みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!
15
ながら @Nagara_KDZK
「第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様」1巻読了。朴念仁軍人に内政・魔法嫁の組合せで視点は両者ほぼ均等だけど雰囲気はアイリスやルルルに近い。薬師といい、ヒーロー文庫は時々こういうのを放りこんでくるが、往年のユニセックスレーベルだったスーパーファンタジーよりは男性向の傾向かと。
ながら @Nagara_KDZK
ラノベ史本では大橋本はスーパーファンタジーを男性向と解してるが俺はその立場に立たないので悪しからず。ありゃコバルトから非恋愛(ホラー、伝奇)や過激な部分のあるの(マフィア、BL、エロコメ)を隔離した少女レーベルが結果としてユニセックスといえたものだろうと。売場も少女棚だったし。

大橋本=大橋崇行『ライトノベルから見た少年/少女小説史』

ながら @Nagara_KDZK
ラノベ層や時代物愛好者以外は平安伝奇、陰陽師に流れるのかなあと少し思う。ユーモアミステリや二時間ドラマ系ミステリ読んでた母が今は瀬川貴次も読んでるし。
ながら @Nagara_KDZK
そして俺の在庫が平安伝奇やジュブナイル、青春SF中心に火を噴いている最近の母の暇潰し読書。
我乱堂 @SagamiNoriaki
そもそも90年代のライトノベルに、明確に男性向けとしていたレーベルがあったのかは結構疑問を持っている。多くのレーベルは創刊前の企画には「男女共に読める幅広い読者層を目指し…」とか書かれているのが常だっていうしね…
我乱堂 @SagamiNoriaki
男性向けと言われるレーベルでも、女性読者の多いライトノベル人気作品は結構ある。というか、女性読者があ程度つかないと人気が出たともいえないのかな。
我乱堂 @SagamiNoriaki
元々、読書をするのは女性の方が多いらしい。ライトノベルが男性向けというのを明確にしたのは、十代読者が少なくなり、市場が緊縮していった90年代半ば以降からゼロ年代頭くらいに明確になっていた傾向じゃないかな。
ながら @Nagara_KDZK
ルビー創刊前のスニーカー文庫とか。
ながら @Nagara_KDZK
FQにしてもそうなんだけど、ラノベにおいて女性一人称がスムーズに受け入れられてるのも興味深いとおもってる。
手塚一佳 @tezukakaz
女性主人公のエロ系多量描写でない限り、ラノベ読者の女性率は40%を切らないことが大半だったかと。元々オタクは70%以上が女性ですし。その中でも男性文化に親しみを感じる女性読者が結構な比率でいるのです。アンケート返送率も大抵は女性の方が多かったはずです。 twitter.com/SagamiNoriaki/…
ながら @Nagara_KDZK
読者の越境は当たり前にあったはずなんだけど、なぜか女性向けを聖域にしたいみたいな意図を感じる。ホワイトハート打ち切りからスニーカーなんてのもあったし、スーパーファンタジーからダッシュというのもあった。両性一元的な文学史が必要。
三毛招き @mikemaneki
ファンタジア文庫とかけっこう今出すなら女性向けレーベルだよなぁって作品あった気がする
三毛招き @mikemaneki
コバルト文庫は少女小説だったが、スーパーファンタジー文庫とか少女小説も少年向けラノベもBLも全部あるという今思えば結構カオスなレーベルだったな。
我乱堂 @SagamiNoriaki
んー。あの頃は結構そういう、何処向けているのかちょっとよくわかんないというレーベルは結構あった気はする。少学館のキャンパス文庫とかね。富士見やスニーカーで書いてた秋津先生が書いてたり、藤川桂介先生とか書いてた。
我乱堂 @SagamiNoriaki
93年頃に創刊された白泉社の小説花丸とか、創刊号では夢枕獏先生と氷室冴子先生に対談させてるんだぜ?「イラストに負けない小説」とかいう題材だったかなー。二年ほどでBL専門レーベルになったが、過度期はそりゃカオスだったよ
我乱堂 @SagamiNoriaki
まあ、この頃はいわゆるファンタジーブームが終わって、第二次ベビーブーマーのピークが高校卒業するのしないのって時期…で、ジュニア小説は傍目にはなんだか色んなものが売れているように見えて、しかしその実ゆったりと衰退しつつあったんだよなあ
我乱堂 @SagamiNoriaki
確か、あかほりさとる先生の『オタク成金』では、自分のピークを93年頃として、それから売上が落ちていったのを飽きられたからと書いてたが、今思えば、単純に読者層が色々な意味で「卒業」していったからだろう。私も93年くらいに高校出たし。
我乱堂 @SagamiNoriaki
あとからこの時期を数字で眺めると、刊行数が確か95年くらいにかなり伸びて、翌年に落ちてたんだっけ?ラノベの杜のDB検索で解るけど、今面倒だからしない。多分、売上が伸びているので参入レーベルが増えたけど、途端に市場の縮小が始まってさっさと撤退したものと思う。そのあとでまた増えるが…

http://ranobe-mori.net/db/
90年583冊
91年611冊
92年650冊
93年640冊
94年755冊
95年708冊
96年685冊
97年674冊
98年704冊
99年746冊

大きく伸びたのは94年のようです。現在の年間刊行点数(2500冊以上)と比べてしまうと数十冊程度の増減は誤差という感じがしなくもない。

我乱堂 @SagamiNoriaki
スーパーファンタジー文庫からコバルトってのもあったね。まあ、結局はそういうのはふんわりと消えて、ゼロ年代以降は一番売れている電撃あたりに他も倣った…感じなのだろうか?ここらは印象だけではなあ。
我乱堂 @SagamiNoriaki
90年代でも男性向け女性向けの志向はある程度はあったとは思うんだけど、どうにもそこらはぼんやりとしていた感じはある。風の大陸とか、あそこらは女性読者が多かったんだっけ?山中先生のドラゴンマガジン創刊の本になんか言及があったと思うが…
mizunotori @mizunotori
@SagamiNoriaki さんがたまに言う「読書をするのは女性のほうが多い」というやつ、調査を見ると、全く読まない人はむしろ男性のほうがコンマの差で少なく、男性は1冊しか読まない人が多くて、女性は3冊以上読む人が多いが、それも数%程度の差でしかない、という感じ。 jpic.or.jp/press/docs/200…
mizunotori @mizunotori
まあその数%で1万部くらい違うのかもしれないけど。あと、読書好きになった時期について、女性は「物心がついたころ」、男性は「中学生になってから」がそれぞれ最多なので、児童書とかは男女で差があるのかもしれない。
残りを読む(3)

コメント

hatikaduki @hatikaduki 2018-08-10 15:28:14
富士ミスの終了とともにユニセックスラノベの系譜は途絶えたんだけどなろうの書籍化の興隆により復活したって史観はどうすかね。
取鳥族ジャーヘッド @torijar 2018-08-10 15:41:29
吸血鬼ハンターDがなければ「ソノラマは割とそうじゃね?」と主張してたところなんだが
我乱堂 @SagamiNoriaki 2018-08-10 15:49:46
torijar 男女比は知らんけど、菊地作品、女性読者結構いるらしいですよ。魔王伝とかエイリアンとか、女性人気高くて、今はDが一番高い…と、二十年以上前に何処かで書いてました。
mizunotori @mizunotori 2018-08-10 15:51:53
ユニセックスラノベレーベル、メディアワークス文庫でいいのでは?
我乱堂 @SagamiNoriaki 2018-08-10 15:52:47
早見裕司先生が五、六年前のまとめで、男女共に向けたというレーベルは作られても長く続かないとみたいなこと言われていたっけかな。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2018-08-10 16:02:08
年間刊行数が640冊が750冊に増えるって、比率からしたら結構なもんなんだけどね。当時は富士見ファンタジアでも年間60冊前後だもの…今は140~150…そういう時代でした。レーベルが増えたか、全体で少しづつ刊行数増やしたかはわかんないけど。
コンテン @AprCntnt 2018-08-10 19:26:08
ギャルゲーのノベライズが目立つG's文庫は本屋で見かけると男性向け感が強かった思い出
denev @_denev_ 2018-08-10 20:04:48
富士見文庫は明らかに男性向けと思うんですががが
mori @kmori299 2018-08-10 20:08:29
印象論ですが、少年漫画を読む女性は多いけど、少女漫画を読む男性は少ないことからも、女性読者の多寡によってレーベルが男性(あるいは少年)向けとしていたかどうかを論じるのは、ちょっとずれるのでは?と思います。
ヘボピー @hebop_ 2018-08-10 20:10:57
ナポレオン文庫はだめですか、そうですか。
古橋 @FuruhasiYuu 2018-08-10 20:17:39
昔のラノベレーベルの基本路線は「インドア派男の子」がコアターゲットで、これやると自然にある程度読書好きの女の子も読んでる、みたいな感じになってたと思います。フォーチュンクエストはあれ最初から男の子にも向いてると認識してた。ゲーム(TRPG文脈なんですがCRPGの影響も強い)の流れから出てきた小説だったし。
古橋 @FuruhasiYuu 2018-08-10 20:20:17
ラノベってしばらくは日陰な路線なので、「本好きの男の子を取り込む」路線なんですよね。「ラノベからスタートして小説にステップアップ」する感じじゃなくて、「既に本が好きな子にラノベも読んでもらう」って流れがしばらく意識されてたと思います。
@mouth0717 2018-08-10 20:37:56
初期ははっきりした傾向がなかったものが、隆盛にともなって内部ジャンルを生んで傾向が細分化されていくっていうのはどこの世界でもあるものだよね。
かつま大佐(オホホどアホウ甲子園) @kamiomutsu 2018-08-10 20:58:15
むしろこの流れは何と比較してるんだろう?今の男性向けとされてるレーベルは女性をまるっきり寄せ付けないレベルなの?
mizunotori @mizunotori 2018-08-10 21:20:40
もちろん現在の少年向けレーベルでも女性人気の高い作品は多いですが、男性向けに作って女性にも受けるという以上に「そもそも女性向けに作っているか」という点でわりと境界が曖昧だったという話では。
ゆゆ @yuyu_news 2018-08-10 22:07:34
BLが「女性向け」と男性から隔離された(R18 男性向けは元から隔離されている)だけで、90年代ならまだユニセックスなラノベが多かった気がするな。萌えに走るなかで、ユニセックスより男性向けにシフトしていくレーベルは増えたと思うけど。
うちゅぎひのえ @uchugi 2018-08-11 00:00:10
ソノラマ文庫はジョーもDも女性読者(腐ってる人々)は多かったけど、それは少年ジャンプを読んでる女性が多いから男性向きじゃないっていうようなもんで、ソノラマ文庫は少年向けジュニア小説レーベルだったんじゃないかと思うんだが…… ジャンプは両性向けで少年漫画じゃないよっていうんならそれと同じ見方でいいと思うけど
うちゅぎひのえ @uchugi 2018-08-11 00:01:37
あ、あと富士見じゃなくて富士美は男性向けと言っていいのでは?くりレモノベライズとか出てたし、あのレーベルに女の子の喜ぶ作品なかったんじゃないかなぁ?せっせと買ってたけどわりと後ろめたい気持ちでこそこそ買ってた
ゆゆ @yuyu_news 2018-08-11 04:47:48
むしろ「男性向け/女性向けコンテンツ(性的要素高め)」への両極化と「ユニセックス(性的要素低め)」カテゴリの縮小の問題かなって気がする。
@onpu_original 2018-08-11 08:39:29
男性向けといっても少年ジャンプ程度の意味での「男性向け」に見えるなあ。そして少年ジャンプは昔から女性にも人気という。個人的にはその程度ならもうユニセックスと言ってもいいような気もしています。
ふた @flatkobo 2018-08-12 09:53:02
yuyu_news それですね、結果的に昔のレーベルを今風に復刻するなら男女どちらに向けてサービスシーンを増やすかとか、いらない男女兼用シーンのどこをカットするかとかが議題になりそう
hatikaduki @hatikaduki 2018-08-12 12:48:26
あるいは漫画雑誌だとガンガン・Gファンタジー・ゼロサムあたりと比較してみたほうが良いのではないか。
三毛招き @mikemaneki 2018-08-13 00:29:58
そういえば、スニーカー文庫でも前珠がしばらく書いてたことあったっけ。あの時期って確かまだビーンズはなかった覚えが。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 2018-08-14 02:02:56
ワニブックスさんをつれてくるんだ
ログインして広告を非表示にする