みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!

電子書籍と絶版本

作者に金を払いたくないという人と電子書籍を多数手がけている作家さんお話
書籍 文学 出版 加藤azuki 電子書籍 著作権
17335view 56コメント
94
目次:

①絶版本がなかなか電子化されない理由の解説(手間がかかる)
②「出す気がないなら勝手に電子化させて」
③作者「タダでくれって話は駄目」
④「読者にコストを負担させるな」
⑤「売れてないならタダで使わせて」
宣伝:竹の子書房の本は無料で読めるYO!
⑥作者側の総括

①絶版本がなかなか電子化されない理由の解説(手間がかかる)
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
「あなたの有料コンテンツ(アナログ底本)をデジタルデータ化してやる! はい、これ高画質スキャンデータと、OCR吸い出しして校正済みテキストデータ、こっちがPDF版、こっちがePub3データです!絶版本の公式電子化よろしくお願いします!」 って人がいたら、幾らか謝礼包みたい。
まっくろなねこ @blackcat009
え・・・これ違法なんでしょ? だって自炊業者、裁判で負けたやん twitter.com/azukiglg/statu…
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
それはスキャンデータを消費者に直接販売する場合で、手つかずの底本について著者・出版社向けにデジタイズする作業者が、著者・出版社に作業データを納品することまでは違法じゃなく、またその作業者は少ない。 QT @blackcat009: え・・・これ違法なんでしょ? だって自炊業者、裁判で負けたやん twitter.com/azukiglg/statu…
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
洋書なんかは権利の問題もあるからなお困難なんだけど、例えば絵本。 ピエール・プロブストのカロリーヌシリーズは、一冊も電子化されてない。 「アンパンマン」と付くもので電子化されているのは、ビジネス知育本とやなせ高篠評伝だけで、フレーベル館からは出てない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
「今作られている」「これから出る」、或いは「DTP組版で作られマスターデータが残っている」ような本なら、或いはDTPマスターデータからデータ抽出しての電子化ももちろん可能なんだけど、 ・DTP組版される以前の時代に作られた本 ・DTP組版データが紛失している本 は電子化コストが跳ね上がる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
最近のDTP組版されてる本は、編集段階で電子版の刊行が前提になっている(電子版向けの編集が同時に行われていて、コストが紙版の編集費の中に統合されている)ようなものの場合、電子化のコストは著しく低い。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
でも、電子化を想定しないで作られた本を再電子化するには、新刊本一冊「編集」するのと同じくらいコスト掛かるケースもある。 完パケ原稿をスキャンするだけのコミックであってすら、「原画」からスキャンするのと、原画が失われていて刊行物(底本)からスキャンするのとでは仕上がりに差が出る。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
底本からスキャンで起こしたスキャン画像データはそのままじゃ画質的に厳しいから、それらの調整作業が必要になり(例えばモアレの解決とか埃取りとか)結局、「自炊業者が個人向けに高速スキャンしたもの」よりずっとコストが掛かる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
図版とテキストの混載する図鑑、絵本などの場合、レイアウトが崩れると著者の意図が崩壊してしまうから、それを踏まえて電子化しないとならない。 文字テキストメインの本はスキャンだけして画像提供されている電子本は、正直「読みにくい」しファイルサイズがコミック以上にでかくなる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
スキャンデータからOCR抽出したテキストデータは、そのままでは必ず誤変換誤認識が残るから、それらは底本と照らし合わせて校正しないとならない。所謂「書籍の編集作業」の最も重大な部分はこの「原稿と照らし合わせての校正」でもあって、専門的作業者は稀少。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
なので、「電子化すれば確実に売れます」という本は優先してリソース投入してでも電子化されるけど、「元データがない、重版掛からなかったから絶版になった」「需要は僅かにあるし将来的にもあるかもしれないが、電子化コストが高すぎる」ような本は、電子化コストを掛けられないから出ない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
そういう状況下で「……という作業をやっておきました。納品するので公式で出して下さい」って人が出て来たら当然謝礼包むわ。作者として。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
「著者・出版社ではない一介の読者が、他者に渡さず自分個人で消費するだけのもの」は合法でいいと思うし、 「著者・出版社に納品する作業データの作業者」は当然合法。 「作業者が、著者・出版社でない一介の読者に転売して利益を上げる、発注した著者・出版社以外の個人が利益を上げる行為」が違法。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
ちなみに、図画・文字混載の「奇態流行史」(132頁)のスキャンデータ(高画質版画像データ)のファイルサイズがおよそ270MB。図画を含まない文字テキスト原本が208KB。図画を含まずePub用のタグが入ったものが353KB。納品されたePubデータ(図画イラストデータ込み)が29.3MB。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
文字テキストと図画の混載本、または文字のみの本(図画のみ、図画混載より、文字のみの本のほうが、スキャン時の単純データサイズはでかい場合が多い)の本はこのように単純スキャンするよりきちんとOCR抽出してテキストデータ化したほうがサイズも小さくなる。でもコストは掛かる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
国会図書館デジタルライブラリーは、著作権消失した古書のデジタル化と公開をかなり頑張ってると思うけど、スキャン作業時の機器の性能限界か、或いは「配信に掛かる費用」「サーバに収納できるサイズの節約」のためか、表示画質がかなり粗い。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
「人間の目なら読めるが、スキャナーには読み取れない」とか、「ルビがあるから辛うじて読めるが、異体字(旧字)は完全に潰れていて判読できない」とかザラ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
そんなわけで、古い本・絶版本の電子化は、 1)著者の没年が不明 2)著者・遺族の消息が不明(今生きているのかどこにいるのかが分からず意志確認もできない) 3)底本がデータで存在しない 4)底本のデータ化にコストが嵩む ので、困難であるという前提を、できれば広く共有してほしい。
②論題:「出す気がないなら勝手に電子化させて
まっくろなねこ @blackcat009
@azukiglg 今後電子化する気もない、しても採算が取れないもの、をガッツリ抱え込んで、結局誰にも手に取られず塵芥と化すくらいなら、「もう出版社・作者は電子化する気は無いので、勝手に電子化でも売買でもやってください。」ってやる方がいいと思うし、そうなりゃ好きな人は勝手にするでしょ
まっくろなねこ @blackcat009
@azukiglg そりゃ図以外は文字データだからねぇ。文字データはほとんど容量食わないし。ePubであればなおのこと。
まっくろなねこ @blackcat009
@azukiglg 先にも述べたけど、3と4は出版社と作者に問いたい。どーしたいの?と。 「電子化して売りたいけど元値は掛けたくない、でも、個人が勝手にやるのは許さない」ってのは、後世に伝わらず失われるだけだと思うけど? だったら「もう売れないから、電子化は勝手にやってくれ」って方が良いと思うけど?
まっくろなねこ @blackcat009
@azukiglg 電子化はペイしないから「謝礼」程度で何とかしてほしい。紙の本は売れなくなったけど、電子化して売れるなら売上は独占したい、ってのは我儘が過ぎませんかね? そりゃ、自分の財産をどうしようが勝手、っちゃあその通りですけど、それで後世に残らないなら、そっちの方が悔しくないんですかね?
残りを読む(78)

コメント

加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2018-02-17 11:10:15
とりあえず、目次だけ読めば本編読まなくても足りるまとめ乙。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2018-02-17 11:15:51
あと、「紙の本と電子書籍が両方出ていたら、極力電子書籍を買う」ようにしてる最大の理由は、電子のほうが著者の取り分が多いからです。出版社や発行物によって違いはあるけど、電子書籍は紙の本よりも概ね著者の得られる配分(印税率)が高いので。「これはよいものだ」と思って買うからには、できるだけ著者に多く還元したいから。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-02-17 11:25:45
azukiglg 以前からの議論ですが、『とりあえず、少なくとも今後は底本の電子データを 国会図書館に送りなさい。国会図書館はそのデータを保管し、バックアップもしておきます』みたいな話は進んでないのですかね?話が進展しているのかしてないのかわからん
びぃじぃ @20100313bg 2018-02-17 11:28:13
他人に無料で奉仕させて奴隷化したい欲望は、自分自身を含めたすべての人間を奴隷として扱う社会の容認となり、人がブラック企業で社畜として使い潰されて一生を終えるリスクを爆上げするので一切容認できない。対価を払わない乞食は市場プレイヤーじゃないんやで。
山中島の冒険者 @Mattun_ 2018-02-17 11:29:10
電子書籍データもアップデート出来たら、誤認識を読者に分投げて、修正内容が集まった時点で修正出来るのになぁ。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-02-17 11:34:54
20100313bg しかし、こと文化・芸術に関しては「カネは俺が出す、ただでいいから、いやお土産もつけるから、俺の文化・芸術をみんな見てくれ!」という人が『寝床』の大家さんの時代から存在するhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%9D%E5%BA%8A のも、いい悪いを超えて現実ですしね。/というかわしらのこのツイートも無償の行為だし(笑)
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018-02-17 11:39:41
旧絶版マンガ図書館も一時期試験的にやってみたけど、コストや権利関係の兼ね合いですぐやめちゃったしねえ…。このまとめだけでも分かる通り、運用するにはハードル色々高いんすよねえ
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018-02-17 11:44:04
他人の絶版本を使って俺が儲けてやるとは思わんけど、みんなで絶版本を持ち寄って読めるようにして、その利益は作者に還元てのが理想。
言葉使い @tennteke 2018-02-17 11:45:26
ソニーのポイントが貯まってもソニー製品は定価販売で割にあわねーと思っていたら、ソニーのサービスで電子書籍が買えるので買っております。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018-02-17 11:47:05
しかし現実的には作者側に多種多様な事情、すでに亡くなっているとか、出版社と揉めたくないとか、拙い昔の作品を見せたくないとか色々あるし、そもそも重版がかからないような本は若い人には知られてないわけで市場として価値が低いとか、まあ資金面でも難しいよね。くそみそテクニックの山川純一みたいなのはそれこそ年に1度あるかないかの例外だし
言葉使い @tennteke 2018-02-17 11:48:11
前々から疑問に思っているのですが、絶版本であっても三千部買うから印刷してくれ!は受けてくれるのでしょうか?500円の本三千冊で百五十万円。コレクターとしてど~~しても欲しければギリギリ出せる金額…。
田中 @suckminesuck 2018-02-17 12:09:00
居丈高な乞食って最悪だな
田中 @suckminesuck 2018-02-17 12:11:47
tennteke 需要があれば再版だの新装だのあるわけですしなんらかのラインはあるんでしょうね。 権利絡みの話でややこしくなってると絶望的でしょうけど。
ヘルヴォルト @hervort 2018-02-17 12:26:23
需要が少ない絶版本は塩漬けのしすぎで崩れ去るのを待つしかない
堀英彰 @qajin 2018-02-17 12:36:12
何かコストの話に終始してる感じだけど、そうこうしている内に米グーグルとかアマゾン辺りがAI技術発達させて誤字0%のOCR実現して、「日本の過去の出版物も全てグーグル配信、日本の出版社は全滅」なんてあり得そうな気がする
Destroyer Rock @hondapoint 2018-02-17 13:04:07
qajin ?どうしてグーグルとアマゾンに出版権をタダでくれてやるの。出版権を買い取るなりしないとダメだから、出版者と作者も儲かって全滅なんてありえないけど。
hytm @hytm 2018-02-17 13:10:09
昨晩テレビで校正の仕事やってたけど、あれをAIでできるレベルになる時点で他の事務仕事はほとんど人間いらずになるだろうなとおもいました。現実的にはAI補助で校正者の属人的能力を平準化する方向にいくのかな。
さとうあきひろ @akihirosato1975 2018-02-17 13:56:58
gryphonjapan 横からですけどこのへんとか?今のところ電書協の加盟社限定での実験みたいですが。 http://ebpaj.jp/counsel/ndl http://www.ndl.go.jp/jp/collect/deposit/dbdemo.html
古橋 @FuruhasiYuu 2018-02-17 14:04:59
tennteke 例えばですけど、当時500円の本が今も500円で作れるか?って話になるんじゃないかな。電子化が一般化する前に出始めたオンデマンド出版なんかは、値段的にはかなり割高になるケースも多かった筈です。最近どうなってるのかはよくわかりませんが。
kartis56 @kartis56 2018-02-17 16:22:08
tennteke それやってるのが復刊ドットコムでは
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2018-02-17 17:17:26
「AIがすげー発達して問題を全て解決してくれる」っていう話は2010年くらいにはもう出てたけど、そういうAIが全然出てこないのは、「市場規模が小さすぎるから」「AIの開発コストと需要が釣り合わないから」だとは思う。あと、それで問題が出た場合にAIもAIの開発会社も責任取ってくれないから、結局人間が「責任の所在を明らかにするコスト」をかけなきゃならない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2018-02-17 17:19:06
「硬い」「固い」「堅い」の使い分けは前後の文脈でAIにも判断できそうだけど、「笑う」「嘲笑う」「嗤う」の使い分けとか、著者の気分だったりするからなあ。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-02-17 18:48:11
校正のAIを作るより先に、権利者の所在を追跡できるAIを作るべきでしょう。AIは高度な判断を偏りなく安定的に供給することには長けているが、一般書レベルの揺れの大きな判断を大まかに低コストでこなすことは全くダメだから、絶版書の校正にAIを導入しようとする企業は当面ないと思います
古橋 @FuruhasiYuu 2018-02-17 19:51:27
権利者の所在で苦労するケースって結局泥臭い方法(人伝手とか)で追跡せざるを得ないからで、それこそAI云々は無理だと思いますけど。AIはなんでも出来る魔法じゃないすよ…。
bluemonkshood @bluemonkshood 2018-02-17 20:48:48
コミケみたいに、趣味で本を売っている。お金は別の職業でかせいで、本を頒布することにお金をかけて、回収しない世界をしっていると、商業的にお金を回収できないなら。無料配布してもいいのに、、とすら思う。
あゆむん @ayumun 2018-02-17 23:47:51
活字の本なら、20年前からワープロ使ってる人の方が多いんだし、元々のテキストデータを持ってる作者さん結構居ると思うから、自分で作れるんじゃないのかね。変換ソフトとか、書き出せるソフトあるし。
Destroyer Rock @hondapoint 2018-02-18 00:02:23
bluemonkshood 無料配布する手間までもタダでしろはちょっとね…
うてん。 @uten00 2018-02-18 00:19:43
先日の梅ジャム作ってたおじさんの話に通じる話だね。唯一のレシピが「失われるのは損失」ではあるけど持ち主はそれを墓場まで持っていく権利がある。著作物が「損失になるからタダで出せ」は世のため人のためを免罪符にした乞食よ。しかしわりとこういう屁理屈こねる無自覚な乞食いるのが頭痛いところ。
MAD_AGI @MAD_AGI1 2018-02-18 00:28:44
この場合どっちになるのか分からんが、早川の二昔位前の独占翻訳とか、売れ線にはけしてならないだろうけどテキスト打ち込みだけ、挿し絵は旧版のをそのままとかでとかでいいから廉価版で出ないものか、とか思う。 ジェイムスン教授とかゾンガーとか読みたいが、今風の訳よりも当時の訳の味とか有ると思うんですよ。
moxid @moxidoxide 2018-02-18 00:33:34
販売実績がないやつに限り20年ぐらいで販売以外どう扱ってもいいような、段階的な保護の消滅してくんないかなー。現状だと権利の抱え落ちされたら手が出ないんだよー。流通してなきゃ金も払えねーよ。
たけ爺 @take_ji 2018-02-18 00:34:08
”もしかしたら、いずれ技術のブレイクスルーor大ブームがあって、コストがペイするかもしれない”可能性がある限り権利は塩漬けにするのが普通(塩漬けだけならコストはかからないから)。 なぜ企業が”ビジネスの可能性を無償で放棄する”と考えるのだろう? 社会人としての常識が無いのか?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-02-18 00:55:45
ibaranika そういうことをされないために、昔から出版社は「絶版」ではなくて「品切れ・重版未定」という語を慣例的に使うようになっています…。確かに、いきなり復刊したりするんで…。
たけ爺 @take_ji 2018-02-18 00:59:36
まあ、電子化云々ではないが、近い感じで”著者との権利の設定・他出版社死蔵の権利買取”をして旧作の廉価ペーパーバックコミックスをコンビニに流しまくったというのは記憶に新しい話。とはいえ、それらペーパーバックですら「それでも売れそうに無い」モノは取り扱わない。
うてん。 @uten00 2018-02-18 01:05:18
まっくろなねこさんの後の発言見てると乞食というより自分の「名案」を認めさせたいだけの押し売りかもしれん…いらないと断っても断ってもしつこく押し付けてくるあたりがそっくりで…オープンソースやオープン化なんてデメリットもでかいのにすごい名案みたいに語ってる
たけ爺 @take_ji 2018-02-18 01:05:35
「使わないなら、俺が売ってやるから任せろ。コストも俺が持つ。利益は契約どおりに分配で」なら、乗っかる 作者・出版社は多い。(というか、これが”普通の出版契約”なんだが)
おいちゃん @semispatha 2018-02-18 02:30:27
マンガ図書館Zは?あれちゃんと作者に返ってるよ。
すいか@12/23(Sun) 北ゲー定演#1 @pear00234 2018-02-18 05:40:48
azukiglg 女性の人がいう「なんなのもう無理しんどい」をちゃんと解析できるAIが出るとは思えないしねぇ。
予ノ川 @yonogawa 2018-02-18 06:12:58
本に金を出しているのか、コンテンツに金を出しているのかって話にも絡んでくると思うんですけど、秘蔵レシピと違って本の内容は既に世に出回っていて、それが物理媒体の制約のために入手困難な状況が生じるというのをどう解決するかってのが論点ではないのかこれ
言葉使い @tennteke 2018-02-18 06:34:40
yonogawa コンテンツにお金出してんじゃなくて、製本形式にお金出させているのが出版社だよね。コンテンツにっていうなら、本を買った人は違法DLサイト使ったって構わないはずなんだけど、コミックス出して豪華版出して文庫版出してその都度買っていた人にはDL版だって金払えってことになるんだろうし。雑誌サイズ版出てる漫画だってあるし。
古橋 @FuruhasiYuu 2018-02-18 09:46:13
電子書籍も「購入コンテンツをいつでもダウンロード出来る環境」にお金払ってる感覚はあるから、製本にお金出してるのがおかしい筈はないんですけどね。電子書籍はコンテンツ以外にお金払ってないって「錯覚」してるだけじゃないかなー。
Destroyer Rock @hondapoint 2018-02-18 10:35:16
MAD_AGI1 「テキスト打ち込みだけ」って主張する前に『校正恐るべし』を百回噛み締めて下さい。
枝豆歯車な緋蓮@低浮上? @hiyokurenri688 2018-02-18 12:46:36
今ですら海賊版サイトだのデジタル万引きだのがあるのに、安易にできると思う?
ドラゴンガッツ @dragonchicken19 2018-02-18 13:04:32
マンガ図書館Z「絶版本ウpしてくれれば我々が権利関係をクリアします!」実情「貴方が権利者だったらクリックしてね!広告料振り込みます」現実「権利者じゃない奴にクリックされた…悪意まみれのコジキどもに絶望した!」(定期)
ドラゴンガッツ @dragonchicken19 2018-02-18 13:07:28
鈴木みそ&うめセンセイの対談でも「面白い試み。お金を持ってる赤松センセイならではのアイデア」って絶賛してたのにね。
和酒熟成酒燗酒 @jukuseishu 2018-02-18 13:40:43
このくろねこ厚かまし過ぎない?
naruto,tousen @narutousen 2018-02-18 16:14:58
「作者にカネは払わん」に良い感情を持てないのは間接的に「無能なおまえの作ったクズ本を有能なわたしが電書にしてやるからタダで権利よこせ!」と言われているから。そもそもタダなのは価値がないと見なしているハズなのに電書にする意味がわからない。結局原価下げてオレを儲けさせろってコト?
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-02-18 19:13:22
FuruhasiYuu そうでしょうか?現状、今のAIにとっては、インクの染みと文字の一部の識別や、コンプライアンスに配慮して変更した表現と元の表現によるニュアンスの変化を理解させるよりははるかに容易だと思いますけども
かまぼこ @stereolabjp 2018-02-18 19:46:35
復刊ドットコムの電子書籍バージョンがあればいいけどね、例えば資金をクラウドファンディングで集めて成功すれば出資者に先にPDFで先渡し、一定期間後は作者が自由にkindleなりに登録可能とか。
ナベーお @aro30nabeo 2018-02-18 20:14:14
勝手に日本語化プロジェクトってゲームであるやん?あれってどんな権利関係になってるの?
Destroyer Rock @hondapoint 2018-02-18 21:40:02
aro30nabeo 洋ゲーはゲームをある程度改造できるmodを使用できることが多く、その延長線上で日本語化modを作成していることが多いです。 メーカーから認められていると考えてよろしいかと。 さらにメーカーによってはmod作成者をチームに加えることも行われています。
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2018-02-18 22:29:50
>売れてないならタダで 食品なんかも売れ残ったのをタダで誰かにあげるってことは普通やってないしなあ。ホームレスとかの対策に鍵をかけて管理するとこだってあるし。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2018-02-19 01:33:37
ともあれ、著作権が切れた古書であれば誰でもタダで活用できるんだから、まずは島洋之助の電子復刻手伝いなさいよ!貞操の洗濯場とかさ!<◎><◎>
佐渡災炎 @sadscient 2018-02-19 10:43:53
AIAIって、AIは空から降ってきたり地面から生えてきたりしねえので、AI開発するなり調教するなりってコストがものすごくかかるわけだが。
Destroyer Rock @hondapoint 2018-02-19 21:41:53
[c4660577] 権利関係が問題と散々述べられているのに素朴な意見ですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする