多摩美術大学彫刻学科でのハラスメント報告と改善要望まとめ #多摩彫

参考:多摩美術大学「ハラスメント防止宣言」 http://www.tamabi.ac.jp/soumu/harass/index.htm
彫刻学科 ハラスメント 彫刻 多摩美 美術教育 多摩美術大学 美大 アート
16

「多摩美術大学大学院彫刻専攻有志」による発端のツイート

student.choukoku @StudentChoukoku
sites.google.com/view/student-c… 多摩美術大学大学院 彫刻専攻学生有志のページです HPの文書は、2018年2月22日に大学や彫刻学科に提出したものです。 彫刻専攻の大学院生有志による、彫刻学科の改善を求める具体的な提案を含んだ要望書となっています。

___________________

2017年3月
当時の学部2〜4年生と大学院生の有志によって学校に向け、複数のハラスメント報告を添えた、彫刻学科の改善を求める匿名の要望書を提出しました。それは当時の学部1年を除く学生の約半数が関わったものでした。

2017年7月
要望書を提出してから、学生と彫刻学科の間を学校がとりもつ形で対話がなされた末、彫刻学科から要望書に対する回答書が提示されました。しかし、そこにはハラスメントが起こっている現状に対する具体的な解決策などは示されていませんでした。

以下の文書は、2018年2月22日に大学や彫刻学科に向けて投函したものです。

彫刻専攻の大学院生有志による、彫刻学科の改善を求める具体的な提案を含んだ要望書となっています。

「 」はhttps://sites.google.com/view/student-choukoku/home
より引用。

___________________

2018年2月22日、多摩美術大学彫刻専攻の大学院生有志が、大学にハラスメントの報告と改善要望書を実名で提出し、その内容を以下のサイトで公開しました。

https://sites.google.com/view/student-choukoku/home

公開された要望書には、実名での行動を選択した経緯が示されています(「 」内は要望書からの引用)。

これまで「学生の名前を伏せた状態で大学とのやり取りを進めて」きたものの、「名前を伏せた状態での大学とのやり取りの中では常に曖昧にされ、このままでは学生の求める改善は不可能と判断」し、「学生が実名を出」し「本文書以降のやり取りを公開​」する。

要望書を提出した学生たちは、大学および彫刻学科に2月中​の回答を求めています。

___________________

※2018年2月25日 追記※
2月24日、要望書が公開されているウェブサイトに<ハラスメントの詳細について>が追加更新されました。(「 」内はウェブサイトからの引用)。

学生が昨年度の3月の時点で匿名で学校に報告している、ハラスメントではないかと思われる事例はいくつもあります。それらは、アカデミックハラスメントの他に、パワーハラスメント、ジェンダーハラスメント、モラルハラスメントなどに該当するものです
今回、実名で提出したハラスメント報告は、以下の要望書と同時に、理事長、学長、教務部長、学生課に提出しており、これからハラスメント防止委員会への訴えを希望しているため、現段階で個別の詳細をお伝えすることはできません

また同日、ウェブ版「美術手帖」にて本件についての記事が公開されました。

多摩美彫刻科の学生有志、ハラスメントなどで大学に要望書を提出
https://bijutsutecho.com/news/12328/

学生たちが実名公表というリスクを背負い、大学への要望をつまびらかにした今回のケース。大学側がどのような対応を示すのかが注目される」(「 」内はウェブ版「美術手帖」記事より引用)。

___________________

※2018年3月2日 追記※
3月1日、要望書が公開されているウェブサイトに<大学からの返答について>が更新されました。

https://sites.google.com/view/student-choukoku/home/topic/0301?authuser=0

要望書について、学校と彫刻学科それぞれからの回答の要求と、学校へのハラスメント防止委員会への訴えを希望していましたが、彫刻学科からは3月1日現在、一切の応答がありません」(「 」内はウェブサイトからの引用)。

___________________

※2018年3月6日 追記※
3月4日、ウェブサイトに<「要望書の回答について」学生→彫刻学科> <「ハラスメント防止委員会招集と、要望に対する回答について」 学生→学校>が更新されました。

https://sites.google.com/view/student-choukoku/home/topic/0304
https://sites.google.com/view/student-choukoku/home/topic/0304-2

指定した2月末日という期日までに、彫刻学科からの応答は一切ありませんでした。
そのことを受け、3月3日に彫刻学科へ、「回答や対応をする意志の有無」の確認をするためメールを送りました。
」(「 」内はウェブサイトからの引用)。

___________________

※2018年3月12日 追記※
3月12日、ウェブサイトに<要望書の回答について」彫刻学科→学生> が更新されました。

https://sites.google.com/view/student-choukoku/home/topic/0312?authuser=0

※「大学との意見交換」や「相応の時間」について、具体的な方法や時期の目処は示されていませんでした。」(「 」内はウェブサイトからの引用)。

___________________

※2018年11月3日 追記※
10月10日<要望書に対する大学の対応について> 、10月13日<要望書に対する彫刻学科の対応について> 、11月3日、<「彫刻学科の縁故採用に対する抗議声明」について> が公開されました。

A教授の行為は、就業規則上の服務規程違反にあたることから厳重注意(・・・)、そのほかの被申立人(B教授、C教授、D教授)については、ハラスメントに街頭しない
助手や講師として大学に従事し作家として自立しているといえる十分なキャリアもないままの人物の採用(・・・)は、間違った学科の在り方に正当性を与え助長していくものです。(・・・)彫刻学科の家父長制を存続させるようなこのような縁故採用に対して抗議します」(「 」内はウェブサイトからの引用)。

https://sites.google.com/view/student-choukoku/home?authuser=0

___________________

※2019年1月1日 追記※
11月3日<「彫刻学科の縁故採用に対する抗議声明」について> 、12月17日、12月19日、<追記> が公開されました。

11月3日に理事長・学長・彫刻学科宛に「彫刻学科の縁故採用に対する抗議声明」を送付しました。これについて、卒業生等を対象に賛同者を集めております。

12月17日までに集まった卒業生賛同者名簿を学長・理事長宛に提出しました。(2018.12.17.)

12月19日に理事長及び学長より、送付した抗議声明および賛同者名簿について、以下回答をいただきました。(2018.12.21.)本学に関する貴重な意見・要望として今後の参考にさせていただく」

(「 」内はウェブサイトからの引用)

https://sites.google.com/view/student-choukoku/home/topic/1103?authuser=0

___________________

※2020年1月24日 追記※
2020年1月20日に、労働組合「プレカリアートユニオン」のブログに「多摩美術大学彫刻学科のハラスメント問題と笠原恵実子教授の雇用を守る取り組み」が公開される。
執筆者は近現代美術史を専門とする荒木慎也。

2019年12月に行われた団体交渉で区切りがついたため、本稿でこれまでの経緯をまとめておきたい。

閉鎖空間の弊害として、彫刻学科の教育においては根性論・精神論が横行し、一部教員による学生への暴言や無視などのハラスメントが常態化していた。
 2014年に笠原恵実子氏が彫刻学科の教授に就任すると、他教員から笠原氏への暴言や差別的処遇が行われた。

以上が、多摩美術大学と組合との間で行われた団交のあらすじである。一応は組合側の「勝利」で決着を見たが、交渉できたのはあくまでも笠原氏の所属についてであり、本来の目的であるハラスメント対策はこれからの課題だ。

(「 」内は当該ブログからの引用)
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2020/01/20/214716

___________________

さまざまな反応(だいたい時系列順)

中村ケンゴ kengo Nakamura @kengo_withoutme
多摩美術大学彫刻専攻の大学院生有志による、彫刻学科の改善を求める要望書。学生達が大学に向けて、実名で公開している。 折しも藝大(東京美術学校)創立130周年。「彫刻」科、「洋画」科、「日本画」科、美術大学の制度も曲がり角に来てるね。 twitter.com/StudentChoukok…
マコトオカザキ @mktokz
多摩美彫刻有志の要望書というのを見たんですが、ちょっと自分の学生生活の中でも心当たりのある部分があったりなかったりで、これ武蔵美映像も有志募って同じ事したほうがいいのかなって思い始めちゃったな。
akihiko taniguchi @hikohiko
ちょうどインタビュー原稿直してて、自分が多摩美彫刻にいた頃の話を書いててこの要望書タイムラインに流れてきてなんとも
松下哲也 @pinetree1981
僕は詳しいことは知らないが、たぶん僕が学生だった頃から何も改善してないんだろうなという印象を受けた。
松下哲也 @pinetree1981
彫刻科だけの話ではないです。
松下哲也 @pinetree1981
#meetoo とはまた違うが、僕もかつて悪質なハラスメントの被害に遭った人間なので、協力できることがあったら協力したい(興奮して要らんことを書きそうなので、これ以上は必要があれば改めて)。
NAKAZAKI Tohru @tohru51
多摩美の彫刻学生有志のページ。多摩彫の設備や状況はよく知らないけど、今の学生のリアリティをなんだか感じました。彫刻に限らず、この10-15年くらいでメディウムの幅の広がりというか、ジャンルの複雑化や横断の具合のスピードは半端なく、制度を整える速度との相性はよくなさそう。(続) twitter.com/StudentChoukok…
NAKAZAKI Tohru @tohru51
(続き)要望を全部実現するのはきっと無理なんだろうけど、このリアリティと制度の折合わなさを両方が理解して丁寧に受け止めた上で、軽やかにひっくり返してくれたらいいなあ、と勝手に妄想。でもたぶん一つの学科で解決するのは難しいんだろうな。そんなに理想的に横断的な人なんてそうそういない。
橋本聡 @SatoshiHashimo
学生同士で対話を重ね、大学に改善を求め根気強く交渉してきた取組みが、内々で処理されないよう公開。何度かお話し聞く機会あったのですが、真摯な姿勢、声に、心動かされてきました。永きに渡って続く美大の因習的体制を改革するような契機ではないかと思われます。 twitter.com/StudentChoukok…
小田原のどか|『群像』『新潮』2月号+『現代思想』3月臨時増刊号 @odawaranodoka
母校、多摩美術大学彫刻学科の後輩たちが、ハラスメントの被害と改善提案の要望書を大学に出しました。私が在学していたときから彫刻学科には特殊な状況があり、そのことは表象文化論学会のインタビューでも少しお話ししましたrepre.org/repre/vol30/sp…twitter.com/StudentChoukok…
小田原のどか|『群像』『新潮』2月号+『現代思想』3月臨時増刊号 @odawaranodoka
現在の多摩美術大学彫刻学科は、私が在学していた10年前よりも、在学生にとってはもっと困難な局面にあるようです。実名で声を上げた学生たちに不利益が起こることはあってはならないことです。大学の誠実な対応を望みます
Kashima Takashi @oxyfunk
「多摩美術大学大学院 彫刻専攻学生有志…複数のハラスメント報告を添えた、彫刻学科の改善を求める匿名の要望書を提出…彫刻学科から要望書に対する回答書が提示…ハラスメントが起こっている現状に対する具体的な解決策などは示されていません」sites.google.com/view/student-c…
Kashima Takashi @oxyfunk
「ハラスメント」という言葉の中身が具体的に何を指しているのかが、まだよくわからないな。研究科における教員から大学院生への指導方針および組織としての指導体制の問題を指摘しているのかしら。
永瀬恭一(一人組立) @nagasek
全文を拝読。多摩美術大学は誠実に対応・応答してほしいと思います。また、広く美術に関わる人々も読んだほうがいいかと。「多摩美術大学大学院 彫刻専攻学生有志のページです」sites.google.com/view/student-c…
Taisuke Shimanuki @nukisuke
多摩美術大学彫刻学科における教育・採点・ジェンダーバランスに関する学生からの要望書。とてもまっとうな意見。応援します。 sites.google.com/view/student-c…
Mio Iwakiri 岩切澪 @meow_mio
多摩美彫刻専攻よりアカデミック・ハラスメントの報告。これ、若い人のその後の一生を歪めることも多いし、改善していくのが今の流れだろう。ちなみに夫の勤める台北国立芸術大学では、定期的に生徒による教授の評価の統計が出ます。学校側も、学生や父兄がどう思うかを常に意識して行動している。 twitter.com/StudentChoukok…
lonesinker @lonesinker
読みました。特にアート界では、並々ならぬ覚悟があっての言挙げだと思います。でも他の大学にもまったく無縁でもないはず。勇気ある行動をとった学生たちの訴えに対し、大学が誠実に対応することをわたしも求めます。 twitter.com/StudentChoukok…
෴iri ham @mmmhammm
2年前くらいに多摩美の彫刻科の話聞いて辛そうだ、他のところに行くべきって思ってたけど、このような形で学科ごと改善されるように実名で具体的に行動を起こしたと知り、有志の皆さんのことを尊敬します。建設的に改善がされていくことを祈ってます。
†ritsucom† @ritsucom_
多摩美彫刻すげーな。ちゃんと抗議文を公に出せるのが偉い。
白川 @mononekozuki
多摩美の彫刻科がそんな悲惨な状況だとは知らなかった。藝大の彫刻科の教授はセクハラしても解雇されないし、武蔵美は1つ前の絵画組成のボス(あだ名がジョン)がセクハラしてても黙認してたって聞いてるし、日本って虱を潰すように問題多すぎて情けない。
残りを読む(208)

コメント

ふゆゆ @saiu110516 2018年2月24日
単に指導方針や指導体制が気にいらないだけなのか、コンプラに著しく抵触するようなことがあるのか、いまいちはっきり伝わってこないけど両方なんですかね? ところでジェンダーうんぬんとあるが、旧来的な指導をする女性がきたらどうすんのかね?
Shun Fukuzawa @yukichi 2018年2月24日
十分な対話ができることを祈ります。