2017年11月5日

伝説の勇者ダ・ガーン感想

ダ・ガーン全46話の視聴感想を予定しています。勇者シリーズはエクスカイザー、ファイバード、ジェイデッカー、ダグオン、ガオガイガーは視聴済みです
1
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

さて、そんな訳でターンエーから代わりまして伝説の勇者ダ・ガーンについて今回から取り上げていきましょう。大体4~5話ずつで全10回の予定。ただ今回キリがよいので第1~6話までを触れる事にする。 #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/AuAiHCXhbG

2017-11-05 17:14:10
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ちなみに先客としてこちらの視聴感想が既にあります。とても面白いものと太鼓判。寧ろこちらを読みましょう togetter.com/li/630398  #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 17:15:49
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

……丸投げする訳ではないのでちゃんと書く。ダ・ガーンについて谷田部勇者シリーズ三部作のトリとして、エクスカイザーとファイバードを折衷させたような作品か?と最初思ったのだが、とりあえず今の所見ていて感じたことは勇者シリーズでサンライズロボットアニメをやると #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 17:17:35
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

どうなるのだろうか?との試みではないかと思う。前2作にも触れて書くとエクスカイザーが和製トランスフォーマーからイベント性を極力取っ払い、非日常の勇者たちがいる日常の面白さを描いた作品として、ファイバードがマジンガーZ的な世界征服を企む悪の科学者と #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 17:19:47
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ヒーローロボットを擁する研究所といった、古典的なヒーローロボットアニメのお約束を+した作品といった所。ダ・ガーンについてそこからライディーンやザンボット3、ガンダム辺りなどの富野監督作品や日本サンライズ系のヒーローロボットものを #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 17:21:44
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

勇者シリーズでやってみるとどうなるか?に挑んだ作品かなとまず思う。この辺りは第1話で感じたのだが、最初主人公の少年・高杉星史が幼馴染のお隣さん・香坂ひかるに起こされて手を引っ張っての登校模様を見ると、主人公に対して日常でリードしているヒロインの構図は #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/qrF6seSrI0

2017-11-05 17:24:39
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

サイド7でのアムロ・レイとフラウ・ボゥだなーと思ったりした。星史の両親が仕事で家を空けている点も、アムロの場合母は実際別居だが似ているといえばそうなる。母はニュースキャスター、父が軍人なのはさておき、ニュースで未知の物体に防衛隊が接触して交戦したが全滅と #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/FM7PazMRmF

2017-11-05 17:27:15
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

いった内容と共に、担任の先生からは職員会議があるから自習→臨時休校といった流れは敵が身近な所まで迫っている恐怖を感じさせる。ザンボット3や1stガンダムがいきなり敵襲で日常が覆されるような所で始まっており、ダ・ガーンはまだ星史達が危機に直面していないから #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/guVR4k4FvP

2017-11-05 17:30:27
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

彼らは学校が臨時休校でラッキー程度でしか捉えていないような温度差の違いはある。しかしすぐさまオーボス軍の戦闘兵器が飛来して、防衛隊の戦闘機を撃墜して、星史達が近くにいた神社が炎上するなどといった前2作で見られなかった空襲の恐怖を描写しており #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/SCOHlDze8Z

2017-11-05 17:32:48
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

一応防衛隊のパイロットが脱出する描写など入れて緩和している所はあるのだが、空襲にひかるが巻き込まれるネタとか1stガンダムの第1話っぽい。そこからダ・ガーンの意志と接触して星史の前にダ・ガーンが姿を見せる。最初彼が何なのかよくわからず星史は拒絶していたが #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/4TKjVA8W5r

2017-11-05 17:35:35
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

迫る戦闘兵器から成り行きで助けてほしい!と叫んだ事でダ・ガーンは彼らの危機を救う。この時点でエクスカイザーとコウタとさほど変わらないような人間とロボットの友達になりそうかと思った訳だが #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/vVbchL2BeP

2017-11-05 17:38:01
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第2話……冒頭のわずかな描写だが前回の戦闘で市街地に結構深刻な被害が残っており、復旧作業が進められているといった描写も過去では見られなかった。また今回の戦闘で脱線した新幹線から負傷者の救助活動が並行して描かれたり、ダ・ガーンが戦闘の余波で民家を下敷きに #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/rUgq9S05Xo

2017-11-05 17:42:01
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

してしまったりと結構ハードな被害描写が出てくる。余談ながら第1・2話の導入はロボットものではないが、後年の同じサンライズ作品でガルキーバが結構受け継いでいるなあと思わなくもない。また父が軍人とのこともあってか、前2作でなかった防衛隊の描写は #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 17:43:42
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

並行していたエルドランシリーズの影響も若干あるかもしれない。エルドランシリーズとの共通点としてライジンオーの仁と星史、ゴウザウラーの拳一とヤンチャー王子の中の人が同じで、もう一人のヒロイン蛍はガンバルガーのヒロイン・千夏と中の人が同じと #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 17:45:28
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

中の人で妙に接点がある(さらに言えば、エルドラン役の島田敏さんが根元巡査役で出演されている訳で)また、今回ダ・ガーンへ星史に勇者たちと関係を持っている事は秘密だと釘を刺す場面があり、正体不明のヒーローとして活躍する点もガンバーチームと似ている所かもしれない。#伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/Ow3FLDQL9N

2017-11-05 17:47:52
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

また、同じ3作目としてゴウザウラーもダ・ガーン同様シリアスで対象年齢が若干上がっている点も似ている所か。それはさておき第2話は星史の周辺と彼に与えられた使命が描写される。星史の母・美鈴は一見厳しいかと思えば教育ママっぽいのと別に寧ろ星史に対して過保護で #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/MAkm7GOgYK

2017-11-05 17:50:59
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

星史について結構心配しており、多忙な自分に代わってひかるとその家族に星史をお願いしますと頼んでいる。この辺りを見ると星史が結構周囲から過保護に扱われている所があり、星史は別に甘ったれでも我儘というほどでもないが、ダ・ガーンからの秘密にしてくれとの約束を #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/wJmeQpiFOb

2017-11-05 17:53:03
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

俺は口が軽いかもしれないんだぜ?と少し斜に構えたような感じがあり、ダ・ガーンからも君だと秘密を言いかねないから心配していると苦言されるなど、コウタやエクスカイザーの関係と少し違う。そんな星史は勇者達の隊長としてダ・ガーンをダ・ガーンXへ合体させる #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/i9Feoankz9

2017-11-05 17:56:09
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ケンタ指示を出したり、世界各地に封印されている勇者たちを探さなければならなかったり。ファイバードのケンタはイレギュラーな時に戦ったりアシストしたりしてたものの殆ど見た目が大人の火鳥と現地へ同行していた。星史は基本一人で勇者たちの戦いを隊長として #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/npsGGPTYjR

2017-11-05 18:00:08
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

サポートしていかなければいけない。直接子供主人公が搭乗なり合体なりして戦わないのは、以降の勇者シリーズ作品でも同じだが(この辺りエルドランシリーズとの競合を避けたのかも)、意志を持つ勇者達を行使させて戦わせるなら、それ相応の責任を主人公も何らか果たすべきと #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 18:02:24
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

描いているのかもしれない。大体小学5、6年生と思春期が近い所や、比較的過保護な環境から星史が自立していく事を描こうとしている点も、どことなくザンボット3や1stガンダムの主人公像っぽい。そんでもってダ・ガーンが普段根元巡査のパトカーに偽装している為 #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 18:03:43
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

彼は自分のパトカーが誰かに盗まれ(そしていつの間にか戻っている)ている事態に頭を痛めており、犯人が誰か探そうとしている。また勇者探しや合体指示を最前線で出す事を、家族や赤の他人が知る訳もないから彼らに理解されず(仕方ないのだが)捕まったり追い回されたりなど #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/o47peBqUWo

2017-11-05 18:06:38
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ヒーローの戦いが必ずしも市民に理解されないといった描写はザンボット3っぽいものがあるかもしれない。第3話から勇者探しが始まり、エジプトの秘宝に勇者の石があることでジャンボセイバーが覚醒する。またガードスーツが初登場し、ひかるを救った事で彼女から正体が星史と #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/HBrtKqt8wm

2017-11-05 18:09:34
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

知らないままガードスーツのヒーローへ惚れてしまう辺り、ガンバルガーの千夏に近いものを感じなくもないような。あと3~6話まで各チームを2話ずつ割いて覚醒イベントを描いていたからだと思うが、今回だけ一人覚醒したせいかジャンボセイバーだけ少し特別な立場?とか #伝説の勇者ダ・ガーン

2017-11-05 18:11:13
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第4話……そんでもってジェットセイバーとシャトルセイバーが覚醒する。セイバーズは空モチーフで統一されているが戦闘機、スペースシャトル、ジャンボ旅客機とそれなりに上手く差別化されている気がする。最もジャンボ旅客機以外日常だとちょっと馴染みにくいモチーフからか #伝説の勇者ダ・ガーン pic.twitter.com/l4F6dPHj1F

2017-11-05 18:13:24
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(237)