Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に目が行く方もいる…という話

当時の時代背景(戦中)を考えたら、一般的にはたしかに家長・イエ制度も嫁姑の関係も厳しい時代でした。 物理的な戦火や食料不足以上に、当時一番苦しかった、一番気を使ったのが狭い世界での人間関係だった…という人たちも、かなりの割合でいるのかもしれません(軍隊だって敵との戦争より内務班のほうが嫌な思い出、という人いるしね) そんな側面から見ることもできる、あの作品です。 カテゴリはマンガでもいいのでしょうけど「映画」で。 続きを読む
230
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon

そういえば行きの飛行機の機内で『この世界の片隅に』を観ました。なるほど。これまで日本に有りそうで実はあまり無かった、「思想的に妙に色づけされていない」戦時下の普通の人びとを描いた物語ですね。個人的には、古い社会にて「嫁に行くこと」を巡る精神的諸事情の話としても興味深かったです。 pic.twitter.com/6Wern6kEEa

2017-08-04 11:46:40
拡大
拡大
拡大
印度洋一郎 Yoichiro Indo @ven12665

兼業ライターです。映画のDVDのコメンタリーや情報誌の映画情報コーナーの文章を書いたりしてます。ミリタリー・クラシックスという雑誌で「世界の仮想戦記」「歴史的兵器小解説」というコラムを連載、MCあくしずという雑誌で戦史解説コーナー「ワールドバトルフィールド・サテライト」を担当中。

moegame.com/movie/archives…

印度洋一郎 Yoichiro Indo @ven12665

「この世界の片隅で」をウチの母(70代)に見せたら、鑑賞後「嫁ぎ先がいい人ばっかりだねぇ」と繰り返しているので、その先を聞く事が出来なかった。

2017-08-06 19:59:25
Banananana @Petaring

@ven12665 リツイートの彼方から失礼。 …おっかさん…せつなすぐる…。(泪

2017-08-06 21:04:11
うぃっちわっち(丁稚) ℗ @Witchwatch99

@ven12665 なんでや! 義姉さんがおったやんけ!(結局いい人)

2017-08-07 09:45:01
Yutaro @yutaro_today

@ven12665 うちの母と似てますねえ。母も「私、てっきりあの子がお嫁に行った先で苦労する話になるんだと思ったの。でも、嫁ぎ先の方がみいんな良い人で良かったわねえ。あのお義母さんも良い人ねえ。悪い人が出てこないのね。みんな良い人なのね。」としみじみ、まずそこに感じ入っていました。

2017-08-07 10:28:15
Cge @tsubaki45

@ven12665 あの頃は嫁を馬車馬みたいにこき使っていい時代だったけど、「この世界の~」のような嫁ぎ先も僅かながらあったようです。

2017-08-07 14:11:32
ボブ( ・ㅂ・)و ̑̑ツイ減 @jasminheimatlos

@ven12665 昭和終戦までの人々の感覚としては思いあう相手がいる人々は一部の幸運な例外以外は心中するものだったので、 「あの家の人々が恐れていたのは息子とリンさんの心中や失踪。すずさんがいればどちらも回避できそうだから親切」と考えると分かりやすいような。 はっきり描かれてませんけどね

2017-08-07 20:41:51
らじうむ小山 @Ra_koyama

@ven12665 うちの親も同じですね。その先を聞くより先に、虐げられた話を延々と(もう何度目になるのかわからんけど)。絵なんか描いて役立たずといって画材を捨てられるみたいなのが普通だったかも。(うちの親は教科書を捨てられたそうだ)。すずさんみたいなところは珍しかったんでしょうねぇ…

2017-08-08 11:06:34
T_H_E_しこうさくご @HARS_29

@ven12665 でも、すずさんも大変だったんだ。早起きするのは眠れないからで、実家に帰ったらぐっすり眠った挙句悪夢でも見ていたようなボケ、そしてハゲ、最近食が進まんような…。昔よくあった観るに堪えない嫁いびりのドラマと比べたら明るすぎるのかもしれないが。

2017-08-08 12:51:55
kaonashi4617:「さらにいくつもの片隅に」応援チーム参加 @KKaonashi4617

@jasminheimatlos @ven12665 すずさんと周作の小春橋でのデート時、周作はすずさんを選んだことを最良の選択と言いますが、ひょっとしたら、かつて同じ橋の上でリンさんと並んで心中を思い詰めたことがあったのかも😞 遊女のテルちゃんと水兵さんのように

2017-08-08 14:40:26
kaonashi4617:「さらにいくつもの片隅に」応援チーム参加 @KKaonashi4617

@ven12665 多少、露悪的な話になりますが💦 当時、戦死した人の遺族年金を舅姑が受け取るか、嫁が受け取るか、嫁姑の戦いがいたる所で見られたそうです😥 この争いを仲裁するのは、軍の徴兵関係の担当係でした 意外ですが、基本的に軍はどちらを守るかというと、お嫁さんの立場を守り、味方したそうです😲

2017-08-08 23:00:50
kaonashi4617:「さらにいくつもの片隅に」応援チーム参加 @KKaonashi4617

@ven12665 子供を育て、明日の兵士を育てるのは年老いた母親ではなく嫁であり、これから子を産める若い世代が大切だとの理由です😞 再生産維持装置としての嫁さんを重視し、年長者を敬う既存の秩序を破壊したのが、軍の冷徹なやり方だったと😨 加藤陽子・佐高信著「戦争と日本人」P237~240より

2017-08-08 23:04:59
ティラ @tyrannon_tyra

@ven12665 @momototatu わかる〜。その時代を生きたわけではないけれど、封建的な時代で嫁の立場ってもっと過酷だったと思うなぁ。戦後生まれの実母でも大変だったらしいから。

2017-08-13 09:07:31

※上までのコメントが直リプライ。以下は元ツイートのURLで検索した引用リプライです

sonoka @sono_ka

なんかこの話で「乙嫁語り」思い出しちゃったよ。地主に嫁いだアミルの親戚が夫のDVで死んじゃって、一族存亡の危機になるって話。 twitter.com/ven12665/statu…

2017-08-11 18:42:49
merry&odai @merryodai

その他 「すずさん」、私もマイマザーも、まずそこにひっかかって、しばらくモヤモヤした。でもきっと「すずさんの目を通してみた世界」だからなんだと今は思います。 twitter.com/ven12665/statu…

2017-08-09 22:34:58
キセノン @5Xenon4

これ見て、私の祖母(70代)が「うちの人(祖父。両親は幼い頃に他界したらしい)は親がいないからそこんとこは楽だったわ」って言ってたのを思い出した。「何て不謹慎なんだこの人!祖父可哀想!」とその時は思ったが、当時の一般的な婚家の嫁に対する扱いを知ってる人の本音だったのかもしれない。 twitter.com/ven12665/statu…

2017-08-08 21:20:10
秋津霜子 @SaShi_maru

だよねー。何か異様に持ち上げられてるけど、あの頃の嫁とか、フツーに「出産機能の付いた奴隷」だったんだし。サマーウォーズでもそうだけど、そういう事実を少しでも知ってりゃ、絶対にあんな手放しに感動なんかしてられない筈なんだけどねー。ま、エンタメだからしょーがないんだけど。(´Д`;) twitter.com/ven12665/statu…

2017-08-08 20:20:38
しょこら@読書中 @chocolatxxchoco

わかる。 いい人ばっかりだね、ってそればかり言いたくなるほど この作品に出てくる人はいい人ばかり。 twitter.com/ven12665/statu…

2017-08-08 13:02:58
Yehuda Feldmann™✡️イェフーダフェルドマン™ @yehuda_feldmann

「ALWAYS三丁目の夕日」が嘘くさいのと同じ。あの映画も都会の就職先で苛められたり、田舎者と馬鹿にされたり、学歴差別に遭ったり、結婚の時に身元調査されたり・・・という話が全く出てこない。あの時代は今なんかよりも沢山「暗部」とか「悪所」とかあったはずなのにね。 twitter.com/ven12665/statu…

2017-08-08 12:54:56
🐼ぱんだんぱ🐼 @ppapapapandaman

わあ。祖母の話聞いて照らし合わせてたから、私も思った。 twitter.com/ven12665/statu…

2017-08-08 12:25:07
残りを読む(31)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年8月13日
もととなった印度洋一郎 氏 @ven12665 はじめ各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です
0
PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 2017年8月13日
理想化された「すずさん」というキャラクターを通してあの時代が美しく描かれていることに違和感のあるひとり。 俺にとっての「すずさん」は俺のばあちゃんなんだけども、じいちゃんが死んでから開放されたようにコーラスやパソコンや絵を始めて、それから10年経って(ようやく?)じいちゃんへの愚痴を聞かせてくれるようになった。
77
PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 2017年8月13日
pon1225 優しいところしかじいちゃんとばあちゃんの記憶はないんだけど、その間ずっとばあちゃんは「忍耐」してたんだな…と思うと、身内ながら背筋に冷たいものを感じてしまう。 「幸せでないすずさんもいる」という単純な事実がチクチク刺さってくるのは、まだ少なくとも「あの時代」はファンタジーじゃないんだなぁ、と。
79
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年8月13日
帰省シーズンであるお盆のときにまとめたのは、偶然ながらタイムリーかもしれない…
2
トリニガス @torini311 2017年8月13日
物語に描かれてるような家庭が無かったとは言わないが、「盆踊りは乱交パーティー」然り、一部の例を全体化して、かつての日本が全て〝そう〟だったかのように語ったり、そういう前提で物事考えるのは、歴史に学ばない行為であり、好ましくないな。物語が悪いわけではなくね...
69
gesunogesuo @gesunogesuo 2017年8月13日
ふぁ、ふぁんたじーだから…(震え声)
5
ぶつぶつ @butsubutsu33 2017年8月13日
戦中戦前に限らず今でもあるけどね 地元は農村部だからか未だにこんな感じの家あるし、だから嫁の来てがなくて金で海外の嫁買ったり
31
飛達磨 @tobidaruma 2017年8月13日
深夜の馬鹿力の構成渡辺君の母が、三丁目の夕日の集団就職先の人が親切な描写に「こんな嘘っぱちな映画は無い」とブチギレてたエピソードを思い出しますね
59
KITI @KITI_TW 2017年8月13日
戦争に絡めた物語の中では当然殺伐とした人間関係が描かれるだろうと予期していたが、意識して徹底的に除外しているのをみて、本当に言いたいことがほかにあるのだなと察せられた。リアルに見せているがファンタジーだと切り捨てるより、ファンタジーならではの良さを汲み取るべき映画。
113
toge365 @toge365 2017年8月13日
日本社会のブラックさが今も続いているのが悲しい。 棘民なんかでも多いよね。他の棘民叩きに熱中してる嫁いびりドン百姓の末裔。
10
toge365 @toge365 2017年8月13日
だいたい戦時中に特高からスパイ扱いされたら笑い事では済まない。
30
Holten @Holt800 2017年8月13日
作品の問題というより持ち上げる周囲の問題な気がする。物語なんだから描写の取捨選択は当然あるが、その点を指摘されると「アンチ!」とか「理解できない奴が悪い」とか言い出すからなあ。「描写されていないのは重要ではないからだ」って言えば済むのに
53
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年8月13日
そういえば過去にこんなまとめがありました /サマーウォーズを田舎の大家族の嫁の視点で観たら - https://togetter.com/li/342972 「サマーウォーズを田舎の大家族の嫁の視点で観たら」への共感的・批判的ツイート - https://togetter.com/li/343924
8
アストロ @memekurage10 2017年8月13日
KITI_TW 人間関係だけでなく、あえて原爆投下後間もない広島市街地の描写がさらっとしていたのもそういう事だと思います。そもそも暗示として最初に人さらいの怪物が出てきていますものね。このお話ははファンタジーなんだと。
8
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2017年8月13日
ファンタジーというか、寓話みたいなものですね。あの映画は。 細部を熱心に調べているのは、情報が足りないと作画に差し障りがあるからで、歴史的な考証とは別の作業です。 いい映画だけれど取り扱いが難しい。
16
irui(ˊ ᵕ ˋ๑) @irui51 2017年8月13日
「北條家の人々の優しさの裏にはリン(遊女)の存在があるのでは?」ってのは重要な指摘だと思う
112
暴君虎 @Tyrannotiger 2017年8月13日
これで北条家が「おしん」や「火垂るの墓」のようにすずさんをイビり倒す家だったら、終盤の空襲で「ざまぁw」と喜ぶ人間が続出しそう。
35
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年8月13日
いい人ばかりが描かれているな、という感想は自分も持ちましたが、物語としての違和感には結びつかなかったですね。というのも、仮にこの話が現代を舞台にしていたとしても、やはり自分は同じような感想を持ったと思うからです。つまり、昔に比べて現代の方が「いい人」が多くなったとは思いません。あの家庭が当時において例外的、ファンタジー的存在だというのなら、現代においてもあのような家庭はファンタジーなのでしょう。
45
moxid @moxidoxide 2017年8月13日
リアリティと称して現実的なことをお話に盛り込むと、量次第で名作から露悪趣味まで出来上がりが極端なので、省けるなら省いたほうがいいよ
29
アカさん @aka_san0 2017年8月13日
服装が違うとか米の研ぎ方が違うとかならまだしも、一個人を描いた物語に対して「人間関係が違う、ソースは自分(の祖母)」と言われても、そうですかご苦労なすったんですねとしか返しようがない・・・・。イビリ倒される嫁を描くことが正解だったとも思えんし
147
ギ=サン @doceneve 2017年8月13日
すずさんが初恋の人と結婚してたらそれこそ「リアルな戦中のケッコン」になったかもしれないし、原爆投下直後がもっと悲惨な描写になったかもしれないけど、これそういうお話じゃないしなあ…。
11
たつろー @eisenKono 2017年8月13日
「ポリスアカデミー」で実際は凄惨ないじめが〜とか言っちゃうぐらい滑稽なこと。この映画はそういう方向性じゃないでしょう。リアルとリアリティは分けて考えなきゃ。
37
マシン語P @mashingoP 2017年8月13日
都会っ子を自称し一部上場企業勤務を経由して練馬の農家へ嫁いで数十年経った母ですが、「息子の嫁は私の言うことを聞く無償の労働力!」などと農家の姑そのものになってしまいましたw 前近代的なイエ制度が残っているのはまだ日本にあるんじゃないですかね
12
kampfer @kampfer2009 2017年8月13日
すずさんが嫁ぐ前にリンさんの事で散々もめた後で、とはいえ母親も体を悪くして家事をこなす人もおらず、完全にへそを曲げた周作に受け入れてもらうにはすずさんしか選択肢がなかったので親戚一同暖かく迎えたって裏事情はある。
89
kampfer @kampfer2009 2017年8月13日
周作もまさか父親が「幼い頃にちょっと会っただけの子」を見つけてくるとは思わなかったろう。でもその件はすずさんには秘密であるところ、ちょっとした北條家の闇ではある。自由奔放な義姉さんは周作の味方だったのに、先に周作の方がすずさんにコロっといっちゃって、義姉さんがだいぶから回ってるのが面白いね。まあ義姉さんは別件でさらに関係がややこしくなるけどね・・・。
49
わんも @w3an2mo_tmin 2017年8月13日
サマーウォーズは違和感を覚えたけど、この世界では言われるまで気づかなかったのは私が多分戦後生まれだからなんだろうなと思った。 あとサマーウォーズは家族の絆がテーマだったのに対して、この世界は一般の、直接は戦争に携わってはいない(と思われる)人達の戦争を描いた作品だからかな
6
じゆうかうがい @jyu_kou_gai 2017年8月13日
本職の人らが昭和残侠伝とか博奕打ちシリーズを見て、「こんなきれいなヤクザがおるかいなww」と言うようなものでござんすかね。
42
EriQ @EriQjitsu 2017年8月13日
本気で嫉妬?されているならそれはそれでリアルだと言えるのでは
9
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2017年8月13日
すずさんの性格からして、嫁ぎ先からどんなにひどい扱いされても記憶に残らなかったんじゃないかと思われ。というか当時の嫁さんの苦労話がテーマのお話じゃないからねこの漫画は。それだと敗戦間近の呉をわざわざ舞台設定にする意味がない。
59
熊谷杯人⭐︎巻きシッポ帝国 @kumagaihaito 2017年8月13日
JORA_JORAEMON 同感です。これはすずさんの物語であって、別な女性の物語は別な場所で同時進行してると思っています。
31
嬉野めぐみ🐄@新作続々配信中❤ @urechan 2017年8月13日
戦時中の女性がみた「戦争と生活」という風景を描いた作品に「姑にいびられいじめられ続ける描写」がどれほどに蛇足か、ということだと思います。そちらのほうが身近でリアリティがあるせいで戦争より鮮烈になってテーマがぼやけてしまう。一見幸せそうに見える人の悲惨、という意味ではすずさんはあれぐらいの幸福度である必要があったようにも思えます。
65
kampfer @kampfer2009 2017年8月13日
あと、嫁いだ先とうまくいかないって役は義姉さんが全部引き受けてますから。
86
青年失業家 @shidenapple 2017年8月13日
官憲にスパイだと疑われた主人公を周囲が爆笑する、というのは「風立ちぬ」でもあった ここからダーク展開か?と思わせて、外してきた 「徹底的に美しく、それゆえに残酷」という点で相通ずる作品だと
7
全自動式メタルクソコテロボ @SU858 2017年8月13日
ここでこの一言をお送りします。ケースバイケース。
25
和菓子 @nkltsl2 2017年8月13日
少なくとも発端のツイートは単に祖母の感想を伝えてるだけで、何もそれに則った人間関係を描くべきだと主張してないし、それに続くものも厳し目な意見でキレイごとだとかリアリティに欠けるみたいなものはあっても「映画内の人間関係は時代的に稀なものなので、もっと現実に即したものにすべき」という意見は見られないのだけど、私が見落としてるんですかね…
62
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2017年8月13日
aka_san0 つまり苦労人マウントなんですよ。特に戦時中戦後を語るときに経験者がよく陥りやすいところです。「ああ、はい」と聞いてあげるのが親切だと思います。
33
an_shida @an_shida 2017年8月13日
映画のすずさんは鎮守府のある軍港呉に来て「このへんのひとはみんな海軍にお勤めなんかねえ」というぐらいぼんやりしてる。豊田市に来て「車関係者が多い」というぐらいのんびり屋さん。そんな人にさえ運命は…という話とも考えられる。
27
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年8月13日
題名が「この世界の片隅に」なんだから自分の知る片隅の世界と違和感あってもいいわな。
56
低浮上monolith@五類指定とシルバーロックダウン @se_monolith 2017年8月13日
Holt800 その周囲のファンたちが逆切れしかできないのは、映画のことを徹底的にリアルだと言って持ち上げてしまった以上、映画の表現に取捨選択があったとは言えないからだろうな
9
イエーガー@狩猟準備中 @Jaeger75 2017年8月13日
まぁ、この手の手合いにはこう言いましょう「しらんがな」
9
さいたまプレジデント(仕事募集中、プログラマ) @saitamasaitama 2017年8月13日
70代のおばあちゃんが戦時中の嫁ぎ先どうのこうのについてある程度公正な視点での意見を持てたかどうかの方が結構怪しげ。戦時中は物心ついてないくらいだぜ。戦後の方がそこらへん体制変わってたりして人間関係辛くなってたりするわけで。
33
たじ @tajiyokonaha 2017年8月13日
平行世界では仁義なき闘いしてるのがたまんねぇ。
4
ちくわX@派遣は暴力団 @x_chikuwa 2017年8月13日
aka_san0 いや、あの時代全体が殺伐としてたんですよ。江戸や明治に比べて。現代で幼児を鉄の檻に入れて鼻輪して飼う話、とか江戸時代にベトナムに戦争行ってトラウマ、ぐらい社会情勢からした変な設定なんです。三丁目はまあまあ登場人物のクズさIQ の低さは表現出来てたけど、こっちは絵でそれが表現出来てないから言われるんじゃないでしょうか。
6
サンセット @Sunset_Yuhi 2017年8月13日
周作さんがいない世界だったら、すずさんはどうしていただろう、ということはずっと考えている
1
転倒小心 @tentousho 2017年8月13日
よかった。絶賛だけじゃなく不満反感が表に出るということは、完全無欠の物語では無かったということで、これ以上は出てこないかもしれないと思っていたけどもっと素晴らしいものが世に出る余地があるという事なんでしょう。それが可能なのかどうかはともかく人はまだ先に進めるって夢を見られるという事でしょう。とてもよかった。
12
ひろ美© @hilowmy_ 2017年8月13日
この世界の片隅に。あの時代の色んな嫁ぎ先や家のある1つの片隅の話じゃけぇねぇ。私はじい様やばあ様らにその時代の話を聞いた程度じゃけど、いろんな家(うち)があったみたいじゃねぇ。
12
ちくわX@派遣は暴力団 @x_chikuwa 2017年8月13日
jyu_kou_gai 知恵遅れか妖怪が大半ですもんね。有名組長が人間レベルだからみな勘違いしてますが。
1
真改 @shinden406 2017年8月13日
こんな人たちが居たかもしれない、こんな家族があったかもしれないレベルの話を「リアルじゃない」とムキムキしながら語られてもねぇ 根本的にお話を観るのに向いてないように見える
15
funpan @funpan2015 2017年8月13日
舞台となった時代と今の考え方に差がありすぎるから、あんまり時代に忠実に描きすぎると重くなりすぎのような。「嫁いだ次の日から朝早く一人で水くみから朝食の支度やらを当たり前のようにする」でそこそこつらさは伝わってきたし。
35
オクラ @okura____love 2017年8月13日
みんないい人だなーとは思ったけどそれ以上にすずさんが可愛いので全くの無問題。
6
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2017年8月13日
女性団体やフェミニストってなぜ農家の嫁を助けようとしないんだ?リアルな被害者が多数出てるし、エロマンガ云々よりよほど重大な女性差別だろ。
44
笙子 @x_xiongmao_x 2017年8月13日
戦争中にちいさく幸せに暮らしている家がありました、でもそこにも容赦なく戦争は襲いかかったのです…という話だと思うんだけどね
35
こうげつ @kohgethu 2017年8月13日
「戦争時の女性のリアリズム」を体感したいのなら、おざわゆき先生の「あとかたの街」を読んでみたらどうでしょう?嫁姑問題は出てこないですが、出てくる女性がほぼ皆さん「厳しい女性」として描かれてます。
6
こうげつ @kohgethu 2017年8月13日
他の女性作家さんが描く「戦争漫画」は、割と厳しい女性ばかりが出てくる印象。けど、こうの史代先生は、それらの漫画のアンチテーゼとして「夕凪の街 櫻の国」、そして「この世界の片隅に」を描いた。だから「多少ファンタジー色が強い」と取られても仕方ないけれど、だからこそ人気が出た。
22
ぺどざり🔞 @thekoyama 2017年8月13日
フィクションに対して現実は~って言い出すのはどんな内容や立場からでもロクでもないってことだけは分かった
6
こうげつ @kohgethu 2017年8月13日
アニメ映画版「この世界の片隅に」は、片淵素直監督の手により「フィルターが掛けられ、内容が取捨選択された」。なので更にファンタジー色が強くなっている。けど、漫画版を読んでもらえるとわかるけど、「それでも厳しい人たちはいるし、何よりも『厳しく、悲しい現実がある』」。それをリンさんや径子さん晴美ちゃん、そして「すずさんの右手」と「すずさんの家族のその後」で描かれているわけで。
20
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2017年8月13日
コメントでいくつか指摘のある「闇」は、アニメで徹底的に除かれましたからねぇ。若くして死んだ、形見に紅を残した持ち主のことも出てこないしさ。まぁ幸せな物語だけ欲しい人はアニメだけ観ててくださいな。
10
UKB0927 @ukb0927 2017年8月13日
「"嫁ぎ先がいい"人ばかり」という話じゃなくて、「嫁ぎ先が"いい人"ばかり」という話だったんだな。まとめのタイトルを勘違いしていた。
0
ちょっとシベリアいってくる @0rt3265k31 2017年8月13日
フィクション相手に「現実では〜」とか暑さで頭やられたんか?
7
エビゾメ @ABzome 2017年8月13日
これも案外「世界観がリアルに作られているからこそ出てくる意見」なのかもですねー。生きてもないアニメの登場人物にすら素直にその先の黒い感情を言えないわだかまりを作らせるような存在なのねすずさんは……
36
エビゾメ @ABzome 2017年8月13日
(あるいは嫁ぎものなら何つくられても不快な家庭内トラブルみたいなものしかえがかれないフィクションドラマが当たり前だからなのかもしれないけどw)
12
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年8月13日
人間関係の様な、それこそ人の数だけある様なモノ持ち出して、時代だのリアリティに当てはめるのは滑稽極まりないな。この時代のナンタラはこうだ、みたいな枠に当てはめる方が非現実的。
5
なんもさん @nanmosan 2017年8月13日
戦時下の日常の暗黒面をリアルを描いたアニメなら「火垂るの墓」を観ればいいんですよ。戦争とその時代に強い怨念を持たない世代の作者にそれを期待してもしょうがないので、古い作品も同時に観て語り継がないといけないです。
3
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2017年8月13日
( ´H`)y-~~つまんない当たり前のことを言うと、同じ人生に両方の要素があるの。
1
mikaka @michando1 2017年8月13日
そもそも誰も「批判」してなくね?「だからこの映画は駄目だ」なんて誰も言ってないような
48
ギ=サン @doceneve 2017年8月13日
すずさんって2017年の年齢は90歳過ぎてるから、70代のおばあさんって晴美さんと同世代で、そもそも世代が違うんじゃね?とふと気づきました
16
ジェリーブレイク @TruthorDare1984 2017年8月13日
映画は省略の芸術ですから・・・(映画だけじゃないけどね)
0
5犬 @nst2460_2 2017年8月13日
足の悪い義母の代わりの労働力としてあてにされてたりストレスで10円ハゲできたりしたのは無視か
45
ジェリーブレイク @TruthorDare1984 2017年8月13日
「数日間」「数年間」「半生」「一生」「数世紀」「歴史」「宇宙創生」・・・それらを大体90分から180分くらいにまとめ上げるのが映画ですから。本筋でない事は省略するの。フツーね。
16
dag @digital_dag 2017年8月13日
そんな「リアルさ」を追求して面白い作品になるんかいな。 いくら現実的な人間関係を描いたって誰も見なけりゃ意味ない。 作品は研究成果ではないのだから作品のメッセージが伝われば良いのだし大衆にメッセージが伝わったのならそれでいいだろう。 リアルでないことを批判するのは作品を評価していことにはならない。
10
アル @aruhate 2017年8月13日
そんな昭和の映画やドラマで散々やり尽くしたイジワル姑の出て来る話なんて今さら見たいか?
8
renka @renka6 2017年8月13日
水木先生の戦記物も本当はもっと悲惨だったんだけど、子供に読ませる為には かなりマイルドにしなきゃならなかったらしいね まずは観たり読んだりして貰わない事には何も始まらないし
8
いろは唄 @torinakuyume 2017年8月13日
祖母がめっちゃ苦労させられたっていうからな。
1
Ando @ando_nandhi 2017年8月13日
掲載されている70代女性本人の言葉は「嫁ぎ先がいい人ばっかりだねぇ」というたった一言だけなのに、twitter民がリベラルな社会史観でもりもり忖度して「封建制のイエ制度が過酷だった時代に大変な思いをしていたに違いない」とか勝手な想像で盛り上がっているだけっていう印象しかない。これ以外に女性本人の発言や証言は無いのか。
26
九銀@半bot @kuginnya 2017年8月13日
辛い闇なんて現実だけで十分だ。二次元は幸せ満点で良い。
4
ザンちゃん @zanchann 2017年8月13日
リアリティないのに受けてるのねー。要はファンタジーか。
2
うす曇り/N.S @usugumori 2017年8月13日
何か作品を観て自分の来し方や自分の中の何かを自分なりに思う。 なんとも思わないより余程いい。
12
まっつん @mazdadesu 2017年8月14日
どの時代にも良い人間関係に出会えた幸せな人はいます。それだけです。
8
@arumibaka 2017年8月14日
嫁ぎ先がたまたまいい人達ばかりだった、とか 空襲にあってもかろうじて助かった、とか 全部ただの運によっていい方に転がるのがすずさんなんだと思った。野心がない代わりに強運な女性。 径子さんと対照になってる。 だから径子さんはすずさんが嫌いだったのかな…と思う。
18
脱マスクのん @Geda_2 2017年8月14日
「戦時中の嫁があんな幸せなわけがない」「女性陣が給仕させられてる(サマーウォーズ)」ひねくれた見方と思われがちかもしれませんが、個人的には男女観のゆがみとまでは言いませんが無意識、もっと言えばある種の無神経さによるものかなあと。誰も傷ついてない優しい世界だなあと朝ドラ「ひよっこ」を珍しく見てますが、もしかしてノスタルジーにひたり始めたんだろうかと時々危機感。
3
@arumibaka 2017年8月14日
すずさんの嫁ぎ先はたまたま良かったが、そうでない人もいるんだという現実は径子さんで触れられてたと思います。
27
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2017年8月14日
周作さんは、内務の公務員(軍の経理?)ということで、あの時代としては恵まれていたのでしょう。 戦時中、戦後と男手があると無いではずいぶんと苦労が違ったと祖母の世代には聞きました。 でもまぁ、あったかもしれない範囲のお話だと思います。
5
toge365 @toge365 2017年8月14日
そもそも原作者が、ジブリで育ったゆとり世代に受け入れられるように優しい世界にしたんでしょ。映画では特に時間的制約から話を膨らませられないし。
0
ぱるこ @palco87 2017年8月14日
doceneve すずさんの嫁いだ年に生まれた人が73歳ですからねえ。晴美さんと同じ年に生まれた伯母がそのあたりさっぱり苦労してなかった人だったし。人それぞれおうちそれぞれ。
6
香名月 @kana_zuki 2017年8月14日
torini311 でも、これは「すずさんの物語は理想的すぎるから嘘だ」と叫んでる人たちにも言えるんだよな。あらゆるものを一元的に考えてはいけないというのが大前提。
5
香名月 @kana_zuki 2017年8月14日
まあ、「自分の体験とは違うからリアルではない」は滑稽って話だなあ。
13
the loyaltouch @theloyaltouch 2017年8月14日
せっかく同時代同舞台の仁義なき戦いがあるんだし色んなの見て補完すればいいと思うの
4
ピクルスジャンキー @Pikuru_Su 2017年8月14日
サマーウォーズのときにも出てたなこういうの
2
七七四未満六四以上 @zy773 2017年8月14日
すずさん、『ご存命』???なら、92歳だからなぁ……。
0
chinjuh/『化物箱根の先』Kindleで販売中! @chinjuh 2017年8月14日
確かに嫁いびりがないところだけがリアリティに欠けるなって思ってた(笑)でも、そういうの入れてしまうと当時の生活感よりそっちに目が行っちゃいそうだからねえ。
2
ボトルネック @BNMetro 2017年8月14日
そもそもこうの史代の漫画全般、心底悪い人とか徹底的な不仲とか全然見かけないしなあ。
1
ゆうゆ(cv.やのひなき) @youyu11007 2017年8月14日
歴史的出来事ならわかるが、家庭内については、個人個人で"リアル"ってのは異なるんだから、いちいちそこでムキムキなるのはおかしいよね もっと金持ちで空襲とかないような地域の家でのほほん暮らして、 戦争?マジちょろかったわー っていうのもまた一つの"リアル"たろう
9
ジェリーブレイク @TruthorDare1984 2017年8月14日
Blu-ray & DVD 、9月15日発売。 何だよこのまとめ、宣伝かよ! (という穿った見方)
0
かにかま @kanikama_surimi 2017年8月14日
こういった感想系で、別に口汚く作品をけなしてるわけでも、作品を見ただけで作者の人間性を否定してるわけでもないのに、キレ気味で個人の感想につっかかる人が出るのはなんでだろう? いわゆる狂信者と言うのとも違うように思うし。手放しで100%賛同したり全て正しいといわないといけないみたいな雰囲気はなんなんだろう…? 0か100かで"敵""味方"で常に振り切らないといけない心理は謎。
30
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2017年8月14日
原作は未読なのでリンさんにそういう設定があるのって知らなかった。 これはやっぱりBlu-rayの予約を取り消して完全版を待つべきか?
0
みさり@media screen (\\٩( 'ω' )و //) @misari 2017年8月14日
アレで嫁いびりまであったら良くある戦時中の話になっちゃう。幸せに暮らしてた人がたくさんいたんだよ、っていう救いがあの映画を好きになったポイントだな。嫁いびりが昔の話?そんなことない。今だって耐えてる人がみんなのすぐ隣にいると思う。
10
みさり@media screen (\\٩( 'ω' )و //) @misari 2017年8月14日
「嫁ぎ先がいい人ばかりだねえ(だから良かったねえ)」て意味ではないのか。私も祖母から散々いびられ(そして撃退した)話を聞いたっけ。
6
ポポイ @popoi 2017年8月14日
八百屋では魚は売っていない。  #この世界の片隅に
6
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2017年8月14日
作者には「読み取って欲しいテーマ」がある。だから描かれない部分があり、人によって違和感を持つのは仕方の無いところで…。前作だけど『夕凪の街 桜の国』でも、広島に数万人いたとされる在日朝鮮人被爆者の存在が「消されている」と批判する人がいた。ただ、こういう批判や違和感の表明はあって当然と思う。
1
渚稜 @nagisaryou 2017年8月14日
演出の問題もあるでしょう。実際には酷い目にあってたりもするんだろうけど、すずさんのホンワカした雰囲気でやわらげてるのかも。彼女のフィルターを通してみたら、誰もそれなりにいい人に感じられるんでしょう。同じ映像でも音楽によって全然雰囲気変わるし。同じセリフでも演技の質によって雰囲気変わりますよ。
5
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2017年8月14日
のんびりと育てられているすずさんが、嫁に行ったら朝一番に起きて水くみして炊事を初めてと働くのを見て、「あーそういうのが常識として叩きこまれている時代なんだぁ」と思いました。 あと、劇中でも同じ町内の人々に比べて恵まれているという位置づけに感じました。
5
ポポイ @popoi 2017年8月14日
#この世界の片隅に 。都市部で、舅は技師、夫は海軍軍法裁判所の録事、義姉は恋愛結婚。当時としてはかなり自由な気風の知識階級の家という要素も有るでしょうかね。
13
梅村直仙水 @777ume777 2017年8月14日
テーマを完遂するという意味で人間関係の面であまりギスギスさせられない作劇上の事情もあるからお花畑視はできんなあ
2
梅村直仙水 @777ume777 2017年8月14日
もちろん当時を生きてきた方々の思いを蔑ろにしようなんて微塵も思わない。
2
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2017年8月14日
kanikama_surimi その感想が的外れだから指摘されているだけだと思いますよ
7
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2017年8月14日
たとえば「男はつらいよ」シリーズとか「釣りバカ日誌」シリーズとか「サザエさん」とか「ドラえもん」とかなんでもいいけど映像作品で「いい人しか出てこない」作品なんて山ほどあるわけで、それがこの作品についてだけ特に気になるのはなぜか、そこは考察するのに面白いテーマかなとは思います
6
唯野 @tadano29 2017年8月14日
うちのばあちゃんどうだったっけ、と考えてみたら母子家庭+じいちゃん婿養子だったからちょっと特殊だな
1
エビゾメ @ABzome 2017年8月14日
あんだけの内容を見て「嫁ぎ先がいい人たちばかり」しか感想が出ないのを文字通りの意味に捉えるのはちょっと無理があるでしょ。ほんとは「こんなに都合よくはいかない(≒私はこうじゃなかった)」みたいなこと言いたいわけでしょ。
8
エビゾメ @ABzome 2017年8月14日
逆に「普通のことすぎてみんなが何に感動してるのかわからない」っていうおばあさんの感想も見たことあるもん。結局現実が悲劇かどうかなんてそのひとが選んだ主観の人生でしかない。
13
エビゾメ @ABzome 2017年8月14日
(というか戦争時代の悲惨な観点しか作られないことに反した内容だから人々の関心を集めてヒットしたものに対して実際の苦しみを省かれてるどうとか言ってもしゃあねえわな……そんなん拾ってもその他の珍しくない戦争映画になるだけで終わるよな……。)
13
jocksandnerds|コンテンツ屋 @jocks_and_nerds 2017年8月14日
いい映画なのは確かだけど、フェイクノスタルジーといってしまえば、そうだし、今までも「戦争の中の日常」を描いた作品は沢山あった。絶賛してる映画好き親父たちが、朝ドラも含め、女流ホームドラマ作家の作品をいかに見てないかを分からせてくれたという意味でも、意味のある作品だと思う。
7
nekosencho @Neko_Sencho 2017年8月14日
というより、戦争が悲惨だという描写をするには、幸せなほうがいいんですよ。 悲惨な生活が戦争で丸焼けってのだと、むしろ救済に見えてしまう。 アニメでよくある死亡フラグ「俺この戦争が終わったら結婚するんだ(幸福)」からの死みたいなものです。
12
nΛk @nak_z 2017年8月14日
昭和の生活様式の資料が、サザエさん(原作)位しかないというのを見たことあるが、この話題も後世には消え去って、この映画が正となるかもしれない?
0
寒さと戦うじょせ隔離所 @jose_rambles 2017年8月14日
どんなことにも言えることだけど、酷い話ほど目立つだけで、すずさんの身の回りが良い人ばかりなのがさほど特殊な話ではなかったと思う 私の祖母も大体晴美さんとすずさんの中間くらいの年代、終戦を呉で迎え、すずさんと同じ年頃で結婚したけど、お姑さんは自分に娘がいない(生まれはしたが夭折)から、祖母をよく可愛がってくれたそうだよ。
7
アカさん @aka_san0 2017年8月14日
偉っそうに「この映画を絶賛してる奴は戦時中の女性のしんどみを理解してない(他作もろくに見てない)無知な奴」みたいなマウントしてくんの一体何様のつもりなんだろう
21
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2017年8月14日
おっとりと育ったすずさんが段々と変わる環境の中、変わらない日常を守ろうと頑張り、そんな頑張りに気付かない優しいけど鈍感な夫の言葉にちょっとイラっとしたり、終戦に怒りをぶつけたりするようになる。 戦争って怖いよなぁって感じ入らせる作品だと思う。
11
KAIJIN28GOO @babel3sei 2017年8月14日
これから見る予定なので、内容は知らないでおくけど、一応私の父母と両方の祖父母は、戦争経験者だった。しかし、不思議なことに、戦争はしてはいけないということはいわなかった。ずいぶん苦労したのに、苦労話もほとんどしなかったし。むしろ、語らないからそのつらさは分かった。
3
たちがみ @tachigamiSama 2017年8月14日
隣のトトロとかも「あんな余所者に優しい田舎なんてリアルではない」とか言われていたんだろうか リアルな胸糞描写入れても作品の質や評価は向上しないし誰も幸せにならないと思うが
9
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2017年8月14日
この映画について、冷静な人とだけ話してみたいな。 女性限定で。
1
マツリセイシロウ@『ゴールデンボーズ』2巻2/25発売 @maturibooo 2017年8月14日
なんで当時を見てきたかのような語り口の奴らばかりなんだ…神か何かか
4
ボトルネック @BNMetro 2017年8月14日
malchan1224 通常版を買ったうえで完全版を待つのが正しいでしょう。
6
uu @uu32555 2017年8月14日
tachigamiSama 広島の反戦教育のための実写ドラマ, アニメとかすごいよ!小学校の時に学期ごとに見せられてたけど、リアルな胸糞描写だらけで幸せにはならないけど、どんよりした気分になってた・・・のは最初の1年くらいで慣れてリアルな胸糞描写に耐性がついてリアルもフィクションも適度に受け入れられるようになる。
1
糞蟲㌠か小麦粉か何か @samui_nemuibot 2017年8月14日
tachigamiSama 「となりのトトロ」の舞台は、(高圧電線や小学校の生徒数の多さから)「ベッドタウン化が進む東京近郊の田舎町」って設定だったような気がするので、閉鎖的な田舎ってわけでもない気がする。
4
糞蟲㌠か小麦粉か何か @samui_nemuibot 2017年8月14日
ていうか否定的な皆さん、生活系まとめサイトに毒され過ぎなんじゃないのでしょうか・・・
9
檜邑 圭吾 @keigoh 2017年8月14日
人間の暗いところ黒いところを露骨に表現すればすなわちリアル、みたいなのって稚拙な感覚だと思うけどなー。最初のつぶやきはお母様のこれまでのご苦労を思うところであって、作品の出来をはかるところじゃないでしょ。
14
nanasi @nanasi43 2017年8月14日
例えば、仮にある年に99%の人がブラックな環境、1%の人がホワイトな環境にあったとする。 この時99%のブラックな環境にいた人なら、1%のホワイトな環境を元にした作品を見た時にあの当時はそんな時代じゃなかったと言うだろう。 その時代に存在する可能性があるのは確かだけど、決してその時代全部がそうであったわけではない。 全部で100,000,000人居ればホワイトな環境に居たのは1,000,000人で、その中の一人の目から見た世界の片隅だったというそれだけのこと。
3
yamamoto @deporika 2017年8月14日
お話の中の人物事柄と実在の物事はちがうものだから、あまり比べても収穫は多くない。
0
エリア83@讃州deおばけ屋応援民 @area83ontweet 2017年8月14日
非農家で、そこそこ安定した軍需工場勤めの父と軍属の旦那さん…て家は恵まれていたのかもしれませんが軍港・軍需工場で食べてる呉が舞台だったからこそ執拗なまでの空襲を受けたわけですし(逆に過去、平和のための軍縮でお父さん失業してひどい目にも遭ったと言及されとりますが) まあ文句言うことでもないよなあと。
6
Hoodedcrow @Hoodedcrow1 2017年8月15日
北條家は金持ちではないけれど、径子さんが流行の服を買ってアイスクリームを食べられる程度には余裕のあった家ではあるしねえ。
9
waf@一口茂吉 @livikuma 2017年8月15日
“ひとつの方向から見た家族”という意味では、劇中のすずさんの嫁ぎ先や嫁ぎ先でいじめられたというご家庭などいろんな家族がありましたという事で、ファンタジーとは思いませんでした。私の母方の家などは祖母がハワイ生まれの帰国子女(武家に養女でやってきた)だったので、戦中もハワイからクリスマスになるとチョコレートが送られてきたそうです。そんなですから、いろいろなご家庭があったと思いますよ。
7
ユーコン @yukon_px200 2017年8月15日
コミュニケーション不良は双方に問題がある派
0
ユーコン @yukon_px200 2017年8月15日
「戦争より身近な人間との諍いの方が辛かった」という老婦人の感想なんだよなー
3
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2017年8月15日
苦労した人は苦労を語るが、苦労しなかった人は苦労しなかったことを語らない。 身の回り10mしか見えない人は自分の周りで起こってることが、(例えば)日本中で起こってると思うが、必ずしもそうではない。
4
笙子 @x_xiongmao_x 2017年8月15日
「周りがいい人ばかり」というのがずっとひっかかってたんだけど、周りの人は普通だと思う。姉さんは意地悪だし隣保にもやっかいなのがいるし。 すずさんが良く言えば天然ポジティブ、悪く言えば暖簾に腕押しのボンヤリ者だから周りも「この若いボンヤリ嫁にはきつくいっても仕方ない」と思うのでは。 ぼんやり者ですらハゲ作ってる環境が苦労がないわけがない。
16
さくら @sakurahonaka 2017年8月15日
むしろ周りに恵まれているからこそこの後の展開が辛い
4
みこみこ。 @MikoMiko2048 2017年8月15日
そもそも冒頭から人食いが出てくるのにリアリティもなにもあったもんじゃないでしょ。
2
Holten @Holt800 2017年8月15日
se_monolith 「描写が細かい」って言えばいいと思うんですが、なぜか「リアルだ!」って言うんですよね。リアルを突き詰めたら現実にしかならないのに
2
鶏男ザ3番目 @MenyouToriotoko 2017年8月15日
すずさんにストレスがかかっていた描写は幾らでもあるし、義姉なんか出戻りである。 映画のテーマを離れるほど苛烈な嫁いびりが見たければ、 「おしん」なりなんなり昭和の朝ドラでも見ればいいんじゃないですかね(苦笑)
5
トサポン @thodsaporn 2017年8月15日
すずの人物造形一つを取っても、この世代の人間の代表例ではない事は明らか。むしろ徑子の嫁ぎ先やリンの世界は良い人達ばかりでは無かった事が窺われる。色んな人達がいて良いし、みんな一生懸命に生きていた事を描いた名作だと思う。
1
mikaka @michando1 2017年8月16日
「嫁ぎ先がいい人ばっかりだねぇ、よかったね」という話かもしれないのに炊きあがりすぎ
11
リュウ @rt1126 2017年8月16日
農村と勤め人の家では違うだろ
6
take⋈サイクルキャプター @paperbirch1968 2017年8月16日
嫌な人間関係のドラマが見たいんだったら「渡る世間は鬼ばかり」や「おしん」でも見ておけばいいよ
7
@juga561tsu 2017年8月16日
このアニメもリア充の悲喜劇に感情移入して楽しむ類のものだと確信しました。その点で私は絶賛しません。
0
旦01 @ashita_010101 2017年8月16日
いいんじゃない、こういう感想があっても。描写がリアルだという人もいれば、こういうところでリアルでないと感じる人もいる。それは”女性軽視を告発”してるわけでもなく”一個人の感想”でしかないのに……なんで棘はこう、無駄に対立煽りたがるのと乗っかって叩きたいのがいるのかね
6
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2017年8月16日
嫁ぎ先がいい人ばかりで良かったねぇ、と自分を棚に上げて語る老人たちではあるよなw
3
MISSION QUEST @mission_quest 2017年8月16日
livikuma もしよろしければ、「戦中もハワイからクリスマスになるとチョコレートが送られてきたそうです。」の下り、どのような経路で送られてきたとか教えていただけませんか?あの時代にどうやって米国から日本に物を送れたのか、すごく知りたいです。(単にこちらの読み違いで、「伯母さん」は当時米国住まいで戦後養女として日本にきたのかな?)
0
waf@一口茂吉 @livikuma 2017年8月16日
mission_quest 普通に郵便だったと思います(他に手段はないかと)。年をとった今だからこそ「敵国からの荷物が普通に届くなんて」と驚きですが、子供の頃に聞いているのでその辺りはわかりません。隣に叔母(母の妹)が済んでいるので聞いてもいいですけど。
1
MISSION QUEST @mission_quest 2017年8月16日
返事を頂いて少し調べてみましたが、万国郵便条約の骨子が当時と今で変わっていないのであれば、国際郵便は戦争当事国間でも配送しなければいけないものだったようが、これ以上は今の所確認できていません。 1941年12月-45年9月の条約、各国法令及び運用はどうなっていたのか、知りたいものですがさすがにこのまとめからは外れすぎですね。お目汚し失礼。
1
yukin @yukinkilly 2017年8月17日
70代の婆さんってバブル期の80年代にに株と土地転がしで浮かれまくった当時の40代じゃん なんで戦争当時をさも知ってるかのように語ろうとしてんのか意味わからん
2
松もと @mtmt781 2017年8月17日
すずさん、義姉に結構キツく当たられてたし嫁いだ翌早朝から当然のように水汲みとかしてるし、フツーに嫁って大変なんだなあ等と思ってた。あれでファンタジーファンタジー言われるくらい昔の嫁さんてのは過酷だったんだな。
7
あづま @gobu_azuma 2017年8月17日
これかー、元のツイ主は感想を言ってるだけなのに、そこから裏の事情とかを勝手に妄想して話を膨らます「それはあなたの二次創作ですよ」てやつ。議論は悪いことではないけど、決めつけになりがちなのは気を付けなければ。
7
takashi_M型 @ros_flcl 2017年8月17日
ぼーっとしてるすずさんですらストレスでハゲ作ってる話なのに鼻息荒くしてる人はほんとにアニメをちゃんと冷静に観たのかな? 観てたとして戦争が題材なんだからこうあるべき!という妄想されても知らんがな、であるけど
8
ゆうちょりん @yucho_0903 2017年8月17日
でも、その辺リアルに描いたら「イデオロギー色の強いフェミ映画だ!」って批判されるんでしょ……
0
ゆうちょりん @yucho_0903 2017年8月17日
まとめの最初の方に書いてる人いたけど、りんさんとの対比ですずさんには優しくしてると考えたら結構リアルで生々しいのかもよ? りんさんと心中だか駆け落ちだか寸前まで行ったってのはドラマ版のオリジナル設定だっけ?
0
ゆうちょりん @yucho_0903 2017年8月17日
映画版で削られてたりんさんとの確執が、ドラマ版では逆に原作より強調されてるから、そういうの好きな人にはオススメかも。
0
KAIJIN28GOO @babel3sei 2017年8月17日
戦争を生き抜いた人たちの境遇は人それぞれ。一般化はできない。「はだしのゲン」の戦災孤児、渥美清や宮城まり子の体験、獄中で終戦を迎えた政治犯、開拓の夢破れて帰国した家族(私の祖父母と母)。しかし「表の行列なんじゃいな」のアル中オヤジが語る高級軍人軍属の揚屋宴会は何じゃいそれと突っ込みたくなる。それを書いた筒井のジイサンがそうだったわけではない。
3
M.S+. @mdsch23 2017年8月17日
隠されているだけ。婚礼の陽の夕方のシーンなんかは何故この結婚が必要とされたのか北條家の「事情」の一部が透けて見える。あのシーンはわりとホラーだと思いますよ。ぜんぜん笑えん。(原作だともう少し事情は明かされているけど、それもそれでひどい)
7
M.S+. @mdsch23 2017年8月17日
戦争を扱うとあれがない、これがないと言われる。他でそんな事はないのにというような話は原作者がされてましたね。作品には時間や紙面の制約があり、主題があるので全員の願望を満たすのは不可能です。 この作品はあくまで入り口であって結論じゃないですよ。ここからまた他の作品や史実を調べればいいのだと思います。 なお元のツイートで「語られない」のは別に批判じゃないと思う。そういう選択をする人は少なからずいます。うちの身内も戦時中の話をする人はいなかった。
4
M.S+. @mdsch23 2017年8月17日
もともと原作は毎回笑えるオチをつけるように作っていたとはこのうさんが語られてます。(隔週連載で平成19年〜20年を昭和に読み替えて載せた。頁数も固定で多くはない)見かけ上和やかそうな展開が多い理由だとは思います。そういう構成で生死を分けた出来事や時にきつい人物(映画では割愛されてますが空襲で避難せず亡くなった人を見せしめで放置していた人を横目にすずさんと径子さんが通る)も出てきているので、油断しているとそんな事を描いているのかという所があるので映画見た人は原作も是非確認して欲しいですね。
8
アネみみ@8cmアニソンCDを懐古する。 @ane_memi 2017年8月17日
橋田壽賀子脚本のドラマで、嫁はいびられなくてはならないっていうある種のコンセンサスができてるけど、アニメでくらい優しい世界を見せてくれてもいいじゃないのとは。 それにこの作品の本質は"家"の問題ではないから、そういうノイズでしかない要素は省いたっていうだけだろうね。
7
からあげれもん @gorogoroojisan 2017年8月17日
漫画やアニメの世界でもギスギスした世界を見たいなんて趣味が悪いですね そのギスギスした世界を入れたら他の話しが入らないじゃない
3
5犬 @nst2460_2 2017年8月18日
わざわざそういう鑑賞の仕方をしてそういう感想を捻り出す人の生活環境と心根を推して知るべし
3
魔法🌟むれむれ❄幼女 @mrnm01 2017年8月18日
祖父は三男五女の親だったんだけど、男三匹は無理やり大学(早稲田・京都・東工)に入れていたんだけど、五女の内四人を奉公やらやらせて、一人だけは「将来、家業と老後の世話をさせる」ために残したとかやっていたなあ。その伯母や叔母らは六〇前に皆さんお亡くなりで「家を出したんだから墓にもいれない」という。なんちゅう祖父なんだ?と思ったら祖父の父の入れ知恵というか命令だったそうだ。
8
めぇ~ @tovilexiseq 2017年8月18日
それを描くとテーマがブレるからじゃないです?嫁いびりシーンなんて、ちょろっと描かれただけでもすごい心に引っかかってくるでしょ。他に伝えたい事があるなら抜いて正解
8
枢斬暗屯子@例大祭か06b @suuzanantonko 2017年8月18日
「地獄のような田舎」が見たければ、田亀源五郎先生の「外道の家」をどうぞ。
2
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2017年8月18日
そもそもサザエさん前史みたいなコメディ要素があるのに(作者は明らかに『サザエさんうちあけ話』を意識している)、戦前・戦時中の社会の暗黒が描けていない!とか、プロレタリア文学賛美みたいなツッコミ入れるのも正直どうよ?と思うわけで…
2
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2017年8月18日
あの映画十分暗黒だと思うけど…出戻りの元モガな小姑とか、自分でろくに動けない姑とか、北條家自体が近所から色々思われてそうだしな。周作がすずを幼馴染に当てつけようとした場面は映画だけではよく分からなかったけど、原作では女郎さんとゴタゴタしてたそうで。だとすると周作とすずに子供ができなかったのは周作の体質の方か…などとそこまで考えてしまう。
3
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2017年8月18日
むしろ大映ドラマとか昼ドラ(どちらもほぼ過去の産物)とか分かりやすいギスギスの発露って世の中そんなにあるもんなんだろうか?と思う。
0
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2017年8月18日
なお最初にまとめられた人が大したこと書いてないのにコメント欄がこうなってしまうのは、まぁまとめ人の悪意でしょうな。万とかVIEW稼げる人はだいたいこれでしょう。
2
ギ=サン @doceneve 2017年8月18日
buggirlnboyclub すずさんは色んな要因で月経が止まってしまっている…原作でのその描写で、彼女がいかに意識していないストレスがあるかの証拠だと思ってました。勿論生来の環境の変化だけでなく、戦時体制と言うのが一番大きな要因でしょうけど。滑稽だけどよく見ると…って言うのが作者の作風だと思うんですよね。
4
ユグドラシル @Yggdrasill8888 2017年8月19日
田舎や家制度を叩きたいだけの社会不適合者が「自分の望んでいた『田舎の農家に嫁いで前時代的家庭観に虐げられる女性像』じゃなくて悔しい」的逆ギレに満ちたコメをしてて大草原
7
waf@一口茂吉 @livikuma 2017年8月19日
すずさん視点の映画なので嫁のキツさもマイルドに表現されている。全体がほんわかしてるのは、すずさんの世界だからだと思う。劇中の“人さらい”に関しては、子供の頃親(戦前生まれ)から遅くまで遊んでいたり、デパートなどで親から離れてしまった時に出たフレーズ“人さらいが来るぞ”と重なったので、冒頭の人さらいが登場したシーンは、親から離れてしまったすずさんは道に迷ったのかな?と思った。“不安”の象徴?最後に登場した際、人さらいがバイバイしてるので“不安”が去った、と受け止めました。(個人的感想です)
3
原田 実 @gishigaku 2017年8月19日
toge365 いや、特高ではなくて憲兵なんですが(特高と憲兵は仲が悪かった)
1
haduki @hadukikai 2017年8月23日
紹介されている「私は嫁ぎ先で虐げられた/奴隷扱いだった」っていうおばあちゃん達、自分が姑になったときお嫁さんに優しくしていたのだろうか?というのが気になる。
1
匣河豚工房 @hakofuguf 2018年9月14日
周作の方も「あのままリンさんと結婚しててもやっぱうまくいかんかっただろうなあ」というのは内心理解してるのかな?という風はありますね。哲の方も実家が荒れてたのですずが嫁入りしたらしたで大変だったでしょうし、当時としてはリベラルな結婚をした義姉も義両親との関係では失敗してるし、「初志貫徹して運命を切り開いたカコイイ人」を描く話ではなく、ほどほどに時代に流される層の話なのではと
3