0

ダブルサイクル理論追記 日本の1000兆円赤字解消方法 #経済 #政治 #戦争 #平和 ##心理学 #哲学

社会保障債権
社会保障関係各指定事業体発行
この債券は特殊再建で市中流通禁止、中央銀行との相対取引でのみ発行可能。
事業体は例えば公的保険組合などである。

この債券を中央銀行が買う。
買取審査は厚生労働省と合同で立ち上げる審査機関で決める

買い取ると、中央銀行は買い取った債権の代わりに紙幣を発行する。
そこで社会保障勘定を作り、そこに特殊債権を集約する。

中央銀行にはこの債券からの赤字が積みあがる。

しかしこの赤字を、通常の勘定項目とは合算せずに、2つの勘定項目から同じ紙幣を発行した形にする。

つまり2重帳簿化する。

社会保障側の赤字は積みあがるが合算せずに放置してよいとする。

これで社会保障で積みあがる債権は中央銀行が理論上無限に吸収できる形となる。

あとはマネーベースの供給の大きさからインフレになることを警戒することだが、デフレ化した先進諸国ならこれは吸収可能。

また社会保障産業への資金供給はその従事者への資金獲得と人件費確保を可能とし、社会保障による人生設計を可能とし、社会の需要能力としての給与拡大に寄与する。

この仕組みを導入すれば、1000兆円の国の借金も解消可能。
大半は社会保障費用なので、社会保障費の赤字を中央銀行が支えるからである。

ダブルサイクル理論追記
中央銀行の赤字が積みあがる社会保障勘定は、自動的に赤字分をバランスシートの両方の勘定をバランスして赤字にならないように両建てして赤字分を埋める紙幣発行をするように処理すると法律に明記。
中央銀行の社会保障勘定の見た目では赤字にはなっていないように紙幣の自己発行をするように処理すると法律に明記。
これで総体としても赤字にはならないということになる。 
日本の1000兆円の債務そして世界の社会保障費拠出問題はこれで解決する。

この制度により世界はバランスシートの費用勘定に社会保障費を組み込むことでコストカットから人間が人間にやさしくする機会を低減しようとする働きから解放され、財政と制度によっても人間の愛情とやさしさが保証される新たな時代を築くだろう。

差別が解消される世界が素晴らしい世界と思うなら自らも差別をしてはならない #戦争 #平和 #心理学 #哲学 #とは #定期 #政治

差別が解消される世界が素晴らしい世界と思うなら自らも差別をしてはならないし、差別しているものに対し抑制するのも必要。自分自身が差別される恐怖を持つからこそ皆がわかる。差別している人は差別することで比較優位性を持っているつもりになっているがそれは他の人にが差別され差別を容認するに世界を変えることで自分も差別され迫害される危険な世界を生む元になる。気を付けること。

問題点指摘に対する反応タイプの違い #戦争 #平和 #心理学 #哲学 #とは #定期 #政治

他人に自分の欠点を指摘されたとき怒りに燃えるタイプと自分の欠点の指摘を自分の進歩の機会と捉えて冷静に考える人に人格のタイプが分かれる。日本人には前者が多いと言う印象。

自己承認欲求他者からの承認欲求いずれも持っていると自分の欠点の指摘は他人に自分の弱点を知られると自己防御に入る心理と怒りや暴力他者への攻撃となる。
承認欲求はバイアスを生みやすく単なる行き違いや誤解も自己への侮辱と捉えて怒りで相手を攻撃し後になって後悔すると言うパターンに陥る。承認欲求は常にバイアスの元でありバイアスとはつまり自分で自分に作ってしまう幻想そのものなのだ。このような心理学的理解自己の思考構造の理解がある人とない人では攻撃性に差が見られる。

そしてその次元からいちど離れてしまうと元には戻れなくなる。問題とはどのような場合であれ自己においてであれ解決しなければならず怒りの感情を持って暴力で抑えたところで解決にはならない。
この点に気づいているときには怒りと言う感情は必要としなくなる。
プライドが高い人とは承認欲求が生み出すバイアスの頻度が高いことである。それ自体が1つの不利な条件になってしまう。承認欲求とはどのような場合であれ自己においても他者においても認識と判断の誤りを生む危険な仕組みなのである。

様々な問題の指摘を上司に話そうとするとき怒りで反応する人と解決策を求める人では根底的な差があるのはこのような構造による。会社経営者や国家指導者が怒りに燃えるタイプであると問題点の指摘自体ができなくなるため問題が解決されず人々が苦しみ続け暴力的な反抗やクーデターの元となる。最近アフリカやアジアの1地域でクーデターが起こっているのはこのような構造も加わっている。また通常の社会においてもこのような構造は広く見られる。気をつけること。

反社会性人格に対する考察

反社会性人格の特徴は人を傷つけることとハラスメントと犯罪行為を肯定することでありそのような人がいるとわかると人々が去ってしまうのでそのような人間は孤立化することを恐れて人々に取り入ろうとする。笑顔と人当たりの良さ。
このような反社会性人格の人物は必然的に孤立化しやすいがそのためにまた孤立化から自分を守ろうとしてより友達を増やそうとするわけである。顔が広い人なのに裏で犯罪をやっているという人がいると言う仕組みはこういう仕組みである。

他人に対して冷淡で利用対象で使い捨てとしか見ていないため、世間全体を利用対象としか見ておらず、またその自己像から他人もまた自分をそのようにみているだろうと考え、自分自身に対しても他人が常に裏をかき嘘をつくだろうと身構えて考えるため、他者に対し不信感を持つ。

他人を信じられない一方悪行は重ねるため他人から信じてもらえない自己という自己像が肥大化するため、自分に対しても他人に対しても不信感の塊となる。

人間とは他人を裏切り利用し嘘をついて騙し裏切るものだという人間像が出来上がっているため、それが社会の真実だと思い込み、自分も他人もそのような人間でありその方が有利だと思い込み、他者に対する比較優位性を持とうとますます他人に攻撃的になる。

必然的に他者に対し対立的かつ不信感で見るため、誰も信じることができないので、否定的で暴力的な発言と行動が目立つようになり、暴力連鎖を起こし破滅する。

最後には破滅する。

嘘をつき人を傷つけることばかりやっていると、自分自身の過去が罪だらけとなるので、過去の自分を他人に知られると対立されると考えるために不信感を高め、身を守ろうと反抗的になりますます暴力に依存するようになる。

自己像とその過去に不信感を持ち、他人に対してもそのような人間であるだろうと信じられなくなり、暴力依存を高めるのだ。

道徳倫理への反抗と他者への侵害行為への肯定的人格は、必然的に自己像をゆがめ他人にも攻撃的になっていき、破滅するのである。

それは魔導の世界に他ならない。

他人を傷つけないこと、嘘をつかないこと、犯罪をやらないことが、自己像を正しくし、暴力連鎖に入らずに済む生存の道なのである。

善と正義とは、自己の精神を健全に保つ方法なのである。

情けは人のためならず。

ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
自分の子供サイコパス反社会性人格障害破滅型人格に育っていてはならないと思うなら親もまたそのような人格であることをやめなければなりません。なぜなら子供は親の姿を見て育つからです。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
自分の子供に幸せになってほしいと思うなら親もまた破滅型人格であることを止めなければなりません。他人に迷惑をかけることを正当化する人間であってはならないのです。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
反社会性人格の特徴は人を傷つけることとハラスメントと犯罪行為を肯定することでありそのような人がいるとわかると人々が去ってしまうのでそのような人間は孤立化することを恐れて人々に取り入ろうとする。笑顔と人当たりの良さ。最近起きた猟奇的殺人事件の犯人はこの方にぴったり当てはまる。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
このような反社会性人格の人物は必然的に孤立化しやすいがそのためにまた孤立化から自分を守ろうとしてより友達を増やそうとするわけである。顔が広い人なのに裏で犯罪をやっているという人がいると言う仕組みはこういう仕組みである。最近猟奇的殺人事件の犯人のパタンもこのような分析に当てはまる。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
全人類全体を1人の人間と考えたときに全ての人の願望の総和を考えれば人類全体が向かっている方向がわかる。その方向が善と正義である事は明確なのでそれに逆らう悪徳などの立場は1時的なものに過ぎず従って悪徳もまた一時的に過ぎない。この点を誤解して悪運で儲けたものはその悪徳も続けていける
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
とより悪運に恵まれることと1時的な悪徳の儲けを続けようとする。人類全体の願望の方向性は善と世紀に帰結しようと動くので悪徳や悪運はそ巨大な流れの前に一時的に出てきてもすぐに消え去る。悪徳のものが一時的に儲かっても結局は消えていくのはこのような仕組みによる。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
天運とはすなわち人類全体の願望と幸運の方向のことでありしたがって必ず善と正義に帰結するものである。これに逆らう悪徳や悪運などは結局消えてしまうのである。善と正義が最後に必ず勝つと言う仕組みはこのような構造なのである。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
日本にアップルは生まれなかったのである。日本人の物事の考え方そのものを根本的に改めないといけない。 twitter.com/ft/status/9264…
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
多様性とイノベーションを深く理解し自由主義を明確にしかつ公平な態度を貫き続けると90兆円を超える会社が生まれる。日米IT企業株式時価総額300兆円の違いは日本人とアメリカ人の人間性の勝敗が決定的であるとも言える。これはある意味日本人の人間性としての敗北である。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
平凡で標準的な人を好み異常値の人を常識外と嫌う。日米IT企業株式時価総額300兆円。 twitter.com/may_roma/statu…
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
標準的な斜め上の方売り上げグラフしか理解できず量子的で突発的な売り上げグラフの跳ね上がりを生み出すような突然変化突発事を生み出す人間を理解できない。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
平均的で標準的な作業員と契約したがる日本の会社と異常値を生み出す異常値を生み出す人と契約するアメリカ。日米IT株式時価総額差300兆円。考え方の差がこれだけの違いを生んだ。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
作業員と化した日本の企業はAIとロボットに置き換えられてしまいアメリカ中国台湾韓国インドとの競争が難しいかもしれない。つまりクリエイティビティーと自由とが生み出す巨大な変化が理解できない。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
Facebookは時価総額46兆円でTwitterは時価総額5兆円。市場の評価がこれほど差がついているのは加入者数と収益モデルの違いです。それを生み出すのは優秀なコンセプトとコンテンツです。コンセプターは大切ですよ。みとをよろしくお願いします。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
わかりやすく言うとスティーブ・ジョブズは日本の会社員になれていたかと言う問題。日本の会社ならまず変人扱いして契約しなかっただろう。その結果時価総額80兆円のアップルという会社は日本では生まれなかったわけです。これが日本の人事制度の弱点。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
アップル株は時価総額100兆円になるのかなあ。今80兆円です。日本との格差は広がるばかりです。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
アイディアと言うものは後から聞けば誰でも思い浮かびそうなものだ。しかし最初に思い浮かぶ人がいなければ人類史上それは生まれなかった。アイディアを出す能力とはそれを鍛え上げた人でないと生まれない能力なのです。コロンブスの卵。
ディーみと(作家UUUM社SPAAAK所属AUTHOR) @DirectMito
アメリカはそれを尊重し日本はそれを尊重しない。IT業界はすでにアメリカがコンセプトと設計図を作り日本企業と台湾企業に部品発注します。結果日米株式時価総額差300兆円のです。
残りを読む(33)

コメント

Toshiya Utoh @toshi_moon 2017年11月21日
これ通貨価値下落して円安に大きく振れ、国内のスタグフレーションを引き起こさない?スタグフレーションへの大きな後押しになり、フェイルセーフとしての効果的な施策がないんじゃ?