2018年7月2日

日本・ポーランド戦のラスト15分でパス回しをしていた戦略は正しかったのか?ゲーム理論で考察した結果がこちらです

27
Saitou, Akio @akio_saitou

サッカーはよく分からないんですが数学は好きなので、ここ数日間は日本-ポーランド戦のラスト15分の戦略について「攻めに行く」と「守りに徹する」のどちらが有利であったと言えるのか、数学(ゲーム理論)的に考察していました。 反省はしていません。ご査収ください。 pic.twitter.com/x7fauQZzE4

2018-07-01 19:29:51
拡大
拡大
Saitou, Akio @akio_saitou

追加。 こう考えると、日本代表が本格的にパス回しをし始めた時間帯とかなり一致していておもしろい。 pic.twitter.com/Wr6Tw3UpSU

2018-07-01 20:27:07
拡大
秋空ネコ @akizoraneco

@akio_saitou サッカーの1分当たりの得点期待値は単純な総得点/総時間数では計算できず、負けてる側が攻撃的な戦術を取ると通常時より得点率も、失点率も上がります。その上昇の度合は彼我の実力差や残り体力、試合時の気候条件などが複雑に絡んできますので、最終的には指揮官の経験に基づいた読みでしょうね。

2018-07-02 03:44:50
浦和一徹 @URAWAITTETSU

@akio_saitou この人にはあのパス回しがこんな風に捉えてるってのが面白い! この手の話に、交代とか疲労とか怪我の可能性が反映されてない! みたいなツッコミは野暮。 ただ、数学的感性が欠けてる人間からすると逝っちゃってる…。(もちろんいい意味で)

2018-07-02 06:02:38
Saitou, Akio @akio_saitou

@akizoraneco そうなんですよね。 私も最後の数値計算は単純化しすぎかなあと思ったのですが、とりあえずの参考として当てはめてみました。 ただ、終盤の疲れを考えると、試合残り15分での得点確率は多めに見積もっても1/3前後なはずで、その範囲では今回の議論は支持されるかと思っています。

2018-07-02 07:55:27
秋空ネコ @akizoraneco

@akio_saitou そうですね。でも、例えばアルゼンチン0-3クロアチアでのアルゼンチンの失点は、53分80分91分で、劣勢のアルゼンチンが攻撃にギアを上げてから2失点しました。 ドイツ0-2韓国では92分にドイツが失点した後、98分に2失点目が生まれました。 得点は困難で失点は簡単になる瞬間があるので恐ろしいですね。

2018-07-02 08:13:58
秋空ネコ @akizoraneco

@akio_saitou ちなみに私の感覚でしかないんですが、あの試合10数分日本が攻めに行ったら日本の得点は10%、失点は25%ぐらいかなと思って見てました。 日本が得点しで引き分けてもグループ1位突破に1点足りないし突破後の相手も決まっていなかったので、やはりハイリスクローリターンだったと思います。

2018-07-02 08:44:33
秋空ネコ @akizoraneco

@akio_saitou FF外から長々と失礼しました。私もSaitou, Akioさんがされたような論理的な分析は大好物なので、リプしてしまいました。ありがとうございました。

2018-07-02 09:00:30
黒影(内調) @kurokage64

@akio_saitou 自分も、確率的にあの戦略は正しかったのかどうか?という疑問はありましたが、このように計算する知力も気力もなかったのでやりませんでした。 残り15分でセネガルが同点に追いついていた時の日本へのバッシングを考えると、普通の監督にはできない選択だと思います。

2018-07-02 10:26:12
タコ足 @TAKOASHI0115

@akio_saitou 単純化されているから、パス回しを始める時間がある程度わかったり、戦術の評価ができている。 モデルは複雑にすればするほど、事象を説明するには変数に依存しすぎるので、この説明は単純だが、現実とりわけ、パス回しと守りへの戦術移行への説明力は十分にある。 面白かったです。

2018-07-02 11:34:08
タコ足 @TAKOASHI0115

@akio_saitou 追記 より確率的な野球で代打やリリーフを分析するともっと面白そう。サッカーは確率的な分析は他の人も指摘するようにあまり向いてなさそう。

2018-07-02 11:41:53
つーさん@RTちょっと多めでゴメス @poporon_z6710

@akio_saitou この数式を用いて早稲田大学出身の西野監督は頭の中で瞬時に答えを弾き出して、実践に移したんですね( 笑 )

2018-07-02 11:46:57
テベすけ @Mcqizq

@akio_saitou 全然なに言ってるのかわからないけど 目線が凄い、、、 そーゆー斜め上の考え方出来る人はすごく尊敬してしまう👍👍

2018-07-02 13:02:14
りば 《liba》 @dob2tw

@akio_saitou これじゃ決勝トーナメントに行くことだけが目的になってる 1位通過と2位通過は雲泥の差だと思う

2018-07-02 13:45:16
たいち @ta__i0609

@dob2tw @akio_saitou 2位と3位のほうが雲泥の差ではないのですか?

2018-07-02 14:23:56
りば 《liba》 @dob2tw

@taitaigiants06 @akio_saitou だからそこらへんの比較も考えないといけないと思う

2018-07-02 14:28:38

コメント

mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年7月2日
ポーランド戦は最初から引き分け狙いの守備重視だったと見ています。引いて守りに徹するとゴール前で競り負けるので、日本は運動量でポーランドのチャンスを潰し引き分けで終るのを狙っていた。失敗したけど
0
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年7月2日
ゲーム理論ってのは、全てのプレーヤーが同一の勝利条件達成のために最善を尽くすことが、大前提。試合前に敗退が決まっているポーランドや実力的に最善を尽くしても勝てない日本は、この理論の範囲外だ。最善手を把握していても、今回の負け逃げのように意図的に選択しないプレーヤーもまた理論の範囲外。これらの前提の誤りを理解しないと、どんなに数式をこねくりまわしても正解にはたどりつかないよ
1
Do_doits7010 @amato_SoN 2018年7月2日
素朴な疑問として、なぜ「コロンビアが1点入れてポーランドが1点入れている」という状況からスタートさせないのだろうか?これだと「最初から守りにいく(その後攻めには転じない)vs最初から攻めに行く(その後守りには転じない)」という比較になっていて現実と違うような。
2
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年7月2日
今回の場合は、3戦全敗よりは1勝2敗のほうがマシというポーランドのメンツと、負け逃げしても2位通過というセカンドペストの可能性がある日本とのあいだでネゴが成立しただけの話で、ゲーム理論でとやかくいう話ではない。ただ、そのネゴが観客が望んでいたものかが問題なのであって、理屈として正しいかは大半の客にはどうでもいい話だ。
4
Do_doits7010 @amato_SoN 2018年7月2日
ん、コレ守りに徹するのところ見る限り「コロンビアが1点入れてポーランドが1点入れている」状況の後の話になっているのか?ただ、そうすると追加の分析の19分っていうのがよくわからなくなるなあ…。
0
クダリバンチョー @KDR_BNC 2018年7月2日
残り○分の時点でポーランドとコロンビアがリード、日本とセネガルの得失点差と総得点がイーブン、フェアプレーポイントで日本がリードしてるときには、負け逃げを選択する。事前にそう決めてあったと思うよ。咄嗟にこんな判断できるわけない。
1
ぽてむきん @yadamon11 2018年7月3日
同様に確からしいが成り立たないのに無駄な計算だとは思う。 セネガルが追い付いてたらどうするんだしか言えない人はさすがに浅慮が過ぎるとは思うけどね。
0