デザインを無断で改ざんされたデザイナーが提訴したニュースについて感じたこと

タイトルについてのセルフまとめ
1
こじこじ🆖 @cozi_cozy

よく聞く話といえばよく聞く話。 業務委託契約時に著作権の譲渡が含まれていたかどうかが肝だけど、契約書に記載がなければ著作権はデザイナーのものだからね。 浦安の外注デザイナー 「無断で改ざん」と提訴 千葉地裁 chibanippo.co.jp/news/national/…

2017-11-09 07:17:09
こじこじ🆖 @cozi_cozy

デザイナーの立場からしたら「生み出したデザインは我が子同然」という気持ちはよく分かる。 けど、依頼した企業はデザイナーに子供を産んでもらうために依頼したわけではなくて、企業活動のために発注した訳なので、理想としては企業活動の都合に合わせてデザインを改変したいという思いもある。

2017-11-09 07:45:39
こじこじ🆖 @cozi_cozy

だから契約書中にも「著作権の譲渡」を含む文面が書かれることも多くなってきているはず。

2017-11-09 07:46:02
こじこじ🆖 @cozi_cozy

デザナーと発注する企業がwin-winの関係になれるのが一番なんだけど、個別案件ごとに発注するような仕組みを取っているとなかなかそうもいかない。 理想的なのはデザインコンサル的な立場で契約できるといいのだけれどね。

2017-11-09 07:48:36

コメント

ぼんぼ (開封前によく振ってください) @tm_bonvo 2017年11月10日
同一性保持権で争うなら、これは譲渡できないので普通は契約書で不行使を確約するところだけど。ただ、専属契約中のデザインが法人著作と看做されたら、同一性保持権はデザイン会社のものになるよねえ。
1
KAMO nang-bang @dead_san 2017年11月10日
イラストや写真まで自前なら大丈夫だけど、その辺の素材やロゴがクライアント提供だとレイアウトと見做されて著作権が認められない判決があるので、この内容だと微妙。
2
かつまたいさ(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2017年11月10日
これ著作者人格権の話だろ?と思ったらやっぱり書かれてたか。不行使条項も引っかかるものはあるね。
1