10周年のSPコンテンツ!

BVE関係

BVE飯田線、119系運転台、阪急タイプ運転台、その他もろもろ。技術的なこととか記録しときたいことの抜粋。 技術情報兼活動記録。
電車
3
前へ 1 ・・ 10 11 ・・ 17 次へ
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
@hige_hosen この「みすず」往復とパシナのみすず往復(93年)、クモハ12(97年)で古い風景資料はだいたい揃う。ただクモハ12の下りがVHSでしか出ておらず再販かかってないのが残念(「懐かしの吊り掛けモーター音」にかなり端折ったダイジェストのみ収録)
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
伊那市の伊那バスがあるところはやっぱりビール工場だな。右はユニー(現アピタ)の裏側。 pic.twitter.com/j5tO6MIQ5V
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
パシナは車掌側から超広角で、みちは貫通扉から標準で。両方合わせると資料的空白部をかなり埋められる感じ。 pic.twitter.com/H1KEjBhvPZ
拡大
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
皆さん酒飲んでる間に酒蔵作ってますよってに、ごっくり~? pic.twitter.com/uNGzpo5INN
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
部品といえばカムスイッチの丸いツマミをようやく手に入れました。探し始めて3年、念願かなって限流値アゲアゲ! pic.twitter.com/1qhJiuHchB
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
「BVEでjpgとかgifとか使えたら軽くなるんじゃね?」って意見を時々見ますが、そのへんのフォーマットはGPUが読めないので結局ビットマップに展開する手間が増えるだけなのです。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
ちなみに拙作の飯田線は1995年「ぐらい」という設定。前後数年の幅を持たせておかないと見つからない資料の処理に時間を取られるし、「これはその時無かった物だけど入れたいな~」という物もある。95年はあくまでモチーフ。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
拘りと汎用性、配慮と手間、矛盾する要素をバランス良く調整していくのは難しいです。結局はどっちに振っても他のどこかから不満が出るものなのかな。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
保線小屋の模様替え、大きな物の移動は片付きました。仕切り壁の工作に入りたいので周囲を大きく空ける感じで~。大きなモノを作るには完成品の3倍くらいの作業スペースが要るのだと最近理解したのです。 pic.twitter.com/UibC8tXg9k
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
中古サブウーファーから取り出したアンプ部のみを収める箱を仕上げた。ずーっと放置してたやつw 振動ユニット駆動用。 pic.twitter.com/2rBS90fDS9
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
手休めに119のパネル画像を弄り始めた #いつぶりだよ
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
むー、肉眼が超広角で見てる映像を完全な平面に落とし込むのが超むずい。どう妥協したものか。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
やっぱり気になるのでちょっと続きやった。最大の難問は本来『ヒサシは上面が見える』ってトコなんだけど、あまりガッチリ詰めると肝心の計器パネルの角度に違和感が出る。ギリギリ妥協点を探ってみたがどうだろう? pic.twitter.com/0FYTN6ni88
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
超重い腰を上げて仕切り壁の窓枠を作ってまんねん。今やってるのは運転室側の枠。客室側のが更にめどい。 pic.twitter.com/mPjIZAiy2R
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
運転室側の窓枠が出来た。ホンモノはステン絞りだと思うけどオールプラ製。客室側のアルミ製押さえもプラで作るので、塗装で質感の違いを出すのが楽しみ~。 pic.twitter.com/56YvVsqU2r
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
@hige_hosen 運転室側の形状は長年の謎だったんだけど、えち鉄7000が壁を取っ払ってワンマン対応させたおかげでカメラ突っ込んで撮影できるようになったのは僥倖。拙作は観客対応で窓サイズ大型化のため各部アレンジしとります。 pic.twitter.com/PoQF5YtOIV
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
仕切壁の客室側窓枠つくり中。めっさめどい。 pic.twitter.com/X4Xoo35d9I
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
@hige_hosen 断面が「く」の字に折れてるの超めどい。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
引き続き客室側の窓枠。断面をくの字に曲げ始めたが…超めどい。上手くいくかは今のところ五分五分。 pic.twitter.com/ODYoDDBp18
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
勝利の予感!! まだまだサフ→修正の無限ループだけどね。 pic.twitter.com/BA4qFfcPDF
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
四隅のRを整形するだけで1週間くらいかかると踏んでたけど、あっけなく完了。微細な調整とキズ消しを経てアルミ色に化かすよ。 pic.twitter.com/hzCco0pvtS
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
仕事の合間にサフ吹き。缶スプレーは吹く前にテッテー的に撹拌する。僕は5分以上振りまくります。あと温めてガス圧を高めると霧が細かくなるので湯煎・乾燥機・ドライヤー・股間、なんでも使って温める。爆発が怖くて缶スプレーが使えるか! タイミングは勘で(怖
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
被塗装物は下においちゃダメ。必ずスプレーと同じ高さ以上に保ち、距離を開けて缶を左右に動かしながら吹き付ける。大きく重い霧は下に落ちるからワークに届かず、細かい霧だけの綺麗な塗膜になるのよ。以上、缶スプレーが苦手な人向けに空中へ投げてみる。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
デフォルメ考慮しながらザックリ作図はじめた。 pic.twitter.com/WPIl1fCZel
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
接着用のシンナー缶にPカッターの切り屑を放り込んでおくと溶けてトロ味が出て使いやすくなる。流し込み用接着剤にプラモ用接着剤の特性をホンの少し添加する感じ。入れる樹脂・濃度は用途次第でお好みで。 pic.twitter.com/e6BxA76nLS
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
NFB盤ショートバージョンだけど、だいぶ格好ついてきた。 pic.twitter.com/S7dB7mpqxT
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
既存の自作部分は木製骨格+1mmプラ板で化粧という構成だったけど、最近作ったパーツは木を使わず2mmプラ板、場合によっては貼り重ねて4mm厚のプラ板、角の補強は5mmプラ角棒のPS樹脂素材のみで構成。このほうが反りにくいし強度もあって良いかな。なおコストry
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
信号炎管がめちゃ見やすいトコに付いててありがたい。各部の質感、ヘアラインの向きとか肉眼で確認しときたかったんだよね。高解像度で撮っても写真ではワカランことがあるんです。 pic.twitter.com/V1O5EH8J1h
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
やっぱり上のローレットは再現したいなぁ pic.twitter.com/v31xyDPW0K
拡大
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
新今宮から環状、最後に201で窓枠処理の疑問点を肉眼で解決して帰る。 pic.twitter.com/jPR7Xv1she
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
ものすごく久しぶりに超めどい作業を始めた。 pic.twitter.com/tACBfMRnjO
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
切り抜きの話続き。ペンタブでそこそこテキトーに投げ縄で囲って抜いていくわけですが、自然の摂理を自然に表現するなら馬鹿正直に輪郭をたどっていくのが近道。自分なりのラインで全くテキトーにやると不自然な形になります。 pic.twitter.com/o2iEGWEa27
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
よーし、前作と合わせて計4本。竹やぶらしい竹やぶになってきたぞ。 pic.twitter.com/7JieYCDa3p
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
@hige_hosen 竹や手前にしなだれかかってくる感じが好き。窓ガラスをビシバシ攻撃するスタイルw pic.twitter.com/JKNJKxwkUT
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
種明かしするとたったコレだけなんでなんかスンマセンw pic.twitter.com/jZefe7EXYZ
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
プレイ中の人以外でも楽しめる、1/1模型的な側面は捨てたくないのでVR方面を攻める気はないけど、技術としては今後も注視していきたいですね~。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
BVEの取材にそんな良いカメラいらないじゃん、てのは間違ってないんだけど、僕みたいに遠方まで取材に行く人間にとっては「極力失敗を減らせる」カメラってのは魅力的なんだよ。あとダイナミックレンジが広いと天候の影響も軽減されるから取材機会が広がる。
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
中遠景のグラは大事やね…、汎用の素材並べて誤魔化してたところを、ちゃんと切抜きしたものに置き換えた。ちなみに現地撮影。 pic.twitter.com/5l4jKS8okB
拡大
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
先に投稿した林の置き換えに加え、前々からショボさが気になっていた地面の実写化、信通機器室の寸法修正を施して伊那福岡出発周辺のグレードアップ完了。 pic.twitter.com/RnObVdZUp0
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
1.樹木をPhotoshopで切り抜く際、自動選択の簡便さとランダム感、手作業の確実性を折衷して質とスピードを兼ねるテスト。今回はこのゴチャっとした雑木の集合体を切り抜きます。 pic.twitter.com/A3rsxnwOGK
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
2.レンズの色収差を考慮して背景は緑で撮影していますが、同じ緑でも多少の差はあるので色の許容値を5~10程度に狭めて要らない部分を選択します。+shiftでどんどこ追加選択。 pic.twitter.com/084X4MF9rU
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
3.どうしても木の内側、選択されては困る部分も選択されてしまうので、投げ縄ツールで輪郭線より内側をざっくりと選択。+altで除外になります。 pic.twitter.com/IjNGAznvYu
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
5.今度は逆に残ってしまった不要部分を人力投げ縄でざっくり選択して削除して完成。輪郭線は自動選択に任せて、それ以外を人力で処理する感じ。だいたい1枚10分くらいで完了するので質を求めないところはこの程度で十分。 pic.twitter.com/RjGQRYyhx2
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
6.路線に置いてみる。線路右際の高解像度部分が今回抜いたもの。それなりに溶け込んどりますね~。BVEはミップマップが使えないので視点(自線)に近いものは高解像度、遠いものは低解像度で人力LOD。 pic.twitter.com/b34gIzHhQo
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
【谷の表現】3画面化の副作用で今まで見えなかった左側の谷が視界に入ってしまうので、ざっくり作って余白を埋めました。 pic.twitter.com/iUANqi7Kwa
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
@hige_hosen 立体で作り込むべきかと何度も試行錯誤したものの労力と仕上がりのバランスが悪すぎて頓挫。結局、ものすごーく簡単な箱型背景を置くことで逃げ切りました。 pic.twitter.com/UC2VH8sv4I
拡大
飯田工務店ごっこ @hage_hosen
@hige_hosen 超簡単なのでロートルcsvで編集。それっぽく見えりゃいいのだ! pic.twitter.com/IdSFi1tvqx
拡大
前へ 1 ・・ 10 11 ・・ 17 次へ

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする