になることもある。

残りを読む(7)

コメント

両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月1日
弱者男性の視点だと、恋人や嫁が欲しいのに強者女性からの「友達になってあげる」宣言は、宣戦布告に等しい。 なってあげるってことは、そもそも心の内では友達になることすら嫌なんだと透けて見えるからな
10
Mo @mo9534156 2017年8月2日
あのスピーチは結局「中の下の男性への降伏勧告」だったんだろうなと。立脚点は中の下以下の女性の視点で、その層へある程度の満足感を与えうる「ちょっと妥協した選択肢」をもたらす為のものだったのでは
7
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月2日
[c4002904] その「関係なく」は「縁が無く」くらいのニュアンス? 関係ないことに無理するって、どんけ狭い領域を想定してんだよ
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月2日
d2N5Q4GciZtsa2e あのスピーチって「お友達になってあげる」宣言だったんでしょうか?「男性だってしんどいところがあるのが今の社会でしょう、それを変えるのに一緒に取り組んでください」って話だと思ったんですけど。
6
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年8月3日
あのスピーチにおける「弱者男性」とは、「メスを獲得できず、つがいになれないオス」じゃないでしょ。「望んでいないのに、男らしさを社会規範として強制されるオス」ですよ。一定の年齢になっても結婚してないのは社会性に問題があるとみなされて昇進できないとか、ジョックになろうとしないギークはいじめられるとか、キモいおっさんが声をかけると事案になるとか、弱音を吐いたら馬鹿にされるとか、そういう「男らしくあることの強制」の話であって、「メスを獲得できる(そのことに有利)かどうか」は触れてないと思う。
3
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年8月3日
最初に女性を物として扱うような国や地域での女性人権の向上に一定の成果があったと述べ、既に権利を持ってる白人女性の便利なポリコレ棒じゃねぇぞ(意訳)と言い、人権活動であるので男を引きずりおろして相対的に女を上げるのではなく全体を上げるのものだ再認識せよ、という演説の目指すところは「非モテでも人権が保障される世界」であって、それに対して「非モテに女をあてがえ」なんて言えば、「男が人として認めらる手段は女を獲得することだけではない、女の獲得しか認めない世の中を変える」になるとしか思えんのです。
5
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年8月3日
と、いう認識で例の演説を解釈していたので、クロワッサン症候群の「強者女性(これは弱者男性と対になる概念ではない)とそれにつられた一般人読者」というものの類似性はなるほどねーと思った。そう考えれば、「脱成長を唱える金持ち老人と、それに対する批判」なんかも同種なのだろう。結局みんな金は欲しいし、独立した一人の女性として仕事も家庭も手に入れたいし、オスはメスを獲得する願望を捨てられないのだと。だとすると、差別や格差は必然でどこにも救いない気もしますなー……。
4
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月3日
[c4004809] 「内面」て、河島英五さんの「酒と泪と男と女」http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B09242みたい。男は涙を見せられないから酒を煽って酔い潰れるしかない、っていうのは、辛いことにぶち当たっても「弱さ」を見せられない辛さ(一人でいてもその縛りが続いている)ですよね。自縄自縛状態の辛さを変えましょう、という話に、縛ってるのは俺じゃない、という反応があったということかな。
5
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月3日
[c4006488]【 女性差別という文脈での「男性性」なんて「弱者男性」にはもともとほとんどないのに、これ以上何を放棄しろというんだ】という反応なのかなと思いました。自縄自縛は辛いでしょ、は「好きで縛っているわけじゃない」ので大きなお世話、になってしまうのかも。でも、好きで縛ってるわけじゃなくても自縄自縛という状態はあると思うんだけど。
4
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月3日
[c4004641] 多分、そのカテゴリ分けが存在し、しかもその判定基準が女性の手元にあるという現実を無視した論説だから、オレのような非モテが反発するような薄っぺらい世迷言を吐いたのだべな
4
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月3日
yotayotaahiru 縛ってる紐の片側を女性様が握ってるのに、女性様から「縛られなくて良い」とか言われて良い気がするとでも?
6
逆ガル翼 @reversegwing 2017年8月3日
逆にどんな人だったらあの発言が許されたのか?「未婚、あるいはブサ男と結婚している女性しか弱者男性の権利を語ってはいけない」なんて言ってたらそれこそ味方が減っていくだけだぞ。
2
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月3日
d2N5Q4GciZtsa2e 「女性様」が「縛っている紐の片側を握ってる」っていうのも半分くらいは幻じゃないかなって思うんだけど。
1
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2017年8月3日
yotayotaahiru 半分幻でも半分本当なら結局縄抜けできないのは変わらんだろ(クソリプ)
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月3日
Eo554IijYfHOQqw 半分本当、のうち男女の賃金格差は、正規・非正規の賃金格差でもあるから、共闘は可能だと思うよ。そうではない部分、リスペクト出来る人を求める部分は実は男女とも持ってるんじゃないの?
2
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月4日
[c4008168] [c4008191] 解釈はだいたいあってると思います。「クロワッサン症候群」という本は、「言われても無理なんだけど」というより「やってみて無理だったので後悔してる」女性の声を集めていて、うらみつらみの毒気が創刊当時の「クロワッサン」的な「新しい女性の生き方」の喧伝に向かっている感じでした。出版当時も批判と持ち上げの両方があったと思います(持ち上げるのはどっちかというとオジサンメディア)。
2
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月4日
[c4008191] 今回の「弱者男性」論と読後感が似てると思ったのは「うらみつらみの毒気」に当てられる感じがしたところと、環境要因からくる困難(経済的な問題含む)と自縄自縛の辛さとが重なっているように見えるところ、ですね。自縄自縛は毒はきしながらでも最終的には自分でほどくしかないと思いますけど、「弱者男性」の男性ジェンダーの呪縛はサバイバルの武装でもあると認知されているからより厳しいのかも知れないなぁと思いました。
3
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月4日
yotayotaahiru ソコでエマ・ワトソンの男性遍歴が参照される訳で、どう見ても男性性に溢れた強者オスを選好してては「その呪縛をお前も選んでるだろ!ふざけんな!」となるアビ・インフェルノ
4
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月6日
[c4008422] [c4008424] 収入の平均でいうと女性の方が少ないから「養う」は無理でも二人で協力してやっていこう、が通じる女性はけっこういるはずなんですけどねぇ。出会いとマッチングの問題はあるだろうと思います。
1
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月6日
d2N5Q4GciZtsa2e ん~「男性性に溢れた強者オスを選好」かどうかはわからないですよ。社会的地位や収入ではなくて別な軸で「男性性を降りたところがある人」を好きになっているのかもしれない。だいたいエマさん自身が収入も地位もあるセレブ女性ですからそれに負けないだけの男性はなかなかいないだろうし。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月6日
d2N5Q4GciZtsa2e ただ、「男女平等に権利と機会を持つ」社会を志向することで結果としては「能力」による「女女格差」「男男格差」が出るだろうしその「能力」には「当人の努力」以外に「持って生まれた力」や「生まれ育った環境」という本人の努力でどうにもならないものの影響があるので、「能力差」から来る「格差」があることを前提にした弱者救済の社会政策は重要だと思いますけど。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月6日
yotayotaahiru 本人のローカルな嗜好は見えない部分があるとしても、少なくとも見やすい位置にあるステータスでは「男性性に溢れた男」ばかりと付き合ってるように見える訳で、観測者からは観測された現象こそが事実
1
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月6日
yotayotaahiru 国や地方自治体が独身男女の結婚斡旋をやり始めたらソレはソレでモヤモヤしたモノが出るけど、そういえば結婚斡旋する地方自治体ってちょこちょこ有ったよーな
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月6日
まとめを更新しました。 おくればせながら、エマ・ワトソンの国連スピーチの日本語訳が掲載されているブログのリンクを追加しました
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月6日
d2N5Q4GciZtsa2e 同一階層の中でカップルができることでハイスペック女性とハイスペック男性のカップルはより「強者」になる、というのは「階級問題」ですよね。エマ・ワトソンのスピーチにある「 男女平等に権利と機会を持つ」社会は「経済力や社会的地位が「男性性」とは切り離されることになるでしょう。けれど、それが「階級問題」の解決にはならない、むしろむき出しの能力主値が反映されて格差を助長する、なら正当な批判と思います。
1
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月6日
d2N5Q4GciZtsa2e国や自治体による独身男女の結婚斡旋、そのものとは言えないけど、独身の男女が出会える場を作ろうという取り組みは特殊合計出生率が1.53を切った90年代初めから、農村や商店街の跡取りの嫁不足問題と併せて地方振興策のイベントとして企画されてきました。でも、「成果」はさして上がらずそうこうするうちに零細自営業は淘汰されていったわけです。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月6日
d2N5Q4GciZtsa2e 最近だと、東京都で猪瀬元都知事が男女共用の良質なシェアハウスを推奨しようとして批判されたりもしましたが、結婚、とくに「出産・子育てを目的にした結婚」適齢期にあたる男女がごく自然に出会って親しくなって恋をする、ための余裕が経済的にも時間的にも無い、というか奪われている状態が諸悪の根源にあるのではないですか?
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月6日
yotayotaahiru 要するに、エマ・ワトソンは大したことは言ってないし発言を自らブチ壊してる
1
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月6日
yotayotaahiru 一方、平均年収1,500万円以上と噂されるオラの地元は、外から積極的に嫁が入り込む土地柄になった模様
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月6日
yotayotaahiru なので結婚可能年齢を男女共に16歳に引き下げ、高校での託児所設置や産休育休制度制定ついでに不純異性交遊規制の緩和を主張する
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月8日
Clearnote_moe 「差別や格差は必然で」はその通りだと思います。だから全く何の差別も無い社会は無理で格差も0にはできないと思います。だから、経済的な格差については一定のシビルミニマムの保障が必要になるしそこは性差別とは軸が違う(無関係じゃないのでレイヤーの違いではなくて軸の違い)。ワープア問題にしてもハイスペック正社員の過労死問題にしてもマズローの欲求5段階説でいう下位要求すら満たすことができないでいる問題だと思うし。だけどその先をどうするかってあたりは残りますよね。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月8日
d2N5Q4GciZtsa2e 私は結婚可能年齢を男女ともに引き下げるのは反対。逆に、選挙権も18歳からになったところで、18歳で成人=男女共通の結婚可能年齢(保護者同意なし)になってもいいんじゃないかと思います。で、その手前の未成年の時期にはガチな性教育…性欲は基本的に肯定した上で、妊娠・避妊・性感染症のリスクと予防について、に加えて性的自己決定の尊重・・・が必要と思います。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月8日
yotayotaahiru 保護者同意不要な結婚って、本邦の伝統的なイエ制度には馴染まない制度だと思ってるので、未成年は保護者同意を得て結婚できるシステムは残置すべきだし、そもそも16歳なら一通り性成熟してるので結婚出産に不都合は無いと考えます
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月8日
d2N5Q4GciZtsa2e 「保護者同意不要な結婚」は成人なら当たり前のことなので、18歳=成人なら問題ないのでは?で、「16歳が一通り成熟している」は身体的に性交・生殖可能という意味ではある程度そのとおりだけど、「子育て」の準備はできてないと思います。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月8日
yotayotaahiru 子育ての準備を未成年の後見人たる実家の親が担保するんですよ。 18歳同士の夫婦だって、親・実家の支援抜きで子育てできますか?
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月8日
d2N5Q4GciZtsa2e なお、国や地方自治体の公的支援については「人足足り得ない」ので効果には限界があると判定します
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月9日
d2N5Q4GciZtsa2e 「実家の親が担保する」ってその親がそもそも結婚を認めなかったら結婚自体なりたたないわけですよね?そもそも結婚可能年齢を男女ともに16歳にする理由はなんですか?
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月9日
yotayotaahiru 親が認めない妊娠なら、親の出費で中絶すると見込まれ、トイレ出産遺棄のような事例には一定の抑止力が期待できます
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月9日
yotayotaahiru 男性がしんどくて自殺率が女性よりも高いのは頑張りすぎてるからで、その頑張らねばという価値観を変えた方が良いという内容でしたが、社会が男性が頑張らなくても良いようにすべきという内容ではありませんでしたね。単純な雇用環境の改善推奨であれば反発は無かったと思われます
1
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月9日
d2N5Q4GciZtsa2e 親の元で10代が早婚することを推奨すると少子化対策になりますか?私にはそうは思えないんだけど。 d2N5Q4GciZtsa2e 「親が認めない妊娠なら親の出費で中絶」というのは妊娠した女子にとっては心身ともに傷つくことですし、結局、隠そうとして上手く行かずトイレ出産遺棄のような事態は減らないのでは?それより最初の妊娠が中絶せざるをえないものにならないように、避妊の知識と手段を身につけた方がいいと思いますよ。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月9日
SAKUOLI 「社会が男性が頑張らなくてもよいようにすべきという内容」、具体的にはどういうものがあればよかったのでしょうか。「単純な雇用環境の改善推奨」と異なる重要なポイント・・・一部男性の「反発」を呼んだものは何だとお考えですか?
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月9日
yotayotaahiru 日英共通の問題で言えば法定労働時間を越える男性の比率が高いことですから男性の労働強度の問題ですね。現実問題、男性は所得と婚姻率は正の相関があるので、高所得じゃないと結婚出来ない、結婚すれば家族の為に超時間労働から逃げられない、という事がありますから、男らしさから降りろという前に降りれるように意識変革の勧めでなく物的に助けて欲しいという事だったと思います。非正規雇用の規制、法定労働時間外の賃金増加率引き上げ等になるでしょうか。好景気にするだけでも自殺率は下がりますが
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月10日
SAKUOLI 「男性の労働強度の問題ですね。現実問題、男性は所得と婚姻率は正の相関があるので、高所得じゃないと結婚出来ない、結婚すれば家族の為に超時間労働から逃げられない、という事があります」←ここに異論はほぼ無いです。「非正規雇用の規制、法定労働時間外の賃金増加率引き上げ等になるでしょうか。好景気にするだけでも自殺率は下がりますが」←ここには全面的に同意します。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月10日
SAKUOLI そして、追加したいものとしては、やっぱり「同一価値労働同一賃金」です。あと、例えば介護職のように、伝統的に女性の職業とされてきたけれども、もっと男性職員が増えた方が良い職場の賃金を上げることで、結婚する男性もこの職業を継続できるようにすることも、ですね。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月11日
yotayotaahiru 「親に相談して許可が降りれば結婚できる」んですよ? 正しい性教育は当然に必要ですが、その上で未成年がうっかり妊娠する可能性は残るし、その際に結婚できる制度があれば人口生産性は必ず向上します
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
まず、 「うっかり妊娠する」場合は、そもそも「妊娠」「子育て」の現実を受け止めるのが難しいです。まだ自分自身のアイデンティティ模索の時期でもありますからね。そして、今でも女子は16歳で結婚できますが、相手が18歳以上の男子であっても「親に相談して結婚」にはそう簡単に至らないのでは?
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月11日
yotayotaahiru 16歳で結婚できるのが女子のみであることに男女差別を感じないのですか!?
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
d2N5Q4GciZtsa2e 結婚可能年齢の下限が女子の方が低いというのは「男女差別」というか「女子への差別的な取り扱い=女性差別」と考えますけど。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月11日
yotayotaahiru なるほど、女性差別であっても男女差別ではないと? いやソレはおかしい、結婚は希望者にとって主体的な権利であり、親の許可という条件付きであれ女性に優先して結婚の権利が与えられることは男性差別である。 つまり、双方向に差別的だから男女差別なんですよ
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
d2N5Q4GciZtsa2e 男女平等の上で「権利としての結婚」を考えるから、結婚可能年齢の男子引下げではなくて女子引き上げなんですよ。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月11日
yotayotaahiru 人権は、基本的には拡大されるべきでは? 何故ソコで人権の切り下げを主張するのか、自称レイシストのオレにも理解できるように説明をお願いします
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月11日
yotayotaahiru 公的福祉従事者の待遇改善や非正規と正規の格差是正には強力な分配、あるいは再分配政策が必要になりますが、ここでもエマワトソンの話と繋がります。格差を是正し公的支出を増やすには高所得世帯への所得税の累進強化が要りますが上昇婚傾向を容認すると高所得女性への重税に実質的になります。ドイツやフランスなどの社民的な国での幸福度の男女比で男性の方が優位という日本と逆の傾向からもこれは分かります。そして当然、独仏は上昇婚傾向は日本よりも低いです。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
d2N5Q4GciZtsa2e もともと戦前の結婚下限年齢は「男性17歳、女性15歳」で親の同意が必要な結婚は「男性30歳未満、女性25歳未満」でしたから、戦後に結婚可能年齢の下限は男女ともに引き上げられ、親の同意不要な年齢は「成人」である20歳に引き下げられました。けど、義務教育が9年間になった後、昭和25年当時の統計でも高等学校進学率は男子48%女子37.6%です。高校進学しない子たちは「大人」の仲間入りを成人前にしていたことになります。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
d2N5Q4GciZtsa2e 男女の高校進学率がほぼ7割となりその差がなくなったのが昭和40年ごろで、中教審の「後期中等教育の拡充整備について(昭和41年答申)」通称「期待される人間像」の後、高校進学率は昭和45年には8割、昭和50年(1975年)で9割超過となります。「後期中等教育」の間はまだ社会人としての修業中で、先進国の人財育成にはそれだけの就学期間が必要と考えられたということでしょう。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
d2N5Q4GciZtsa2e 「子供期」および「青年のモラトリアム期」は現在も延長中ですが、どこかで「社会人(職業人であっても家庭人であっても)」として一人前として認める線引きをするなら、やはり「成人年齢」ということではないでしょうか。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
SAKUOLI 「格差を是正し公的支出を増やすには高所得世帯への所得税の累進強化が要りますが上昇婚傾向を容認すると高所得女性への重税に実質的になります」は正確に言うと、「高所得女性への」ではなくて「高所得世帯への」であって、「男女」「性差別」問題とは違うのではないですか?
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
SAKUOLI それと、「働くのが好きで家事は苦手で、そこそこは稼げるけど専業主夫を養うのは厳しいけど、共働きで家事を主に担ってくれる男性なら自分より収入が低くてもいい」と思っている女性はそれなりにいますよ?ただし、いわゆる「女性らしさ」からは遠いかもしれない、つまり、日常生活がだらしなくくそ生意気で気が利かなくて化粧やファッションには疎いから見た目はパッとしなかったりする女性は、「上昇婚指向の女性」とは別なところに生きてるので。(ソースは私とその周辺)
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月11日
yotayotaahiru 「一人前でないと結婚できない・してはならない」ココに疑議を挟み社会通念に問いを投げ権利拡大を図るのがリベラルな態度ですよね? イギリスではハイスクールでの妊娠出産が制度的に認められたことで出生率に改善が見られたそうです
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月11日
yotayotaahiru 再分配後所得においては少子化対策に子供を持つ世帯への控除が行われるので婚姻世帯は税負担が実質軽くなります。また男性は高所得であるほど配偶者への所得要求が低くなるので世帯員辺りの所得課税は低くなります。つまり上昇婚傾向だと構造的にどうしても高所得の配偶者を望むエリート女性への世帯員辺りの課税は最も高くなって、経済政策のインセンティブはエリート女性を抑制する方向に向いてしまい男女の結果平等の達成は困難になってしまうのです
2
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月11日
yotayotaahiru 個々においてはもちろんそういう方々もおられると思います。統計はあくまでも全体における傾向の強さに過ぎないので。しかしフェミニストの方々の言う、その国の社会全体における結果平等の理想を制度や規範の変革において達成しようとするならば、全体的な傾向はどうあらねばならないかという問題はどうしても出てこざるを得ないと思います。単に自由で良いというだけでは全体の傾向から必ず結果の不平等は生まれてしまうでしょうから。
2
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
SAKUOLI「再分配後所得においては少子化対策に子供を持つ世帯への控除が行われるので婚姻世帯は税負担が実質軽くなります」←これは必要なことですよね?だから「また男性は高所得であるほど配偶者への所得要求が低くなるので」←ここを背負っているから SAKUOLI のとおり「結婚すれば家族の為に超時間労働から逃げられない」ことになるのでは?でもって長時間労働の過重負担は生産性を下げますよ。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
SAKUOLI 「しかしフェミニストの方々の言う、その国の社会全体における結果平等の理想」も現実的に求め得る最適解しかつくりようがないでしょう。つまり、シビル・ミニマムがある社会の中での機会の平等。シビル・ミニマムの水準をどのようにつくれるかは合意形成次第ではありますが。「全体的な傾向はどうあらねばならないか」については、基本は「同一価値労働同一賃金」の上でワーク・シェアリングで過重労働を減らし、まともな「労働時間短縮」を実現することかなぁ・・・
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月11日
d2N5Q4GciZtsa2e やはり10代の妊娠・出産・結婚はその後の女性の貧困、子どもの貧困、貧困の再生産につながるリスク因子になるので積極的には勧められないです。イギリスのことはほとんど知らなかったので少し調べていますが、「イギリスではハイスクールでの妊娠出産が制度的に認められたことで出生率に改善が見られたそうです」は事実誤認では?イギリス政府はむしろ10代の妊娠を減らすための取組を続けて来て、この20年間余りの間に10代の妊娠率は半減したそうですよ。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月12日
d2N5Q4GciZtsa2e イギリスの出生率の回復は、ブレア政権が'97年から始めた貧困対策、特に子供の貧困対策の影響が大きいのではないかと言われているようです。10代女性の妊娠率はイギリスは現在も世界第2位だそうですが、97年時点では現在の倍だったので、それを減らすための取組も同時に展開しています。「ハイスクールでの妊娠出産が制度的に認められた」は女性と子供の貧困予防の一環ではないでしょうか。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月12日
yotayotaahiru 10代という括りで言えば、16歳も18歳も10代ですよね? 加えて、貧困の世代継承を緩和する為の保護者の許可と子育て参加が組み込んである訳で、その反論にはオレの主張に対する説得力に欠けるものと評価します
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月12日
yotayotaahiru 必要な事であっても結果的に上昇婚傾向のエリート女性には不利に働く為に結果平等を求める人達にとっては問題になるという事ですね。男女関係なく付加を減らすため、かつ婚姻の志向を変えずに少子化対策を行う場合、妻子持ち高所得男性は恩恵を得られますが、高所得女性は得にくくなります。これは少子化対策を行うほど強くなるので、労働規制+少子化対策と男女結果平等の実現はどうしても相性が悪いのです。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月12日
yotayotaahiru ほとんど異論は無いのですが、フェミニズム運動や男女平等度の指標は概ね結果平等の実現を求めてるものですからね・・・。機会や賃金の平等で言うと、英仏独は「同じ企業、同じ職種、同じ職務」においては男女所得差は既に5%以下です。にも関わらず全体の男女所得差は15~30%程度あります。その大きい要因は職種選好なんですよね。自由な選好において結果平等の実現は困難という問題はここでも出てきます。
1
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月12日
d2N5Q4GciZtsa2e 「10代というくくりで言えば16歳も18歳も10代」はそのとおり。ただし、「18歳」という年齢を「成人」として認めることで、成人と未成年という差ができます。その差の根拠は社会的合意なので恣意的。だけど、すでに18歳には選挙権が与えられたから、熟議がなされたかどうかは別にして制度的には「成人」と見做すことはできると思います。で、その成人になるまでの期間は準備期間でしょう。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月12日
d2N5Q4GciZtsa2e 未成年の結婚は元々は義務教育卒業後は「社会人」として成人に準じたものと見做されていた、ということだったと思いますね。昭和の後半になると、義務教育終了後ではなくて高校卒業の年齢が「選挙権はないけどほぼ大人」という感じだった(だから高校卒業後の飲酒は黙認。高校生だとばれたら学校が処分)。「成人」年齢を18歳まで下げるということは制度として国が大人と認めるということ。だから結婚も保護者同意なしで可ということになる。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月12日
d2N5Q4GciZtsa2e現状だと未成年が積極的に結婚しなければならない状況というのは、未成年女子が婚外子出産によって不利益を被るのを防止する役割、ある種の救済措置になっているのではないかと思うけれど、法の規定は規範の形をつくるので、例外的状態への救済として年齢の下限を未成年にまで男女ともに下げるのではなくて、未成年の不用意な妊娠を避けるための教育や貧困対策が優先された上で、救済措置は別な形のものがあったらいいのではないかと考えます。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月12日
SAKUOLI 【上昇婚指向のエリート女性】という想定がわからないのですけど、大卒で一流企業で働いてその中で配偶者を選択したい女性、ということだったら、それは「上昇婚」になるんでしょうか?どちらかというと同一階層内の結婚では?高収入の男女がカップルになって共働きを続けるなら世帯収入は大幅にアップしますけれど、税負担は各自がシングルだった時とかわらないですよね?
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月12日
SAKUOLI 「男女関係なく付加を減らすため」(負荷、でいいですか?)に必要なのは、被用者世帯だと「生活水準を下げる必要性に迫られない形での大幅時短」ですが、最適解はカップルの女性の収入を増やし男性の長時間労働を減らすということになりますから、「婚姻の志向を変えずに少子化対策を行う」は無理ではないですか?「妻子持ち高所得男性は恩恵を得られますが、高所得女性は得にくくなります」高所得女性の「恩恵」は家庭内での無償労働の負担軽減になるのではないでしょうか・
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月12日
yotayotaahiru 自分と同程度の収入であれば同質婚志向だと思いますが(男性は下方容認なのでそれでも問題ありますが)かつてプレジデントが行った調査では年収300万から500万の独身女性が配偶者に500万以上の年収を求める割合はおよそ七割でした。これが年収500万から800万だと800万以上が半数になります。フランスの世帯所得での累進強化の政策(n分のn乗方式)は世帯所得÷世帯員数で割った数に所得税をかけるので配偶者に低所得者を選ぶと単身時より税は低くなりますが高所得者を望むと税は高くなります
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月12日
yotayotaahiru 雇用環境がよくなった場合、男女ともに労働生産性が上がると思いますが、婚姻志向が維持されたままなら高所得者となる男性は婚姻率が上がっても高所得者となる女性は下がります。 婚姻志向を変えずとも子育て世帯所得の増加が大きいほど少子化対策にはなるとは思います。 パワーカップル世帯は累進性が強いと恩恵が少なく、かつ経済格差是正は安いサービス業の価格上昇を伴うので家事のアウトソーシングのコスト上昇になります
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月13日
yotayotaahiru 未成年が積極的に結婚を願ってはいけないのですか?? 根本的に「結婚する権利」の認識がオレとアナタで食い違っていると評価せざるを得ない
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月13日
d2N5Q4GciZtsa2e 「結婚する権利」の手前で、「結婚」についての認識の食い違いがありそうですけどね。ちなみにあなたご自身は18歳未満、または未成年ですか?
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月13日
yotayotaahiru アラフォーですが、ソコでオレに情報開示を要求する以上はアナタも年代を開示するのが作法と存じます
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月13日
d2N5Q4GciZtsa2e それは失礼しました。「未成年の結婚する権利」について当事者なのかどうかを知りたかったものですから。私は50代BBAです。事実婚で子は一人、成人済で「未成年の結婚する権利」については親の立場としても当事者にはなりえないですから私には一般論しか言えないので。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月13日
日本の10代の女性未婚率は60年代からずっと99%位なので婚姻年齢の規制緩和してもそれほど何かが変わるとは思えませんけどね。イギリス等の移民人口が多い国だと途上国の早婚の文化の影響で婚姻率が上がったりするのかも知れませんが。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月13日
SAKUOLI ポイントは「男性晩婚は男性が稼ぐ能力を保有することを前提としたシステムである」点、つまり稼ぐ能力が未熟な若年男性でも結婚して良いという社会へのカウンターテーゼなのです
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月13日
d2N5Q4GciZtsa2e 機会の自由があっても女性側が選好しないと思いますね。男性の所得と婚姻には強い相関があり、これは社会システムの問題というよりは生命システムではないかと。有性生殖の生物はメスがオスを選ぶ場合が人間以外でも多いですし。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 「上昇婚指向」というより「生活水準を落とさずに子供を持てる(自分の収入が無くなる、もしくは激減することが前提で)」希望ということではないかなとも思います。正規職員で産休・育休をとって子育てと仕事の両立を考えるにしても育児休業中は実質収入は無くなるし復帰するには保育料等がかかるし将来の教育費のことも考えるでしょうから。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 結婚式場運営会社が20歳~35歳男女(1400人)を対象にした結婚相手の調査では女性が結婚相手に希望する年収は1位が500万円以上(全体の36.2%、20代は33.8%、30代は41.0%)、2位が300万円以上(全体30.0%、20代30.2%、30代29.7%)もありました。http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report19.html
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI で、「フランスの世帯所得での累進強化の政策(n分のn乗方式)は世帯所得÷世帯員数で割った数に所得税をかけるので配偶者に低所得者を選ぶと単身時より税は低くなりますが高所得者を望むと税は高くなります」は世帯収入と世帯にかかる税、として捉えると、あとは世帯内での生活費負担と家事負担の調整の問題になるのではないでしょうか。で、結婚が損だと計算しても子育て支援があると事実婚になるのかも。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru ここが根本的な問題なんですが、男性も配偶者が専業主婦で良いと言う場合生活水準は落ちるんですよ。そして高所得者男性ほど生活水準を落としてでも結婚したいと思っています。つまり男性は必要水準を志向してるのに対し、女性は自分の現在収入を基準にしています。上昇婚とはこの配偶者の為に自分の生活水準を落としても良いと思える感情をどれほど持っているかという違いの問題なのだと思います。
1
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru これは景気の問題になりますが20~50歳では年収400万未満が独身男性の八割がたなんですよね。これによる生涯未婚率上昇は恐ろしい社会保障上の問題となるでしょう。過去に遡れば女性の婚姻率の推移は70年代半ばのインフレ抑制時から急速に低下しますが、これは年収上昇推移の低下と期を同じくします。こういう観点から名目所得と婚姻というのは非常に密接で重要な要因だと思っています。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 「男性も配偶者が専業主婦で良いと言う場合生活水準は落ちるんですよ」←同じ収入で「専業主婦」を養う、となれば、住まいの専有面積は減るし自分のためだけに仕えるお金(小遣い)は減りますが、一方で「専業主婦」に期待できるものとして、無償の家事労働があります(妻とのセックスと子供もありますが、それはちょっとおいておく)。単身生活者ならば住まいを快適に維持し自分のための食事ができている状態は生活の質をあげることになります。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 「こういう観点から名目所得と婚姻というのは非常に密接で重要な要因だと思っています」←同意します。「20~50歳では年収400万未満が独身男性の八割がたなんですよね。これによる生涯未婚率上昇は恐ろしい社会保障上の問題となるでしょう」←ここも同意。再生産に必要なコストが得られないということで(というより政策的に放置されてきてしまった部分)、年金生活に入った高齢両親と未婚の壮年期の子からなる「核家族」は社会保障上の「含み負債」になっていると思います。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru これはかなり怪しい計算になりますが、それは女性自身の家事の生活水準をも上げる訳ですし、プロのハウスキーパーでも年収300万くらいなのでパワーカップルになる女性よりは専業主婦を許容する高所得者の男性の方がコストを払ってると思いますね・・・。あとサラリーマンの平均お小遣いは年収の1割位とも言われてるので・・・
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru 世帯所得課税と累進強化を行う場合、パワーカップルだとほとんど片方の所得が税金で取られる事になり、かつ労働強度の低い主婦のいる低所得世帯が税制上有利になっても問題ないと社会的に合意出来るなら良いと思います。またジェンダーの話に戻せばこういった制度のフランスは格差は小さいですが、合計特殊出生率において2を越えるのは古いジェンダーに囚われたムスリム等の移民層です。つまりジェンダーへの淘汰圧でリベラルな方向に向かわせ難いというのがもう一つの問題です。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 「それは女性自身の家事の生活水準をも上げる訳ですし」←ここの意味がわからないです。会社勤めをしないで良い分、家事に手を掛けられるということでしょうか?でもね、「専業主婦」の生活時間はいわば「待機時間」も含めた24時間勤務になります。「待機時間」は自分の時間であっても自分の時間ではないんですよ。プロのハウスキーパーは仕事が終われば自分の時間になりますけど。住み込み家政婦だと日給18000円、これを365日払うと6570000円になります。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 「パワーカップルになる女性」って、年収500万円超の1割弱、もしくは年収400万円超の2割弱が候補と考えて良いのでしょうか?収入が多い女性にシングル(離婚経験者含む)が多くなっているのは仕事と家庭の両立が難しいからではないですか?
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI イギリスの出生率回復の過程も面白いですよ。フランスほど「少子化対策」の政策をおこなったわけではなく、90年代末からのブレア政権「第三の道」の貧困対策(低所得者層への「負の所得税」・・・控除額に満たない世帯には差額を給付するなど)が結果として低所得カップルが第二子をもうけることに寄与し30代、40代の出産が増えたのだそうです。保育・教育費用は低所得層には社会保障、「パワーカップル」は自己負担で。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru 賃労働と裁量労働は違って、裁量労働の方がストレスが小さいとされてます(自営業の方が正規雇用より幸福度が高いです)し、また正規雇用の女性よりも主婦の幸福度の方が明確に高い事からもわかります。自己の利益の為でもあり、かつ自分でサービス水準をコントロールできる仕事と他者のオーダーに確実に応える仕事では根本的に異なるのではないかと。またお小遣いのデータが取れるように家計は主婦が管理する場合が日本では多いので作業への自己投資の自由も相対的に大きいでしょうし
1
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru その問題解決の為に行政により仕事と育児などの両立を支援する場合、分配による逆進性を発生させないためにはどうしても高所得者世帯、つまりパワーカップルで労働者としての強度の高い女性の世帯からの負担が大きくせざるをえなくなります。フランス等は日本より上昇婚傾向は低いですがそれでも無い訳では無いので、単に行政の支援のみで消える傾向かは疑問があります。そして事実婚まで含めても婚姻率は日本よりも低いのでそれが結婚の障害なのかも怪しいと思っています。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru そういった政策の方向性は正しいと思いますが、英国の合計特殊出生率は1.8程度でその内ブレア政権時の中盤、自国女性の出生率は1.6程度だったのに対し移民層女性の出生率は2.2でした(社会実情データ図録より)。これはEU離脱にも繋がった要因と思いますが、経済的に弱者支援として正しい政策はジェンダー的に古い層に有利な生物的淘汰圧になります。ジェンダー的に古い層が人口上有利になるシステムの為にリベラルな社会が負担を我慢し続けられるかという問題ですね。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 「主婦労働」が「裁量労働」であるとまあ言えるのは、24時間の乳幼児の養育と介護が無い場合では?乳幼児養育と介護がある場合は「裁量労働」とはちょっと言い難いと思いますよ。やらないといけないケアワークが多くてしばしば待ったなしになりますから「自分でサービス水準をコントロールできる仕事」とは言い難いですから。「家計は主婦が管理する場合が日本では多い」がそもそも問題なのかもしれないですね。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 「高所得者世帯、つまりパワーカップルで労働者としての強度の高い女性の世帯からの負担が大きくせざるをえなくなります」←は仕方ないことだと思います。ただしこれも「強度の(比較的)高い女性の世帯」であって、世帯単位での収入で測るしかないですよね。つまり、パワーカップル(の定義にも寄りますけど)夫が800万円超で妻が200万円弱の世帯と夫も妻も500万円の世帯では世帯としての負担は変わらないので。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI このあたりはもうちょっと勉強します。教えて下さってありがとう。
0
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2017年8月16日
SAKUOLI 一つ気になるのは、「パワーカップル」とは言えない「同質婚指向」の増加についてはどうお考えですか?
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru 僕の探した範囲でそうした統計は確認出来ないんですが、バブル崩壊以降男性側の所得低下によって男女所得格差が以前より低下しているのと、低所得の女性ほど要求する所得要求水準が低く婚姻率は高いために同質婚が結果的に増えているのでは無いでしょうか?男女所得格差が縮まり未婚率が上がるほど成婚できた人達の所得格差は小さくなるのではないかと思います。雑な憶測に過ぎないですが。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru そうですね。ただ世の理想としては年収800万の人間が男女ともに同等に現れる事を求めてるはずだと思うので、その前提での懸念に過ぎないですし殆どの庶民には関係ない話だろうと思われるでしょうが、社会が比較的エリート層の意見で動く以上、これが経済格差是正や少子化対策の障害になる懸念があるという事ですね。
0
柵檻 @SAKUOLI 2017年8月16日
yotayotaahiru 比較的裁量度が高いが故にストレスが低いと言える理由は正規雇用と主婦の幸福度差もありますが、過労が原因になりやすい男女の自殺率の違いですね。90年代後半の景気悪化時における男女の自殺者数増減の違いから賃労働の心身への悪影響の相対的な大きさは見てとれると思います。賃労働での長時間労働割合が高い30~40代の男性ほど自殺率は高い傾向があるので。まあ、家事がどうこう言うより日本企業での労働が有害すぎるという問題になる気もしますが・・・
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年8月17日
SAKUOLI 未成年男性本人に稼ぐ能力が備わってなくても、未成年男性の実家が裕福だったらどうでしょう?
0